FIX にはデータ フロー タスクで BLOB データ型の列には、SQL Server 2005 の統合サービス パッケージを実行するとエラー メッセージが含まれています:"バッファー マネージャーは、一時ファイル名を取得できませんでした。GetTempFileName への呼び出しに失敗しました"

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 972365
Microsoft Microsoft SQL Server 2005年修正プログラム 1 つのダウンロード ファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、各新しいリリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のシナリオを検討してください。
  • Microsoft SQL Server の 2005 年には、データ フロー タスクを使用する SQL Server の統合サービス (SSIS) パッケージがあります。
  • データ フロー タスクには、バイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) データの列への参照が含まれます。BLOB カラムは、DT_TEXT 型、DT_NTEXT データ型、または DT_IMAGE データ型の列です。
  • 設定は、 BLOBTempStoragePath データ フロー タスクのプロパティです。SSIS は、BLOB 列を処理すると、一時的にデータを BLOB 列からディスクに書き込みます。
  • これには、データ フロー タスクで BLOB データを含む以上 65,536 のアクティブな行があります。

このシナリオでは、SSIS パッケージを実行します。SSIS を使用して BLOB データの一時ストレージに書き込みしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。

エラー メッセージ 1

エラー: 0x80070050 データ タスクは、DTS の流れ。パイプライン: ファイルが存在します。
エラー メッセージ 2

DTS_E_BUFFERGETTEMPFILENAME
エラー: 0xC0048019 データ タスクは、DTS の流れ。パイプライン: バッファー マネージャーは、一時ファイルの名前を取得できませんでした。GetTempFileName への呼び出しに失敗しました。
エラー メッセージ 3

DTS_E_UNUSABLETEMPORARYPATH
エラー: 0xC0048013 データ タスクは、DTS の流れ。パイプライン: バッファー マネージャーのパス上に一時ファイルを作成できませんでした"パス".パスを一時的な記憶域の再考慮されません。
エラー メッセージ 4

DTS_E_CANTCREATEBLOBFILE
エラー: 0xC0047070 データ タスクは、DTS の流れ。パイプライン: バッファー マネージャーは、長いオブジェクトの BLOBTempStoragePath プロパティに指定したディレクトリにスプール ファイルを作成できません。不正なファイル名を指定したか、アクセス許可がありません。
エラー メッセージ 5

DTS_E_UNABLETOWRITELOBDATATOBUFFER
エラー: 0xC02020E5 では、データ フロー タスクは、フラット ファイル ソース [1]: 列をデータ フロー タスクのバッファーへのオブジェクトのデータ型は DT_TEXT、DT_NTEXT、または DT_IMAGE の長いの書き込みに失敗しました"ColumnName".
エラー メッセージ 6

DTS_E_CANTADDBLOBDATA
エラー: 0xC0208266 データ タスクは、DTS の流れ。パイプライン: 長いデータ列を取得したが、データ フロー タスク バッファーに追加できません。


次のシナリオでは、同様の問題にも発生する可能性があることが理論的に可能です。
  • データ フロー タスクを含む SSIS パッケージを実行します。
  • 設定は、 BufferTempStoragePath データ フロー タスクのプロパティです。データ フロー エンジン低-メモリ-リソース通知が送信されると、データ フロー エンジン データ バッファーで指定されているディレクトリに書き込まれます、 BufferTempStoragePath [プロパティ] します。
  • データ ・ バッファーの 65,536 以上の一時ファイルは、ディレクトリに書き込まれます。
メモ このまれなシナリオでは、さまざまなエラー メッセージが表示されます。
追加フォルダーを指定すると、 BLOBTempStoragePath プロパティまたは、 BufferTempStoragePath プロパティ、および、SSIS を実行を再パッケージ化は、検索する追加のパスは無視され、SSIS パッケージが正常に実行されません。

原因

指定されているフォルダー、 BufferTempStoragePath または BLOBTempStoragePath プロパティには、一時ファイルが含まれます。これらの一時ファイルは DTSFFFF.tmp 〜 DTS.tmp の範囲の名前です。数値の範囲は 0x0 0 xffff からです。たとえば、一時ファイル名に DTS.tmp、DTS1.tmp…、および DTSFFFF.tmp が含まれます。合計 65,536 の可能性のあるファイル名です。65,536 個を超えるファイルがある場合は、SSIS 可能性がありますファイル名が不足し、現象に記載の記載されているエラーをスローします。

