Windows 小規模ビジネス Server 2008 更新プログラムのロールアップ 3 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 969121
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Windows Small Business Server (Windows SBS) 2008年更新プログラムのロールアップ 3 が表示されます。

この更新プログラムには、以下の更新プログラム リリース版の Windows Small ビジネス サーバー 2008年にはが含まれます。
  • 960911 Windows 小規模ビジネス Server 2008 更新プログラムのロールアップ 2 の説明
  • 961048 Microsoft Update からリリースされる更新プログラムのロールアップ Windows Small ビジネス サーバー 2008年を自動的に承認されません。
このアップデートは、Knowledge Base の資料にこれまで記載されていなかった以下の問題も修正されます。

問題 1
Windows 小規模ビジネス Server 2008 ベースのドメインに Windows 7 を実行しているクライアント コンピューターは接続できません。さらに、次のエラー メッセージが表示されます。
コンピューターの要件の確認が失敗しました。

このコンピューターがネットワークに接続するのに必要な要件を満たしていません。

続行するには、次の問題を解決する必要があります。

オペレーティング システムの要件
このコンピューターは、クライアントのセットアップを実行する最高のオペレーティング システム要件を満たしていません。

問題 2
Windows 小規模ビジネス サーバー 2008年を実行しているプライマリ サーバーに Microsoft SQL Server や Microsoft SQL Server 2005 Express Edition をインストールすると、次のエラー メッセージが表示されます。
インストールに失敗しました <productname></productname>.アカウント名とセキュリティ Id 間のマッピングは実行されませんでした。

問題 3
以前、証明書の選択一覧に表示されないインポートする証明書を追加するのには、信頼された証明書ウィザードの追加を使用しようとします。

第 4 号
証明書 Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインのウィンドウに使用されている証明書を削除します。信頼できる証明書のウィザードの追加を実行すると、ウィザードが応答を停止します。

問題 5
証明書 Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインのウィンドウに使用されている証明書を削除します。インターネット アドレス管理ウィザードを実行すると、ウィザードが応答を停止可能性があります。

問題 6
Windows 小規模ビジネス サーバー 2008年更新プログラムのロールアップこのクライアント統合機能を無効にする 2 をインストールした後、http://companyweb Web サイトからドキュメントを直接編集できません。

問題 7
Windows Small Business Server (Windows SBS) コンソールは、[このフォルダーの参照] オプションを使用して共有フォルダーを開こうとするとを応答を停止します。

詳細

情報を更新します。

この更新プログラムを入手する方法

この更新プログラムを Microsoft Update Web サイトから利用できます。
http://update.microsoft.com
この更新プログラムが Microsoft Update カタログ Web サイトから利用できます。
http://catalog.update.microsoft.com/v7/site/Search.aspx?q=KB969121

前提条件

必要条件はありません。

再起動の必要性

この更新プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。Windows SBS コンソールを含むこの更新プログラムをインストールする前に、コンピューターを再起動しないようにするには、すべてのアプリケーションを閉じます。

置換情報を更新します。

この更新プログラムで 960911 と 961048 に更新プログラムのロールアップが置き換えられます。

手動でインストールするガイド

手動での代わりに Windows SBS の更新サービス、Microsoft Update、Windows サーバー更新サービス (WSUS)、または自動更新を使用してこの更新プログラムをインストールする場合は、次の手順を実行します。
  1. 選択すると、管理コマンド プロンプトを開く 管理者として実行します。.
  2. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    msiexec/update SBS2008-KB969121-x 64-ENU.msp

