システム センター Data Protection Manager 2007年の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2009 年 4 月 14 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 968579
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

2009 年 4 月 14 日日 Data Protection Manager 2007年修正プログラム ロールアップ パッケージで修正される Microsoft システム センター Data Protection Manager (DPM) 2007年の問題について説明します。

はじめに

重要です ここに記載されている修正プログラムは以下の Knowledge Base の資料に記載されている更新プログラムに含まれています。
979970 最新の修正プログラム ロールアップ パッケージの詳細については、システム センター Data Protection Manager 2007年: 29、2010 年 3 月
この資料およびその他の DPM 関連の問題で説明されている問題を解決するのには、この更新プログラムをインストールすることを強くお勧めします。

このプログラムのロールアップ、以下の問題が修正されます。

問題 1
両方プライマリを使用して HYPER-V のサーバーを保護する場合しようとするとセカンダリの保護、DPM 管理者コンソールがクラッシュする可能性があります。他のデータ ソースを保護します。

問題 2
DPM に失敗したメールボックスを列挙すると、Exchange ユーザーとExchange サーバーは、異なるドメインにあります。

問題 3
作成するか、データ ソース内のディスクの割り当てを変更します。Data Protection Manager サーバーで実行されている、保護グループが失敗する可能性があります。x64 ベースのバージョンの Windows Server 2008。ここが表示されます、次のエラー メッセージ。
エラー 360: 操作に失敗しました仮想ディスク サービス エラーのため
エラーの詳細: 不明なエラー(0x80042515)
第 4 号
"Recover"元の場所を選択すると、回復ポイントのバージョンの設定の「セキュリティを適用する」オプションとはディレクトリからバックアップでは、NTFS ファイル システムのアクセス許可を復元、ディレクトリが正常に復元していません。

問題 5
Windows サーバ上のデータ ソースを保護しようとします。2003 ベースまたは Windows Server 2008 ベースのクラスター、共有ボリューム上ではクラスターは、間違ったリソース グループ] が表示されます。

問題 6
場合は、
FilesNotToBackup
レジストリ キーに、保護されたサーバーには、260 文字またはデータよりも長い値が含まれています。8 KB よりも長いですは、次のエラーが表示されます。
<server name="">に G:\ のボリュームのレプリカが矛盾しています保護されているデータ ソースにします。データ ソースのすべての保護アクティビティは整合性チェック付きで、レプリカが同期されるまでに失敗します。回復することができます。既存の回復からのデータを指すが、新しい復元ポイントを作成できません。レプリカが一貫性のある (ID 3106) まで、予期しないエラーが発生しましたジョブを実行します。(104 の詳細を ID: より多くのデータが利用可能な (0x800700EA) です)<b00></b00></server>
問題 7
Windows SharePoint Services 関連のコンテンツを復元します。サーバー ファームからデタッチされるデータベース、0x80070003 で障害が発生しました。エラーです。

問題 8
Windows SharePoint Services 3.0 で接続が構成されている場合Microsoft SQL Server、別名を使用してコンテンツ データベースと SharePointプログラムのロールアップ パッケージ 957691 データ保護では、SharePoint サーバーにインストールされています。管理者は、コンテンツ データベースを保護できません。このシナリオが表示されます、次のエラー メッセージ。
この Windows SharePoint Services します。DPM が依存するすべてのデータベースに見つからなかったために、ファームを保護できませんし、保護対象のインデックスを検索します。(ID: 32008)
問題 9
SharePoint カタログの生成が失敗すると、"数Waithandle はでなければ 64」のメッセージでなければなりません。

問題 10
DpmDriveMappingTool.exe コマンド ライン ツールを実行できません。Windows Server 2008 とで 0x80070424 エラーが生成されます。

問題 11
ライブラリの共有が有効になっている場合は、グローバル ・ データベース ・ サーバダウンしています、ことはできませんをポイント ローカル データベースを使用するのには、SetSharedDpmDatabase.exe ツールです。

問題 12
「バックアップ」に失敗しましたテープに警告が表示されない場合は、DPM管理コンソールが閉じ、再び開くです。

問題 13
セカンダリの保護が次のエラーで失敗します。
DPM を回復、整合性チェックを開始できませんでしたかレプリカの作成ジョブ<data source="" type=""> <data source="" name="">の<server name="">には次の理由により: (ID: 3170) 操作<data source="" type="">の<server name="">のために失敗、データソースが使用可能ではありません。(ID: 30169)DPM の ID: 3|構成することができません。protection|</server></data></server></data></data>
問題 14
場合の同期ジョブが"0x80070057"と失敗、プロテクトサーバーは、ファイルまたはディレクトリ予約名を使用しています。

詳細

情報を更新します。

は、次のファイルがマイクロソフト ・ ダウンロードからダウンロード可能します。センター:

システム センター Data Protection Manager 2007年修正プログラム パッケージ (32 ビットおよび 64 ビット版)

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
ダウンロード今すぐ、968579 をパッケージ化します。

