Windows SharePoint Services 3.0 累積的な更新サーバー修正プログラム パッケージ (Sts.msp): 2009 年 6 月 30 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 970946
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

これWindows SharePoint Services 3.0 で修正される問題を説明します。6 月 30 日 Windows SharePoint Services 3.0 修正プログラム パッケージ2009。

はじめに

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • いるときは、再利用可能なを使用します。コンテンツし、実行コンテンツの展開を再利用可能なコンテンツの 1 つだけのバージョンです。ターゲット サイトで保持します。最新のバージョンがあります、ソース ・ サイトに関係なくかどうかかどうか、最新バージョンが承認されます。
  • コンピューターで使用しています。別のタイム ゾーンのコンピューターよりもSharePoint Web アプリケーションが実行されています。場合は、送信します。コンテンツの承認、または共有の下書きでの開始日を確認します。SharePoint のドキュメントの変更します。
  • 行の数、 [状況 テーブルは、リンク先の Web でアプリケーション データベース 2 行ごとの展開後の成長します。ただし、行カウントは、大きくなってはいけません。
  • 「ビジネス データ」型列があるは、SharePoint リストです。、リスト アイテムを編集しようし、列の値を設定する BDC の選択コントロールをクリックします。ただし、選択の URL を生成する、RFC 非準拠の値が含まれています。そのため、そのことはできません。SharePoint サーバーである場合に、ピッカーを使用してください。プロキシの背後にあるかの背後にあります。ファイアウォールは、Url のブロックにRFC 非準拠の値が含まれています。
  • SharePoint を使用してInfoPath ドキュメントの Word テンプレートを作成します。DIP を使用します。(ドキュメント情報パネル) で Word 文書にします。、変更は、1 つのデータ型または 1 つ以上のサイト列です。列のデータ型のサイト列です。更新は、DIP も必要更新します。新しい列を表示します。ただし、それをしようとすると、InfoPath が失敗します。DIP を更新します。
  • クリックすると、 送信します。、しその他の場所 ドキュメント ライブラリにドキュメントを送信するには、受信します。次のエラー メッセージ。
    変換先にコピーします。正常に完了しませんでした。
  • "編集ユーザーはサイト コレクションの監査を有効にします。[アクセス許可] で変更します。次に、アクセス許可を変更しました。なアイテムでは、たとえば、継承フィーチャーまたは継承するアクセス許可を設定を分割します。ここでは、間違った ScopeID 書き込まれます、<scope></scope>エリアdbo の EventData 列の。AuditData。

    で、場合は、壊れた継承の項目を持つその固有のアクセス許可は、古い ScopeIdinherited親からリストに書き込まれるEventData 列に dbo.AuditData 新しい一意 ScopeId のではなくテーブル項目を生成します。

