Office Communications Server 2007 R2 データベースの更新プログラム パッケージの説明: 2009 年 7 月日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 969834 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2009年 7 月年は、Office Communications Server 2007 R2 データベース更新プログラム パッケージで修正される Microsoft Office Communications Server 2007 R2 のデータベースの問題について説明します。
この資料には、更新プログラム パッケージに関する以下の項目について説明します。
  • 更新プログラム パッケージで修正される問題。
  • 更新プログラム パッケージのインストールの必要条件。
  • 更新プログラム パッケージをインストールした後、コンピューターを再起動する必要があるかどうか
  • かどうか、更新プログラム パッケージが他の更新プログラム パッケージによって置き換えられます。
  • レジストリの変更が必要かどうか。
  • 更新プログラム パッケージに含まれるファイル。

概要

この更新プログラム パッケージで修正される問題します。

この更新プログラム パッケージには、次の問題が修正されます。
  • 972725Communications Server 2007 R2 では、"マイ会議"という会議に参加しようとすると、エラー メッセージ:「申し訳ありません; に会議を転送できません」

詳細

パッケージの情報を更新します。

ダウンロード センター

下記のファイルは、Microsoft Download Center からダウンロードできます:
元に戻す画像を拡大する
Download
Download the OCS2009-DBUpgrade.msi package now.

リリース日: 7 月 2009

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください:
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトはこのファイルのウイルスをスキャンします。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 ファイルをファイルに不正な変更を防ぐセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

マイクロソフト サポートに連絡して

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。 ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正することを目的としたものです。 この修正プログラムは、この資料に記載されている問題が発生しているシステムのみに適用されます。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。 この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムのダウンロードに使用できる場合は、この「サポート技術情報」(Knowledge Base) 資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合は、修正プログラムを取得するのには、マイクロソフト カスタマー サービスとサポートに問い合わせてください。

メモ 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。 完全な一覧マイクロソフト カスタマー サービスとサポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムを使用可能な言語が表示されます。 お使いの言語が表示されていない場合は、修正プログラムがその言語で利用できないためにです。

前提条件

この修正プログラムを適用するのには、次のソフトウェアをインストールする必要があります。
  • Office Communications Server 2007 R2 の管理ツール
  • Microsoft SQL クライアント ツール
    • SQL 2008 クライアント ツールをインストールする場合は、SQL 2005 Service Pack 2 (SP2) 下位互換性もインストールされている必要があります。

再起動の要件

この更新プログラム パッケージを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

レジストリについて

このパッケージに更新パッケージのいずれかを使用するのには、レジストリを変更する必要はありません。

パッケージのインストール情報を更新します。

この更新プログラム パッケージ累積的であり、以前のパッケージから更新プログラムが含まれています。

インストール情報

インストール情報でデータベースの更新が適用される、サーバーの役割に応じて詳しく説明します。
  • 通信 Server 2007 R2、Standard Edition
  • 通信 Server 2007 R2]: 前の TU に含まれる ◇
    • 通信 Server 2007 R2、Enterprise Edition からフロント エンド
    • 通信 Server 2007 R2、Enterprise Edition からバックエンド
メモ この更新プログラムをインストールするのには、mustユーザー アクセス制御 (UAC) オフにします。 UAC では、、更新プログラムのインストール後は、オンにします。

Office Communications Server 2007 R2、Standard Edition

この更新プログラム Communications Server 2007 R2 を実行しているサーバーが次のいずれかのインストールします。
  • 標準の Edition Server
  • ディレクター (標準エディション)
この更新プログラムをインストールするのには、OCS2009 DBUpgrade.msi ファイルを直接実行します。

Office Communications Server 2007 R2]: 前の TU に含まれる ◇

EE バックエンドまたは EE フロント エンドから、データベースの更新プログラムをインストールすることができます。 ただし、バックエンドから、データベースの更新を実行することをお勧めします。

