文書番号: 973289 - 対象製品
中小企業のお客様は、中小企業向けサポート サイトで問題解決や学習に関する他のリソースを参照できます。
すべて展開する | すべて折りたたむ

はじめに

この資料では、以下のいずれかのオペレーティング システムを搭載しているコンピューターでイメージを作成するときに、既定のローカル ユーザー プロファイルの設定をカスタマイズする方法について説明します。
  • Windows Vista
  • Windows 7
  • Windows Server 2008
  • Windows Server 2008 R2

イメージを展開すると、コンピューターにログオンするすべての新規ユーザーに既定のローカル ユーザー プロファイルの設定が適用されます。

既定のユーザー プロファイルまたは必須のユーザー プロファイルをカスタマイズするには、まず既定のユーザー プロファイルをカスタマイズする必要があります。続いて、既定のユーザー プロファイルを適切な共有フォルダーにコピーすると、そのユーザー プロファイルを、既定のユーザー プロファイルと必須のユーザー プロファイルのいずれかにすることができます。

この資料で説明するように既定のユーザー プロファイルがカスタマイズされた場合、複数のユーザーが使用できる形式でソース プロファイルが再構築されます。これは、Windows オペレーティング システムで既定のユーザー プロファイルをカスタマイズする、サポートされている唯一の方法です。他の方法を使用して既定のユーザー プロファイルをカスタマイズしようとすると、この新しい既定のユーザー プロファイルには不要な情報が含まれる場合があります。このような不要な情報は、アプリケーションとシステムの安全性に関する深刻な問題を引き起こす可能性があります。

元に戻す画像を拡大する
2683283
: この資料は、イメージを準備するときに既定のローカル ユーザー プロファイルをカスタマイズする方法に関する以前に公開されていたすべての手順を置き換えるものです。

Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2008、および Windows Server 2008 R2 で既定のユーザー プロファイルをカスタマイズする方法

既定のユーザー プロファイルをカスタマイズする方法としては、

Unattend.xml

応答ファイル内の

Microsoft-Windows-Shell-Setup\CopyProfile

パラメーターを使用する方法のみがサポートされています。Unattend.xml 応答ファイルはシステム準備ツール (Sysprep.exe) に渡されます。

手順 1: 既定のユーザー プロファイルを構成する
手順 2: Copy Profile パラメーターが含まれる Unattend.xml ファイルを作成する
手順 3: Unattend.xml ファイル内の既定のユーザー プロファイルをカスタマイズする



Automated Image Build および Deployment Systems を使用する場合の考慮事項

  • Microsoft Deployment Toolkit や System Center Configuration Manager などのツールを使用する場合は、Sysprep コマンドを実行すれば、CopyProfile 設定は必要ありません。通常、イメージがディスクに展開された後 (ただしユーザーが Sysprep コマンドを実行した後のオペレーティング システムの初回起動時より前)、これらのツールにより Unattend.xml ファイルは置き換えられるか、変更されます。そのため、Microsoft Deployment Toolkit または System Center Configuration Manager の展開処理で使用される Unattend.xml ファイルには、CopyProfile 設定が含まれる必要があります。
  • イメージ ビルド処理時、Windows Vista、Windows 7、Windows Server 2008、または Windows Server 2008 R2 のインストール メディアからセットアップを実行するときに CopyProfile 設定を true に設定すると、誤って管理者プロファイルの設定が既定のユーザー プロファイルにコピーされる場合があります。管理者プロファイルの設定は、通常、インストール メディアの Install.wim ファイル内に存在します。

Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2008、および Windows Server 2008 R2 で既定のユーザー プロファイルをネットワークの既定のユーザー プロファイルにする方法

既定のユーザー プロファイルをネットワークの既定のユーザー プロファイルにするには、次の手順に従います。

Windows 7、Windows Vista、Windows Server 2008、および Windows Server 2008 R2 で既定のユーザー プロファイルを必須のユーザー プロファイルにする方法

既定のローカル ユーザー プロファイルを構成して、必須のプロファイルにすることができます。このようにすると、すべてのユーザーにより使用される 1 つの中心的なプロファイルを用意できます。このためには、必須プロファイルの位置を確保し、そこへローカルの既定のユーザー プロファイルをコピーしたうえで、ユーザーのプロファイル位置から必須プロファイルへのパスを設定する必要があります。


手順 1: 必須プロファイルの位置を確保する
手順 2: 既定のユーザー プロファイルを必須プロファイルの位置にコピーする
手順 3: ユーザー アカウントを準備する

さらにヘルプが必要ですか?

この資料で問題が解決しない場合は、次のボタンをクリックして、Microsoft Answers のコミュニティ メンバーに質問を投稿することもできます。
質問を投稿する

補足資料

特定のユーザー プロファイルでのログオンに問題がある場合は、以下のリンクをクリックして、マイクロソフト Web サイトの資料を参照してください。
破損したユーザー プロファイルを修復する
ユーザー アカウントを作成する

Windows XP と Windows Server 2003 のイメージを準備するときに既定のローカル ユーザー プロファイルをカスタマイズする手順の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。959753: Windows XP または Windows Server 2003 のイメージを準備するときに既定のローカル ユーザー プロファイルをカスタマイズする方法


プロパティ

文書番号: 973289 - 最終更新日: 2013年7月16日 - リビジョン: 10.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
  • Windows HPC Server 2008 R2
  • Windows Web Server 2008 R2
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
キーワード:?
kbprofiles kbexpertiseinter kbsurveynew kbhowto KB973289
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com