    で、場合は、項目を設定すると、アクセス許可を継承するのには、(あった)、アイテムの古い ScopeId が書き込まれます、EventData 列の dbo.AuditData テーブルの代わりに、ScopeId は、親リストから継承します。
  • 後この更新プログラムを適用する、ユーザー通知を作成します。次に、は、 警告の表示 一覧する必要があります、ユーザー名とユーザー アカウント。この更新を適用する前に、 警告の表示 一覧ユーザー通知を作成した後、ユーザー アカウントが表示されます。
  • 検索は、SharePoint サイトのスコープで実行するときに"このリスト リストの名前をドキュメント ライブラリなど"を。特定の listis不足しています。これ問題が発生します。使用しているため、Web アプリケーションを拡張し、代替アクセス マッピング (AAM) の設定します。
  • エクストラネットの展開シナリオでSharePoint は、SharePoint 内部にアクセスするのには、Url とはSharePoint を外部にアクセスするのには、Url は異なります。アクセス、SharePoint を外部から、参照してください。ページにリスト ビュー Web を含む部品、編集します。一覧Web を表示します。、、[クリックして、 現在のビューを編集します。 リンクします。ただし、する場合、クリックしてください。 [キャンセル] 戻るには、前のページに「ファイルが見つかりません」が表示されます。エラー メッセージです。さらに、場合、検査は、インターネット URLエクスプ ローラーアドレス バーで、それが表示されます。内部 URL。
  • SharePoint リストがあります。500 人以上の項目があります。リストの列を持つ「ユーザーとグループ」に入力、"で複数選択可能」に設定するのには[はい] します。一覧にフィルターの選択肢の表示] をクリックすると、次がエラー メッセージ:
    # レンダリングできませんでした。
  • ワークフローからユーザーを認識しません、メンバーシップ プロバイダーでは、SharePoint Designer フォーム ベースの認証(FBA) を有効にします。
  • サード パーティによって生成された、.mht ファイルをアップロードしようとします。アプリケーションSharePoint ドキュメント ライブラリには、次のエラーが表示されます。メッセージ:
    CGI 環境でありません「境界」します。
    Windows SharePoint Services の問題のトラブルシューティングを行います。
  • 使用します。「サイト警告レベル」とは"サイトの最大数] の設定内容データベースを管理するサイトの作成方法データベースです。ただし、使用してコンテンツ データベースを追加します。サーバーの全体管理または stsadm-o addcontentdb コマンドは、場合は、値が指定します。WarningSiteCount または値は、設定した MaximumSiteCount は、現在以下コンテンツ データベース内のサイトの数、指定した値は使用されません。代わりに、次の値が設定されます。
    • WarningSiteCount = CurrentSiteCount + 500
    • MaximumSiteCount = CurrentSiteCount + 1000年
    例の、. します。コンテンツ データベースは、1 サイト、サイトのレベルを使用します。0 警告とは、最大1 サイトの数、次を使用して stsadm-o addcontentdb コマンド:
    stsadm -o addcontentdb -url http://<serverurl> -databasename <database_name> -sitewarning 0 -sitemax 1  
    この例では、データベースに追加され、サイト レベルの警告 501代わりに、指定した値 (0)最大1001 の代わりにサイトの数は、指定した値 (1) です。ただし、データベースを場合します。追加のサーバーの全体管理を使用して、値を編集します。として、します。ここでは、値サイトが既に存在するコンテンツ データベースを追加するときのみ適用されます。、これでサーバーの全体管理を使用するために行う必要があります、 stsadm 既にバックアップ済みのデータベースの設定コマンドを編集することはできません。追加します。

