文書番号: 970826 - 対象製品
中小企業のお客様は、中小企業向けサポートサイトで問題解決コンテンツや学習リソースもご利用ください。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

現象 1

Microsoft Office Word 2010 で、スペルが誤っている単語を入力しても、スペル チェッカーで指摘されません。

現象 2

Word 2010 の [校閲] タブの [文章校正] グループで [スペルチェックと文章校正] ボタンをクリックすると、以下のいずれかのメッセージが表示されます。
  • 文章校正が完了しました。
  • 既定の言語用の校正ツールがインストールされていません。校正ツールを再インストールしてください。
この問題は別のバージョンの Microsoft Word でも発生しますか。

別のバージョンの Microsoft Word でこの問題を解決する方法については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
2662392 Word 2007 のスペル チェッカーで、スペルが誤っている単語が指摘されない (リンク先は英語の場合があります)

原因

この問題には次のような原因があります。
  • 校正ツールがインストールされていない。
  • Speller EN-US アドインが無効である。
  • [スペル チェックと文章校正を行わない] チェック ボックスがオンである。
  • 別の言語が既定として設定されている。
  • レジストリに以下のエントリが存在する。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Shared Tools\ProofingTools\1.0\Override\en-US

解決策

この資料に記載されている方法を順に実行することをお勧めします。ただし、いずれかのこの問題の解決方法を以前に試しても解決できなかった場合は、この一覧でその後に記載されている方法を試すことができます。

方法 1: 校正ツールをインストールする

  1. すべてのプログラムを終了します。
  2. [スタート] ボタンをクリックし、[コントロール パネル] をクリックします。
  3. Windows Vista の場合は、[プログラムと機能] をダブルクリックします。以前のバージョンの Windows の場合は、[プログラムの追加と削除] をダブルクリックします。
    Windows 7 の場合は、[プログラム] の [プログラムのアンインストール] をクリックします。
  4. [Microsoft Office エディション] をクリックし、[変更] をクリックします。

    注: この手順および以降の手順の エディション は、コンピューターにインストールされている Microsoft Office のエディションを表します。
  5. [Microsoft Office エディション] ダイアログ ボックスで、[機能の追加/削除] をクリックして、[次へ] をクリックします。
  6. [Office 共有機能] を展開し、[校正ツール] の左側にあるアイコンをクリックし、[マイ コンピューターからすべて実行] をクリックします。

方法 2: Speller EN-US アドインを有効にする

  1. [ファイル] タブをクリックし、[オプション] をクリックします。
  2. 左側で [アドイン] をクリックします。
  3. [Word のオプション] ダイアログ ボックスの下部にある [管理] セクションで、ドロップダウン矢印を選択し、選択項目を [COM アドイン] から [使用できないアイテム] に変更し、[設定] をクリックします。
  4. [使用できないアイテム] ダイアログ ボックスの [使用できるようにするアイテムを選択してください] ボックスで [Speller EN-US (nlsdata0009.dll)] が使用可能かどうかを確認します。
  5. [Speller EN-US (nlsdata0009.dll)] が見つかったら、それを選択して [有効にする] をクリックします。
  6. [閉じる] をクリックして、[使用できないアイテム] を閉じ、[OK] をクリックして、[Word のオプション] を閉じます。

方法 3: 自動スペル チェックを有効にする

  1. [ファイル] タブをクリックし、[オプション] を選択します。
  2. [Word のオプション] ダイアログ ボックスで [文章校正] を選択します。
  3. [Word のスペル チェックと文章校正] セクションで [自動スペル チェック] が有効になっていることを確認します。
  4. [例外] セクションの各チェック ボックスがオフになっていることを確認します。
  5. [OK] をクリックして、[Word のオプション] を保存して閉じます。

方法 4: 使用する言語を選択し、[スペル チェックと文章校正を行わない] チェック ボックスをオフにする

  1. Word 文書全体を選択します。
  2. [校閲] タブで、[言語] をクリックし、[文章校正] をクリックします。
  3. 使用する言語をクリックし、[OK] をクリックします。
  4. [スペル チェックと文章校正を行わない] チェック ボックスがオンである場合は、チェック ボックスをオフにします。
元に戻す画像を拡大する
2670126



方法 5: Fix を使用してレジストリを変更する

重要 この資料には、レジストリの編集方法が記載されています。レジストリを変更する前に必ずレジストリのバックアップを作成してください。また、問題が発生した場合に備えて、レジストリの復元方法を理解しておいてください。レジストリのバックアップ、復元、および編集方法の詳細については、下のリンクをクリックして、Windows オンラインの資料を参照してください。レジストリから関連するレジストリ キーを削除するには、「Fix it で解決する」セクションに進んでください。自分でこの問題を解決するには、「自分で解決する」セクションに進んでください。

Fix it で解決する

この問題を自動的に解決するには、[この問題を解決する] ボタンまたはリンクをクリックします。[ファイルのダウンロード] ダイアログ ボックスで [実行] をクリックし、このウィザードの手順に従います。

この問題を解決する
Microsoft Fix it 50546

注意事項
  • このウィザードは英語版のみである場合があります。しかし、自動的な解決は英語版以外の Windows でも機能します。
  • 問題のあるコンピューターとは別のコンピューターを操作している場合、Fix it ソリューションをフラッシュ ドライブまたは CD に保存することで、問題のあるコンピューターで実行することができます。

次に、「問題が解決されたかどうかの確認」セクションに進んでください。



自分で解決する

この問題を自分で解決するには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。
  2. [名前] ボックスに「REGEDIT」と入力し、Enter キーを押します。
  3. 次のレジストリ サブキーを見つけて右クリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Shared Tools\Proofing Tools\1.0\Override
  4. [削除] をクリックします。
  5. レジストリ エディターを終了します。
  6. Word を終了し、再起動します。

問題が解決されたかどうかの確認

  • 問題が解決されたかどうかを確認します。問題が解決された場合、このセクションの作業は完了していることになります。問題が解決されていない場合は、サポートに問い合わせることができます。
  • マイクロソフトではフィードバックをお待ちしております。この解決方法に関するフィードバックを提供する、または問題を報告するには、"Fix it for me" ブログ にコメントを記入するか、電子メール メッセージ (日本語可) を送信してください。

プロパティ

文書番号: 970826 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 8.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Word 2010
キーワード:?
kbrapidpub kbnomt kbfixme kbmsifixme consumeroff2010track KB970826
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com