修正プログラムが有効な BizTalk Server 2009 年の HIPAA 5010 標準をサポートしている使用可能です。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 973415
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

修正プログラムは有効な医療保険の相互運用性と説明責任に関する法律 (HIPAA) 5010 標準では、BizTalk Server 2009 をサポートしています。 この修正プログラムにはビルドおよび BizTalk 電子データ交換 (EDI) アプリケーションに展開できます HIPAA 5010 準拠のスキーマが含まれます。

この修正プログラムには、EDI コンポーネントでは、問題を解決する更新プログラムも含まれています。 使用すると、「複数」スキーマの種類複数 sub-documents、XML が含まれている、EDI ドキュメントを分割するには、生成されるファイルが予想よりもはるかに大きい。 そのため、BizTalk Server EDI の大きなドキュメントを処理するときにシステムのパフォーマンスが著しく低下します。

詳細

HIPAA の規格について

これらの標準の BizTalk Server 2009 サポート HIPPA バージョン 5010 標準に準拠して概要を修正プログラムは、リリース ノートから次の情報を参照してください。

HIPAA バージョン 5010 標準

バージョン 5010、HIPAA の規格の改善の構造、前面問題、技術、および (適格性の強化された応答より良い検索のオプション) などのデータ コンテンツが含まれます。 必要に応じて、収集、および (ルールの強化、クリア状況などと誤解の領域の修正と逆戻り、返金処理、および recoupments などの) トランザクションで送信するデータを必要とするの詳細です。 さらに、請求トランザクションの新しい標準 ICD?10?CM 診断コードと ICD?10?PCS プロシージャ コードは、レポート作成を有効にすると、医療データの報告書の大幅な改良が含まれているし、診断 admitting 主診断の間と区別するため、外部の原因の怪我と患者のためのコードを参照してください。 これらの違いは、医療データの理解が深めるされますとは、特定の病気、結果を特定の処理オプションは、単価を有効にするのより良い mortality の監視と病院長のまま特定のできるだけでなく、患者が病院の治療を模索する理由は、医療上の理由から状態します。 最後に、バージョン 5010 も満たして現在のビジネス ニーズのさまざまな機関投資家向けの請求の受付には、「存在」していた状態のインジケーターを含むバージョン 4010/4010A1 でサポートされていない、ICD 10 コード セットの使用への対応対応します。

BizTalk Server 2009 は HIPAA 5010 と ICD-10 の要件をサポートしています。

BizTalk Server 2009 Microsoft の HIPAA 5010 の必要なスキーマとも、以前の 4010A1 スキーマをサポートしています。 また、ICD-9 と 10 ICD コード内のスキーマを識別する機能もサポートします。 マイクロソフトは、エンド ツー エンド「HIPAA コンプライアンスとビジネス処理包括的な有効化中に 5010 コンプライアンス容易になりますし、ビジネス プロセスの自動化管理、およびレポートの統合は、Microsoft Office、SharePoint など他のデスクトップとサーバー コンポーネントを拡張できるソリューション」を開発するパートナーとしてきました。
詳細については、この修正プログラム パッケージに含まれる次のファイルを参照してください。
Microsoft BizTalk Server 2009 サポートの HIPAA 5010-リリース Notes.docx


累積的な更新情報

BizTalk Server 2009 年には、この問題を解決する修正プログラムは累積的な更新プログラム 1 を BizTalk Server 2009 含まれています。

累積的な更新プログラム パッケージを取得し、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号をクリックする方法の詳細については。
2429050BizTalk Server 2009 の累積的な更新プログラム パッケージ 1

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。。 ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。 この修正プログラムは、この資料に記載された問題が発生しているシステムのみに適用されます。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。。 この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に "修正プログラムのダウンロード" セクションが表示されています。。 このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。。

注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。 マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号一覧を参照する、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
注意: 未解決のインポート要求があるため、処理チェックは延期されました。"修正プログラムのダウンロード" セクションは、修正プログラムが提供されている言語で表示されます。。 使用している言語で表示されない場合、その言語では修正プログラムは提供されていません。。

