Windows Server の更新サービスの 3.0 SP2 動的インストーラーをサーバー マネージャー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 972493
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

マイクロソフトは、Windows Server Update Services リリースしました(WSUS) 3.0 Service Pack 2 (SP2) の Windows server 2008 のインストールの動的にします。WSUS情報技術管理者を配布を完全に管理することができます。マイクロソフトの更新プログラムをコンピューターにリリースされた更新プログラムを[ネットワーク] します。

この記事には内容に関する情報が含まれています、service pack では、手順とインストールのシステム要件へのリンクサーバー マネージャーを使用して、Windows Server 2008 オペレーティング システムをサポートし、service pack がインストールされているかどうかを判断する方法。

機能強化および Service Pack 2 の重要なソフトウェアの更新

  • Windows Server 2008 R2 との統合
  • Windows Server 2008 で BranchCache 機能のサポートR2
  • Windows 7 のクライアントのサポート

WSUS の機能向上

  • 自動承認の規則: 自動承認ルールをここでは、承認期限とすべてのコンピューターの時刻を指定する機能、または特定のコンピューターのグループ。
  • 更新ファイルと更新言語: 言語の処理を改善ダウン ストリーム サーバーの選択に表示される新しい警告ダイアログ ボックスが含まれています。場合は指定した言語のみの更新をダウンロードする場合。
  • 容易なアップグレード: をインプレースでは WSUS 3.0 SP2 をインストールできます以前のバージョンの WSUS からアップグレード、すべての設定を保持し、承認します。ユーザー インターフェイスが WSUS 3.0 SP1 および SP2 での間で互換性があるか、クライアントとサーバーを使用します。
  • レポート: レポートの新しい更新プログラムとコンピューターの状態を使用できます。更新プログラムのインストールが承認フィルターを適用します。これらのレポートから実行できます、WSUS コンソールまたは API を使用してこの機能を独自に統合するのにはレポートします。

ソフトウェア更新プログラム

  • 安定性と信頼性の修正プログラムは、WSUS 3.0 サーバーでは、IPv6 アドレスのサポートなど、40 文字より長いです。
  • コンピューター グループが、[承認] ダイアログ ボックスを並べ替えますグループ名でアルファベット順にします。
  • コンピューターの状態レポートの並べ替えアイコンは今すぐ正常にです。x 64 の環境。
  • WSUS では、新しいリリースの Windows Update エージェントを指定します。3.0 SP2。この新しいリリースの改良と修正のサポートなどを提供します。Api では、非ローカル システム callnoninteractiveteractive」と呼ばれるセッションです。

詳細

既定では、Windows Server 2008 SP2 には機能が含まれていますサーバー マネージャーを使用して、WSUS の役割サービスをインストールします。このロールを使用することができます。サーバー マネージャーの MMC スナップインとウィザードをインストールするには、構成、および管理WSUS 3.0 SP2。のみを使用して WSUS 3.0 SP2 のダイナミック パッケージがインストールされます。サーバー マネージャー。

WSUS 3.0 SP2 パッケージには、次のマイクロソフトがあります。検出ロジックが更新と特徴:
  • 分類: 更新プログラム
  • WSUS 3.0 SP1 を優先します。
  • このパッケージは次のウィンドウにのみ適用されます。サーバー オペレーティング システムと、WSUS サーバー マネージャーに統合します。
    • サーバーで Windows Server 2008 SP1マネージャー

      詳細については、次をクリックします。文書番号を使用して「サポート技術情報」資料を参照するには:
      940518更新プログラムには、Windows サーバー更新サービス (WSUS) 3.0 を Windows Server 2008 のサーバー マネージャーに統合
    • Windows Server 2008 SP2
    • Windows サーバー 2008 R2、x 64 エディションのみ
  • 適用規則:
    • インストールされている = いいえ
    • インストールが可能です。
  • ダウンロード センター:
    • WSUS 3.0 SP2 のダウンロード センターの Web サイトが含まれています、RTM マイクロソフト ユーザー ライセンスの条件です。
    • プレ 3.0 SP1 バージョンの WSUS 3.0 ができなくなりますダウンロードできます。
WSUS 3.0 がサーバー マネージャーによって、インストールされているが検出されると、構成し、サーバー マネージャーのユーザー インターフェイス内での管理や、WSUS 3.0 スナップインです。Windows Server を実行するサーバー上で WSUS 3.0 SP2 をインストールするのには2008 SP2 は、WSUS 3.0 サーバーによって更新されている、Windows を承認します。サーバーの更新サービス 3.0 SP2 の動的なインストールを Windows Server 2008 と[WSUS の役割はサーバー マネージャーを使用してをインストールします。

のインストールの詳細については、WSUS 3.0 SP2 のステップにステップ ガイドで次のマイクロソフト Web サイト:
http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 139836 =

Service pack がインストールされているかどうかを確認する方法

「Windows Server Update Services 3.0 SP2」で検索します。 追加またはプログラムを削除します。 または プログラム ファイルと機能 コントロール パネルのします。"Windows Server Update 3.0 SP2 でサービスとは」サービス パックがインストールされていません。

プログラムのアンインストール情報

、使用できません。 追加またはプログラムを削除します。 コントロール パネルで削除するのにはだけ WSUS 3.0 Service Pack 2、すべての WSUS を削除することもありますので3.0。

サーバー マネージャーを使用して WSUS 3.0 SP2 を削除するには、以下を実行します手順:
  1. WSUS 3.0 SP2 を削除を予定して、サーバーにログオンしますローカルの管理者のメンバーであるアカウントを使用してグループです。
  2. クリックしてください。 開始、ポイント管理ツール、し サーバーマネージャー.
  3. 右側のウィンドウで、 サーバーマネージャー ウィンドウで、 [役割の概要 セクションをクリックしてくださいロールを削除します。.
  4. 場合は、 始める前に ページが表示されたら、クリックしてください。 次へ.
  5. で、 サーバーの役割を選択します。 ページを明らかにWindows Server Update Services チェック ボックスします。
  6. で、 Windows Server Update Servicesページで、クリックしてください 次へ.
  7. で、 [インストール オプションを確認します。ページで、クリックしてください 削除.
  8. で、 Windows Server Update Services 3.0 を削除します。SP2 ページで、をクリックして、削除する要素を選択します。次へ.
  9. クリックしてください。 終了日 ウィザードを終了すると、WSUS 3.0 SP2 削除ウィザードが終了します。
の詳細については、WSUS 3.0 SP2 のリリース ノートを参照してください、次Microsoft の Web サイト:
http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkId 139840 =

プロパティ

文書番号: 972493 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbhowto kbinfo kbpubtypekc kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB972493 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:972493
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com