Windows Server 2003 ではカーネル ダンプ ファイルや完全メモリ ダンプ ファイルを生成する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 972110
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料でを生成する方法を説明します。収集、確認、およびカーネル ダンプ ファイルを分析するメモリ ダンプ ファイルを完了Windows Server 2003 ベースのシステムから。

このようなダンプをだけ生成する必要があります理想的には、時にファイルをマイクロソフト カスタマー サポート サービス エンジニア明示的にこれを行う必要があります。カーネル ダンプ ファイルのデバッグや完全メモリ ダンプ ファイルのデバッグをする必要がありますが、標準的なトラブルシューティング方法をした後、最後の手段すべての使用。

マイクロソフト カスタマー サポート サービスに問い合わせてくださいする必要がある場合は、(CSS)、この資料で、ある特定の情報を取得することCSS の問題を識別するために必要です。

としてログオンする必要があります、管理者または Administrators グループのメンバーでこれを実行するのにはプロシージャ。コンピューターがネットワークに接続されている場合は、ネットワークのポリシーの設定この手順を完了できないことがあります。手動カーネル ダンプ ファイルまたは完全メモリ ダンプ ファイルはいくつかの問題のトラブルシューティングを行うときに便利です。システム メモリの記録時に、プロセスをキャプチャします。クラッシュします。

警告Windows がハード ディスクの速度によって異なります以上 2 ギガバイト (GB) のメモリをダンプ インストールされて長い時間がかかることがあります。ダンプ ファイル作成手順は、物理 RAM の内容を起動したときパーティションにあるページング ファイルが書き込まれます、オペレーティング システムがインストールされています。

コンピューターを再起動すると、ページング ファイルの内容がダンプ ファイルに書き込まれます。最適な場合もダンプ ファイルは、別のローカルのハード ディスクに存在する構成されているシナリオでは、ディスク、大量のデータをハード ディスクに読み書きすることがあります。これが発生することができます、サーバーが長時間停止します。 詳細については情報の記事を表示するには、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
254649Windows Vista、Windows Server 2008、Windows Server 2003、Windows XP、および Windows 2000 用のメモリ ダンプ ファイル オプションの概要

詳細

ページング ファイル

Windows Server の標準機能を通常、2003 ベースのシステム、サーバーのページング ファイルのサイズを設定します。 方法の詳細について適切なページング ファイルのサイズを決定する、次の資料番号をクリックします。「サポート技術情報」資料を参照するには。
889654 64 ビット版の Windows Server 2003 または Windows XP の適切なページ ファイル サイズを確認する方法
メモリ ダンプの種類によっては、ファイルします。ページング ファイルの最小サイズを収集しようとしている、変化します。WindowsServer 2003 でメモリ ダンプ ファイルの 3 つのオプションがあります。
  • 最小メモリ ダンプ (64 KB の 32 ビットのオペレーティング システム、12864 ビットのオペレーティング システムで KB)

    このオプションを使用するは、問題が発生可能性があります。次の Microsoft Knowledge Base 資料に記載されています。
    900229 Windows Server 2003 または Windows XP Professional の 64 ビット バージョンで生成された「ミニ カーネル ダンプします」ファイルを開くとき、エラー メッセージが表示されます。
  • カーネル メモリ ダンプ
  • 完全メモリ ダンプ
サーバー上の完全メモリ ダンプ ファイルを有効にするには、以下を実行します手順説明します。

手順 1: ページング ファイルを作成します。

  1. クリック ボタンをクリックし、を右クリックして 私コンピュータープロパティ をクリックします。.
  2. クリックして、 高度な タブ。
  3. クリック 設定 下にパフォーマンス 領域です。
  4. クリックして、 高度な タブをクリックし.変更 下に 仮想メモリ領域です。
  5. オペレーティング システムが、システム パーティションを選択します。インストールされています。
  6. 値を設定します。 初期サイズ最大サイズ どの程度物理 RAM がインストールされていると 1メガバイト (MB)] カスタム サイズ.
  7. クリック セットプロパティ] 3 回。