    この更新プログラムをインストールした後、サイトの警告のレベルになります。0 に設定し、最大数のサイトで指定された 1 を実行するようになります、stsadm-o addcontentdb コマンドです。
  • コンピューターを使用してください。Windows Vista を実行しています。ドメインでは、「&」で、NetBIOS ドメイン名があります。時使用しようとしました。このコンピューターは、SharePoint にドキュメントをチェックインするドキュメントは、次のエラー メッセージが表示されます。
    このドキュメントはローカルの下書きフォルダーにチェック アウトされましたが、ローカル コピーは、サイトにチェックインできなかった。される任意のアプリケーションを終了します。ドキュメントを編集して再度チェックインするか、破棄しようとしています、。チェック アウトします。
  • 変更するのには ドキュメントの制限なしの長さを許可します。ライブラリ 設定は保存されません、サイト内の列。これ設定を変更できるだけドキュメント ライブラリ。
  • 定期的な予定のメールを送信する場合IBM Lotus Notes からメッセージを電子メールにSharePoint の予定表の一覧が有効になって、予定です。enddate を使用して作成します。そのためには、予定の期間は、常が間違っています。
  • 新しい場所に、サブサイトを移動します。以前の親サイトを削除します。ここでは、増分の展開ジョブが失敗し、受信次のエラー メッセージ。
    エラーを削除します。Web サイト「/ParentSite/サブサイト」です。サブサイトを持つサイトは削除できません。
  • は、次の JavaScript のアラートをワークフロー翻訳プロパティではありません。にフランス語版:
    "approve_CancleWorkflow_alert": 内容承認ワークフローは、このアイテムを承認するのには、現在実行中です。続行した場合この操作によって、ワークフローが取り消されます。
  • 、使用して、グループ化 オプションの ユーザーとグループ ボックスの一覧、しグループには、[折りたたみを設定します。既定値"。ただし、グループを展開するときに、それは展開できません。
  • ホスト ヘッダー サイト コレクションを復元します。バックアップするには新しいホスト ヘッダー サイト コレクションを復元後のサイトでホスト ヘッダー値コレクションは、古いサイトのホスト ヘッダーです。サイト コレクションを復元した後、分離し、は、コンテンツに接続し直します復元されたサイト コレクションを復元されたサイト コレクションのデータベースが利用できません。となります孤立したをままにします。
  • SharePoint ユーザー場合参照列の間で循環ループが作成されます。ルックアップ列が含まれているリストのいずれかをクリックして、これにより CPU 使用率が 100% が、SharePoint サーバーです。この問題を回避するには、行う必要があります。アプリケーション プールのリサイクル。
  • SharePoint リストがデータシート ビューを編集します。置くと、マウスを上にナビゲーション項目の上部のナビゲーション バー、ナビゲーション フライアウト メニューはありません。表示されます。
  • SharePoint Designer で DataFormWebPart を作成すると、チェコ語の言語サイトし並べ替えフィルター列のヘッダー、並べ替えおよびフィルター処理が適用されません、DataFormWebPart Web パーツです。
  • KB 960010 および KB に記載されている更新プログラムをインストールした後960011、アクセス権の要求機能がアクティブに機能しなくなります持つディレクトリのアカウント含まれている名前のフィールドを表示します。'{' or '}'.
  • 使用すると、パフォーマンスが低下が発生する、 stsadm-oエクスポート 大規模なサイトをエクスポートするには、[コマンド] をクリックします。
  • .Doc ファイルの名前を変更する場合は、ドキュメント ライブラリは、カスタムの非テキスト プロパティ.doc ファイルの変更するにはテキストを入力し、その値を失います。は、カスタム プロパティは、.doc ファイルでのみ作成され、ユーザー設定がありません。列のプロパティには、ドキュメント ライブラリです。
  • ページ ライブラリでデタッチ ページを編集する場合し [共有 Web パーツを変更します。、には、「、開いた後このページ変更されています"ページです。
  • SharePoint リスト内の複数値のルックアップ値を使用します。ただし、、そのいくつかに注意してください。SharePoint リスト内のドキュメントは非公開です。は、複数値ルックアップ値が AllUserDataJunctions テーブルがまだ存在し、フラグの設定されました。最新バージョンドキュメントと削除するマークされていません。したがって、複数値ルックアップ値は孤立したになります。この例では、使用している場合は、 stsadm-o のエクスポートこのコマンドは、コンテンツ展開のエクスポート フェーズは失敗します。
  • 問題追跡] ボックスの一覧で、開く保存し、ことができます、添付ファイルが正常に、最初の時間が保存しようとすると、添付ファイルは、次のエラーが表示されます。メッセージ:
    <url>のインターネット アドレスではありません。有効</url>。
  • SharePoint ドキュメント ライブラリには、「バージョン管理」をがあります。新しいドキュメントをアップロードするテキストを入力すると、有効なで、 [バージョンに関するコメント テキスト ボックスに入力した内容は、[バージョンに関するコメント テキスト ボックスは失われます、ドキュメントのバージョン履歴を表示するときに表示されます。
  • マイクロソフトのソースからの増分のコンテンツ展開Office SharePoint サーバー (MOSS) 2007年のファーム、MOSS 2007 のターゲット ファームに障害が発生しました。エラーが断続的に SQL デッドロックが発生します。
  • 、電子メールで画像を電子メール メッセージを表示できます。[ディスカッション掲示板] を有効にします。ただし場合、ユーザーが返信します。を電子メールし、画像を挿入する、画像から、電子メールの返信メッセージ表示されます。"X"としてで、ディスカッション掲示板にします。
  • KB 968850 に記載されている修正プログラム パッケージをインストールします。ただし、SharePoint サイトは、メニューの [サイト アクション] をクリックします。サイトでのアクションでWeb ページと同じ幅に拡張されます。
  • 即時の通知を作成し、定期的な通知ライブラリ レベルのドキュメント ライブラリにします。、表示されます。最初の電子メールを示しますは、は、メッセージ"警告"です。作成します。ただし、アラートの受信できません、ドキュメント。投稿者と閲覧者でこの問題が発生します。メジャーおよびマイナーのバージョン管理は、ドキュメント ライブラリに有効になります。