前提条件

BizTalk Server 2009 のこの修正プログラムを適用するのにはインストールされている必要があります。

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、他の修正プログラムはしていません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性は次の表のとおりです。。 日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で表示されます (UTC)。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用して、タイム ゾーンタブで、Date and Timeアイテム コントロールのパネル。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付:時間プラットフォーム
Microsoft.biztalk.edi.baseartifacts.dll3.8.409.3915,336最終更新日: 2009 年 12 月 28 年16: 19x86
Microsoft.biztalk.edi.messagecore.dll3.8.409.3378,760最終更新日: 2009 年 12 月 28 年16: 19x86
Microsoft.biztalk.edi.pipelinecomponents.dll3.8.409.3190,352最終更新日: 2009 年 12 月 28 年16: 19x86
Microsoft.biztalk.edi.shared.dll3.8.409.3182,136最終更新日: 2009 年 12 月 28 年16: 19x86
Microsoftedixsdtemplateskb973415.exe適用できません。1,785,5572008 年 7 月-2009 年16: 17x86

インストール手順

修正プログラムをインストールする前に、次のファイルをバックアップします。
  • Microsoft.BizTalk.Edi.BaseArtifacts.dll
  • Microsoft.BizTalk.MessageCore.dll
  • Microsoft.BizTalk.Edi.Shared.dll
  • Microsoft.BizTalk.Edi.PipelineComponents.dll
メモ
  • Microsoft.BizTalk.Edi.BaseArtifacts.dll、Microsoft.BizTalk.MessageCore.dll および Microsoft.BizTalk.Edi.Shared.dll に置かれています。<drive:></drive:>BizTalk Server 2009 \Program Files\Microsoft。
  • Microsoft.BizTalk.Edi.PipelineComponents.dll であります。<drive:></drive:>BizTalk Server コンポーネントの 2009\Pipeline \Program Files\Microsoft。
この修正プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。:
  1. 修正プログラム パッケージを抽出し、Setup.exe ファイルを実行します。
  2. BizTalk Server 管理コンソールでの展開します。BizTalk Server 2009 の管理を展開BizTalk グループを展開アプリケーションを展開[EDI の BizTalk アプリケーションを展開リソース、、、、Microsoft.BizTalk.Edi.BaseArtifacts を削除このディレクトリからアセンブリ。
  3. BizTalk ホスト インスタンスを再起動します。
  4. 手順 2 に記載されていた、同じリソース ディレクトリ内を右クリックします。リソースをクリックして追加します。、[BizTalk アセンブリ.
  5. で、リソースを追加します。ダイアログ ボックスをクリックして追加します。、し、次のディレクトリを参照します。
    <drive:></drive:>BizTalk Server 2009 \Program Files\Microsoft
  6. このディレクトリに、Microsoft.BizTalk.Edi.BaseArtifacts.dll をダブルクリックしてファイル。
  7. BizTalk ホスト インスタンスを再起動します。
  8. MicrosoftEdiXSDTemplatesKb973415.exe 実行 HIPAA5010 準拠の最新のセットを self-extract にこの修正プログラム パッケージでファイルのスキーマ。 次の推奨されるディレクトリに保存します。
    <drive:></drive:>BizTalk Server の \Program Files\Microsoft 2009\XSD_Schema\EDI
  9. 標準を構築し、スキーマを展開する手順を実行することができます。
詳細については、この修正プログラム パッケージに含まれている Readme.txt ファイルを参照してください。

重要な注意事項

  • HIPAA 4010 スキーマの要素の型の最小値と最大の長さがチェック、X12_R にします。 ただし、最小保証 HIPAA 5010 は、最大の長さがチェックされます。
  • ST03 要素は、次のスキーマで、適切なバリアント型のスキーマを識別する値が使用されているので変更することには。
    • 837 バリエーション (、P、D)
    • 277
    これは、HIPAA 5010 標準です。

状況

マイクロソフトでは、「以下の製品について」の項目に記載されているマイクロソフト製品の問題であることを確認しています。。

参照

EDI メッセージのパフォーマンスの問題も処理は BizTalk Server 2006 R2 で発生します。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください。。
967945FIX: 生成された XML ファイルは、BizTalk Server 2006 R2 では、「複数」タイプのスキーマを使用して複数の sub-documents を含む、EDI ドキュメントを分割するときに予想よりもはるかに大きいです。
BizTalk Server EDI 処理の詳細については、次のマイクロソフトの開発者ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb259970 (BTS.10) .aspx
BizTalk Server の修正プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の資料番号をクリックします。
2003907BizTalk Server の修正について

プロパティ

文書番号: 973415 - 最終更新日: 2010年12月8日 - リビジョン: 1.0
キーワード:?
kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew kbbiztalk2009presp1fix KB973415 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:973415
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com