文書番号: 971760 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

場合によっては、Windows 7 コンピューターを、以前の Windows のインストールに戻す必要が生じることがあります。この資料では、コンピューターを以前のバージョンの Windows に手動で戻す手順を順を追って説明します。

注: この操作には、コマンド プロンプトを使用する必要があります。コマンド プロンプトで特定のコマンドを入力して、フォルダー名の変更や、異なるバージョンの Windows 間でフォルダーの移動を行う必要があります。

注: 現時点で Windows 7 Service Pack 1 がインストールされている場合も、アンインストールの手順は Service Pack がインストールされていない Windows 7 と同じです。以前の Windows 7 のインストールを復元するには、そのインストールに Windows 7 Service Pack 1 をインストールすることが必要な場合があります。


この資料は初級レベルから中級レベルのコンピューター ユーザーを対象にしています。

詳細

この問題を解決するには、以下に示す手順を実行して、Windows.OLD フォルダーを使用してコンピューターを以前のバージョンの Windows に戻します。

ヒント: この資料を最初に印刷しておくと、手順を実行しやすい場合があります。

手順 1: Windows.old フォルダーが存在するかどうか、および Windows がインストールされているハード ディスク上に十分な空き領域があるかどうかを確認する

  1. [スタート] ボタン
    元に戻す画像を拡大する
    [スタート] ボタン
    をクリックし、[コンピューター] をクリックします。
  2. [表示] メニューの [詳細] をクリックします。
  3. [ハード ディスク ドライブ] の下の [ローカル ディスク (C:)] の行で、[空き領域] 列を参照して使用可能な領域のサイズを確認します。
  4. [ハード ディスク ドライブ] の下の [ローカル ディスク (C:)] をダブルクリックし、Windows.old フォルダーが存在するかどうかを確認します。

    重要: Windows.old フォルダーが存在しない場合は、この資料の手順を使用して以前の Windows インストールをコンピューターに復元することはできません。以前のオペレーティング システムに対してファイルをバックアップおよび復元または転送する必要があります。
  5. [Windows.old] フォルダーを右クリックします。
  6. 数秒後に Windows 7 によってフォルダーのサイズが検出されます。
Windows.old フォルダーのサイズが手順 1.2. のローカル ディスクで使用可能な空き領域よりも小さいことを確認します。

: Windows.old フォルダーのサイズが、ローカル ディスクで使用可能な空き領域の 2 倍以上である場合は、Windows インストールを復元できないことがあります。

手順 2: Windows 回復環境を起動する

  1. Windows 7 のインストール ディスクを DVD ドライブに挿入し、コンピューターを再起動します。
  2. インストール ディスクからコンピューターを再起動するかどうかを確認するメッセージが表示されたら、任意のキーを押します。
  3. [Windows のインストール] ダイアログ ボックスで、言語、時刻、通貨、キーボードまたは入力方式、およびキーボードの種類を選択し、[次へ] をクリックします。
  4. [Windows のインストール] ダイアログ ボックスで、[コンピューターを修復する] をクリックします。
  5. [システム回復オプション] ウィンドウで、修復する Windows 7 オペレーティング システムのバージョンをクリックし、[次へ] をクリックします。
  6. [システム回復オプション] ダイアログ ボックスで、[コマンド プロンプト] をクリックします。
コマンド プロンプト ウィンドウが開き、コマンド プロンプトが表示されます。コマンド プロンプトで、以下の手順に記載されているコマンドを入力します。

手順 3: Windows 7 フォルダーを新しい Win7 フォルダーに移動する

注: 以下の手順で、コマンド プロンプトに 1 つまたは複数のコマンドを入力し、Enter キーを押すと、次のメッセージが表示されることがあります。
指定されたファイルが見つかりません。
このメッセージが表示された場合は、次の手順に進み、その手順のコマンドを入力します。

次のコマンドを入力します。各コマンドの入力後、Enter キーを押します。
C:

Md Win7

Move Windows Win7\Windows

Move "Program Files" "Win7\Program Files"

Move Users Win7\Users

Attrib ?h ?s ?r ProgramData

Move ProgramData Win7\ProgramData

Rd "Documents and Settings"

手順 4: Windows.old フォルダーの内容をコピーまたは移動する

注: 以下の手順で、コマンド プロンプトに 1 つまたは複数のコマンドを入力し、Enter キーを押すと、次のメッセージが表示されることがあります。
指定されたファイルが見つかりません。
このメッセージが表示された場合は、次の手順に進み、その手順のコマンドを入力します。

次のコマンドを入力し、各コマンドの後で Enter キーを押します。
move /y c:\Windows.old\Windows c:\

move /y "c:\Windows.old\Program Files" c:\

move /y c:\Windows.old\ProgramData c:\

move /y c:\Windows.old\Users c:\

move /y "c:\Windows.old\Documents and Settings" c:\

手順 5: 以前の Windows インストールのブート セクターを復元する

状況に応じて次のいずれかのコマンドをコマンド プロンプトで入力します。

: 以下のコマンドでは、D: は DVD ドライブを表します。使用しているコンピューターの DVD ドライブが E: などの別の文字で表されている場合は、その文字をコマンドで使用します。
  • 以前の Windows インストールが Windows Server 2003、Windows XP、または Microsoft Windows 2000 の場合

    以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    D:\boot\bootsect /nt52 c:
  • 以前の Windows インストールが Windows Vista の場合

    以下のコマンドを入力し、Enter キーを押します。D:\boot\bootsect /nt60 c:

手順 6: 以前の Windows インストールが Windows XP または Windows 2000 である場合に、Windows インストールの Boot.ini ファイルを復元する

注: 以下の手順は、以前の Windows インストールが Windows XP または Windows 2000 の場合にのみ実行してください。

次のコマンドを入力し、各コマンドの後で Enter キーを押します。
Attrib ?h ?s ?r boot.ini.saved

Copy boot.ini.saved boot.ini

手順 7: コマンド プロンプト ウィンドウを閉じ、[再起動] をクリックする

  1. コマンド プロンプトに次のコマンドを入力し、Enter キーを押します。
    exit
  2. [再起動] をクリックしてコンピューターを再起動します。
: Windows XP が動作することを確認した後、データ回復用には不必要である場合は、C:\Win7 フォルダーを削除することができます。

補足資料

Windows 7 をインストールおよび再インストールする
http://windows.microsoft.com/ja-JP/Windows7/Installing-and-reinstalling-Windows-7

Windows 7 のインストール: よく寄せられる質問: Windows 7 をアンインストールすることはできますか。
http://windows.microsoft.com/ja-JP/Windows7/Installing-Windows-7-frequently-asked-questions


プロパティ

文書番号: 971760 - 最終更新日: 2013年2月6日 - リビジョン: 4.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Ultimate
キーワード:?
kbexpertiseinter kbexpertisebeginner kbinfo kbhowto KB971760
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com