パーティションのサイズ

Windows Server 2003 またはそれ以前のバージョンの Windows ではオペレーティング システムがインストールされているパーティションは、少なくとも、サイズでなければなりません1 メガバイト (MB) の物理 RAM の量がインストールされているとします。 Windows Server 2003 では、物理を削減する必要があります。完全メモリ ダンプ ファイルを生成するのには、コンピューターのメモリ。場合コンピューターには、4 GB 以上の物理メモリまたはないかどうか十分ながディスクをパーティションにページング ファイル用の領域はオペレーティング システムインストールされて、コンピューターの物理 RAM を削減する必要があります。縮小するのには、コンピューターの物理メモリ、 maxmemまたはburnmemoryスイッチを使用して、Boot.ini ファイルで、次の TechNet で説明されているようにまたは、MSDN ベースのアーティクル。

Boot.ini オプションへの参照。
http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb963892.aspx
ブートパラ メーターを使用してメモリを操作するのには:
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ms791501.aspx
詳細についてをクリックします。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の文書番号ベース:
833721 Windows XP および Windows Server 2003 の Boot.ini ファイルで使用可能なスイッチ オプション
重要このセクション、メソッド、またはタスクには方法を示す手順が含まれていますレジストリを変更します。変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります、レジストリ誤って。したがって、これらの手順を実行することを確認します慎重に。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。詳細についてはバックアップし、レジストリを復元するの次の資料をクリックする方法について「サポート技術情報」資料を参照する数。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
32 ビット版の Windows Server 2003 の物理アドレス拡張 (PAE) が有効になっている、ページング ファイルが 4 GB を超える拡張ことができます。(4,096 MB)。PAE が有効になっているかどうかを判断するには、次の手順を実行します。
  1. クリック ボタンをクリックし、[ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない,種類 をクリックし、プロパティ].
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Session ・ Manager\Memory ・ マネージャー
  3. Usbehci.sys PhysicalAddressExtension、、クリックして、 変更.
  4. で、 DWORD 値を編集します。 ダイアログ ・ ボックスをチェック値は PhysicalAddressExtension エントリです。場合は、値の、 PhysicalAddressExtension エントリを 0 (ゼロ) で、PAE は無効にします。場合は、 PhysicalAddressExtension エントリ1 で PAE を有効にします。
詳細についてをクリックして、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号:
2377404,095 MB のページング ファイルのサイズ制限では、Windows を克服する方法

手順 2: 完全メモリ ダンプ ファイルを作成します。

重要このセクション、メソッド、またはタスクには方法を示す手順が含まれていますレジストリを変更します。変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります、レジストリ誤って。したがって、これらの手順を実行することを確認します慎重に。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。詳細についてはバックアップし、レジストリを復元するの次の資料をクリックする方法について「サポート技術情報」資料を参照する数。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  1. クリック ボタンをクリックし、を右クリックして 私コンピュータープロパティ をクリックします。.
  2. クリックして、 高度な タブ。
  3. クリック 設定 下に スタートアップ/リカバリ 領域、および選択 完全なメモリダンプデバッグ情報の書き込み.
  4. クリック ] 2 つの時刻。
既定では、 完全メモリ ダンプ 無効になっています。2 GB 以上の物理コンピューターの場合のオプションを有効にします。RAM。

有効にする場合は、 完全メモリ ダンプオプション、CrashDumpEnabled レジストリ エントリで、次を手動で設定します。レジストリ サブキーを 1 にします。
詳細についてをクリックして、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号:
885117起動と回復] で [カーネル メモリ ダンプ] が表示されますが、Windows 2000 または Windows Server 2003 で完全メモリ ダンプを実行

ディスクの空き容量

必要があります十分な空き領域で、選択した場所にメモリ ダンプ ファイルを作成します。既定は、メモリ ダンプ ファイルに書き込まれます、%SystemRoot%\Memory.dmp ファイル。十分な空き領域がある場合、%Systemroot% ドライブが別の場所にダンプ ファイルをリダイレクトすることができます。十分な空き領域。

