Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 2 の更新プログラムのロールアップ 2 について

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 972076
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトはマイクロソフトの更新プログラムのロールアップ 2 をリリースしましたServer 2007 Service Pack 2 (SP2) を交換します。この資料では、次を説明します。更新プログラムのロールアップの詳細については。
  • 更新プログラムのロールアップの修正される問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法

はじめに

更新プログラムのロールアップで修正される問題
Exchange Server 2007 SP2 用の更新プログラムのロールアップ 2 は、問題が修正されます。次の Microsoft Knowledge Base の資料に説明されています。
961525 Exchange Server 2003年 2003 の Exchange Server と Exchange Server 2007年の混在環境で重複しているジャーナル レポートを生成可能性があります。
969230 パブリック フォルダーの機能を「期間」Exchange Server 2007年環境で期待どおりに機能しません。
969948 ユーザーが多数のアイテムを含むフォルダーを開きますしようとすると、クライアント アクセス サーバー (CAS) の役割がインストールされている Microsoft Exchange Server 2007年を実行しているコンピューターが低下します。
970817 Exchange Server 2007年で予定表を同期するモバイル デバイスを使用する場合は、予定を終日イベントとして誤ってが表示されます。
971177 2007 は、DST の設定が変更されたときに Exchange Server 自動アテンダント '営業時間' のスケジュールではありませんを更新
971349 Exchange Server 2007年のユーザーに、Exchange Server 2003年ユーザーの空き/予約済み時間情報 Office Outlook 2007 で断続的にアクセスできません。
971889 Outlook Voice Access Exchange Server 2007 のボイス メール メッセージを再生するのには、ユニファイド メッセージングが有効なユーザーを呼び出す場合は、される遅延ボイス メール メッセージを再生する前に
972705 Microsoft Exchange Server 2007年のログまたはデータベース異常な増加が発生しました。
972744 ユーザーがリモート ドメインに電子メール メッセージを送信すると、一部の電子メール メッセージ、Exchange Server 2007年のハブ トランスポート サーバーまたはエッジ サーバーのキューにあります。
973165 受信者が特定のメッセージを Exchange 2007 返信すると、差出人住所 2 つの独立した、不完全なアドレスに分割します。
973486 Exchange Server 2007年、メッセージ部分のバイナリまたは 8 ビットに 7 ビット エンコードを変換する必要があるときに一部のメッセージ読み取ることのできません。
973969 Exchange Server 2007年サーバーは、iCalendar メッセージの一部を含む SMTP メッセージを処理するときに不適切な例外の定期的な iCalendar メッセージが生成されます。
974155 OWA、Exchange Server 2007年の CAS のプロキシ環境でのスペル ミスの単語を強調表示しません
974161 一部の出席者は、会議を受け取ることができない Exchange Server 2007 で EWS を使用して、定期的な予定が変更されたときの解約通知
974312 「Exchange Server 2007年が調べるコマンドを処理する場合開封済み:」メッセージを未読としてマークされます。
974344 KB957485 Exchange Server 2007年の修正プログラムを適用した後、テスト OwaConnectivity コマンドを実行するは、エラー メッセージが表示します。
974401 追加 PublicFolderClientPermission コマンドレットまたは削除 PublicFolderClientPermission コマンドレットは、パブリック フォルダーに Exchange Server 2007年を実行しているコンピューターで実行するとストア セッションが解放されません。
974450 追加は、新しい承認済みドメイン Exchange Server 2007年組織内で動作しません。
974679 フォルダーの名前をチェックすると、疑問符 () には返されるフォルダーの名前が含まれます。Exchange Server 2007年メールボックス
974775 EdgeTransport.exe プロセスは、Exchange Server 2007年サーバー上で断続的にクラッシュします。
974843 パフォーマンス カウンターの Exchange Server 2007年「のメッセージが送信を入れ」誤った値が表示されます
974897 Microsoft Exchange Server 2007年アカウント経由でメッセージを送信する際は、NDR が表示されます。
974946 表示行の検索結果をアドレス帳にユーザーを変更すると Exchange Server 2007年の OWA ユーザーにエラー メッセージします。
974999 Outlook Web Access でタスクを作成すると、「仕事の所有者」フィールドが設定されていません。
975050 Exchange Server 2007 UM サーバーを混合し、OCS 2007 環境でのキーのマッピングを使用して、呼び出しの転送が失敗しました。
975165 後に、CAS CAS のプロキシのシナリオで実行の可用性サービス要求 2007 Exchange Server で EWS へのプロキシ要求が失敗します。
975213 エラーは、Exchange server 2003 がメールボックスにログオンできないし、Exchange Server 2007年の共存環境
975255 イベント 2104年およびイベント 2147 Exchange Server 2007年クラスター連続レプリケーション (CCR) 環境では、ログオンしている継続的に
975404 Exchange Server 2007年で会議出席依頼を承諾するのには、CDO アプリケーションを使用すると、会議出席依頼の添付ファイルを開くことはできません。
975844 Exchange Server 2007年ユーザーは、OWA でメッセージを書き込むときは、カスタム書式指定メッセージのスペル ミスの単語が失われます。
975903 EWS の RemoveDelegate 操作が失敗し、Exchange Server 2007年サーバーで、イベント ID 4999「500 内部サーバー」エラー応答が記録されます、
975916 Exchange Server 2007年環境での受信者の予定表で会議出席依頼のユーザー設定フォームが削除されます。
975918 IMAP4 クライアント FETCH (bodystructure) 要求を Exchange Server 2007年の IMAP4 サービスを実行しているサーバーに送信すると、破損した応答で応答が送られます
975946 S/MIME メッセージいないことを確認し、BizTalk Server 2006 Exchange Server 2007年バージョンの ExSMime.dll を使用して、MIME メッセージを解析する場合は拒否されます。
975990 Exchange 2007 メールボックスを整理するときに Id が削除されます、重複したメッセージを持つメッセージ
976025 Exchange Server 2007年ユーザーの空き/予約済み情報は表示されません。
976106 Exchange Server 2007 のメッセージ ジャーナリングが有効になるとクラッシュで StackOverflowException を Microsoft Exchange トランスポート サービス
976107 「受信者の更新に失敗」警告を実行すると、更新プログラムに対応する addresslist オブジェクトのコマンドレット Exchange 管理シェルで Exchange Server 2007年
976137 Exchange Server 2007年のユニファイド メッセージングが正しく再生時の挨拶は、業務時間外、休日を呼んで
976195 場合は、トランスポート ルールを編集できませんまたは複数の受信者のアドレスが無効または、Exchange Server 2007年のサーバーの削除
976653 [クラスター アドミニストレーター]、マウント操作は失敗し、Exchange Server 2007 CCR または SCC 環境でデータベースがマウントされている場合でもエラー 1003年がログに記録されます。 が表示されます。
976787 Exchange Server 2007 年の日本語や韓国語の Outlook Web Access で地域のオプションを設定すると、数値形式の日付と省略形の月名ではなく、予定表の月ビューを表示します。
976794 OWA で電子メール メッセージを編集すると、Internet Explorer の既定のフォントにフォントを変更します。
976946 2007年追加と IMAP4 クライアントを使用して電子メール メッセージには、Exchange Server コマンドを送信すると、メッセージの配信日時が正しくありません。
977085 Exchange Server 2007年環境では、DumpsterMessagesDeleted の値が正しく報告します。
977091 更新された会議出席依頼に正しく Exchange Server 2007年環境に定期的な会議出席依頼の例外インスタンスの表示します。
977181 Exchange Server 2007年のサーバーの Exchange インフォメーション ストア サービスを開始すると、EXOLEDB コンポーネントが正常に初期化されていません
977223 "PtagProvisionedFid"属性が Exchange Server 2007年環境では無効である場合は、フォルダーの移動操作が失敗しました。
977261 エキスパートでは、Exchange Server 2007年の SP2 サーバーにログ出力レベルのメッセージへのアクセスを設定すると、1 つまたは複数のエラーが発生します。
977355 転送されたメッセージの表示名に非 ASCII 文字が表示"か"と連絡先の表示名は Exchange Server 2007年環境での東アジアの文字
977412 WebDAV プロトコルを使用して、Exchange Server 2007年サーバーに接続すると、エラー メッセージ:「エラー 1000」
977425 「プロキシ サーバー名」フィールドが誤って OWA で、Exchange Server 2007年の CAS CAS のプロキシ環境で表示されます。
978593 Windows Server 2008 の VSS バックアップのプラグイン失敗はボリュームに格納されている Exchange 2007 Service Pack 2 データベースをバックアップするマウント ポイント