メモ すべて Data Protection Manager 2007年更新プログラム パッケージを適用します。言語。

前提条件

この更新プログラムを適用するには、Data Protection Manager 2007年が必要Service Pack 1 をインストールします。

メモ 次のように、プログラムのロールアップ パッケージをインストールする必要があります。この資料のプログラムのロールアップ パッケージを適用する KB 資料。
963102 システム センター Data Protection Manager 2007年の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2009 年 2 月 16 日

再起動の必要性

後の Data Protection Manager サーバーを再起動する必要があります。このプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。

置換情報を更新します。

この更新プログラムには、他の更新プログラムは置き換えられるありません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版にファイルがあります。属性 (またはそれ以降) 次の表に記載されています。日付と時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) に一覧表示されます。場合、ファイル情報を表示するには、ローカル時刻に変換されます。検索するのにはUTC および現地時間、使用の違いを タイム ゾーン タブ[日付と時刻] ツール コントロール パネルのします。
32 ビット バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Clusterinquiry.dll2.0.8836.094,5922009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Clusterinquirylh.dll2.0.8836.096,1282009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Cpwrapper.dll2.0.8836.0611,7122009 の 4 月 14 日20: 13x 86
Dpmac.exe2.0.8836.0744,8322009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Dpmdrivemappingtool.exe2.0.8836.074,6322009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Dpmla.exe2.0.8836.01,182,6002009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Dpmra.exe2.0.8836.02,376,0642009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Dpmwriterhelperplugin.dll2.0.8836.070,5282009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Dsmfs.dll2.0.8836.0301,4482009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Engineuicommon.dll2.0.8836.0358,2722009 の 4 月 14 日20: 13x 86
Exchangecmdletswrapper.exe2.0.8836.039,2962009 の 4 月 14 日20: 10x 86
ExchangeCmdletsWrapperProxy.dll2.0.8836.017,7922009 の 4 月 14 日20: 10x 86
ExchangeWriterHelperPlugin.dll2.0.8836.0209,2882009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Filewriterhelperplugin.dll2.0.8836.0217,4802009 の 4 月 14 日20: 10x 86
GenericDatasourceWriterHelperPlugin.dll2.0.8836.0121,7362009 の 4 月 14 日20: 10x 86
GenericNonVssDatasourceHelperPlugin.dll2.0.8836.0134,5282009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Installagent.exe144,7682009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Installagentpatch.exe97,1522009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Intenttranslator.dll2.0.8836.0247,6802009 の 4 月 14 日20: 13x 86
Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.Prm.dll2.0.8836.0436,0962009 の 4 月 14 日20: 13x 86
Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.PrmCatalog.dll2.0.8836.0386,9442009 の 4 月 14 日20: 13x 86
Nativemethods.dll2.0.8836.092,0322009 の 4 月 14 日20: 12x 86
Setshareddpmdatabase.exe2.0.8836.071,5522009 の 4 月 14 日20: 13x 86
SpSearchWriterHelperPlugin.dll2.0.8836.0151,9442009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Sqlwriterhelperplugin.dll2.0.8836.0308,6082009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Storagepoolmanager.dll2.0.8836.0332,1602009 の 4 月 14 日20: 13x 86
Vssrequestor.dll2.0.8836.0149,8882009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Vssrequestorxp.dll 2.0.8836.0141,1842009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Wsscmdlets.dll 2.0.8836.0108,4162009 の 4 月 14 日20: 13x 86
Wsscmdletswrapper.exe2.0.8836.093,0562009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Wsscmdletswrapperproxy.dll 2.0.8836.018,8162009 の 4 月 14 日20: 10x 86
Wsswriterhelperplugin.dll 2.0.8836.0207,2322009 の 4 月 14 日20: 10x 86