手順 3: (省略可能) の変更、ダンプ ファイルが書き込まれる場所

ダンプ ファイルのパスを変更するには、 スタートアップと回復 オプションには、Windows Server 2003 ベースのコンピューターでは、これらに従ってください。手順:
  1. クリック ボタンをクリックし、を右クリックして 私コンピュータープロパティ をクリックします。.
  2. クリックして、 高度な タブ。
  3. クリック 設定 下に スタートアップ/リカバリ 領域、および、置換パスに適切な値続いて ダンプ ファイル ボックス。つまり、パスを変更することができます。十分なディスクがローカル ドライブを指す %SystemRoot%\Memory.dmp からスペースなど E:\Memory.dmp.
ネットワーク ドライブ、共有ドライブ、またはネットワーク アクセス サーバー (NAS)その可能性がありますのでドライブ先としてメモリ ダンプ ファイルを使用できません。ファイルのコピーを開始する前に利用できません。

詳細についてをクリックして、「サポート技術情報」資料を参照するには、次の資料番号:
886429Windows Server 2003 のメモリ ダンプ ファイルを新しい場所を構成した場合の考慮事項

手順 4: メモリ ダンプ ファイルの問題を解決するには、修正プログラムをインストールします。

Windows Server 2003 の RTM ベースのコンピューター用の修正プログラム

以下の修正プログラムで発生する問題を解決可能性がありますと、Windows Server 2003 の RTM ベースのコンピューターでメモリ ダンプ ファイルを作成しようとしてください。
  • 822998 6 GB 以上の RAM を持つコンピューターでメモリ ダンプ操作が完了しません。
    KB822998 の修正プログラムは、DiskDump.sys を更新します。ファイルです。
  • 839937 KeBugCheckEx() 関数、マルチプロセッサの Windows Server 2003 ベースのコンピューターのリセット、システムをが
    KB839937 の修正プログラムは Ntoskrnl.exe ファイルを更新し、Hal.dll ファイル。
  • 838461 ヘッダーを添付するための API情報をメモリ イメージが OEM コンピューターがWindows Server 2003 での機能の「メモリ イメージをキャプチャする」
    KB838461 の修正プログラムは Ntoskrnl.exe を更新します。ファイルです。

Windows Server 2003 SP1 用の修正プログラム

以下の修正プログラムで発生する問題を解決可能性がありますと、Windows Server 2003 Service Pack 1 ベースのメモリ ダンプ ファイルを作成しようとしてください。コンピューター:
  • 898620 Windows Server 2003 Service Pack 1 を実行しているコンピューターで、致命的なシステム エラーの発生後、クラッシュ ダンプ ファイルは生成されません。
    KB898620 の修正プログラム、Smss.exe を更新します。ファイルです。
  • 907646 デバッグ情報があります。コンピューター上の Stop エラーが発生した場合、メモリ ダンプ ファイルを書き込むItanium ベースのバージョンの Windows Server 2003 を実行しています。
    KB907646 の修正プログラム、Ntkrnlmp.exe ファイルを更新して、Hal.dll ファイル。
  • 912364 コンピューター上のハードウェアの故障が発生した場合は、x 64 エディション バージョンの Windows が実行されている、Stop エラー メッセージが表示されるされないおよびメモリ ダンプ ファイルは生成されません。
    KB912364 の修正プログラムは、Hal.dll を更新します。ファイルです。

Windows Server 2003 SP2 の修正プログラム

以下の修正プログラムで発生する問題を解決可能性がありますと、Windows Server 2003 Service Pack 2 ベースのメモリ ダンプ ファイルを作成しようとしてください。コンピューター:
  • 957910 Storport 仮想ミニポートが LUN のコント ローラーとしてサーバーを使用する場合は、Windows Server 2003 SP2 ベースの iSCSI ブート サーバーのダンプ ファイルを生成できません。
    KB957910 の修正プログラム、Diskdump.sys ファイルを更新して、Storport.sys ファイル。
  • 970810 Windows を実行しているコンピューター標準の IPMI 対応サーバー 2003 SP2 では、応答を停止すると、コンピューターがメモリ ダンプ ファイルを書き込んでいます。
    KB970810 の修正プログラム、Ipmidrv.sys を更新します。ファイルです。
  • 971408 Windows Server 2003 システム ダンプ ファイルの書き込み中に、再帰的なエラーを発生する場合が期待どおりに再起動しません
    KB971408 の修正プログラムは NtOSkrnl.exe を更新します。ファイルです。

