プロジェクト ポートフォリオ Server 2007 Service Pack 2 で修正される問題

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 971363 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

概要

マイクロソフトは Microsoft Office プロジェクト ポートフォリオ Server 2007 Microsoft Office プロジェクト ポートフォリオ Server 2007 Service Pack 2 (SP2) をリリースしました。

概要

プロジェクトのポートフォリオ Server 2007 に最新の更新プログラムを提供する Microsoft Office プロジェクト ポートフォリオ Server 2007 Service Pack 2 (SP2) します。 プロジェクト ポートフォリオ Server 2007 SP2 にはセキュリティの強化、安定性の向上、およびパフォーマンスの向上が含まれます。 プロジェクトのポートフォリオ Server 2007 の SP2、過去にまとめた 1 つの更新プログラムものです。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
971205プロジェクトのポートフォリオ Server 2007 の Service Pack 2 の説明


メモ プロジェクト ポートフォリオ Server 2007 の SP2 を適用する前にプロジェクト ポートフォリオ Server 2007 Service Pack 1 がインストールされていることを確認します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
942721プロジェクトのポートフォリオ Server 2007 の Service Pack 1 の説明

詳細

この Service Pack により、次の問題を修正されます。
  • ログオンして検索することはできません、ユーザーの管理ページを訪問するしたまたは名前。
  • 粒度] フィールドを年度を使用して定義されているカスタム属性には、暦年会計年度の代わりに示しています。
  • カスタム、ポートフォリオをエクスポートする場合は不正なデータがエクスポートされます。 これは、プログラムの固有 ID 番号と同じであるプロジェクト計画の固有 ID 番号です。
  • プロジェクトを Project Server、ポートフォリオにエクスポートするときにサーバーがクラッシュします。 これは、Project Server のカスタム フィールドを数式に基づくが原因です。 SP2 が適用されるときに、問題を回避するこれらのフィールドはスキップされます。
  • Excel スプレッドシートからインポートした後に表示される情報セクションは""<br>"などの文字で表示されますと"i & # 243:"。
  • 赤色のアスタリスクでは、属性が更新されることが誤ってを示します。 SP2 を適用すると、赤色のアスタリスクを再計算が実際に必要なとき表示されます。
  • 組織、プログラム、またはポートフォリオなどの上位の組織レベルのいずれかのリソース情報が変更されたプロジェクト レベルのコストは更新されません。
  • プログラム グループ化 設定すると、プログラムを削除することはできず、プログラムのみをロックできます。 SP2 を適用すると、メッセージは表示し、元の組織から、プログラムを削除できますを示します。 このグループにプログラムはだけはリンクされていません。
  • 数値属性は、その文字列値を並べ替えしています。
  • プログラム に設定して グループ化 プロジェクトを削除する場合、関連コストとリソースが再計算しないされますそのプログラムの。
  • 先行タスクまたはタスクの後続タスクのリストが 100 を超える文字の場合はプロジェクトを Project Server からインポートできません。
  • [ プロジェクト情報 ] タブで、計画を編集すると、日付を表現できないことを示す、エラー メッセージが表示されます可能性があります。 これは、エラーは、計画が、ワークフローの承認ステージで場合にのみ) に発生します。
  • Excel からデータをインポートすると、マッピング テンプレートは保存されません組織の次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。

