Outlook 2007 修正プログラム パッケージ (Outlook.msp) の説明: 2009 年 4 月 30 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 968858 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2009 年 4 月 30 日にリリースされた修正プログラム パッケージで修正される Microsoft Office Outlook 2007年の問題について説明します。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • Outlook 2007 でプロファイルを作成する、次のエラー メッセージが表示される可能性があります。
    Outlook がログオンできません。ネットワークに接続して、適切なサーバーとメールボックス名を使用していることを確認します。Microsoft Exchange への接続には使用できません。Outlook がオンラインまたはをこの操作を完了するには、接続されている可能性があります。

    詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    969519 マイクロソフト サポート技術情報の記事 961752 に記載されている累積的な更新プログラムをインストールした後、Outlook 2007 でプロファイルを作成すると、エラー メッセージ:「ログオンできません」
  • 次のシナリオを検討してください。1 つの Outlook 2007 プロファイルに MAPI メッセージング アプリケーション プログラミング インターフェイス () の電子メール アカウントとインターネット メッセージ アクセス プロトコル (IMAP) 電子メール アカウントを追加します。
    • IMAP 電子メール アカウントの受信トレイ フォルダーが Outlook 2007 でアクティブな電話からボイス メールを削除する、Outlook 2007 では、次のエラー メッセージが表示されます。
      ヘッダーの更新に失敗しました。
    • MAPI 電子メール アカウントの受信トレイ フォルダーが Outlook 2007 でアクティブな電話からボイス メールを削除する、Outlook 2007 では、エラー メッセージは表示されません。
  • Outlook 2007 では、ライトウェイト ディレクトリ アクセス プロトコル (LDAP) のアドレス帳のサーバー名を変更します。その後、LDAP アドレス帳が表示されない、メールを使用して、次の順序でアドレス一覧で名前をチェックするときに[アドレス] ダイアログ ボックスで [どおり。
  • Outlook 2007 では、3 つ以上個人用配布リストに、追加のメールボックスの [連絡先] フォルダーからメッセージを送信しようとすると、次のエラー メッセージを表示します。
    予期しないエラーが発生しました。
    さらに、メッセージは個人用配布リスト内の連絡先には送信されません。
  • Windows エクスプ ローラーでは、SharePoint Web サイトのドキュメント ライブラリを開きます。ただし、いないことできます電子メール メッセージをドラッグする Outlook 2007 からこのライブラリまでします。SharePoint Web サイトがポート 80 以外のポートでホストされている場合、この問題が発生します。
  • Outlook 2007 は、パブリック フォルダーを検索しようとすると、検索操作の実行中に応答を停止します。
  • ユーザー設定フォームを 65 LayoutFlags プロパティのコントロールが設定されているがあります。この場合、コントロールは垂直方向と水平方向にサイズ変更できます。このフォームは、Outlook 2003 で正しく表示されます。ただし、このフォームが Outlook 2007 で正しく表示されません。

    フォームを水平方向および垂直方向にコントロールを変更する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa204695 (office.11).aspx
  • Outlook 2007 は Outlook、IMAP、POP や SMTP などのインターネット プロトコルを通じて証明書を使用する、Microsoft Exchange Server に接続しようとするときに証明書のサブジェクト代替名 (SAN) エントリをチェックしません。したがって、Outlook は、Exchange Server に接続しようとしています、ときに、次のエラー メッセージが表示されます。
    接続しているサーバーを確認できないセキュリティ証明書に使用されています。<option to="" view="" certificate="">引き続きこのサーバーを使用してもよろしいですか。
  • Outlook 2007 から、予定表、グループ スケジュールを開くと当日の空き/予約済み情報可能性があります指定グループ スケジュールで。
  • キャッシュ モードで Outlook 2007 を実行しています。すべてのタスクの完了のタスク ビューを変更すると、特定のタスクを検索し、結果は表示されません。
  • 送信者は、キャッシュ モードで Outlook 2007 を実行している受信者に開封を要求する電子メール メッセージを送信します。受信者はメッセージを読み取り、ときに期待どおり、送信者は、開封済みメッセージを受信しません。
  • クライアント コンピューターに Outlook 2007 および Office Communicator 2007 を実行している、Communicator 予期しない Exchange Server への固定の Outlook 接続が作成されます。
  • そのロケールがトルコ語に設定されているクライアント コンピューターでのユーザーのプレゼンス情報が正しく表示されない Outlook 2007 で。
  • Outlook 2007 が、ドメイン コント ローラー サーバーまたは Windows Server 2003 を実行しているグローバル カタログ サーバーに接続されている、最初のアドレス帳] ダイアログ ボックスで表示するには、カスタム アドレス一覧を設定します。ただし、Outlook 2007 が後でドメイン コント ローラーまたは Windows Server 2008 を実行しているグローバル カタログ サーバーに接続する場合、最初、[アドレス帳] ダイアログ ボックスに表示されるアドレス一覧が変更グローバル アドレス一覧 (GAL) に戻る突然されます。