インストールする前に、更新プログラムの更新に必要な必須コンポーネントがインストールされていることを確認します。 企業向けの更新 Edition データベースは、次のコマンドを実行して適用することができます:
OCS2009-DBUpgrade.msi POOLNAME=Poolname
Poolname が、エンタープライズ版のプール名です。

アンインストール情報

Communications Server 2007 R2 を削除しない限り、この更新プログラムを削除することはできません。 その後、Communications Server 2007 R2 を再インストールするのには、元の Communications Server 2007 R2 インストール メディアを使用する必要があります。 次の手順だけで、コントロール パネル[プログラムの追加と削除] 項目から更新プログラムを削除できます。

Office Communications Server 2007 R2、Standard Edition

[プログラムの追加と削除] に、この更新プログラムがインストールされている Communications Server 2007 R2 を実行している、次のサーバーのいずれかを使用してこの修正プログラムの一覧を作成、更新プログラムを削除します。
  • 標準の Edition Server
  • ディレクター (標準エディション)
この更新 プログラムの追加と削除 からこの修正プログラムの一覧を削除するのには、OCS2009 DBUpgrade.msi ファイルを実行します。

メモ 実行し、[プログラムの追加と削除] からこの更新プログラムのエントリを削除するのには、次のメッセージでは、[OK] をクリックします。
25000 を警告します。

この修正プログラムを削除することはできませんがデータベース スキーマに変更されます。 続行すると、[プログラムの追加と削除</a0>] ボックスの一覧から、修正プログラムを削除しますが、変更でデータベース スキーマに残ります。 続けますか。
Office Communications Server 2007 R2]: 前の TU に含まれる ◇

この修正プログラムから、[プログラムの追加と削除] からこの更新プログラムがインストールされている Office Communications Server 2007 R2 を実行している以下のサーバーのいずれかの一覧を作成、更新プログラムを削除します。
  • Enterprise Edition (バックエンド)
  • ディレクター (Enterprise Edition) バックエンド
この修正プログラム の追加と削除] から Communications Server 2007 R2 の Enterprise Edition データベースをホストしているバックエンド SQL Server サーバーを一覧表示、更新プログラムを削除します。 これを行うには、次のコマンドを実行してください:
OCS2009-DBUpgrade.msi POOLNAME=poolname
をクリックして ノート を実行し、[プログラムの追加と削除] からこの更新プログラムのエントリを削除するのには [OK] で、次のメッセージ。
25000 を警告します。

この修正プログラムを削除することはできませんがデータベース スキーマに変更されます。 続行すると、[プログラムの追加と削除</a0>] ボックスの一覧から、修正プログラムを削除しますが、変更でデータベース スキーマに残ります。 続けますか。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。 この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。

この更新プログラムをインストールした後、この更新プログラムのグローバル版ファイル属性、またはそれ以降のバージョンのファイル属性は、次の表に一覧表示されますがあります。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Dbcommon.sql適用しません。20,22629-6 月-200911: 55適用しません。
Dbqfeupdate.wsf適用しません。11,84129-6 月-200906: 28適用しません。
Dbrtc.sql適用しません。1,087,62729-6 月-200911: 56適用しません。
Dbrtcdyn.sql適用しません。28,79329-6 月-200911: 56適用しません。
Dbsetup.wsf適用しません。108,51529-6 月-200911: 56適用しません。
Dbupgrade.wsf適用しません。38,93429-6 月-200906: 29適用しません。
Roles.sql適用しません。83829-6 月-200911: 56適用しません。
Types.sql適用しません。54129-6 月-200911: 56適用しません。

関連情報

ソフトウェア更新の用語の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するには、以下「Base をクリックします。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 969834 - 最終更新日: 2009年7月28日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Standard Edition
  • Microsoft Office Communications Server 2007 R2 Enterprise Edition
キーワード:?
kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB969834 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:969834
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com