Microsoft Exchange Server 2007 の Service Pack 2 のインストール ツールの説明を Windows Small Business Server 2008

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 974271 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Windows Small Business Server 2008 を実行しているサーバー上で Exchange Server 2007 の Service Pack 2 (SP2) をインストールしようとすると、インストール プロセスが起動せず、次のエラー メッセージが表示されます。
エラー:
前に、と Exchange Server 2007 の Service Pack 2 (SP2) をインストールした後、両方 Windows Small Business Server 2008 設定を更新する必要があります。 Exchange Server 2007 用 SP2 をインストールする前に、http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkId=155135 で詳細な情報を確認します。
この問題は、Exchange ベスト プラクティス アナライザーがサーバーにインストールされている Exchange Server 2007 の SP2 をできないようにするために発生します。

この問題を解決するのには、Exchange Server 2007 SP2 を手動でインストールするのには、エラー メッセージでは、リンクを実行できます。 ただし、インストール プロセスを簡単に変換するには、Microsoft Exchange Server 2007 SP2 インストール ツール Windows Small Business Server 2008 を作成しました。

詳細

このツールを入手する方法

下記のファイルは、Microsoft Download Center からダウンロードできます:
元に戻す画像を拡大する
Download
Download the tool package now.
マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください:
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトではこのファイルのウイルス チェックを行っています。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 このファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

このツールの既知の問題

問題 1 : Microsoft Age of Mythology のゲーム中に、マウス ポインタのグラフィックに異常が発生することがあります

以前 Secure Sockets Layer (SSL) の設定を既定の Web サイトでインターネット インフォメーション サービス (IIS) をカスタマイズしている場合は、このツールを実行すると、SSL の設定を既定の設定にリセットされます。 このツールを実行した後、手動でカスタマイズした SSL 設定を既定の Web サイトを復元する必要があります。

問題 2

このツールを実行する前に Microsoft Windows SharePoint サービス 3. 0 Service Pack 1 (SP1) が削除された場合は、SBS の Web サービスの既定の設定を復元する タスク、ツールの 仕上げインストール フェーズでは失敗します。 ただし、このタスクの失敗は無視しても問題ありません。

このツールを使用して Exchange Server 2007 の SP2 をインストールする方法

重要
  • このツールを実行する前に Windows SBS コンソールを含むすべての管理コンソールを閉じる必要があります。
  • Exchange Server 2007 の SP2 をインストールする前に、Windows Small Business Server 2008 を実行しているコンピューター上のデータの完全バックアップを実行することをお勧めします。 バックアップの理由は、Exchange Server 2007 の SP2 をアンインストールできないことです。

    Windows Small Business Server 2008 を実行しているコンピューター上でデータをバックアップする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc527505(WS.10).aspx
  • サーバー上の負荷が低いとき、Exchange Server 2007 の SP2 をインストールすることをお勧めします。 その理由は、Exchange Server 2007 の SP2 をインストールすると、クライアントが Exchange Server 2007 に接続できないことです。
このツールを使用して Exchange Server 2007 をインストールするには、次の手順を実行します。
  1. Exchange Server 2007 SP2 をダウンロードします。

    Exchange Server 2007 の SP2 をダウンロードする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    http://go.microsoft.com/fwlink/?LinkID=168420
  2. Exchange Server 2007 の SP2 パッケージをダブルクリックし、サーバー上のローカル フォルダーにパッケージを抽出します。
  3. Windows Small Business Server 2008 を実行しているサーバーにインストールするツール パッケージをダブルクリックします。

    メモ このツールのインストール処理が完了した後、ツールが自動的に起動します。
  4. ツールの Exchange Server 2007 の SP2 のセットアップ プログラムが含まれているフォルダーを選択するメッセージが表示されたら、手順 2 で指定したローカル フォルダーを選択します。
  5. に従って Exchange Server 2007 の SP2 のインストール処理を完了します。
Exchange Server 2007 の SP2 をインストールした後、コンピューターを再起動する必要があります。