    注: この問題は、Outlook 2007 では、Windows Server 2008 ドメイン コント ローラーまたはグローバル カタログに最初に接続することと後で Windows Server 2003 ドメイン コント ローラーのサーバーまたはグローバル カタログ サーバーに接続するときにも発生します。
  • メッセージに .eml ファイルを変換するのには、IConverterSession::MAPIToMIMEStm メソッドを使用するアプリケーションを作成したとします。開封または、開封済みメッセージが添付されているメッセージのいずれかに変換しようとすると、アプリケーションがクラッシュします。
  • Outlook 2007 では、処理後、メッセージの削除済みアイテムの移動] チェック ボックスをオンを選択して、出席者からの応答を要求する会議出席依頼を送信します。受信トレイ フォルダーで出席者の応答を受信した後期待どおりの応答は、削除済みアイテム フォルダーに移動されません。
  • ConfigureMsgService と PR_PST_PW_SZ_OLD を使用して、.pst ファイルにパスワードを設定する MAPI アプリケーションを作成します。非常に短いまたは NULL パスワードを設定するアプリケーションを実行し、します。開始メモリ アドレスが 4 バイト境界にアライメントされないと、アプリケーションがクラッシュします。

    この問題は、次のマイクロソフト サポート技術情報資料に記載されている KB 961752 の修正プログラム パッケージを適用した後に発生します。
    961752 Outlook 2007 修正プログラム パッケージ (Outlook.msp) の説明: 2009 年 2 月 24 日
  • ヘブライ語として、オペレーティング システムの形式を設定します。Outlook 2007 で予定を作成しようとするときに、空き/予約済み時間グリッドの上のいくつかの日付が正しく表示されない、スケジュール アシスタントで。たとえば、毎月 2 日目は正しく表示されないと、月の 20 日。各月の 12 日が正しく表示されない、21th 月として。

    この問題は、KB 961752 に記載されている修正プログラム パッケージをインストールした後にのみ発生します。
  • Outlook 2007 は最も近いグローバル カタログ サーバーに接続するように構成されていても Outlook 2007 でパフォーマンスの低下が発生する可能性があります。

    この問題が発生した場合は、Outlook はいくつか最も近いサーバーではない、グローバル カタログ サーバーへの接続を確立します。
  • オンライン モードで Outlook 2007 を実行しているときに使用する高度な検索、共有メールボックスのフォルダーで検索を実行します。共有メールボックス内のフォルダーがサブフォルダー。この場合、期待どおりのサブフォルダー内にあるアイテムは返されません。

    この問題は、KB 959642 または KB 961752 に記載されている、Outlook 2007 修正プログラム パッケージをインストールするときに発生します。

    KB 959642 の修正プログラムに関する詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
    959642 Outlook 2007 修正プログラム パッケージ (Mso.msp,Outlook.msp) の説明: 2008 年 12 月 16 日
  • Outlook 2007 では予定表から会議出席依頼を開きます。会議出席依頼に変更を加えるし、[保存] をクリックして、ダイアログ ボックスが表示されます。変更を保存しないが会議を開いたままでこのダイアログ ボックスをクリックすると、加えた変更内容は会議出席依頼には表示されません。

    Outlook 2007 では予定表から会議出席依頼を開きます。[会議のキャンセル] をクリックし、[保存] をクリックすると、ダイアログ ボックスが表示されます。変更の保存は会議を開いたまましないで、ダイアログ ボックスでをクリックすると、し、ダイアログ ボックスを閉じます[ok]または[キャンセル] をクリックするのではなく、会議出席依頼が予期せず終了します。また、会議出席依頼は予定表になったです。
  • 968404 場合は、ユーザーの名がある特定のサフィックス文字列を文字列として認識されます、不適切なサフィックス Outlook 2007 で連絡先としてユーザーを追加しようとすると問題を説明します。
  • 970144 Outlook 2007 で、アドレス帳のエイリアス列を非表示にする方法
  • 970071 Outlook 2007 では、POP3 電子メール アカウントの資格情報を求める
  • 970072 S と MIME 設定が予期せず Outlook 2007 では、ポリシー設定として扱われます。
  • 970123 Outlook 2007 では、Office アシスタントを開くしようとすると、エラー メッセージ:「、外出中の Office の設定のため表示できません、サーバーは現在利用できません。後でもう一度やり直してください」
  • 969791 2009 年 2 月の Outlook 2007 修正プログラム パッケージまたは 2007 Microsoft Office スイート Service Pack 2 をインストールした後、「初めて使用するとき Outlook 準備をしています」メッセージをカスタマイズする方法

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムには、さらに追加テストが行われる可能性があります。したがって、この問題により深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

注: その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号の一覧または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
注: 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語が見つからない場合は、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。

