Word.msp (Wordconv.msp) [Word 2007 修正プログラム パッケージの説明: 2009 年 6 月 30 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 970942
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ここに単語を修正 Microsoft Office ワード 2007年の問題について説明します2009 年 6 月 30 日を日付が 2007年修正プログラム パッケージ。
以下に、修正プログラムについて説明しますパッケージ:
  • 問題は、修正プログラムパッケージで修正します。
  • この修正プログラムをインストールするための必要条件パッケージです。
  • この修正プログラムをインストールした後、コンピューターを再起動する必要がありますかパッケージです。
  • かどうか修正プログラムパッケージが他の修正プログラムによって置き換えられるパッケージです。
  • かどうか、レジストリの変更を行う必要があります。
  • ファイルは、修正プログラムパッケージが含まれています。

はじめに

この修正プログラムは、以下の問題が修正されます。
  • 次のシナリオを検討してください。Word 2007 を埋め込むカスタム アプリケーションに OLE オブジェクトとして記載します。次に、OLE Word を開くWord 2007 の document オブジェクト。すべての変更を加えない場合は、このシナリオでは、文書や、文書を保存、Word 2007 がクラッシュしない操作を行います、文書を閉じます。
  • Word 2007 のスペルが誤って単語を処理します。改行をしないハイフンを含みます。

    メモ 両方のこの修正プログラムをインストールすることによってこの問題を解決し、修正プログラムは KB 972563 に見つかりません。
    詳細については、次の資料番号をクリックします。記事は、マイクロソフト サポート技術参照してください。
    972563Word 2007 修正プログラム パッケージ (NlgMsProof.msp) の説明: 2009 年 6 月 30 日

  • Word 2007 文書には、パスワード設定は、パスワードを変更するのには フィールドには、 全般オプション ダイアログ ボックスです。Word 2007 で、文書を開く場合は、パスワード ダイアログ ボックスが表示されます。ただし、文書を開く場合Internet Explorer では、 パスワード ダイアログ ボックスします。表示されます。
  • 全角または半角のスペースが含まれる文書があります。文字。コピーし、テキストを貼り付ける後は、全角または半角のスペースが含まれています文字、全角または半角のフォントを変更できます。
  • 履歴保持しませんと比較した場合のドキュメントの結果ドキュメントに数式が含まれる場合に変更します。
  • リッチ テキスト形式 (RTF) 電子メール メッセージの場合、2 バイト文字セットのファイル名でファイルにハイパーリンクを挿入、破損しています。
  • Word 2007 のメインのマウス クリックに応答しません。Word 2007、カスタム アプリケーションに埋め込むと文書のウィンドウです。
  • 通信するダイナミック データ エクス チェンジ (DDE) を使用すると、Word 2007 では、トピック ファイルである場合の接続を確立できません。Word 文書から、汎用名前付け規則 (UNC) のパスを共有しています。DDE の開始の呼び出しを開始すると、さらに、エラーが「UNC パスを開く、Word 文書の場合は Word します。
  • Rtf 形式の電子メール メッセージを作成して、いくつかのコピー内容を Word 文書から、Outlook で電子メール メッセージを開くことができません。2007。
  • 日本語版を実行しているコンピューターで日本語版の Word 2007 でドキュメントを編集すると Windows の使用"STOP 0x50"エラー メッセージが表示されます。
  • 含むドキュメントを生成するマクロを作成します。DocVariable フィールドを Word 2007 で。フィールドを使用してドキュメントを表示するのには文書変数の値の内部の変数にキャリッジ リターンが含まれています。ファイルを .docx 形式で保存すると、キャリッジ リターンは失われます。
  • セキュリティ更新プログラム ms08-072 Word 2007 をインストールした後、.docx ファイルを開くことができません。さらに、次がエラー メッセージ:

