Windows Server 2003 ベースのコンピューター上で ADPREP または FORESTPREP コマンドを実行すると、エラーが発生:「属性を使用して、リンクが存在」

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 969307
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

実行すると、 ADPREP/FORESTPREP コマンドは、Windows サーバー上でフォレストのスキーマを拡張するのには2003 ベースのコンピューター、コマンドが失敗した、次のエラー メッセージが表示されます。
Connecting to "<host name of schema master>"
Logging in as current user using SSPI
Importing directory from file "C:\WINDOWS\system32\sch44.ldf"
Loading entries........
Add error on line 43: Unwilling To Perform
The server side error is "Schema update failed: An attribute with the same link
identifier already exists."
7 entries modified successfully.
An error has occurred in the program
ERROR: Import from file C:\WINDOWS\system32\sch44.ldf failed. Error file is saved in ldif.err.44.
Ldif.err.44 のエラー ファイルを開く場合は、この場合は、次のようなエラーを参照してください。
Entry DN: CN=ms-DS-BridgeHead-Servers-Used,CN=Schema,CN=Configuration,DC=<forest root domain>
Add error on line 43: Unwilling To Perform 
 
The server side error is "Schema update failed: An attribute with the same link identifier already exists."
 
An error has occurred in the program
メモ エラーは、他の属性にも発生します。たとえば、エラーリンク ID 2046 をスキーマの変更を割り当てるときに、 camDBSignonRef オブジェクトです。

原因

このエラーと発生、 ADPREP/FORESTPREP コマンドでは、スキーマ パーティションに、新しいオブジェクトを追加しようとしています。既存のオブジェクトに既に割り当てられている、linkID を使用して、スキーマ パーティション。

解決方法

重要です LinkIDs をスキーマ内の既存のオブジェクトを変更しません。パーティションの動作は、Active Directory のレプリケーションが失敗する可能性があるためスキーマが一致しないとします。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. 追加される競合の linkID を識別します。は、競合の linkID 値を識別するには、スキーマの定義を見るとLDIF ファイル。エラーします。<number></number> ファイルです。これで場合が含まれます CN = の ms-DS-ブリッジヘッド-サーバーで使用すると、CN スキーマでは、CN = 構成、DC = =<dc name=""></dc>DC = com SCH44 では。LDF の 2160年リンク Id に割り当てられています。
  2. ターゲット スキーマ内のオブジェクトを識別する、パーティション分割競合の linkID を現在所有しています。ターゲットのスキーマを検索することができます。どのような既存のオブジェクトを表示するのには、スキーマ マスターは、linkID として割り当てられました。Sch<xx>内のオブジェクトと競合 .ldf ファイル。これを行うを使用して、REPADMIN、LDIFDE は、LDP。EXE または、同等のツールを使用します。ここでは、いくつかのサンプルについては、ツール:</xx>
    For REPADMIN search
     
    repadmin /showattr fsmo_schema: ncobj:schema: /filter:"(&(objectclass=*)(linkid=<link ID value>))" /subtree
    
     
    For LDIFDE search:
     
    LDIFDE -f <filename> -d "CN=Schema,CN=Configuration,DC=<forest root domain>" -r (linkID=<link ID value>)
    
     
    For LDP search:
     
    BaseDN: CN=Schema,CN=Configuration,DC=<DC>,DC=com
    Scope : Subtree
    Filter: (&(objectclass=*)(linkid=<link ID value>) 
    
  3. Windows から、ADPREP フォルダーの内容をコピーします。Server 2008 ソース DVD にハード ディスクを使用すると、コンピューターのスキーマの更新を実行します。
  4. リンク オブジェクトに新しい linkIDs を割り当てる、Sch<xx>.ldf ファイル内のオブジェクトの既存の linkIDs を矛盾がスキーマ パーティション。場合は、スキーマ操作マスター (フレキシブルとも呼ばれるシングル マスター操作または FSMO) の役割を Windows Server 2003 でホストし、ドメイン コント ローラーの機能レベルは、DS_BEHAVIOR_WIN2003 やより高いレベルは、既知のオブジェクト識別子 (OID とも呼ばれます) を代入します。「1.2.840.113556.1.2.50」内のすべての前方リンク属性の linkID フィールドSCH<xx>。LDF の持つ linkIDs を競合で既存のオブジェクトには、移動先のフォレスト。「1.2.840.113556.1.2.50」オブジェクト識別子が一意の割り当て自動生成された linkIDs をターゲット スキーマ。<b00></b00></xx></xx>