  • 使用すると、サイト管理者は、"管理チェック アウトドキュメントの所有者になる"がチェック アウト ファイル9 以上の datetime がドキュメント ライブラリ内の他のユーザー列が表示されます。次のメッセージします。
    ファイルの一部にすることはできません。自分でチェック アウトします。削除または名前がほかのチェックインされましたユーザーできます。
    所有権を想定する複数のファイルを選択すると、表示します。操作が成功しただけで、最初のファイルです。
  • SharePoint ドキュメント ライブラリとがある、 主ですマイナーのバージョン履歴 オプション有効にします。、またを設定します。は、 のみユーザーが項目を編集することができますが下書きアイテムを表示する必要があります。 オプション「誰このドキュメント ライブラリの下書きアイテム」する必要がありますか。"Get を使用する場合ドキュメント"、下書きをプログラムでダウンロードする RPC メソッドは戻らない下書きバージョンです。
  • 検索クエリの集計結果は正しくレンダリングされません。含まれていると 16 進数文字をエスケープします。たとえば、16 進数のエスケープされた文字「?」として表示されます。
  • Windows SharePoint Services 3.0 のサポートは、アイルランドとKB969421 に記載されている修正プログラム パッケージをインストールした後のウェールズのロケールです。新しいロケールのいずれかを選択すると、ただし、手動で変更するのにはある、時刻の形式を確認するのには、24 時間は、新しいロケールを使用します。正しくします。後この更新プログラムをインストール、実行する必要はありません。この時刻形式を変更します。
  • 構成します。受信電子メールを受け付けるように、SharePoint serverメッセージです。確認します。その受信電子メールメッセージします。処理に基づいて、ドロップ フォルダーにアルファベットの順。ただし、受信メールが必要メッセージ必要に応じて処理ドロップでの作成順序にフォルダーです。
  • アイテムの数に達すると SPList.GetItems(SPQuery) を失敗します。2000 は、しきい値の値と、次のエラー メッセージが表示されます。
    例外が発生しました。(HRESULT からの例外: 0x80020009(DISP_E_EXCEPTION))
  • 時一覧のサイトに分割されて、正常にクロールを開始できません、表示されます。クロール ログに次のエラー メッセージ。
    クロールに失敗「リストが存在しません」エラーでインデックス作成クロールは、次のエラーで失敗しました: クロールに失敗する場合は、この URL: この URL によって指されるエラー 0x81020026、SharePoint リストはありません存在します。インターネット ブラウザーを使用してアクセスできることを確認します。(リストされていません。選択したページが存在しないするリストが含まれています。それがあります。他のユーザーによって削除されました。)
    ただし、破損したリストを削除できません。使用して、 stsadm-o forcedeletelist-urlhttp://servername:port/sites/sitename/listname コマンドです。
  • 971890 プロパティの戻り値の null 値は、Microsoft.Office.Server.Search.Query.TrimDuplicates プロパティを false し、Microsoft.Office.Server.Search.Query.RowLimit プロパティは、SharePoint Server 2007 で特定の値を超えると管理
  • 971496 HTTP クロール、Windows SharePoint Services (WSS) クロールとクロールの Exchange 正常に Windows 7 で機能しません。
  • 972043 場合は、一部の SharePoint ファイルをオフラインでのパフォーマンスに残りのオンライン ファイルのフル クロールを実行すると非常に遅いです。
  • 970307 Windows Server 2008 ベースのコンピューターまたは Windows SharePoint Services 3.0 または Office SharePoint Server 2007 を実行している Windows 7 ベースのコンピューターで、コンテンツ ソースをクロールするときにインデックスの破損が発生し、コンピューターで停電が発生
  • 971532 SharePoint Server 2007 は、コンテンツをクロールして、クエリを処理するクエリ サーバーとして構成する場合は、インデックスが破損しています。
  • 972456 検索結果にランダムに、正しいドキュメントのアイコンを Microsoft Office、SharePoint サイトで表示しません。
  • 972360 HTTP クロール、Windows SharePoint Services (WSS) クロールとクロールの Exchange 正常に Windows 7 で機能しません。
  • 972046 はい/いいえの制限が、または、SharePoint サイトでの真/偽の制限があるブール型のマネージ プロパティにクエリの条件を作成できません。
  • 972539 検索センターは、ベトナム語の地域設定で Office SharePoint Server 2007 を実行している場合、高度な検索ページ結果が返されない
  • 972479 Word 添付ファイルは、電子メール対応のドキュメント ライブラリを含むリッチ テキスト形式 (RTF) 電子メール メッセージを送信すると、Word 文書の添付ファイルは電子メール対応ドキュメント ライブラリに追加されません。
  • 972535 Office Live Update 1.2 Microsoft? Office Live インストールのワークスペースがある場合は、フォーム ベースの認証 Windows SharePoint Services 3.0 サイトを表示できません。
  • 971025 1000 アイテムを Windows SharePoint サービス 3.0 サイトで、リストの項目数を超えた場合、SharePoint リスト内のルックアップ列空のフィールドを返す
  • 970946 Windows SharePoint Services 3.0 累積的な更新サーバー修正プログラム パッケージ (Sts.msp): 2009 年 6 月 30 日
  • 944267 Windows SharePoint Services 3.0 または SharePoint Server 2007 を実行しているコンピューターでは、SharePoint 製品とテクノロジ構成ウィザードを実行したときに発生する一般的なエラーのトラブルシューティング方法