解決方法

この問題に対する修正は SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新 5 にまずリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
972511 SQL Server 2005 Service Pack 3 用の累積的な更新プログラム パッケージ 5
メモ ビルドは累積的であるため、新しい修正プログラム リリースすべての修正プログラムが含まれているし、以前の SQL Server 2005 に含まれていたすべてのセキュリティ修正プログラム リリースを修正します。マイクロソフトはこの修正プログラムを含む最新の修正プログラム リリースを適用を検討することをお勧めします。詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
960598 SQL Server 2005 Service Pack 3 のリリース後にリリースされた、SQL Server 2005 のビルドします。
Microsoft SQL Server 2005年の特定の SQL Server のサービス パック修正プログラムが作成されます。SQL Server 2005 Service Pack 3 のインストールに SQL Server 2005 Service Pack 3 修正プログラムを適用する必要があります。既定では、SQL Server サービス パックで提供されている修正プログラム SQL Server の次の service pack に含まれてです。

回避策

この問題を回避するには、次の方法のいずれかを使用します。

方法 1

設定することにより、バッファー サイズを増やす、 DefaultBufferSize 104,857,600 の最大値のプロパティです。

メモ このメソッドを使用するがある複数のメモリ消費、SSIS パッケージを実行するとします。

方法 2

設計段階では、BLOB 列をデータ フロー タスクに導入された場所以降後ブロックの変形や、下流のボトルネックを軽減しようとしてください。このメソッドは、制限値に達した可能性が低下します。

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この修正プログラムを適用した後、次の 2 つの問題が解決されます。
  • 複数のパスをセミコロンで区切り、BLOBTempStoragePath、または BufferTempStoragePath プロパティで指定されているその他のディレクトリに流出しているバッファーを有効にします。

    複数のフォルダーを指定すると、 BLOBTempStoragePath または BufferTempStoragePath プロパティなどの"C:\temp1 です。SSIS を使用して、最初のフォルダーをもう一方のフォルダーにアクセスしようとするとに問題がある場合、D:\temp2"and が使用されます。最初のフォルダーで、問題が発生しない限り、一時ファイルを追加するフォルダーのパスは分散されません。致命的なエラーではない場合、SSIS が正常に、次のフォルダーの一覧を使用します。

    ただし、最初のフォルダーはディスク領域が不足実行すると、重大なエラーが転記されます。また、SSIS できません適切にエラーを無視して、次のフォルダーを使用します。
  • SSIS の名前は実行されません。新しいファイルの名前付けパターンに動的に各一時ファイル名のランダムな GUID が生成されます。新しいファイル名は次の 3 つのプレフィックスを開始します。
    • DTT: DTT 一時ファイルは、テスト ・ ファイルです。これらのファイルを使用して、一時ディレクトリをアクセスおよびディレクトリにデータが保存される前に書き込まれるかどうかを確認します。
    • DTB: DTB 一時ファイルを一時ファイルを BLOB です。これらのファイルは、DT_TEXT、DT_NTEXT、または DT_IMAGE データ型は、データ フロー タスクで処理するときに使用されます。
    • DTS: DTS 一時ファイルは、バッファーのスワップの一時ファイルです。
    新しい一時ファイル名の例を次に示します。
    .Tmp の DTT {0004E1F9-8058-444D-9DB0-DB9888331E20}
    DTB {001414F4-54AE-49E2-9FCE-09CFFEF974E2} .tmp
    DTS {003B57D9-A239-41CA-B478-F577E26F0DBB} .tmp

関連情報

SQL Server の増分サービス モデルの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供するのには、SQL Server チームの増分サービス モデルを利用します。
SQL Server 2005 Service Pack 3 の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
913089 SQL Server 2005 の最新の service pack を入手する方法
SQL Server 2005 Service Pack 3 (SP3) での新機能および機能強化では、SQL Server 2005 SP3 の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 131442 =
SQL Server 更新プログラムの名前付けスキーマの詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server のソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式は
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 972365 - 最終更新日: 2011年7月20日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbpubtypekc kbhotfixrollup kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB972365 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:972365
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com