手動のメモリ ダンプ ファイルを生成する方法

手動カーネル ダンプ ファイルを生成するのには、いくつかの方法や完全メモリ ダンプ ファイル。NMI を使用して、これらのメソッドを含むキーボード(PS2 または USB)、リモート カーネル、または NotMyFault.exe ツール。

手順 5: NotMyFault ツールを使用して手動のメモリ ダンプを生成します。

この問題が発生しているときに、ログオンする場合は、使用できます、Microsoft Sysinternals の NotMyFault ツールです。以下が手順例となります:
  1. 次のマイクロソフト Web サイトをダウンロードするを参照してください、NotMyFault ツールです。
    http://download.sysinternals.com/files/NotMyFault.zip
  2. クリック ボタンをクリックし、プロパティコマンド プロンプト.
  3. コマンド ・ ラインを入力します。 NotMyfault.exe/クラッシュ、し、ENTER キーを押します。
この操作には、メモリ ダンプ ファイルと D1 stop エラーが生成されます。

手順 6: キーボードを使用して手動のメモリ ダンプを生成します。

重要このセクション、メソッド、またはタスクには方法を示す手順が含まれていますレジストリを変更します。変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります、レジストリ誤って。したがって、これらの手順を実行することを確認します慎重に。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。詳細についてはバックアップし、レジストリを復元するの次の資料をクリックする方法について「サポート技術情報」資料を参照する数。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
  • Ps/2 のキーボードを使用している場合は、作成する必要がCrashOnCtrlScroll レジストリ エントリです。 詳細については次のキーボードを使用して、メモリ ダンプ ファイルを生成する方法文書番号を使用して、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには:
    244139Windows の機能では、キーボードを使用して、メモリ ダンプ ファイルを生成できます。
    PS/2 を使用しているコンピューター上で機能を有効にするのにはキーボードは、次の手順を実行します。
    1. レジストリ エディターを起動します。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\i8042prt\Parameters
    3. で、 編集 メニューをクリックして 追加値、し、次のレジストリ エントリを追加します。
      Name : CrashOnCtrlScroll 
      Data Type : REG_DWORD 
      Value : 1  
    4. レジストリ エディターを終了します。
  • USB キーボードを使用している場合は、作成する必要がCrashOnCtrlScroll レジストリ エントリです。

    コンピューター上で機能を有効にするのにはUSB キーボードを使用するには、次の手順を実行します。
    1. レジストリ エディターを起動します。
    2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\kbdhid\Parameters
    3. で、 編集 メニューをクリックして 追加値、し、次のレジストリ エントリを追加します。
      Name : CrashOnCtrlScroll 
      Data Type : REG_DWORD 
      Value : 1  
    4. レジストリ エディターを終了します。
このキーボード操作でメモリ ダンプ ファイルと、E2 を生成します。stop エラーが発生します。

Windows ベースのシステムでは、NMI を使用して手順 7: 完全なクラッシュ ダンプ ファイルまたはカーネル クラッシュ ダンプ ファイルを生成します。

重要このセクション、メソッド、またはタスクには方法を示す手順が含まれていますレジストリを変更します。変更すると、深刻な問題が発生する可能性があります、レジストリ誤って。したがって、これらの手順を実行することを確認します慎重に。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。詳細についてはバックアップし、レジストリを復元するの次の資料をクリックする方法について「サポート技術情報」資料を参照する数。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
詳細については、の記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。技術情報:
927069 Windows ベースのシステムでは、NMI を使用して完全クラッシュ ダンプ ファイルまたはカーネル クラッシュ ダンプ ファイルを生成する方法
NMI のダンプ ファイルを収集しようとした場合、する必要があります。NMICrashDump レジストリ エントリを作成します。この機能を有効にするには、以下を実行します手順:
  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけてクリックします。
  3. で、 編集 メニューをクリックして 追加値、し、次のレジストリ エントリを追加します。
    Name : NMICrashDump 
    Data Type : REG_DWORD 
    Value : 1  
  4. レジストリ エディターを終了します。
この操作には、メモリ ダンプ ファイルと 80 停止エラーが生成されます。このレジストリ エントリは、x86 および x64 システムでのみ必要です。Itanium ベースのシステム メモリ ダンプしないでこのレジストリ エントリを生成できます。

