ファイル サーバー リソース マネージャー (FSRM) サービス高い CPU 使用率は、Windows Server 2003 で可能性があります。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 973071
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows Server 2003 では、高い cpu 使用率が発生可能性があります。使用します。たとえば、次の現象が発生します。
  • CPU の使用率は 60% より常に大きい場合があります。
  • 作業マネージャーは、Svchost.exe プロセスが CPU リソースを常に使用されているを見つけます。このプロセスは、ファイル サーバー リソース マネージャー (FSRM) を使用します。サービスです。
  • FSRM サービスの増加によって消費される CPU場合は、クォータ FSRM マネージャーを起動します。
  • クォータ FSRM マネージャーを開くに時間がかかり、オブジェクトをロードするのに時間がかかります。
ときこの問題が発生のパフォーマンスは、システムが影響を受けます。

原因

この問題は Windows server の既知のバグのため発生します。2003 は、Windows Server 2008 で修正されています。FRSM サービスは、ポーリング スレッドが、分散ファイル システム (DFS) キャッシュを更新しようとしています。すべての時間です。DFS マッピングは、FSRM サービスを読み取りこれは、FSRM コンソールで表示できるようにするには、ローカルを共有します。管理者である場合は、クォータの問題をトラブルシューティングするには、DFS パスに接続されているローカルの共有を確認するを確認します。

解決方法

重要です このセクション、メソッド、またはタスクには方法を示す手順が含まれていますレジストリを変更します。変更する場合は、ただし、深刻な問題が発生可能性があります、レジストリが正しくします。そのため、この手順を実行することを確認します。慎重にします。これを変更する前に追加された保護のため、レジストリのバックアップを作成します。その後、問題が発生した場合、レジストリを復元できます。詳細についてはバックアップ、レジストリを復元する、次の資料をクリックする方法について数を Knowledge Base の資料を参照するのには:
322756 Windows でレジストリを復元する方法
この問題を解決するには、この値の変更します。次のレジストリ サブキーに DisableSearchDfs レジストリ エントリ1:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SrmSvc\Settings

詳細

デバッグ ダンプ出力のサンプル

//Dump the threads that are using the most CPU
!runaway
  Thread       Time
  19:66c       9 days 23:37:21.250
  21:1120      8 days 21:22:31.531
  20:1084      7 days 23:47:08.296
  22:664       6 days 2:26:38.562
  23:500       5 days 13:49:09.359
  16:80c       0 days 0:00:28.375
   0:758       0 days 0:00:00.187

//Dump thread 19

00b3f128 49a63abe 000ad530 00000001 4805415c ntdll!RtlEnumerateGenericTable+0x3f (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: stdcall)
00b3f17c 48115bf8 000ad4a8 01f8f8d4 00000000 dfsext!DfsMapCacheQueryReversePath+0x68 (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: stdcall)
00b3f1e8 48117cf9 01f8f8d4 00d9020c 00dcb5b8 srmsvc!CPathMapCache::GetDfsPathsForSharePath+0x6e (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: thiscall)
00b3f38c 480e88d4 00152cf8 00b3f44c 48041d7c srmsvc!CPathMapCache::GetSharePathsForLocalPath+0x2f4 (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: thiscall)
00b3f464 480d61a8 00000000 00152cf8 00b3f558 srmsvc!FormatRemotePathsForMacro+0xcc (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: stdcall)
00b3f56c 480d79da 00000000 00000267 00b3f738 srmsvc!CDataScreenAction::GetMacroValueForId+0x3b3 (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: thiscall)
00b3f604 480eeb26 00000000 00da29b2 00b3f738 srmsvc!CDataScreenAction::GetMacroValue+0x104 (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: thiscall)
00b3f75c 480f45a7 01fb7cf4 00b3fba4 00000000 srmsvc!ISrmMacroExpansion::GetMacroExpansion+0x2ec (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: thiscall)
00b3fbd4 480dab45 00b3fc7c 480c6189 00da2814 srmsvc!CSrmActionEmail::Run+0x90d (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: thiscall)
00b3fbdc 480c6189 00da2814 4803bd60 4803bcf8 srmsvc!CDataScreenTemplateActionEmail::Run+0x13 (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: stdcall)
00b3fc7c 480c82de 00da2818 00d821b0 4803a48c srmsvc!CDataScreen::HandleViolationEvent+0x350 (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: stdcall)
00b3fcfc 480bddce 00d821b0 00000000 48043eb8 srmsvc!CDataScreen::DataScreenEventHandler+0xd7 (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: stdcall)
00b3fe28 480e03d6 0003ff88 00038b44 00000000 srmsvc!CDataScreenFilterAsync::FilterMessageHandler+0x5c0 (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: thiscall)
00b3feec 7c83a827 00dc4b48 7c889080 00100ba0 srmsvc!CSrmFilterAsync::GenericMessageHandler+0x128 (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: stdcall)
00b3ff44 7c83aa0b 480e02ae 00dc4b48 00000000 ntdll!RtlpWorkerCallout+0x71 (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: stdcall)
00b3ff64 7c83aa82 00000000 00dc4b48 00100ba0 ntdll!RtlpExecuteWorkerRequest+0x4f (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: stdcall)
00b3ff78 7c839f60 7c83a9ca 00000000 00dc4b48 ntdll!RtlpApcCallout+0x11 (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: stdcall)
00b3ffb8 77e64829 00000000 00000000 00000000 ntdll!RtlpWorkerThread+0x61 (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: stdcall)
00b3ffec 00000000 7c839efb 00000000 00000000 kernel32!BaseThreadStart+0x34 (FPO: [Non-Fpo]) (CONV: stdcall)


//looking in detail

00b3f128 49a63abe ntdll!RtlEnumerateGenericTable(
                                                struct _RTL_GENERIC_TABLE * Table = 0x000ad530, 
                                                unsigned char Restart = 0x01 '')+0x3f
00b3f17c 48115bf8 dfsext!DfsMapCacheQueryReversePath(
                                                void * MapCache = 0x000ad4a8, 
                                                unsigned short * TargetPath = 0x01f8f8d4, 
                                                unsigned long BufferSize = 0, 
                                                unsigned long * RequiredSize = 0x00b3f1d8, 
                                                unsigned long * Total = 0x00dcb5b8, 
                                                unsigned short ** Buffer = 0x00000000)+0x68
00b3f1e8 48117cf9 srmsvc!CPathMapCache::GetDfsPathsForSharePath(
                                                unsigned short * strSharePath = 0x01f8f8d4, 
                                                class CSrmAutoCppPtr<unsigned short * *> * pDfsPat

プロパティ

文書番号: 973071 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB973071 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:973071
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com