SCVMM および SCVMM R2 P2V 失敗アクセス エラー 2910 (0x80070005) を拒否すると

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 969965
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft System Center Virtual Machine Manager 2008年に-物理-バーチャル変換 (P2V) を実行している場合、システムのスキャン フェーズでは、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー (2910)
VMM では、% のサーバー上のリソースへのアクセスに必要な権限はありません。
(0X80070005) アクセスが拒否されました)

推奨される操作
Virtual Machine Manager がこの操作を実行するのには、適切な権限を持っていることを確認します。
メモ 元のコンピューターは、P2V 変換を仮想化するコンピューターです。

原因

この問題は、次の条件のいずれかが満たされているために通常発生します。
  • P2V ウィザードで入力した資格情報は、ソース コンピューター上のローカルの Administrators グループのメンバーに属していません。
  • 元のコンピューターは、CIMV2 名前空間に P2V ウィザードを使用したアカウントにリモートの WMI 呼び出しは許可されていません。

解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. P2V ウィザードを使用するアカウントは、ソース コンピューター上のローカルの Administrators グループのメンバーであるかどうかを確認します。

    メモ これは、SCVMM サーバーとソースのコンピューターが異なるドメインにある場合に特に重要です。
  2. WMI への接続元のコンピューター上の CIMV2 名前空間を確認します。これを行うには、SCVMM サーバーで次の手順をに従ってください。

    メモ P2V 変換中にシステムのスキャンのフェーズでは、SCVMM WMI CIMV2 名前空間に元のコンピューターの基本的なシステム情報を取得する呼び出します。これらの WMI 呼び出しは失敗する場合は、また、P2V 変換を失敗します。
    1. [WBEMtest] ウィンドウを開きます。これを行うをクリックします。 ボタンをクリックし、、ポイント Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] WBEMtest 続いて と入力して [ ].
    2. クリック 接続 右上隅にします。
    3. 元のコンピューター上の CIMV2 名前空間に接続します。たとえば、入力します。 \\Source\ROOT\CIMV2.

      メモ ソース コンピューターの名前を使用するようになっていることを確認します。
    4. クリック 接続 接続を完了するには。
    5. 接続サンプルのオブジェクトにアクセスすることを確認します。これを行うをクリックします。 オープン クラス、し、入力 Win32_PhysicalMemory.

      メモ [オブジェクト エディター] ウィンドウを表示するオブジェクトを参照してくださいする必要があります。返される実際の内容は重要ではありません。この手順の目的は、CIMV2 名前空間へのリモート接続が確立されていることを確認してくださいです。
  3. Wmimgmt.msc ローカル コンピューターへの接続を確認して、[リモートの有効化アクセス許可を確認するを開きます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. [WMI コントロール (ローカル)] ウィンドウを開きます。これを行うをクリックします。 ボタンをクリックし、、ポイント Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] wmimgmt.mscプロパティ ].
    2. 右クリックし、 WMI コントロール (ローカル) ノードをクリックし. をクリックします。.
    3. クリックして、 セキュリティ タブの選択 ルート、し、 セキュリティ 右下隅にあるボタン。
    4. オンにし、 リモート有効にするまたはアクセス許可を Everyone にこのアクセス許可を付与する、特定のユーザー アカウント チェック ボックス。

      メモ この操作では、コンピューターを再起動することは不要です。
  4. Dcomcnfg DCOM サービスが実行されていることを確認して、リモートのアクティブ化のアクセス許可を確認するを開きます。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. コンポーネント サービス スナップインを開きます。これを行うをクリックします。 ボタンをクリックし、、ポイント Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない] dcomcnfgプロパティ ].
    2. 展開コンポーネント サービス、展開 コンピューター、し展開 マイ コンピューター.

      メモ 場合は、 マイ コンピューター ノードが赤い下矢印マークが、これは、DCOM サービスが実行されていないし、起動する必要があることを意味します。
    3. Usbehci.sysマイ コンピューター[ をクリックします。、し、 COM セキュリティ タブ。
    4. 起動とアクティブ化のアクセス許可[ 制限を編集します。.
    5. は、すべてのユーザー ユーザー グループでクリックして選択するのには 許可します。 チェック ボックスは、 リモートのアクティブ化 行します。また、このアクセス許可を付与する特定のユーザー アカウントを追加します。
    メモ 適切な WMI アクセス許可がユーザーに与えられていない場合「アクセスが拒否されました」エラー メッセージが表示される可能性があります。エラー メッセージは、エラー コード 0x80041003 などがあります。
  5. Ole レジストリ キーが存在しないか、ソース コンピューター上に正しくない値を持つかどうかを確認します。これを行うには、次の手順を実行します。
    1. レジストリ エディターを起動します。
    2. 次のサブキーを見つけます。
      HKEY_LOCAL_MACHINE \SOFTWARE\Microsoft\Ole
    3. 検索します。 アシスタンス エントリの型 REG_SZY.

プロパティ

文書番号: 969965 - 最終更新日: 2012年2月17日 - リビジョン: 2.0
キーワード:?
kbnomt kbrapidpub kbmt KB969965 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:969965
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com