手順 8: リモート デバッガーを使用して手動のメモリ ダンプを生成します。

詳細についてをクリックします。マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照するのには、次の文書番号ベース:
303021サーバー (ハング) を応答を停止したときに、メモリ ダンプ ファイルを生成する方法
ここでは、WinDbg可能コマンドを使用できます。このコマンドは、メモリ ダンプ ファイルを作成、セットアップ先のコンピューター。またはを使用して、メモリ ダンプ ファイルをコピーする場合は、ヌル モデム、USB デバイスまたは IEEE 1394 デバイス、 .dumpコマンドを使用します。

手順 9: サーバーを再起動します。

サーバーの設定を有効にするを再起動する必要があります。

BIOS レベルのサーバー ハードウェア回復メカニズム

一部のコンピューター ハードウェアを実行するには、BIOS レベルでの機能をあります。回復します。たとえば、コンピューターのいずれかの次の機能があります。
  • 自動システム回復 (ASR) 機能を利用します。Hewlett Packard (HP) サーバー。ASR が存在する場合は、それを無効にします。ASR を中断することができます。ダンプ プロセス。HP サーバーには、無効にするのには、BIOS 設定を変更できます。ASR。この機能を有効にすると、BIOS はハートビートを検出しない場合オペレーティング システムからは、通常 10 以内のコンピューターを再起動します。分。
  • Dell コンピューター、同じ機能を持ち、Dell と呼ばれます特殊な管理コンソール (SAC) または!SAC。
  • IBM のコンピューター、同じ機能を持ち、RSA と呼ばれますII (OS) だけ。
  • 富士通、NEC、Samsung、Unisys、およびその他のサーバーのハードウェア製造企業のサーバーには類似の機能があります。
ハードウェア、ハードウェアかどうかがわからない場合は、リカバリ機能、ハードウェアの製造元に問い合わせてください。

手順 10: 手動のメモリ ダンプ ファイルを取得できるかどうかをテストします。

警告マニュアルを入手することができるかどうかをテストすることが重要です。メモリ ダンプ ファイルです。ダンプ ファイルを破損または切り捨て場合は、問題する必要があります。もう一度、正常なメモリ ダンプ ファイルを取得するに発生します。

テストするかどうかコンピューター、使用 NotMyFault、またはキーを押して適切なダンプ ファイルを入手することができます、値の右の ctrl キーを押しながら、SCROLLLOCK キーを 2 回押してキーです。後のサーバー再起動時に、待機を停止するには、ディスクの利用状況。ダンプ ファイルは同じサイズにする必要があります。物理メモリ。手動のメモリ ダンプ ファイルを取得する問題がある場合は、SCSI コント ローラーのファームウェアとドライバーを更新する必要があります、ハードウェアの製造元。

ステップ 11: メモリ ダンプ ファイルを生成した後は、ブルー スクリーンに表示される stop エラー メッセージを取得します。

イベント ログを書き込むには、Windows Server 2003 を構成することができます。ブルー スクリーンに表示される stop エラー メッセージ メッセージします。で既定では、Windows Server 2003 を設定すると、イベント ログ メッセージを書き込む。

  1. Usbehci.sys マイ コンピュータープロパティをクリックします。.
  2. クリックして、 高度な タブ。
  3. クリック 設定 下に スタートアップ/リカバリ エリア、
そのためには、既定に注意してください、 イベントを書き込む、システム ログ オプションは利用できません。 説明と、イベント ログの形式が異なるから、コンピューターが Memory.dmp ファイルを書き込んでいるときに表示される形式です。がほとんどの情報は同じです。イベント ログの例を次に示します。
Event ID: 1001 
Source: BugCheck 
Description: 
The computer has rebooted from a bugcheck. The bugcheck was : 0xc00000E2 (0xffffffffffffffff, 0x0000000000000001, 0x0000000000000000, 0x0000000000000000). A dump was saved in: C:\WINDOWS\MEMORY.DMP. 