詳細

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムにはこの資料に記載されている問題のみを修正するためのもの。適用この修正プログラムに記載されている問題が発生しているシステムにのみこの記事では。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって場合は、深刻な影響ない待つことこの問題の影響をお勧めは、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新。

この修正プログラムの場合ダウンロードは、「修正プログラムのダウンロード」セクションは、この記事の先頭。このセクションが表示されない場合にお問い合わせください。マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポート修正プログラムを入手します。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。通常のサポート料金追加の質問およびの対象とならない問題について適用されます。この特定の修正プログラムです。完全な一覧 Microsoft カスタマー サービスとサポート電話番号または、別のサービス リクエストを作成するを参照してください、次のマイクロソフト Web サイト:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームの言語を表示します。どの修正プログラムが利用可能です。お使いの言語が表示されない場合は、そのためです、修正プログラムがその言語で利用可能ではありません。

前提条件

この修正プログラムをインストールするには、Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack 2 または Windows SharePoint Services 3.0 Service Pack がインストールされて 1 が必要です。 詳細については、Microsoft では、資料を表示する次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
949582最新のサービスを取得する方法Windows SharePoint Services 3.0 用のパック

再起動の必要性

そのこの修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動するありませんが。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを以前にリリースされた置き換えることはありません。修正プログラムです。

レジストリ情報

修正プログラムのいずれかを使用するのにはこのパッケージを変更する必要はありませんがレジストリに。

ファイル情報

この修正プログラム可能性がありますいません。製品を更新するために必要なすべてのファイルが含まれています、最新のビルド。この修正プログラムには修正するために必要ファイルのみが含まれています。この問題はこの資料に記載されています。

は、この修正プログラム パッケージのグローバル バージョンは、Microsoft Windows インストーラーを使用してください。この修正プログラム パッケージをインストールするには、[パッケージ] をクリックします。日付および時刻これらのファイルは、世界協定時刻 (UTC)、次の表に示します。場合、ファイル情報の表示、日付はローカル時刻に変換されます。検索するのにはUTC および現地時間、使用の違いを タイム ゾーン タブ日付と時刻項目コントロール パネルの。

x 86

情報をダウンロードします。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Wss kb970946 フルファイル x 86-glb.exe12.0.6510.500119,048,6962009 の 6 月 26 日07: 35x 86


Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Sts.mspいない該当します。19,232,7682009 の 6 月 25 日11: 05いない該当します。