ファイル情報

この修正プログラムの英語版がファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次のとおり。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。ファイル情報を表示すると、ローカル時刻に変換します。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン タブには 日付と時刻 コントロール パネルの項目。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Addmultipleusers.exe6.0.5601.8497259,9922009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Addmultipleusers.resources.dll6.0.5601.8497149,4082009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Adduser.exe6.0.5601.8497186,2642009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Adduser.resources.dll6.0.5601.849767,4802009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Admincommon.dll6.0.5601.8497337,8162009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Admincommon.resources.dll6.0.5601.8497133,0242009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Avinfra.dll6.0.5601.849747,0082009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Avinfra.resources.dll6.0.5601.84979,6242009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Clientdatacollectionrules.xml該当なし2,3732009 の 6 月 26 日14: 02該当なし
Clientsetupcommon.dll6.0.5601.8497149,4002009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Clientsetupcommon.resources.dll6.0.5601.84979,6242009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Common.dll6.0.5601.8497145,3042009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Common.resources.dll6.0.5601.849713,7282009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Connectcomputer.exe6.0.5601.8497530,3282009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Connectcomputer.resources.dll6.0.5601.8497268,1842009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Console.exe6.0.5601.84975,531,5442009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Console.resources.dll6.0.5601.84972,426,7762009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Dpcw.exe6.0.5601.8497530,3282009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Dpcw.resources.dll6.0.5601.8497292,7602009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Menu.aspx該当なし54,9432009 の 7 月 18 日10: 26該当なし
Monitoringcommon.dll6.0.5601.8497169,8802009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Monitoringcommon.resources.dll6.0.5601.849730,6162009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Sbssetup.exe6.0.5601.8497984,9842009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Sbssetup.resources.dll6.0.5601.8497493,4722009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Sscrsecc.dll6.0.5601.849742,9042009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Sscrsecc.resources.dll6.0.5601.849711,1682009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Supportedos.xml該当なし2,9922009 の 6 月 26 日14: 16該当なし
Trustedcert.exe6.0.5601.8497255,8962009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Trustedcert.resources.dll6.0.5601.8497141,2162009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Wssg.support.dll6.0.5601.8497100,2482009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Wssg.support.resources.dll6.0.5601.849710,6482009 の 7 月 18 日10: 39x 86
Wsusdatalayer.dll6.0.5601.849787,9602009 の 7 月 18 日10: 40x 86
Wsusdatalayer.resources.dll6.0.5601.849714,7522009 の 7 月 18 日10: 39x 86

プログラムのアンインストール情報

この更新プログラムは、Web サイトを http://companyweb の変更からの NTLM 認証、Kerberos 認証を設定する認証モードをインストールするとします。この変更が発生した、理由ではなく、NTLM 認証、Kerberos 認証を使用することをお勧めするためです。

この更新プログラムをインストールした後、この更新プログラムを削除する場合を使用して、更新プログラムを削除できます、 [プログラムと機能 コントロール パネルの項目。ただし、再度この更新プログラムを削除すると、http://companyweb Web サイトの認証モードを手動で変更する必要があります。手動で再び http://companyweb に Web サイトの認証モードを変更するには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 開始、ポイント 管理ツール、し SharePoint 3.0 サーバーの全体管理.
  2. で、 アプリケーション構成の管理 タブで、クリックしてください 認証プロバイダー.
  3. で、 Web アプリケーション ボックスの一覧で、Web サイトで使用して http://companyweb に Web アプリケーションを選択します。
  4. クリックして、 既定値 ゾーンです。
  5. で、 認証を編集します。 ページで、クリックしてください NTLM は、 IIS 認証の設定、し 保存.

この更新プログラムの既知の問題

問題 1

この更新プログラムを削除すると、Windows で小規模ビジネス サーバー 2008年インストール DVD を挿入する必要があります。この更新プログラムをインストールする前に、Supportedos.xml ファイルは、ユーザーによって変更された場合に発生します。

この更新プログラム、次の手順を正常に削除するのには
  1. セットアップ フォルダーを Windows Small ビジネス サーバー 2008 DVD2 からローカル ハード ディスクにコピーします。
  2. DVD を挿入するように求められますダイアログ ボックスをクリックします。 参照.
  3. セットアップ フォルダーに、ローカルのハード ディスクに SBS.msi ファイルを見つけます。
  4. 削除処理を続行します。
削除した後は、この更新プログラムを再インストールする場合は、次の手順を実行します。
  1. Supportedos.xml ファイル内の置換します。 <location1></location1> このことで <location2></location2>.
    <location1></location1> 次の場所を表しています。
    %ProgramFiles%\Windows 小規模ビジネス Server\Bin\webapp\ClientDeployment\PackageFiles

    <location2></location2> 次の場所を表しています。
    %ProgramFiles%\Windows 小規模ビジネス Server\Data\CDUSB
  2. この更新プログラムを再インストールします。
問題 2

この更新プログラムをインストールした後、http://companyweb Web サイトの次の設定を既定値にリセットされます。
元に戻す全体を表示する
設定既定値
匿名アクセス無効になっています。
クライアント統合有効になっています。
基本認証無効になっています。

この更新プログラムをインストールする前に、これらの設定をカスタマイズしている場合は、この更新プログラムをインストールした後手動で元のこれらの設定値は、カスタマイズした設定を変更しなければなりません。

関連情報

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 969121 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 8.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo atdownload kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB969121 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:969121
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com