詳細

更新のロールアップの情報


ダウンロードして Exchange 用の更新プログラムのロールアップ 2 をインストールするのにはServer 2007 SP2 は、次の Microsoft Update Web サイトを参照してください。
http://update.microsoft.com

メモ Microsoft Update の Exchange Server 更新プログラムのロールアップを検出できません。クラスター化された Exchange 2007 システム 2007。
更新プログラムを展開することができます。Exchange Server 2007年の SP2 を実行している複数のコンピューターのプログラムのロールアップ 2Server 2007 を交換します。または、Exchange 用の更新プログラムのロールアップ 2 を展開することができます。Server 2007 SP2 Exchange Server 2007年を実行しているサーバーをクラスター化します。は、更新プログラムのロールアップは Microsoft ダウンロード センターからも可能です。

次のファイルが、マイクロソフトからダウンロードできるです。ダウンロード センター:
Exchange2007 ・ KB972076 ・ EN パッケージを今すぐダウンロードします。

リリース日: 2010 年 1 月 21日

重要です

更新プログラムのロールアップまたは service pack をインストールする前に、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/ee221147.aspx

詳細についてはインストールの前提条件手順、および既知の問題は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。Exchange 2007 のサービス モデルの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
Exchange 2007 のサービス
この更新プログラムのロールアップは、Exchange Server の 2007年リリースには適用されません。製品版 (RTM) 製造にまたは 2007年サービスを交換する 1 (SP1) をパックします。は、シリーズ Exchange Server 2007 SP2 更新プログラムのロールアップ パッケージの対応する系列の Exchange Server 2007年または Exchange の更新プログラムのロールアップから独立しています2007 SP1 のサーバー。

更新プログラムのロールアップの一覧については、Exchange に適用します。Server 2007、または Exchange Server の 2007 SP1 には、次のマイクロソフト Web を参照してください。サイト:

再起動の必要性

必要なサービスが自動的に停止され、再開この更新プログラムのロールアップを適用するとします。

プログラムのアンインストール情報

Exchange Server 2007年の SP2 を更新プログラムのロールアップ 2 を削除するには、使用してください。 追加またはプログラムを削除します。 コントロール パネルのします。その後、972076 の更新プログラムを削除します。

関連情報

のマイクロソフトのソフトウェアを記述する用語の詳細については、更新プログラムの資料を参照するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 972076 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB972076 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:972076
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com