文書番号: 968929 - 対象製品
2011 年 7 月 12 日で Windows Vista Service Pack 1 (SP1) のサポートは終了しました。Windows のセキュリティ更新プログラムを受信を続行するには、Windows Vista で Service Pack 2 (SP2) を実行していることを確認します。詳細については、このマイクロソフト web サイトを参照してください。 いくつかのバージョンの Windows のサポートが終了します。.
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista および Windows Server 2008 上の Windows Management Framework について説明します。Windows Management Framework は、次のとおりです。
  • Windows リモート管理 (WinRM) 2.0
  • Windows PowerShell 2.0
  • バック グラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) 4.0

詳細

Windows Management Framework により、Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista および Windows Server 2008 にインストールされている利用可能な更新管理機能の一部です。Windows Management Framework には、Windows リモート管理 (WinRM) 2.0、Windows PowerShell 2.0、およびバック グラウンド インテリジェント転送サービス (BITS) 4.0 が含まれています。

WinRM 2.0

WinRM は、WS-Management プロトコル、Simple Object Access Protocol (SOAP) ベースの標準的なできるハードウェアおよびオペレーティング システムのさまざまなベンダーから相互運用性をファイアウォール対応プロトコルのマイクロソフト実装です。WS-Management プロトコルの仕様は、IT インフラストラクチャ全体にわたってシステムにアクセスし、exchange の管理情報の一般的な方法を提供します。

WinRM 2.0 には、次の新機能が含まれます。
  • WinRM クライアント シェル API を作成し、シェルおよびシェル操作、コマンド、およびリモート コンピューター上のデータのストリームを管理する機能を提供します。
  • WinRM プラグイン API は、特定の Api のサポートされているリソースや操作を実装することにより、プラグインを作成することを可能にする機能を提供します。
  • WinRM 2.0 は、ホストのフレームワークについて説明します。2 つのホスト モデルがサポートされます。1 つは、インターネット インフォメーション サービス IIS ベースし、もう 1 つは、WinRM のサービスに基づきます。
  • アソシエーション トラバーサルは、標準のフィルター処理機構を使用して、関連クラスのインスタンスを取得することができます。
  • WinRM 2.0 リモートの複数のコンピューター間でユーザーの資格情報の委任をサポートします。
  • WinRM 2.0 のユーザーは、システム管理のための Windows PowerShell コマンドレットを使用できます。
  • WinRM は、特定のサービスの優れた品質を提供し、同時実行ユーザーにサーバーのリソースを割り当てるクォータのセットを追加しました。WinRM のクォータ セットは、IIS のサービスに実装されているクォータ インフラストラクチャに基づいています。
WinRM 2.0 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Windows リモート管理の概要
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa384291 (VS.85).aspx
WinRM 2.0 での新します。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee309369 (VS.85).aspx
Windows インフラストラクチャの管理に関するブログ
http://blogs.msdn.com/wmi

Windows PowerShell 2.0

Windows PowerShell は、システム管理と自動化を目的としているコマンド ライン シェルとスクリプト言語です。Microsoft.NET Framework に組み込まれているWindows PowerShellは、 IT プロフェッショナルおよび開発者がWindows とアプリケーション管理を制御し自動化することを可能にします。

Windows PowerShell 2.0 で導入される新機能は次のとおりです。
  • リモート処理

    Windows PowerShell 2.0 では、1 つまたは複数のリモート コンピューターで Windows PowerShell を実行している 1 台のコンピューターからのコマンドを実行できます。PowerShell リモート処理を接続するための複数の方法を使用できます。これらの方法は対話型の (1:1) ファン ・ アウト (1 対多) のファン ・ イン (多: 1 IIS ホスト モデルを使用して) などがあります。
  • スクリプト環境の統合

    PowerShell 統合スクリプト環境 (ISE) は対話型のコマンドを実行し、編集することができますグラフィカルな環境でスクリプトをデバッグするとします。主な機能には、構文の色分け、選択的実行、グラフィカルなデバッグ、Unicode のサポート、および状況依存のヘルプが含まれます。
  • モジュール