この修正プログラムをインストールした後、グローバルのバージョンこの修正プログラムは、ファイル属性、またはそれ以降のバージョンのファイル属性が、次の表に示します。

元に戻す全体を表示する
ファイル名 ファイルのバージョン ファイルのサイズ 日付 時間 プラットフォーム
Dwdcw20.dll 12.0.6500.5000 438,616 26-2 月-09 8: 58 x 86
Microsoft.internal.mime.dll 8.0.685.19 564,128 14 年 8 月 8 日 9: 16 x 86
Microsoft.sharepoint.administrationoperation.dll 12.0.6500.5000 485,240 26-2 月-09 4: 11 該当なし
Microsoft.sharepoint.applicationpages.administration.dll 12.0.6500.5000 268,136 26-2 月-09 4: 11 x 86
Microsoft.sharepoint.applicationpages.dll 12.0.6509.5000 628,632 10-6 月-09 15: 26 x 86
Microsoft.sharepoint.dll 12.0.6510.5001 9,521,000 24-6 月-09 17: 10 該当なし
Microsoft.sharepoint.dll 12.0.6510.5001 9,521,000 24-6 月-09 17: 10 x 86
Microsoft.sharepoint.intl.dll 12.0.6500.5000 485,240 26-2 月-09 4: 11 x 86
Microsoft.sharepoint.library.dll 12.0.6507.5000 128,888 29-月-09 17: 07 該当なし
Microsoft.sharepoint.search.dll 12.0.6510.5000 1,460,096 17-6 月-09 8: 27 該当なし
Microsoft.sharepoint.search.intl.dll 12.0.6500.5000 198,576 26-2 月-09 4: 43 該当なし
Microsoft.sharepoint.workflowactions.dll 12.0.6505.5000 194,440 5-月-09 23: 35 x 86
Msscntrs.dll 12.0.6510.5000 88,408 17-6 月-09 8: 27 該当なし
Mssdmn.exe 12.0.6510.5000 280,432 17-6 月-09 8: 27 該当なし
Mssearch.exe 12.0.6510.5000 156,040 17-6 月-09 8: 27 該当なし
Mssph.dll 12.0.6510.5000 700,240 17-6 月-09 8: 27 該当なし
Mssrch.dll 12.0.6510.5000 2,061,648 17-6 月-09 8: 27 該当なし
Nlhtml.dll 2008.1231.6510.5000 123,240 21-6 月-09 20: 59 該当なし
Offfilt.dll 2008.225.6500.5000 199,536 25-2 月-09 14: 21 該当なし
Offparser.dll 12.0.6504.5000 1,133,448 22-4 月-09 15: 26 x 86
Oisimg.dll 12.0.6500.5000 22,888 26-2 月-09 4: 11 x 86
Oleparser.dll 12.0.6500.5000 25,488 26-2 月-09 4: 11 x 86
Onetnative.dll 12.0.6500.5000 354,696 26-2 月-09 1: 46 x 86
Onetutil.dll 12.0.6510.5001 1,980,280 25-6 月-09 6: 54 x 86
Owssvr.dll 12.0.6510.5001 3,020,648 24-6 月-09 17: 10 該当なし
Owstimer.exe 12.0.6500.5000 54,624 26-2 月-09 4: 11 該当なし
Prescan.exe 12.0.6500.5000 104,272 26-2 月-09 4: 11 x 86
Psconfig.exe 12.0.6500.5000 575,400 26-2 月-09 4: 11 x 86
Psconfigui.exe 12.0.6500.5000 821,160 26-2 月-09 4: 11 x 86
Query.dll 12.0.6510.5000 81,216 17-6 月-09 8: 27 該当なし
Setup.exe 12.0.6500.5000 439,144 26-2 月-09 7: 24 x 86
Sigconfigdb.dll 該当なし 8,016 24-6 月-09 17: 10 x 86
Sigsearchdb.dll 該当なし 8,032 26-2 月-09 4: 43 該当なし
Sigstore.dll 該当なし 8,008 24-6 月-09 17: 10 x 86
Spwriter.exe 12.0.6500.5000 34,168 26-2 月-09 4: 11 該当なし
Stsadm.exe 12.0.6500.5000 558,992 26-2 月-09 4: 11 x 86
Stsmmc.dll 12.0.6500.5000 96,648 26-2 月-09 4: 11 x 86
Stssoap.dll 12.0.6510.5000 313,192 17-6 月-09 7: 41 x 86
Stswel.dll 12.0.6510.5001 1,934,184 24-6 月-09 17: 10 x 86
Tquery.dll 12.0.6510.5000 2,356,560 17-6 月-09 8: 27 該当なし
Wssadmin.exe 12.0.6500.5000 15,256 26-2 月-09 4: 11 該当なし
Wsssetup.dll 12.0.6500.5000 6,783,848 26-2 月-09 7: 24 x 86
Wsstracing.exe 12.0.6500.5000 45,416 26-2 月-09 4: 11 x 86
Xmlfilter.dll 2008.225.6500.5000 102,248 25-2 月-09 14: 21 該当なし


x64

情報をダウンロードします。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Wss kb970946 フルファイル x 64-glb.exe12.0.6510.500123,200,1922009 の 6 月 28 日17: 21x 86


