PowerPoint 2000 および PowerPoint 2002 に MS09-017 をインストールした後、PowerPoint 4.0 ドキュメントを開こうとするとエラー メッセージが表示される

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 970980 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft PowerPoint 2000 または Microsoft PowerPoint 2002 で Microsoft PowerPoint 4.0 形式を使用するプレゼンテーションを開こうとすると、プレゼンテーションは開かれず、次のエラー メッセージが表示されます。
このファイルは、サポートしていない古いファイル形式です。

原因

PowerPoint 4.0 プレゼンテーションを開いて保存するために使用される解析コードのセキュリティ上の問題により、このセキュリティ更新プログラムを適用すると、これらのファイルを開く機能が削除されます。

この問題は、MS09-017 セキュリティ更新プログラムのインストール後に発生します。このセキュリティ更新プログラムは、Microsoft Office PowerPoint 2000 および Microsoft Office PowerPoint 2002 で PowerPoint 4.0 のネイティブ ファイル形式を開かないようにすることにより、PowerPoint ファイル形式の種類を開いて保存するために使用される解析コードの脆弱性に対処しています。

Microsoft Office 2003 Service Pack 3 では、既定でこの動作がオンになっています。Microsoft Office PowerPoint 2003 は、PowerPoint 4.0 ファイル形式が存在するプレゼンテーションを開きません。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
938810 Office 2003 Service Pack 3 のインストール後にブロックされる特定のファイルの種類に関する情報

解決方法

ブロックされたファイルの種類を有効にする方法

重要 : 以下の手順を実行すると、セキュリティ リスクが高まるおそれがあります。また、悪意のあるユーザーやウイルスなど悪意のあるソフトウェアによる攻撃をコンピュータまたはネットワークが受けやすくなる場合もあります。この資料の手順は、プログラムの設計どおりの動作を可能にする場合、または特定のプログラム機能を実装する場合にお勧めします。これらの変更を行う前に、記載された回避策を現在の環境に適用した場合の危険性を評価することをお勧めします。この手順の使用を選択した場合は、記載されている手順以外にも、システムを保護するための適切な手順を実行してください。この手順はどうしても必要な場合にのみ実行することをお勧めします。
重要: このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。レジストリを変更する際には十分に注意してください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリのバックアップ方法および復元方法の関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
PowerPoint 2000 および PowerPoint 2002 で PowerPoint 4.0 ファイル形式が存在するプレゼンテーションを開けるようにするには、以下のいずれかのレジストリ サブキーを追加します。
クライアント コンピュータ :
HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\<Office_Version>\PowerPoint\Security\FileOpenBlock


グループ ポリシー :
HKEY_CURRENT_USER\Software\Policies\Microsoft\Office\<Office_Version>\PowerPoint\Security\FileOpenBlock
これらのキーには次の値があります。
元に戻す全体を表示する
説明
FilesFromPowerPoint95このキーは、PowerPoint 95 形式に対処するコンバータをブロックできます。

既定では、このキーは無効にされるため、ファイルはブロックされません。
FilesBeforePowerPoint95この値は、PowerPoint 95 よりも以前の形式に対処する PPT 4.0 Export コンバータおよびその他すべてのコンバータをブロックできます。

既定では、このキーは有効にされるため、PowerPoint 4.0 ファイルを開けなくなります。
FilesFromNonPowerPointFormatsこのキーは、Harvard Graphics for Windows バージョン 3.0 のファイル (.ch3、.sh3) および Lotus Freelance for Windows バージョン 1.0 から 2.1 (.pre) のファイルをインポートするために PowerPoint が使用するすべてのファイル形式をブロックできます。

既定では、このキーは有効にされます。ユーザーは、PowerPoint 以外のファイル形式のファイルを開けなくなります。
これらの値は有効または無効の値を持ちます。
  • Disabled : 値は無効です。つまり、DWORD 値が 0 に設定されているか、値が存在しない場合、ファイルの種類は通常どおり開くことが許可されます。
  • Enabled : 値は有効です。つまり、DWORD 値が 1 または他の未定義の値に設定されている場合、ファイルの種類を開くことはできません。
PowerPoint で PowerPoint 4.0 ファイルを開けるようにするには、次の手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。「regedit」と入力し [OK] をクリックします。
  2. レジストリで次のサブキーを見つけてクリックします。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\<Office_Version>\PowerPoint\Security
  3. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[キー] をクリックします。
  4. FileOpenBlock」と入力し、Enter キーを押します。
  5. 次のサブキーを選択します。
    HKEY_CURRENT_USER\Software\Microsoft\Office\<Office_Version>\PowerPoint\Security\FileOpenBlock
  6. [編集] メニューの [新規] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  7. FilesBeforePowerPoint95」と入力し、Enter キーを押します。
  8. 値 [FilesBeforePowerPoint95] を選択します。
  9. [編集] メニューの [変更] をクリックします。
  10. 0」と入力し、Enter キーを押します。
  11. レジストリ エディタを終了します。
この資料に記載されているサードパーティ製品は、マイクロソフトと関連のない他社の製品です。明示または黙示にかかわらず、これらの製品のパフォーマンスや信頼性についてマイクロソフトはいかなる責任も負わないものとします。

プロパティ

文書番号: 970980 - 最終更新日: 2009年5月14日 - リビジョン: 1.3
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft PowerPoint 2002 Standard Edition
  • Microsoft PowerPoint 2000 Standard Edition
キーワード:?
kbregistry kbopenfile kbexpertiseinter kbtshoot kbsurveynew kbprb KB970980
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com