    モジュールはスクリプトの開発者や管理者は、パーティションに分割し、再利用可能な自己完結型のユニットでは、Windows PowerShell のコードを編成するのに使用します。コード モジュールから独自の自己完結型のコンテキストで実行して、モジュールの外部の状態には影響しません。
  • 高度な機能

    高度な機能は、同じ機能とコマンドレットの動作を持つ関数です。ただし、書き込まれる完全に言語では、Windows PowerShell、コンパイル済みの C# ではなく。
  • バック グラウンド ジョブ

    Windows PowerShell 2.0 は非同期的に、"バック グラウンド"でコマンドまたは式を実行するため、コンソールと対話することがなく使用できます。
  • イベント処理

    この機能は、受信、転送、および操作、管理、およびシステム イベントのインフラストラクチャは Windows PowerShell のエンジンにサポートを追加します。
  • スクリプトの国際化

    この新しい機能は、ユーザーのコンピューター上で、UI カルチャの設定で指定されている音声言語でメッセージを表示する Windows PowerShell スクリプトを使用できます。
  • スクリプトのデバッグ

    新しいデバッグ機能は、Windows PowerShell の行、列、変数、およびコマンドのブレークポイントを設定するためのと、ブレークポイントにヒットしたときに発生するアクションを指定するために追加されました。
  • 新しいコマンドレット

    Windows PowerShell 2.0 では 100 を超える組み込みコマンドレットを紹介します。これらのコマンドレットは、他のタスクを除外するコンピューターに関連する、イベント ログ、およびパフォーマンス カウンターの管理タスクを使用できます。
Windows PowerShell 2.0 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Windows PowerShell Web サイト
http://www.microsoft.com/powershell
Windows PowerShell のオンライン ヘルプ
http://technet.microsoft.com/en-us/library/bb978526.aspx
Windows PowerShell のブログ
http://blogs.msdn.com/powershell
Windows PowerShell のソフトウェア開発キット (SDK)
http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa830112.aspx

BITS 4.0

BITS は、クライアントとサーバーの間でファイルを転送するサービスです。ビットは、きちんとし、確実に HTTP または HTTPS 経由でファイルを転送する簡単な方法を提供します。ファイルをダウンロードし、ファイルのアップロードはサポートされていません。既定では、BITS はフォア グラウンドでファイルを転送するその他のプロトコルとは異なり、バック グラウンドでファイルを転送します。バック グラウンド転送は、Internet Explorer などの他のネットワーク アプリケーションでのユーザーの対話を保持するためにだけアイドル状態のネットワーク帯域幅を使用します。前景色または標準転送もサポートされます。

BITS 4.0 には、次の新機能が含まれます。
  • ピアの現在のキャッシュは、Windows BranchCache を使用します。モデル キャッシュこの新しいピア ビット 3.0 を使用すると、モデルに置き換えます。
  • 柔軟性のあるリソース アクセス モデル アプリケーションに 2 つのセキュリティ トークンは、BITS 転送ジョブを関連付けることができます。
  • BITS コンパクト サーバーはスタンドアロン HTTP または HTTPS ファイル サーバーをコンピューター間でサイズの大きなファイルの数に制限を非同期的に転送することができます。
  • 正確な帯域幅の調整。
4.0 のビットの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

BITS について
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa362708 (VS.85).aspx
BITS で何が新しい
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/aa363167 (VS.85).aspx
Windows インフラストラクチャの管理に関するブログ
http://blogs.msdn.com/wmi

システム要件

WinRM 2.0 と PowerShell 2.0

WinRM 2.0 と PowerShell 2.0 は、次のサポートされているオペレーティング システムにインストールできます。
  • Service Pack 1 と Windows Server 2008
  • Windows Server 2008、Service Pack 2
  • Windows Server 2003 Service Pack 2
  • Windows Vista Service Pack 2 で
  • Windows Vista、 Service Pack 1
  • Windows XP Service Pack 3
WindowsPowerShell 2.0 は、次のサポートされているオペレーティング システムにインストールできます。
  • Windows 標準の 2009年の埋め込み
Windows 埋め込まれた標準的な 2009 年の WindowsPowerShell 2.0 からダウンロードできます。 MyOEM.マクロ コンポーネントからも使用できます。 MyOEM.