Microsoft Windows インストーラー .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルサイズ日付時間プラットフォーム
Sts.mspいない該当します。23,412,7362009 の 6 月 25 日22: 29いない該当します。


この修正プログラムをインストールした後、グローバルのバージョンこの修正プログラムは、ファイル属性、またはそれ以降のバージョンのファイル属性が、次の表に示します。

元に戻す全体を表示する
ファイル名 ファイルのバージョン ファイルのサイズ 日付 時間 プラットフォーム
Dwdcw20.dll 12.0.6500.5000 1,093,448 26-2 月-09 2: 02 x64
Microsoft.internal.mime.dll 8.0.685.19 564,136 14 年 8 月 8 日 9: 16 x 86
Microsoft.sharepoint.administrationoperation.dll 12.0.6500.5000 485,224 26-2 月-09 2: 57 該当なし
Microsoft.sharepoint.applicationpages.administration.dll 12.0.6500.5000 268,136 26-2 月-09 2: 57 x 86
Microsoft.sharepoint.applicationpages.dll 12.0.6509.5000 628,624 10-6 月-09 15: 08 x 86
Microsoft.sharepoint.dll 12.0.6510.5001 9,521,000 24-6 月-09 17: 12 該当なし
Microsoft.sharepoint.dll 12.0.6510.5001 9,521,000 24-6 月-09 17: 12 x 86
Microsoft.sharepoint.intl.dll 12.0.6500.5000 485,224 26-2 月-09 2: 57 x 86
Microsoft.sharepoint.library.dll 12.0.6507.5000 128,872 29-月-09 16: 49 該当なし
Microsoft.sharepoint.workflowactions.dll 12.0.6505.5000 194,456 5-月-09 23: 15 x 86
Offparser.dll 12.0.6504.5000 1,760,152 22-4 月-09 15: 29 x64
Oisimg.dll 12.0.6500.5000 34,664 26-2 月-09 2: 57 x64
Oleparser.dll 12.0.6500.5000 35,216 26-2 月-09 2: 57 x64
Onetnative.dll 12.0.6500.5000 953,736 26-2 月-09 1: 39 x64
Onetutil.dll 12.0.6510.5001 3,385,208 24-6 月-09 16: 15 x64
Owssvr.dll 12.0.6510.5001 5,156,200 24-6 月-09 17: 12 該当なし
Owstimer.exe 12.0.6500.5000 89,440 26-2 月-09 2: 57 該当なし
Prescan.exe 12.0.6500.5000 104,264 26-2 月-09 2: 57 x 86
Psconfig.exe 12.0.6500.5000 575,400 26-2 月-09 2: 57 x 86
Psconfigui.exe 12.0.6500.5000 821,160 26-2 月-09 2: 57 x 86
Setup.exe 12.0.6500.5000 439,144 26-2 月-09 7: 24 x 86
Sigconfigdb.dll 該当なし 8,016 24-6 月-09 17: 10 x 86
Sigstore.dll 該当なし 8,008 24-6 月-09 17: 10 x 86
Spwriter.exe 12.0.6500.5000 56,168 26-2 月-09 2: 57 該当なし
Stsadm.exe 12.0.6504.5000 559,008 22-4 月-09 15: 29 x 86
Stsmmc.dll 12.0.6500.5000 160,640 26-2 月-09 2: 57 x64
Stssoap.dll 12.0.6510.5000 313,192 17-6 月-09 7: 42 x 86
Stswel.dll 12.0.6510.5001 3,322,744 24-6 月-09 17: 12 x64
Wssadmin.exe 12.0.6500.5000 15,256 26-2 月-09 2: 57 該当なし
Wsssetup.dll 12.0.6500.5000 6,783,848 26-2 月-09 7: 24 x 86

関連情報

詳細についてはソフトウェアの更新の用語で、クリックして次資料番号を表示するのには、資料は、マイクロソフト サポート技術。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 970946 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB970946 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:970946
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com