TCP A の一部を適用した場合の Windows Server 2008 R2 が失敗し、アップグレード前にハードウェアの設定には、Windows Server 2008 からのアップグレード

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 973422 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows Server 2008 の Windows Server 2008 R2 にアップグレードしようとしています。ただし、アップグレード プロセスは失敗し、セットアップ ログ ファイルに次の情報がログに記録されます。
2009-06-05 22:57:33, Info                  MIG    IPostApply::ApplySuccess for Plugin={ServerPath="%windir%\system32\Migration\netiomig.dll", CLSID={ea51459a-a30d-4a33-b294-0e0163551c75}, ThreadingModel=Apartment} - Working directory: C:\$UPGRADE.~OS\OnlineUpgradeApplyWork\srcworking\agentmgr\CCSIAgent\005A6BFD
2009-06-05 22:57:33, Info                         TCPIP: Starting application of all settings from registry.
2009-06-05 22:57:33, Warning                      TCPIP: Instance number 0 does not match the current NSI object description.
2009-06-05 22:57:33, Warning                      TCPIP: Failed to collect instances of object number 2 from the registry: 0xd.
2009-06-05 22:57:33, Warning                      TCPIP: Failed to assemble complete list of object instances that should be applied to NSI (0xd).  Aborting all TCPIP upgrade.
...
2009-06-05 22:57:33, Error      [0x08038d] MIG    Failure while calling IPostApply->ApplySuccess for Plugin={ServerPath="%windir%\system32\Migration\netiomig.dll", CLSID={ea51459a-a30d-4a33-b294-0e0163551c75}, ThreadingModel=Apartment}. Error: 0x8007000D
さらに、いくつかネットワーク レジストリの設定を既定値に予期せず戻されます。

この問題は、いくつか TCP アクセラレータ (TCP A) と、アップグレードの前にネットワーク ダイレクト メモリ アクセス (ハードウェア) の設定を適用している場合に発生します。

原因

Windows Server 2008 R2 に含まれている修正は、欠陥があります。この問題はアップグレード中に更新されてから特定の追加設定できなくなります。したがって、アップグレードが失敗すると、システムはいくつかの設定を既定値に復元されます。

回避策

この問題を回避するには、次の設定を削除を適用してから、Windows Server 2008 R2 にアップグレードするとします。
  • サブキー:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters
    エントリ:
    EnableTcpa
  • サブキー:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Services\Tcpip\Parameters
    エントリ:
    EnableDca
Windows Server 2008 R2 にアップグレードすると、これらの設定を再適用します。

詳細

この問題が発生すると、次の設定を既定値にリストアされます。

TCP ウィンドウのスケーリングの構成

例を示します。
netsh インターフェイスの tcp 設定グローバル autotuninglevel =<parameter></parameter>
netsh インターフェイスの tcp 設定ヒューリスティック wsh =<parameter> </parameter>
UDP の動的ポートの範囲

使用例:
netsh インターフェイス<ipv4 pv6="">dynamicport udp を設定<parameters></parameters></ipv4>
ネットワーク レイヤーの設定
  • グローバル設定
  • コンパートメントの設定
  • インタ フェースの設定
  • アドレスの設定
  • 静的近隣ノードの設定
  • パスの設定
  • プロキシの近隣ノードの設定
  • ルートの設定
  • 既定はリンクの設定
  • マルチキャスト転送エントリの設定
使用例:
netsh インターフェイス<ipv4 pv6="">グローバル設定<parameter></parameter></ipv4>
ネットワーク ドライバー インターフェイス仕様の設定
  • NdisNsiObjectInterfaceInformation
  • NdisNsiObjectNetwork
  • NdisNsiObjectCompartment
  • NdisNsiObjectInterfacePersist
  • NdisNsiObjectInterfaceInformationRaw
使用例:
HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Nsi
レイヤーのインターフェイスの設定を転送します。

使用例:
netsh インターフェイス<ipv4|ipv6>インターフェイス [インターフェイス id] 転送の設定 = 有効に</ipv4|ipv6>
Teredo のポート番号

使用例:
Netsh インターフェイスの teredo 設定状態 clientport =<port></port>
Teredo の v4 のリモート アドレス

使用例:
Netsh インターフェイスの teredo サーバーの状態を設定します。<ipv4></ipv4>

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の「対象製品」として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 973422 - 最終更新日: 2013年2月3日 - リビジョン: 5.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Datacenter without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Enterprise without Hyper-V
  • Windows Server 2008 Standard without Hyper-V
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
キーワード:?
kbprb kbtshoot kbexpertiseinter kbsurveynew kbmt KB973422 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:973422
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com