Windows Update エラーが発生する場合は、 Windows Update の一般的なエラーのためのソリューション.

Windows Update コンポーネントを自動的にリセットする

Windows Update コンポーネントを自動的にリセットするには、[今すぐ実行] をクリックし、画面上の指示に従います。
Windows 8.1、Windows 8、および Windows 7
元に戻す画像を拡大する
Windows Update トラブルシューティングの一般的な問題に関する自動的な診断および修正では、この資料に記載されている問題を自動的に修正することがあります。
トラブルシューティング ツールにより、多くの問題が修正されます。詳細情報今すぐ実行
元に戻す画像を拡大する
Windows Vista および Windows XP
元に戻す画像を拡大する
Windows Update トラブルシューティングの一般的な問題に関する自動的な診断および修正では、この資料に記載されている問題を自動的に修正することがあります。
トラブルシューティング ツールにより、多くの問題が修正されます。詳細情報今すぐ実行
元に戻す画像を拡大する

Windows Update コンポーネントを手動でリセットする

重要: 慎重にこのセクションの手順に従います。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。変更する前に 復元するために、レジストリをバックアップします。

Windows Update コンポーネントをリセットするには、次の手順を実行します。
  1. コマンド プロンプトを開きます。これを行うには、Windows のバージョンに応じて、次の方法のいずれかを使用します。
    • 8.1 の Windows および Windows 8:スタート画面、チャームを表示する右側からの読み取りから検索をし、 「cmd」を検索します。(または、キーボードやマウスを使用している場合は、入力 cmd 開始画面が表示されたらです。)検索結果、プレス アンド ホールドまたはコマンド プロンプトを右クリックし、[管理者として実行]します。
    • Windows 7 および以前のバージョン:Windows ロゴ キー + R、型は、キーを押します。 cmd実行ボックス、および Enter キーを押します。[Cmd] を右クリックし、[管理者として実行]します。
  2. BITS サービス、Windows 更新プログラム サービス、および暗号化サービスを停止します。そのためには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押しているかどうかを確認します。
    • net stop bits
    • net stop wuauserv
    • net stop appidsvc
    • net stop cryptsvc
  3. Qmgr*.dat ファイルを削除します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    Del "%ALLUSERSPROFILE%\Application Data\Microsoft\Network\Downloader\qmgr*.dat"
  4. 今回初めて、この資料の手順に従ってWindows Update の問題を解決する場合には、手順 4 を省略して、手順 5 へ進んでください。4. この時点でトラブルシューティング手順 4 を除く、すべての手順後は、Windows Update の問題を解決できない場合にのみには従う必要があります。(4 の手順を実行して、修正プログラムの「積極的」モードでそれが以前に記載されているソリューションです)。
    1. ソフトウェア配布フォルダーのバックアップ コピーの名前を変更します。そのためには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押しているかどうかを確認します。
      • Ren %systemroot%\SoftwareDistribution SoftwareDistribution.bak
      • Ren %systemroot%\system32\catroot2 catroot2.bak
    2. BITS サービスと Windows Update サービスを、既定のセキュリティ記述子にリセットします。そのためには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押しているかどうかを確認します。
      • sc.exe sdset bits D:(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;SY)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;BA)(A;;CCLCSWLOCRRC;;;AU)(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;PU)
      • sc.exe sdset wuauserv D:(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;SY)(A;;CCDCLCSWRPWPDTLOCRSDRCWDWO;;;BA)(A;;CCLCSWLOCRRC;;;AU)(A;;CCLCSWRPWPDTLOCRRC;;;PU)
  5. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    cd /d %windir%\system32
  6. BITS ファイルおよび Windows の更新プログラム ファイルを登録します。そのためには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押しているかどうかを確認します。
    • regsvr32.exe atl.dll
    • regsvr32.exe urlmon.dll
    • regsvr32.exe mshtml.dll
    • regsvr32.exe shdocvw.dll
    • regsvr32.exe browseui.dll
    • regsvr32.exe jscript.dll
    • regsvr32.exe vbscript.dll
    • regsvr32.exe scrrun.dll
    • regsvr32.exe msxml.dll
    • regsvr32.exe msxml3.dll
    • regsvr32.exe msxml6.dll
    • regsvr32.exe actxprxy.dll
    • regsvr32.exe softpub.dll
    • regsvr32.exe wintrust.dll
    • regsvr32.exe dssenh.dll
    • regsvr32.exe rsaenh.dll
    • regsvr32.exe gpkcsp.dll
    • regsvr32.exe sccbase.dll
    • regsvr32.exe slbcsp.dll
    • regsvr32.exe cryptdlg.dll
    • regsvr32.exe oleaut32.dll
    • regsvr32.exe ole32.dll
    • regsvr32.exe shell32.dll
    • regsvr32.exe initpki.dll
    • regsvr32.exe wuapi.dll
    • regsvr32.exe wuaueng.dll
    • regsvr32.exe wuaueng1.dll
    • regsvr32.exe wucltui.dll
    • regsvr32.exe wups.dll
    • regsvr32.exe wups2.dll
    • regsvr32.exe wuweb.dll
    • regsvr32.exe qmgr.dll
    • regsvr32.exe qmgrprxy.dll
    • regsvr32.exe wucltux.dll
    • regsvr32.exe muweb.dll
    • regsvr32.exe wuwebv.dll
  7. Winsock をリセットします。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    netsh winsock reset
  8. Windows XP を実行している場合は、プロキシの設定を構成する必要があります。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。

    proxycfg.exe -d
    他のバージョンの Windows を実行している場合は、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    netsh winhttp reset proxy
  9. BITS サービス、Windows 更新プログラム サービス、および暗号化サービスを再起動します。そのためには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。各コマンドの入力後に Enter キーを押しているかどうかを確認します。
    • net start bits
    • net start wuauserv
    • net start appidsvc
    • net start cryptsvc
  10. Windows Vista のみ:BITS キューをオフにします。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    bitsadmin.exe /reset /allusers
  11. インストール、 最新の Windows 更新エージェント.
  12. コンピューターを再起動します。

詳細

関連情報

Windows Update エラー 80072efe または 80072f76
Windows Update エラー"0x800A138F: この時点で利用可能な更新プログラムはありません"
Answers コミュニティにアクセスし、製品の Windows Update に関する質問を投稿

この資料について

文書番号: 971058
最終更新日: 2014年7月28日
この資料は以下の製品について記述したものです。: Microsoft Windows Update, Microsoft Update
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:971058
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。
この資料に関するフィードバックを提供しますか?
 

Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.