前提条件

2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 をインストールするこの修正プログラム パッケージを適用する必要があります。詳細については、以下の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
949585 2007 Office スイートの最新の Service Pack を入手する方法

再起動の必要性

この修正プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

レジストリ情報

このパッケージに含まれるいずれの修正プログラムを使用する場合も、レジストリに変更を加える必要はありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルが含まれているとは限りません。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。

この修正プログラム パッケージのグローバル版は、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用して修正プログラム パッケージをインストールします。これらのファイルの日付および時刻は、標準世界時 (UTC) で次の表に表示されています。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] アイテムで [タイム ゾーン] タブを使用します。

ダウンロード情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Office の kb968858-時-x 86-glb.exe12.0.6504.500111,495,8722009 年 5 月 04-02:54x86


Microsoft Windows Installer .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
以下のとおり該当なし10,955,7762009 年 5 月 04-07: 43該当なし


ファイル情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Cnfnot32.exe12.0.6501.5000140,1042009 年 3 月-11-18:01x86
Contab32.dll12.0.6503.5000127,8642009 年 4 月-10-20: 50x86
Dlgsetp.dll12.0.6501.500087,3922009 年 3 月-11-18:01x86
Dumpster.dll12.0.6501.500034,1922009 年 3 月-11-18:01x86
Emablt32.dll12.0.6500.5000115,5842009 年 2 月-26-12:09x86
Emsmdb32.dll12.0.6504.50011,553,8402009 年 5 月 04-08: 23x86
Envelope.dll12.0.6500.5000154,0002009 年 2 月-26-12:09x86
Exsec32.dll12.0.6504.5000372,0482009 年 4 月-17-03: 29x86
Impmail.dll12.0.6501.5000138,0722009 年 3 月-11-18:01x86
Mimedir.dll12.0.6501.5000340,3042009 年 3 月-11-18:01x86
Mlcfg32.cpl12.0.6501.500082,8082009 年 3 月-11-18:01x86
Mlshext.dll12.0.6500.500020,3522009 年 2 月-26-12:09x86
Mspst32.dll12.0.6504.50001,039,2802009 年 4 月-17-03: 29x86
Oladd.fae12.0.6500.500094,0962009 年 2 月-26-19:36x86
Olappt.fae12.0.6500.500087,9602009 年 2 月-26-19:36x86
Oljrnl.fae12.0.6500.500051,0882009 年 2 月-26-19:36x86
Olkfstub.dll12.0.6501.5000253,8082009 年 3 月-11-18:01x86
Olmail.fae12.0.6500.500046,4722009 年 2 月-26-19:36x86
Olmapi32.dll12.0.6504.50002,875,7762009 年 4 月-17-03:30x86
Olnote.fae12.0.6500.500038,2962009 年 2 月-26-19:36x86
Oltask.fae12.0.6500.500081,8162009 年 2 月-26-19:36x86
Omsmain.dll12.0.6501.5000661,8722009 年 3 月-13-02:09x86
Omsxp32.dll12.0.6501.5000194,4402009 年 3 月-13-02:09x86
Outlctl.dll12.0.6500.5000136,5362009 年 2 月-26-12:09x86
Outlmime.dll12.0.6504.5000576,4082009 年 4 月-17-03:30x86
Outlook.exe12.0.6504.500012,438,8962009 年 4 月-17-03:30x86
Outlph.dll12.0.6500.5000168,3362009 年 2 月-26-12:09x86
Outlrpc.dll12.0.6500.500043,3522009 年 2 月-26-12:09x86
Outlvba.dll12.0.6501.500052,0722009 年 3 月-11-18:01x86
Outlvbs.dll12.0.6500.500057,2002009 年 2 月-26-12:09x86
:Outlook12.0.6502.5000421,2242009 年 3 月-28-06:53x86
Recall.dll12.0.6501.500038,2482009 年 3 月-11-18:01x86
Rm.dll12.0.6501.500075,6242009 年 3 月-11-18:01x86
Rtfhtml.dll12.0.6501.5000407,9202009-12-3 月22:22x86
Scanost.exe12.0.6501.500054,0882009 年 3 月-11-18:01x86
Scanpst.exe12.0.6501.500037,2642009 年 3 月-11-18:01x86
Scnpst32.dll12.0.6504.5000273,3202009 年 4 月-17-03:30x86
Scnpst64.dll12.0.6504.5000282,0322009 年 4 月-17-03:30x86

関連情報

959642 Outlook 2007 修正プログラム パッケージ (Mso.msp,Outlook.msp) の説明: 2008 年 12 月 16 日
961752 Outlook 2007 修正プログラム パッケージ (Outlook.msp) の説明: 2009 年 2 月 24 日
ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックして Microsoft サポート技術情報資料を参照してください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 968858 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Outlook 2007
キーワード:?
kbsurveynew kbexpertiseinter kbqfe kbhotfixrollup kbautohotfix kbHotfixServer kbmt KB968858 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:968858
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com