64 ビット バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Clusterinquiry.dll2.0.8836.0128,3842009 の 4 月 14 日20: 17x64
Clusterinquirylh.dll2.0.8836.0130,9442009 の 4 月 14 日20: 17x64
Cpwrapper.dll2.0.8836.0853,3762009 の 4 月 14 日20: 21x64
Dpmac.exe2.0.8836.01,036,6802009 の 4 月 14 日20: 17x64
Dpmdrivemappingtool.exe2.0.8836.083,3282009 の 4 月 14 日20: 17x64
Dpmla.exe2.0.8836.01,720,7122009 の 4 月 14 日20: 17x64
Dpmra.exe2.0.8836.03,505,5442009 の 4 月 14 日20: 17x64
Dpmwriterhelperplugin.dll2.0.8836.084,8722009 の 4 月 14 日20: 17x64
Dsmfs.dll2.0.8836.0397,6962009 の 4 月 14 日20: 17x64
Engineuicommon.dll2.0.8836.0358,2802009 の 4 月 14 日20: 21x 86
Exchangecmdletswrapper.exe2.0.8836.049,5362009 の 4 月 14 日20: 17x64
ExchangeCmdletsWrapperProxy.dll2.0.8836.018,3122009 の 4 月 14 日20: 17x64
ExchangeWriterHelperPlugin.dll2.0.8836.0292,2322009 の 4 月 14 日20: 17x64
Filewriterhelperplugin.dll2.0.8836.0287,1122009 の 4 月 14 日20: 17x64
GenericDatasourceWriterHelperPlugin.dll2.0.8836.0157,5762009 の 4 月 14 日20: 17x64
GenericNonVssDatasourceHelperPlugin.dll2.0.8836.0181,6402009 の 4 月 14 日20: 17x64
Installagent.exe134,5362009 の 4 月 14 日20: 17x64
Installagentpatch.exe104,3202009 の 4 月 14 日20: 17x64
Intenttranslator.dll2.0.8836.0247,6802009 の 4 月 14 日20: 21x 86
Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.Prm.dll2.0.8836.0436,0962009 の 4 月 14 日20: 21x 86
Microsoft.EnterpriseStorage.Dls.PrmCatalog.dll2.0.8836.0386,9442009 の 4 月 14 日20: 21x 86
Nativemethods.dll2.0.8836.092,0322009 の 4 月 14 日20: 21x 86
Setshareddpmdatabase.exe2.0.8836.071,5522009 の 4 月 14 日20: 21x 86
SpSearchWriterHelperPlugin.dll2.0.8836.0206,2082009 の 4 月 14 日20: 17x64
Sqlwriterhelperplugin.dll2.0.8836.0418,1762009 の 4 月 14 日20: 17x64
Storagepoolmanager.dll2.0.8836.0416,6482009 の 4 月 14 日20: 21x64
Vssrequestor.dll2.0.8836.0205,6962009 の 4 月 14 日20: 17x64
Vssrequestorxp.dll 2.0.8836.0193,4162009 の 4 月 14 日20: 17x64
Wsscmdlets.dll 2.0.8836.0108,4242009 の 4 月 14 日20: 21x 86
Wsscmdletswrapper.exe2.0.8836.0114,5602009 の 4 月 14 日20: 17x64
Wsscmdletswrapperproxy.dll 2.0.8836.019,3282009 の 4 月 14 日20: 17x64
Wsswriterhelperplugin.dll 2.0.8836.0268,6802009 の 4 月 14 日20: 17x64

インストールの手順

この Data Protection Manager 2007年プログラムのロールアップ パッケージの 3 つで構成されています。個別の更新プログラム。各更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. 実行しているサーバー上のプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。Data Protection Manager 2007 Service Pack 1。これを行うには、実行、DataProtectionManager2007 KB968579.exe サーバー上のファイル。

    メモ 後の Data Protection Manager サーバーを再起動する必要があります。このプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。
  2. リモートの Microsoft SQL Server のインストールを更新します。DPMDB データベースをホストしています。これを行うには、SqlPrep KB968579.msp ファイルを実行SQL Server を実行しているコンピューター。

    メモ SQL Server の DPMDB を実行している場合、この手順は必要ありません。Data Protection Manager 2007年サーバー上のインスタンスです。
  3. DPM 管理者コンソールで、保護機能を更新します。エージェント。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。
    • 方法 1: 保護エージェントは、DPM 管理者コンソールを更新します。
      1. DPM 管理者コンソールを開きます。
      2. クリックして、 管理 タブをしクリックして、 エージェント タブします。
      3. コンピューターからを選択、 保護されています。コンピューター リストとクリック 更新プログラム で、 アクション ウィンドウです。
      4. クリックしてください。 [はい]、し エージェントを更新します。.
      5. 表示されたら、 資格情報を入力し、オプションを再起動します。 ダイアログ ボックスで、ユーザーの資格情報を入力、選択、 選択したサーバーを後で手動で再起動します。 オプション、し、クリックしてください。 [OK].

        メモ エージェントを更新するのには、コンピューターを再起動するはありません。これその理由は、 選択したサーバーを後で手動で再起動します。 オプション選択されています。
    • 方法 2: 保護されたコンピューター上の保護エージェントを更新します。
      1. 更新プログラム保護エージェント パッケージを取得、「Data Protection Manager インストール location\DPM\Agents\RA\2.0.8836.0」Data Protection Manager 2007年サーバー上のディレクトリ。
        • X86 用の更新
          i386\1033\DPMAgentInstaller_KB968579.exe
        • x64 を更新します。
          amd64\1033\DPMAgentInstaller_KB968579_AMD64.exe
        メモ DPMAgentInstaller.exe のパッケージすべてに適用されます。言語。
      2. 適切な DPMAgentInstaller.exe パッケージを実行します。それぞれのコンピューターを保護します。
      3. DPM 管理者コンソールを開くDpm 2007 サーバーです。
      4. クリックして、 管理 タブをしクリックして、 エージェント タブします。
      5. 保護されたコンピューター] を選択し、確認してください。エージェントのバージョンが 2.0.8836.0 として表示されますように。
  4. DPMManagementShell2007 KB968579.msp ファイルを実行します。

    メモ データ保護を実行している場合、この手順は必要ありません。Data Protection Manager 2007年サーバー上の管理者管理シェル。

状況

マイクロソフトこれに記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています「対象」のセクションで。

詳細

詳細についてをクリックして、次の Knowledge Base の資料を参照するには。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 968579 - 最終更新日: 2011年8月12日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbbug kbqfe kbpubtypekc atdownload kbexpertiseinter kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB968579 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:968579
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com