Windows PowerShell 2.0 では、共通言語ランタイム (CLR) のバージョン 2.0 が必要です。CLR 2.0 のコマンドレットを Windows PowerShell 2.0 用に構築されたをコンパイルする必要があります。CLR 2.0 は、Microsoft.NET Framework のバージョン 2.0、3.0、または 3.5 Service Pack 1 に含まれています。

BITS 4.0

4.0 のビット以下のサポートされているオペレーティング システムにインストールできます。
  • Service Pack 1 と Windows Server 2008
  • Windows Server 2008、Service Pack 2
  • Windows Vista Service Pack 2 で
  • Windows Vista、 Service Pack 1

再起動の必要性

Windows Management Framework をインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。

言語

WinRM 2.0、Windows PowerShell 2.0 とBITS 4.0 は、次の言語にローカライズします。
  • 中国語 (簡体字)
  • 中国語 (繁体)
  • 英語
  • フランス語
  • ドイツ語
  • イタリア語
  • 日本語
  • 韓国語
  • ポルトガル語 (ブラジル)
  • ロシア語
  • スペイン語
WinRM 2.0 とビット 4.0 は、完全に、上記の言語以外に、次の言語でローカライズします。
  • 中国語 (繁香港)
  • チェコ語
  • デンマーク語
  • オランダ語
  • フィンランド語
  • ギリシャ語
  • ハンガリー語
  • ノルウェー語
  • ポーランド語
  • ポルトガル語
  • スウェーデン語
  • トルコ語

アンインストール情報

Windows Management Framework Core

  • [Windows Vista と Windows Server 2008 では、[スタート] ボタン、[コントロール パネル] をクリックして、プログラムと機能インストールされている更新プログラムを表示] をクリックします。タイトル、KB968930 を含む更新プログラムをクリックし、[アンインストール] をクリックします。
  • Windows XP および Windows Server 2003 では、[スタート] ボタン、[コントロール パネル] をクリックして、プログラム追加と削除] をクリックします。.更新プログラムを表示] チェック ボックスをオンにしをクリックしてくださいWindows Management Framework Coreという名前の更新] をクリックし、[アンインストール] をクリックします。

Windows Management Framework BITS

  • [Windows Vista と Windows Server 2008 では、[スタート] ボタン、[コントロール パネル] をクリックして、プログラムと機能インストールされている更新プログラムを表示] をクリックします。タイトル、KB960568 を含む更新プログラムをクリックし、[アンインストール] をクリックします。

ダウンロード情報

Windows Management Framework をダウンロードするには、特定のコンポーネントをダウンロードするには、インストール パッケージを選択します。

次のファイルは、microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

Windows Management Framework Core (WinRM 2.0 と Windows PowerShell 2.0)



元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Management Framework Core の Windows Server 2008 パッケージを今すぐダウンロードします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
今すぐ、Windows Management Framework Core の Windows Server 2008 x 64 エディションのパッケージをダウンロードします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Management Framework Core の Windows Server 2003 パッケージを今すぐダウンロードします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Management Framework Core の Windows Server 2003 x 64 Edition パッケージを今すぐダウンロードします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Management Framework Core の Windows Vista パッケージを今すぐダウンロードします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Management Framework Core の Windows Vista、x64 ベースのシステムでパッケージを今すぐダウンロードします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Management Framework Core の Windows XP、および Windows Embedded パッケージを今すぐダウンロードします。

Windows Management Framework のBITS (BITS 4.0)