DumpChk.exe を使用して、メモリ ダンプ ファイルを確認する方法

詳細についてはこれを行うには、資料を参照するのには、次の資料番号をクリックする方法について技術情報:
156280Dumpchk.exe を使用して、メモリ ダンプ ファイルを確認する方法

手順 12: テストのダンプ ファイルを削除します。

次にこの問題が発生した場合、新しいメモリ ダンプ ファイルが生成されるため、テストのダンプ ファイルを削除します。

ステップ 13: この問題の再発を待つ

問題が発生すると、メモリ ダンプ ファイルを収集します。次のツールまたは方法を使用します。
  • NotMyFault ツールを使用します。
  • 右 CTRL キー キーを押しながら、SCROLLLOCK キーを押します2 つの時刻。
  • NMI ボタンを使用します。
  • リモート カーネル デバッガーを使用します。

ステップ 14: Memory.dmp ファイルを圧縮します。

WinZip ツールを使用して、Memory.dmp ファイルを圧縮します。

手順 15: 圧縮ファイルがセキュリティで保護されたファイル転送のサイトにアップロードします。

ファイルを圧縮すると、セキュリティで保護されたファイル転送のサイトにファイルをアップロードします。

レジストリ キーとページング ファイルを自動化するユーティリティを入手する方法

  1. 次のマイクロソフト Web サイトをダウンロードするを参照してください。DumpConfigurator.hta:
    http://www.codeplex.com/WinPlatTools/SourceControl/changeset/view/14600#256939
  2. クリック ダウンロードプロパティ 私同意します。 マイクロソフト ソフトウェア ライセンス条項を読んで。
  3. WInPlatTools 14600.zip ファイルを保存して、抽出、DumpConfigurator.hta のユーティリティです。
  4. クリック DumpConfigurator.htaプロパティ自動構成の完了.
の詳細については、の記事を表示するには、次の資料番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報:
307973どのようにWindows でシステム障害と回復のオプションを構成するのには

デバッグは Windows のメモリ ダンプ ファイルを読み取る方法の作成します。

ダウンロードして、Windows の最新バージョンをインストールするにはデバッグ ツールは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/whdc/devtools/debugging/default.mspx
詳細については、Microsoft では、記事を表示するには、次の資料番号をクリックします。ナレッジ ベース:
315263どのようにWindows は最小メモリ ダンプ ファイルを読み取るための作成します。デバッグ
詳細については、次をクリックします。文書番号を使用して、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには:
824344Windows サービスをデバッグする方法
Windows でのデバッグの詳細についてを参照してください。次の書籍:

Windows のデバッグ シンボルを確認する方法

詳細については、次をクリックします。文書番号を使用して、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには:
311503Microsoft のシンボル サーバーを使用してデバッグ シンボル ファイルを入手するのには
138258 Windows NT のデバッグ シンボルのセットアップ情報
148659 Windows NT のデバッグ シンボルを設定する方法
148660 Windows のデバッグ シンボルを確認する方法
258205 再配置を使用して、DrWtSn32.exe のシンボルを抽出する方法
296110 Visual Studio の製品と、デバッグ シンボルを使用してをインストールする方法
319037 Visual Studio のでシンボル サーバーを使用する方法です。NET のデバッガー
814411 修正プログラム パッケージにはデバッグ シンボル ファイルを含めないでください。
サード ・ パーティ製品、これについての独立した会社によって製造されていますマイクロソフト。保証、明示または黙示、に関するマイクロソフトは負わない、パフォーマンスや信頼性これらの製品。

関連情報

このトピックの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/cc266483.aspx

プロパティ

文書番号: 972110 - 最終更新日: 2012年5月31日 - リビジョン: 7.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB972110 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:972110
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com