    不明なエラー
    場所: パーツ:/word/document.xml、行。Linenumber の値、列:ColumnNumber

  • Word 2007 ドキュメントの保護されていないセクションでは、文書パーツ オーガナイザー オプションがで使用できない、クイック パーツ 一覧を表示、 テキスト グループには、挿入 タブします。
  • 使用してページの書式を設定すると、Word 2007 の文書では、3 列のレイアウト、正当化するには、テキストを垂直方向の配置を設定します。ページの重複を。
  • Word 2007、Word 6.0/95 (* .doc) ファイル形式で.docx ファイル形式に自動的にアップグレードします。
  • ワードパッドで、OpenDocument 形式の文書を作成します。IfWord 2007 では、フォントの変更はこの文書を開きます。
  • 一部 Dell ノート ブック コンピューター、リスト内で、推奨事項 では [スペル チェックと文章校正を行う ダイアログ ボックスは使用できなくなります。
  • Word 文書に Excel の範囲にリンクが更新されません。自動的にデータ Excel で変更されたとき。

    メモ 両方のこの修正プログラムをインストールすることによってこの問題を解決し、修正プログラムは KB 969952 に見つかりません。
    詳細については詳細は、記事を表示するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
    969952Excel 2007 修正プログラム パッケージ (Excel.msp、Graph.msp、Oart.msp、Oartconv.msp、xlconv.msp) の説明: 2009 年 4 月 30 日

  • 修正プログラム 970881 を適用すると、エラー メッセージはありません。存在しない項目をテンプレートのコレクションからのクエリを実行時に表示される、Word のオブジェクト モデルです。
  • 2007 Microsoft Office スイートのサービス パックを適用した後2、 グリッドなし 設定で、 文書のグリッド線タブには ページ設定 ダイアログ ボックスを保存した後に保持されません。.docx ファイルを再度します。
  • 修正プログラム 956064 を適用した後、単語を追加することはできません。テンプレート アドインとして、Visual Basic for Applications (VBA) プロジェクトへの参照テンプレートが置かれている場合は、UNC 共有にします。
  • 韓国語 IME (入力メソッドエディター) のユーザーは、 キーボード設定を修正します。 されたオプションを削除するから、オート コレクトのオプション word のダイアログ ボックス。
  • 時Word 2007 (.docx) での文書変数を含む文書を保存します。形式、文書変数は予期せず変更します。

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

2007 Microsoft Office スイート Service Pack 1 または 2007 Microsoft Office スイート Service Pack 2 のインストールこの修正プログラム パッケージを適用することがあります。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
9495852007 Office スイートの最新の service pack を入手する方法

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するはありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを代わりにはなりません。

レジストリ情報

このパッケージに修正プログラムのいずれかを使用するのには、レジストリを変更するはありません。

ファイル情報

この修正プログラムは、製品を最新のビルドに更新するために必要なすべてのファイルがありません。この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題を修正するために必要ファイルのみが含まれています。

この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンこの修正プログラム パッケージをインストールするのには、Microsoft Windows インストーラー パッケージを使用します。日付および時刻これらのファイルは、世界協定時刻 (UTC) は、次の表に示します。ファイル情報を表示すると、日付はローカル時刻に変換されます。UTC とローカル時刻との時差を確認するを使用して、 タイム ゾーン コントロール パネルの日付と時刻の項目に含まれる ◇

情報をダウンロードします。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Office kb970942-フルファイル x 86-glb.exe12.0.6510.500112,269,9682009 の 6 月 26 日05: 39x 86


Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Word.mspいない該当します。10,090,4962009 の 6 月 25 日16: 48いない該当します。
Wordconv.mspいない該当します。2,673,1522009 の 6 月 25 日16: 48いない該当します。


Word の情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Msword.olb12.0.6501.5000868,7122009 の 3 月 12 日03: 58x 86
Winword.exe12.0.6510.5000408,4242009 の 6 月 22 日04: 12x 86
Wwlib.dll12.0.6510.500118,068,8402009 の 6 月 25 日15: 17x 86
Wordconv 情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Wordcnv.dll12.0.6510.50004,672,3602009 の 6 月 22 日04: 50x 86
Wordcnvpxy.cnv12.0.6500.500024,9122009 の 2 月 26 日17: 45x 86
Wordconv.exe12.0.6500.500020,8082009 の 2 月 26 日17: 45x 86

関連情報

詳細についてはソフトウェアの更新の用語で、クリックして次資料番号を表示するのには、資料は、マイクロソフト サポート技術。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 970942 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB970942 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:970942
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com