Citrix ICA クライアントのバージョン 10.200 を実行している Windows XP ベースのコンピューターにログオンすると、Windows XP、キャッシュされているプロファイルをロードするのではなく、ユーザーのプロファイルを作成可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 969100
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Citrix ICA (独立型コンピューティング アーキテクチャ) クライアントのバージョン 10.200 は Windows XP sp2 と共に Windows XP を実行しているコンピューターで使用していることを想定しています。Windows XP ベースのコンピューターにログオンすると、Windows XP、キャッシュされているプロファイルをロードするのではなく、ユーザーのプロファイルを作成できます。同様に、重複したプロファイル ユーザーごとに作成されます。

さらに、USERENV ログを有効にする場合は、ログ エントリは、次のように参照してください。
USERENV(2ac.2b0) 16:35:57:459 Local Existing Profile Image is reachable
USERENV(2ac.2b0) 16:35:57:459 Local profile name is <C:\Documents and Settings\User_Name>
USERENV(2ac.2b0) 16:35:57:459 RestoreUserProfile: No central profile. Attempting to load local profile.
USERENV(2ac.2b0) 16:35:57:495 MyRegLoadKey: Failed to load subkey <S-1-5-21-1292428093-343818398-839522115-49106>, error =32
USERENV(2ac.2b0) 16:35:57:495 MyRegLoadKey: Returning 00000020
USERENV(2ac.2b0) 16:35:57:495 RestoreUserProfile: MyRegLoadKey returned FALSE.

原因

この問題は Winlogon.exe と Citrix SSONSVR.exe スタートアップ プロセスの両方の Ntuser.dat ファイルにアクセスしようとしたときに発生する競合状態のため発生します。Winlogon.exe SSONSVR.exe 起動時により Citrix ネットワーク プロバイダーがトリガーされたときにユーザー プロファイルをロードしようとします。

解決方法

マイクロソフトと Citrix システムをこの問題を解決してきました。Citrix クライアントの新しいバージョンを実装する、デザインの変更に同意しました。新しい Citrix クライアントができるまでは、この資料に記載されている回避策を使用します。

次の citrix 社のサポート Web サイトにアクセスして、Citrix の ICA クライアントの新しいバージョンが利用できますの詳細については、Citrix サポートに問い合わせてください。
http://www.citrix.com/English/SS/supportContacts.asp
Microsoft はテクニカル サポートを見つけることに連絡先情報をサード パーティを提供します。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

回避策

この問題を回避するには、Windows XP アプリケーションのプリフェッチを無効にするまたは SSONSVR.exe プロセスのプリフェッチ トレースを削除することができます。(どのプリフェッチはの詳細については、「関連情報」セクションを参照してください)。さらに、不要なユーザー プロファイルを手動で削除することができます。既に作成された、不要なユーザー プロファイルを削除するには、「不要なユーザー プロファイルを削除する方法」で説明されている手順を実行。

プリフェッチを無効にします。

プリフェッチを永続的にすべてのプログラム]、[無効にすることができますか、SSONSVR.exe プロセスに対してだけプリフェッチ トレースを手動で削除することができます。プリフェッチを無効にするには、必要に応じて次のオプションのいずれかを使用します。

オプション 1: SSONSVR.exe プロセスのプリフェッチを無効にする方法

SSONSVR.exe プロセスのプリフェッチを無効にするには、各ユーザー ログオフまたはコンピューターのシャット ダウンの前に、次の手順に従う必要があります。
  1. Windows エクスプ ローラーを開きます。
  2. 次のフォルダーに移動します。
    Drive_letter: \Windows\prefetch
  3. 見つけて、SSONSVR.exe プロセスのプリフェッチするために使用するファイルを削除します。このファイルの名前は、次のようになります。
    SSONSVR*.pf
  4. シャット ダウンまたは、コンピューターからログオフします。
メモ シャット ダウンまたはログオフ時に、ファイルを削除するスクリプトを使用してこのソリューションを実装することもできます。

方法 2: プログラムすべてのプリフェッチを無効にする方法

重要です このセクション、メソッド、またはタスク、レジストリを変更する方法を示す手順が含まれています。ただし、レジストリを誤って変更すると深刻な問題が発生。そのため、慎重にこの手順を実行することを確認します。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。レジストリを復元する方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリを復元する方法