    この場合は、linkID2160 CN に以前割り当てられていたとの競合の ms-PKI-DPAPIMasterKey を =Sch44.ldf で定義されている linkID 2160CN = の ms-DS-ブリッジヘッド-サーバーに使用します。この問題を解決するには、次の手順を実行します。
    1. Sch44.ldf ファイルを開きます。その後、次の行がテキスト CN = の ms-DS-ブリッジヘッド-サーバーで使用すると、CN スキーマでは、CN = 構成、DC = =<dc></dc>:
      dn: CN=ms-DS-BridgeHead-Servers-Used,CN=Schema,CN=Configuration,DC=X
      changetype: ntdsSchemaAdd
      adminDescription: List of bridge head servers used by KCC in the previous run.
      adminDisplayName: ms-DS-BridgeHead-Servers-Used
      attributeID: 1.2.840.113556.1.4.2049
      attributeSyntax: 2.5.5.7
      cn: ms-DS-BridgeHead-Servers-Used
      instanceType: 4
      isSingleValued: FALSE
      lDAPDisplayName: msDS-BridgeHeadServersUsed
      linkID: 2160
      objectCategory: CN=Attribute-Schema,CN=Schema,CN=Configuration,DC=X
      objectClass: attributeSchema
      oMObjectClass:: KoZIhvcUAQEBCw==
      oMSyntax: 127
      schemaFlagsEx: 1
      schemaIDGUID:: ZRTtPHF7QSWHgB4epiQ6gg==
      searchFlags: 0
      showInAdvancedViewOnly: TRUE
      systemFlags: 25
      
    2. LinkID フィールドに「2160」からを変更します。「1.2.840.113556.1.2.50 自動生成される一意の linkIDs を Windows を起動する」スキーマ操作マスターのサーバー。
    3. その後、次のテキストで、Sch44.ldf を表示します。ファイル CN = の ms-DS-ブリッジヘッド-サーバーで使用すると、CN スキーマでは、CN = 構成、DC = =<dc></dc>:
      dn: CN=ms-DS-BridgeHead-Servers-Used,CN=Schema,CN=Configuration,DC=X
      changetype: ntdsSchemaAdd
      adminDescription: List of bridge head servers used by KCC in the previous run.
      adminDisplayName: ms-DS-BridgeHead-Servers-Used
      attributeID: 1.2.840.113556.1.4.2049
      attributeSyntax: 2.5.5.7
      cn: ms-DS-BridgeHead-Servers-Used
      instanceType: 4
      isSingleValued: FALSE
      lDAPDisplayName: msDS-BridgeHeadServersUsed
      linkID: 1.2.840.113556.1.2.50
      objectCategory: CN=Attribute-Schema,CN=Schema,CN=Configuration,DC=X
      objectClass: attributeSchema
      oMObjectClass:: KoZIhvcUAQEBCw==
      oMSyntax: 127
      schemaFlagsEx: 1
      schemaIDGUID:: ZRTtPHF7QSWHgB4epiQ6gg==
      searchFlags: 0
      showInAdvancedViewOnly: TRUE
      systemFlags: 25
      
  5. LinkIDs の後方リンクを更新するときに属性 linkIDs前方リンクの属性が変更されます。Active Directory 内の一部のオブジェクトがあります。後方リンクの属性、およびその他のオブジェクトはありません後方リンク属性などとして、CN = ms-DS-ブリッジヘッド-サーバーに使用します。 次の使用例で使用されるオブジェクト。変更されるオブジェクトが後方リンクを持つかどうかを判断する必要があります。別のオブジェクトと属性です。オブジェクトには、バック リンク オブジェクトがある場合は、変更をオブジェクトが後方リンクです。

    メモ 後方リンク オブジェクトの linkID 定義を使用しているかどうかは、ハード コーディングされた ID (数値) の定義を許可するように変更して、後方リンクが自動的に生成するオブジェクトのオブジェクト識別子。でこのシナリオでは、このリンクの後方リンク設定された、後方リンクは、ldapDisplayName、前方リンクのオブジェクトがオブジェクトです。管理者が作成された後にスキーマ キャッシュをロードする必要が、前方リンクと管理者に戻るリンクを作成する前にします。
  6. 保存していたスキーマ ・ ファイルを閉じる更新。
  7. 再実行、 Adprep/forestprep スキーマ ファイルを作成する場所のフォルダーからのコマンド修正します。

メモ 対象となるは、この解決方法の手順を適用できます。使用してスキーマを更新します。 /forestprep 操作または他社製のスキーマの更新をします。

詳細

場合は、ドメイン コント ローラーの機能レベルDS_BEHAVIOR_WIN2003 やより高いレベルでは、Windows Server 2003 以降は、バージョン、なったからマイクロソフトの linkID 値を要求するために必要なです。AlinkID 値を自動的に生成するプロセスが存在します。システム新しいリンクのリンク Id を自動的に生成されます属性の場合、属性の linkID 属性が 1.2.840.113556.1.2.50 に設定されています。

詳細についてはリンク Id を入手する方法の詳細については、次の Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb891955 (VS.85)
自動生成の linkID についての詳細についてを参照してください、次の Web サイト:
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc223203 (PROT.10)
LinkID についての詳細については、次の Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc220062 (PROT.10)

プロパティ

文書番号: 969307 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kbtshoot kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB969307 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:969307
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com