    リスト インデックスが範囲 (-1) 外

  • ときに計画をプロジェクトのポートフォリオのサーバーからエクスポートして、計画が Project Server から最初にインポート、制約タイプに不適切に設定されます ない終了日] より前のバージョン 。 SP2 を適用すると、計画がエクスポートされる制約タイプは元の値から変更されません。
  • オプティマイザー ワークシート ページを表示する時間は非常に低速です。 これはプロジェクトのポートフォリオのサーバー、選択されている計画のみではなく、組織内のすべてのプロジェクト値を返すためです。
  • コメントはで編集できません、 への影響マトリックス ] ダイアログ ボックス。 SP2 を適用すると、混乱を軽減するすべてのコメント オプションが削除されます。
  • 新しいプログラムを作成するとプログラムは自動的にすべての親の組織に関連付けられてます。 ただし、プログラムの関連付けを編集する場合は、親の組織へのすべてのリンクは削除します。
  • 親組織からプログラム データをエクスポートすると、プログラム マネージャーの情報はエクスポートされません。
  • インジケーターは、数式内のすべての属性が設定されていないかどうか、灰色表示されます。 不明な値、数式を 0 に設定されます。 これにより、インジケーターを正しくない可能性のある色値を表示します。 これは SP2 で修正します。 ただし、集計の動作も、同じしない場合です、子の値のいずれかセット、プロジェクト ポートフォリオ サーバー使用してゼロ、他の子を合計します。
  • インポート ウィザードを使用してプロジェクトのポートフォリオ Server で計画を更新する場合、属性またはインジケーターがプロジェクト ポートフォリオ サーバー以外に変更されるはで正しく更新プロジェクト ポートフォリオ サーバー。
  • プロジェクト計画にドリルダウンするまで、ダッシュボード上のインジケーターは自動的に計算されません。 属性は SP2 を適用すると、自動的に計算か、赤色のアスタリスクを表示します。
  • [ 予算 ] タブの [リソースのコストを編集しにコストの値を変換] をクリックして、値は変更されません。
  • 複数のテキスト値を含むフィールドをフィルター実行すると、結果は不正です。
  • プロジェクトで使用される特殊文字のセットの Project Server のポートフォリオのサーバーに異なります。
  • ユーザー グループの管理アクセス許可を設定する場合はありませんオプション、[すべてのアクセス許可をセキュリティ グループを作成する場合。
  • サポートは 32 ビット バージョンの SQL Server 2008 のレポート サービスの使用に関する使用できません。
  • サポートは使用できません、32 ビット版プロジェクトのポートフォリオ Server 2007 のバーチャル マシンで Windows Server 2008 Hyper-V。
  • すべてのユーザーがプロジェクト サーバーを使用する ユーザーの基本設定] ダイアログ ボックスにアカウントとパスワードを入力する必要があるゲートウェイ。
  • プロジェクトのポートフォリオからアソシエーションを解除するとデータが失われる可能性があります。
  • フェーズ、マイルストーンの日付の日付のプロジェクトを超えると場合、プロジェクトのポートフォリオのサーバーにインポートは失敗します。 SP2 を適用すると、項目がインポートされ、プロジェクトの日付が再計算します。
  • 4 つまたは複数の行を計算される財務マトリックス レポートを編集するときに、次のエラー メッセージが表示される場合があります。

    インデックスが範囲外

  • 組織から既定のインジケーターの関連付けを削除する場合正しくするか、まったくにプロジェクト サマリ レポートでインジケーター データが表示されない場合があります。
  • Project Server は数は 255 文字に限定タスク名にいます。 SP2 を適用すると、プロジェクトのポートフォリオのサーバーに合わせて制限 Project Server の 255 に 100 から制限を増やします。
  • ポートフォリオに Project Server からプロジェクトがインポートされない、タスクの名前が一意されない場合は、サーバー。 SP2 は、プロジェクトのポートフォリオを適用した後サーバーはその要件を削除します。
  • プロジェクト サーバーの削除が末尾にスペースがプロジェクト ポートフォリオ サーバーはありません。 これにより、インポートまたはエクスポートに失敗します。 SP2 を適用すると、プロジェクトのポートフォリオ Server 先頭のスペースおよび削除末尾のスペースもします。
  • 元の可用性をリソース共有元を編集する場合は非効率的な HTML オーバーヘッドのための読み込みに時間がかかるページ。
  • エクスポートするプロジェクトを Project Server マッピング テンプレートを持つルックアップ テーブルのカスタム フィールドを使用して、フィールドで同じ参照テーブルの値を別のルックアップ テーブルとして使用する場合、次のエラー メッセージが表示されます可能性があります。

    GeneralUnhandledException

  • インターネット インフォメーション サービス (IIS) がインストールされていない Windows Server 2003 ベースのコンピューターにプロジェクトのポートフォリオのサーバーをインストールすると、不適切なエラー メッセージが表示されます。
  • Internet Explorer が含まれている多数の値を含む属性の一覧、オプティマイザーのソリューションを保存するを閉じます。
  • インターネットでは、複数選択リスト コントロールは使用できません Explorer 8 と Internet Explorer 7。
  • プロジェクトのポートフォリオのサーバーの選択リストは、文字を入力するユーザーをできるスマート選択の機能がないし、その文字に一致する最初のエントリに、リストを移動します。
  • [Project Server のゲートウェイ] には、1 つのバッチ内のすべてのプロジェクトを更新する個別にプロジェクトを選択する必要があります。

プロパティ

文書番号: 971363 - 最終更新日: 2009年7月23日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Office Project Portfolio Server 2007
キーワード:?
kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB971363 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:971363
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com