すべてのプログラムのプリフェッチ コンポーネントを無効にするには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始をクリックして 実行 ボックスの種類 レジストリ エディター、し [OK].
  2. 見つけて、次のレジストリ サブキー] をクリックします。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session Manager\Memory Management\PrefetchParameters
  3. ダブルクリック、 EnablePreFetcher レジストリのエントリです。
  4. で、 [DWORD 値の編集 ダイアログ ボックス、入力 2 で、 [値のデータ ボックスとクリック [OK].
  5. レジストリ エディターを終了します。
  6. コンピューターを再起動します。
重要です 新しい Citrix クライアントが利用可能になったら、新しいクライアントをインストールし、設定を EnableFetcher プリフェッチ機能を再度有効にするのには、3 つの値です。

不要なユーザー プロファイルを削除する方法

警告 ユーザー プロファイルを削除すると、デスクトップの設定、お気に入り、「アプリケーション データの」フォルダーで「マイ ドキュメント」フォルダーの内容が含まれているプログラム固有のデータ プロファイルに関連するすべてデータが失われます。そのため、維持したくないするプロファイルだけを削除することを確認します。
  1. 右クリックします。 マイ コンピューター、し プロパティ.
  2. で、 [システムのプロパティ ダイアログ ボックスをクリックして、 高度な タブをクリックし 設定 で、 ユーザー プロファイル 領域です。
  3. で、 ユーザー プロファイル ダイアログ ボックスで、削除したい各プロファイルを選択します。
  4. クリックしてください。 削除、および、操作を確認します。
  5. クリックしてください。 [OK].

詳細

プリフェッチは何です。

プリフェッチは、アプリケーションの起動速度を改善するために必要なシステムの計算可能性がありますすべてのコードのメモリにプリロードする windows サブシステムです。メモリに読み込まれたとき、プリロード、アプリケーションの起動の過去の行動に依存します。プリフェッチ ・ プロセスの前回の起動時に発生する可能性が、ページ フォールトをトレースします。プリフェッチも同時に、アプリケーションの起動時に発生することが、システムのコンテキスト内のアクティビティを追跡します。他のプロセスがシステム コンテキストで活動の所有権を取得しない場合、プリフェッチ ・ アクティビティ、アプリケーション プロセスによって所有されているようにログインできます。起動時アクティビティが正しく記録されているかどうかを確認するには、プリフェッチいくつかのアプリケーションの起動サイクルを比較し、パターンを設定します。

Windows XP のプリフェッチが正常にいくつかの年にしてきました。SSONSVR.exe Citrix ネットワーク プロバイダーから開始されるため、ユーザーのプロファイルが読み込まれている間ただし、この場合は、偶然開始します。プリフェッチは、システムへのアクセスの Ntuser.dat ファイル、SSONSVR.exe プロセスの一部であると見なされます。したがって、プリフェッチ、ユーザー プロファイルの読み込み、SSONSVR.exe プリフェッチ ファイルに追加します。

このような状況、SSONSVR.exe プロセスのコードや API 呼び出しをせずに、起動中になど、Ntuser.dat のファイルをアクセスことができます。通常、このような状況にはシステム上の任意の効果はありません。この例では、Winlogon.exe の Ntuser.dat ファイルに同時にアクセスしようとするため、「現象」に記載されている問題が発生します。

プリフェッチを無効にすることの効果

プリフェッチ コンポーネントを無効にすると、プログラムがプログラムの起動時にロードに時間かかります。ただし、多くのシステムでは、プリフェッチ コンポーネントを無効にする、最小限の効果があります。別のプログラムがコンピューター上で頻繁に始まらない場合は、たとえば、パフォーマンスへの影響はより少ないになります。

関連情報

この問題の詳細については、以下の Citrix Web サイトを参照してください。
http://support.citrix.com/article/CTX118226
Microsoft はテクニカル サポートを見つけることに連絡先情報をサード パーティを提供します。この連絡先情報は、予告なく変更可能性があります。マイクロソフトはこのサード パーティ連絡先情報の正確性を保証しません。

この資料に記載サード ・ パーティ製品がマイクロソフトと関連のある会社で製造されています。明示、黙示、パフォーマンスや信頼性これらの製品に関する負わない。

プロパティ

文書番号: 969100 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbtshoot kbregistry kbuser kbmemory kbprb kb3rdparty kbexpertiseinter kbuserprofile kbmt kbsurveynew KB969100 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:969100
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com