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Management Framework ビットの Windows Server 2008 パッケージを今すぐダウンロードします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
今すぐ、Windows Management Framework ビットの Windows Server 2008 x 64 エディションのパッケージをダウンロードします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Management Framework ビットの Windows Vista パッケージを今すぐダウンロードします。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Management Framework ビットの Windows Vista、x64 ベースのシステムでパッケージを今すぐダウンロードします。

Windows Management Framework のリリース ノート

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Windows Management Framework リリース ノート パッケージを今すぐダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
このファイルは、マイクロソフトによってウイルス スキャン済みです。マイクロソフトは、ファイルが公表された日付に使用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用しています。このファイルは、ファイルの不正な変更を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されています。

インストールされているファイル

Windows Management Framework Core

Windows Management Framework Core (WinRM 2.0 と Windows PowerShell 2.0) パッケージで、以下のファイルがインストールされます。
元に戻す全体を表示する
ファイル名
Assembly\System.Management.Automation
Assembly\Microsoft.powershell.Commands.Management
Assembly\Microsoft.powershell.Commands.Utility
Assembly\Microsoft.powershell.consolehost
Assembly\Microsoft.powershell.Security
Assembly\Microsoft.wsman.Runtime
Assembly\Microsoft.wsman.Management
Assembly\Microsoft.powershell.Editor
Assembly\Microsoft.powershell.gpowershell
Assembly\Microsoft.powershell.graphicalhost
Assembly\Microsoft.powershell.Commands.Diagnostics
Assembly\Microsoft.backgroundintelligenttransfer.Management
Assembly\System.Management.Automation.Resources
Assembly\Microsoft.powershell.Commands.Management.Resources
Assembly\Microsoft.powershell.Commands.Utility.Resources
Assembly\Microsoft.powershell.consolehost.Resources
Assembly\Microsoft.powershell.Security.Resources
Assembly\Microsoft.wsman.Management.Resources
Assembly\Microsoft.powershell.Editor.Resources
Assembly\Microsoft.powershell.gpowershell.Resources
Assembly\Microsoft.powershell.graphicalhost.Resources
Assembly\Microsoft.powershell.Commands.Diagnostics.Resources
Assembly\Microsoft.backgroundintelligenttransfer.Management.Resources
System32\Pwrshplugin.dll
System32\Windowspowershell\v1.0\Certificate.format.ps1xml
System32\Windowspowershell\v1.0\compiledcomposition。Microsoft.powershell.gpowershell.dll
System32\Windowspowershell\v1.0\Diagnostics.Format.ps1xml
System32\Windowspowershell\v1.0\dotnettypes.format.ps1xml
System32\Windowspowershell\v1.0\filesystem.format.ps1xml
System32\Windowspowershell\v1.0\getevent.types.ps1xml
System32\Windowspowershell\v1.0\Help.format.ps1xml
System32\Windowspowershell\v1.0\powershell.exe
System32\Windowspowershell\v1.0\powershellcore.format.ps1xml
System32\Windowspowershell\v1.0\powershelltrace.format.ps1xml
System32\Windowspowershell\v1.0\powershell_ise.exe
System32\Windowspowershell\v1.0\psevents.dll
System32\Windowspowershell\v1.0\pspluginwkr.dll
System32\Windowspowershell\v1.0\pwrshmsg.dll
System32\Windowspowershell\v1.0\pwrshsip.dll
System32\Windowspowershell\v1.0\Registry.format.ps1xml
System32\Windowspowershell\v1.0\types.ps1xml
System32\Windowspowershell\v1.0\wsman。Format.ps1xml
System32\Windowspowershell\v1.0\language_code\importallmodules.psd1
System32\Windowspowershell\v1.0\language_code\powershell.exe.mui
System32\Windowspowershell\v1.0\language_code\powershell_ise.resources.dll
System32\Windowspowershell\v1.0\language_code\psevents.dll.mui
System32\Windowspowershell\v1.0\language_code\pspluginwkr.dll.mui
System32\Windowspowershell\v1.0\language_code\pwrshmsg.dll.mui
System32\Windowspowershell\v1.0\modules\psdiagnostics\psdiagnostics.psd1
System32\Windowspowershell\v1.0\modules\psdiagnostics\psdiagnostics.psm1
System32\Windowspowershell\v1.0\modules\bitstransfer\bitstransfer。Format.ps1xml
System32\Windowspowershell\v1.0\modules\bitstransfer\bitstransfer.psd1
System32\Windowspowershell\v1.0\modules\bitstransfer\Microsoft.backgroundintelligenttransfer.Management.Interop.dll
System32\Wsmpty.xsl
System32\Wsmtxt.xsl
System32\Wwsmpty.xsl
System32\Wwsmtxt.xsl
System32\Wevtfwd.dll
System32\Winrm.cmd
System32\Winrm.vbs
System32\Winrmprov.dll
System32\Winrmprov.mof
System32\Winrs.exe
System32\Winrscmd.dll
System32\Winrshost.exe
System32\Winrsmgr.dll
System32\Winrssrv.dll
System32\Wsmanconfig_schema.xml
System32\Wsmanhttpconfig.exe
System32\Wsmanmigrationplugin.dll
System32\Wsmauto.dll
System32\Wsmplpxy.dll
System32\Wsmprovhost.exe
System32\Wsmres.dll
System32\Wsmselpl.dll
System32\Wsmsvc.dll
System32\Wsmwmipl.dll
System32\Wecapi.dll
System32\Wecsvc.dll
System32\Wecutil.exe