このツールを実行するタスク

このツールは次の順序では、次のタスクを実行します。
  1. 停止して Exchange サーバーにインストールされている場合は、サーバー上の Microsoft Forefront Security for Exchange Server のサービスを無効にします。
  2. Exchange Server 2007 の SP2 のインストール処理を有効にするのには、Windows レジストリを更新します。
  3. Exchange Server 2007 SP2 をインストールします。
  4. 次の設定を IIS 7. 0 の既定の Web サイトを更新します。
    • SSL が必要ないように、SSL の設定を更新する必要があります。
    • ポート 80 とする すべての未使用 の IP アドレスに設定します。
  5. SSL 証明書を SBS Web アプリケーションのサイトにバインドして、ターミナル サービス (TS) ゲートウェイ サイトに SSL 証明書をバインドする Quiet モードでは修正 (マイ ネットワーク ウィザードを実行します。
  6. 有効にし、サービスの現在までに開始します。

トラブルシューティング

このツールを使用しようとすると、次の 2 つの問題が発生することがあります。

問題 1

現象
次のエラー メッセージは、インストール処理中に Exchange Server 2007 SP2 の受信します。
Microsoft Exchange 2007 用の Service Pack 2 のインストールは成功しませんでした。 このため、Windows Small Business Server 2008 が正しく機能しない可能性があります。

この問題の原因は何の詳細については、C:\ExchangeSetupLogs、ログ ファイルを確認してください。
回避策

この問題を回避するには、以下の手順を実行します:
  1. Exchange Server 2007 の SP2 および問題を解決するのには、問題を見つけるには、セットアップ ログ ファイルを調べます。
  2. Exchange Server 2007 の SP2 を再インストールするのには、ツールを実行します。
それでも問題が発生した場合は、個別のサービス要求を作成またはマイクロソフト カスタマー サービスとサポートにお問い合わせください。

Microsoft 顧客サービスおよびサポートの電話番号の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support

問題 2

現象
ツールの 仕上げインストール フェーズでは、次のエラー メッセージが表示されます。
Microsoft Exchange Server 2007 用は Service Pack 2 が正常にインストールします。 ただし、1 つ以上のエラーが発生しました。
また、サーバーが正しく動作しない場合があります。 Exchange Server 2007 の SP2 のインストール後の 1 つの最終的なセットアップ タスクに障害が発生したことをエラー メッセージことを示します。

解決方法
この問題を解決するのには、既知の Exchange Server 2007 SP2 のインストール後に発生する可能性のある問題のマイクロソフト サポート技術情報 (KB) 資料 973862」を参照してください。

関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
973862Windows Small Business Server 2008 ベースのコンピューターで Exchange Server 2007 の Service Pack 2 をインストールすることはできません。
ツールの 仕上げインストール フェーズで 有効にする Microsoft Forefront Security for Exchange タスクが失敗した場合は、Exchange サーバーの FSE を手動で有効にする必要があります。 以下が手順例となります:
  1. [スタート] をクリックして、[検索] ボックスに、サービス を入力し、検索結果で、[サービス] をクリックします。
  2. Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインで、次の順序での Exchange Server 2007 のサービスを停止します。
    1. h.Microsoft Exchange Information Store
    2. Microsoft Exchange トランスポート
  3. [管理者として実行] オプションを使用して、コマンド プロンプトを開きます。
    これを行うには、開始] をクリックして、[検索] ボックスに cmd と 入力、[cmd で、検索結果を右クリックし、[管理者として実行</a0>] をクリックします。
  4. ディレクトリを変更するのには、次のコマンドを実行:
    cd C:\Program ファイル (x86) \Microsoft Forefront Security\Exchange サーバー
  5. 現在までに有効にするのには、次のコマンドを実行:
    fscutility/enable
  6. サービス MMC スナップインで、次の順序での Exchange Server 2007 のサービスを開始します。
    1. h.Microsoft Exchange Information Store
    2. Microsoft Exchange トランスポート

プロパティ

文書番号: 974271 - 最終更新日: 2009年12月31日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Small Business Server 2008 Premium
  • Windows Small Business Server 2008 Standard
キーワード:?
kbhowto kbinfo atdownload kbexpertiseadvanced kbmt kbsurveynew KB974271 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:974271
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com