Windows Management Framework BITS

次のファイルは、ビット (ビット 4.0) の Windows Management Framework パッケージによってインストールされます。
元に戻す全体を表示する
ファイル名
System32\Qmgr.dll
System32\Qmgrprxy.dll
System32\Bitsigd.dll
System32\Bitsprx2.dll
System32\Bitsprx3.dll
System32\Bitsprx4.dll
System32\Bitsprx5.dll
System32\Bitsprx6.dll
System32\Bitsperf.dll
System32\Peerdist.dll
System32\Peerdistsvc.dll
System32\Peerdisthttptrans.dll
System32\Peerdistsh.dll
System32\Peerdistwsddiscoprov.dll
System32\Lightweightserver.dll
System32\Lightweightserverproxy.dll
System32\Wbem\Bitsprovider.dll

プロパティ

文書番号: 968929 - 最終更新日: 2014年9月10日 - リビジョン: 39.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
    • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
    • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
    • Windows Server 2008 Datacenter
    • Windows Server 2008 Enterprise
    • Windows Server 2008 Standard
    • Windows Web Server 2008
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Web Server 2008
  • Microsoft Windows Server 2003 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
    • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
    • Microsoft Windows Server 2003, Web Edition
  • Windows Vista Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Vista Business
    • Windows Vista Business 64-bit edition
    • Windows Vista Business N
    • Windows Vista Business N 64-bit Edition
    • Windows Vista Enterprise
    • Windows Vista Home Basic
    • Windows Vista Home Basic N
    • Windows Vista Home Basic N 64-bit Edition
    • Windows Vista Home Premium
    • Windows Vista Starter
    • Windows Vista Ultimate
  • Windows Vista Service Pack 1?を以下の環境でお使いの場合
    • Windows Vista Business
    • Windows Vista Business 64-bit edition
    • Windows Vista Business N
    • Windows Vista Business N 64-bit Edition
    • Windows Vista Enterprise
    • Windows Vista Home Basic
    • Windows Vista Home Basic N
    • Windows Vista Home Basic N 64-bit Edition
    • Windows Vista Home Premium
    • Windows Vista Starter
    • Windows Vista Ultimate
  • Microsoft Windows XP Service Pack 3?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Home Edition
    • Microsoft Windows XP Home Edition N
    • Microsoft Windows XP Professional
    • Microsoft Windows XP Professional N
    • Microsoft Windows XP Starter Edition
  • Windows Embedded POSReady 2009
  • Microsoft Windows Embedded for Point of Service
キーワード:?
kbdownload kbtshoot kbhowto atdownload kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbsurveynew kbinfo kbmt KB968929 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:968929
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com