夏時間のタイム ゾーン更新プログラムは、SQL Server 2005 Notification Services および SQL Server 2000 Notification Services

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 974412
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

スクリプトでは、この資料はリリースされた Microsoft Windows の国際的なタイム ゾーンの DST 更新プログラムに一致するように、SQL NS インスタンスを更新する使用されます。マイクロソフトが新しい Windows DST 更新プログラムをリリースした後は、新しい SQL NS スクリプトをリリース SQL NS インスタンスを更新する可能性があります。現在のスクリプトに一致する Windows DST のリリース次の Windows の KB 資料を示しています。最新のスクリプト更新プログラム、最新の Windows DST 更新プログラムに一致するように SQL NS この Knowledge base の資料で説明。
976098 2009 の 12 月累積的なタイム ゾーン更新プログラムは Microsoft Windows オペレーティング システム

更新されたスクリプトよりも優先されますすべての以前にリリースされた SQL NS DST 更新プログラムが置き換えられ、SQL NS インスタンスどの DST 更新プログラムがあるか存在 DST 更新プログラムがないかどうかに関係なく適用できます。

DST に関する詳細を変更するのにはWindows のオペレーティング システムには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/gp/dst_prodlist
メモ この Web サイトは、DST が影響を受ける製品を一覧表示し、最新累積的な資料、マイクロソフト サポート技術Windows 用の DST およびタイム ゾーンの更新

この資料に適用されます、Microsoft SQL Server Notification Services の次の版。
  • Microsoft SQL Server 2000 Notification Services2.0
  • Microsoft SQL Server 2000 Notification Services 2.0 サービスパック 1 (SP1)
  • Microsoft SQL Server 2005 Notification Services
  • Microsoft SQL Server 2005 Notification Services サービスパック 1 (SP1)
  • Microsoft SQL Server 2005 Notification Services サービスパック 2 (SP2)
  • Microsoft SQL Server 2005 Notification Services サービスパック 3 (SP3)

解決方法

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. イベント プロバイダーは、Notification Services を停止します。ジェネレーター サービスをし、Notification Services のディストリビューターのすべてのサービスすべてのコンピューター。

    メモ 起動し、サービスを停止する方法の詳細についてを参照してください。次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイト。
    .aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa226855 (SQL.80)
  2. 次のファイルは、Microsoft からダウンロードします。中央揃え、およびスクリプトをコンピューター] を展開します。

    メモ 既定以外のデータベースのスキーマを使用する場合は、変更する必要があります。自己解凍形式のスクリプトです。場合は、既定のデータベースのスキーマを使用して、ことができません。スクリプトを変更します。

    次のファイルが、マイクロソフトからダウンロードできるです。ダウンロード センター:
    元に戻す画像を拡大する
    ダウンロード
    ダウンロードMSKB974412.exe パッケージがします。 詳細については方法マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード、表示するのには、次の資料番号をクリックします。資料は、マイクロソフト サポート技術。
    119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
    マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。Microsoft は、最も使用されます。日付が現在のウイルス検出ソフトウェア、ファイル送信されました。防止するセキュリティが強化されたサーバー上で、ファイルの保存します。ファイルに不正な変更。
  3. クリックしてください。 開始をクリックして 実行,種類 cmd、し [OK].
  4. 次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    osql-e-i NSDST.091120.sql-d NSMainDatabase
    メモ NSDST.091120.sql は、手順 2 で解凍したファイルのいずれかです。 NSMainDatabase 名前を表します。SQL Server Notification Services のインスタンスのメイン データベースです。
  5. 手順 4 の主要なデータベースのそれぞれを繰り返しますNotification Services のインスタンスにインストールされています。
  6. SQL Server 2000 Notification Services を実行している場合2.0 では、停止し、SQL Server のデータベースがあるコンピューターの再起動ホストされています。

    メモ SQL Server 2005 の Notification Services を実行している場合を省略します。ここでは。
  7. すべての Notification Services のディストリビューション サーバー サービスを開始します。コンピューター。
  8. Notification Services ジェネレーターを起動します。
  9. イベント プロバイダーを開始します。

詳細

SQL Server Notification Services で夏時間情報を格納する、 NSTimeZoneDstOffsets メイン アプリケーション データベースのテーブルです。SQL Server Notification Services のインスタンスが作成されると、このテーブルが作成されます。次の表には、DST の開始時刻、終了時刻、および毎年 2025 年までに各タイム ゾーンのオフセット情報が含まれます。

SQL Server Notification Services 使用サブスクリプションのスケジュール、 NSTimeZoneDstOffsets スコープ内でスケジュールを確認するには、[テーブル] をクリックします。

夏時間の開始に変更があったか、以前の間に発生する定期的なサブスクリプションの終了日は開始日と新しい開始終了または日付を終了の時間帯では遅れることがあります。これらのサブスクリプションが、ホスト オペレーティング システムに、累積的なタイム ゾーン更新プログラムが適用された後の 1 時間遅れることになります。

Notification Services のインスタンスを実行しているすべてのコンピューターに Windows DST 更新プログラムをインストールしてください。Notification Services 現地時間を使用しないことに注意してください。サービスは、世界協定時刻 (UTC) を使用して通知します。ただし、Notification Services は現地時間を使用して、SQL Server コンポーネントに依存します。したがって、Notification Services の DST 更新プログラムおよび Windows DST 更新プログラムをインストールしてください。

これらの DST 更新プログラムをインストールする順序は重要ではありません。しかし、まず Windows DST 更新プログラムをインストールし、Notification Services の DST 更新プログラムをインストールことお勧めします。マイクロソフトの順序を推奨します。 テストを行いました。両方の DST 更新プログラムをできるだけ早くインストールしてください。

Notification Services がインストールされているかどうかを確認する方法

SQL Server 2000 Notification Services がインストールされているかどうかを確認する方法



方法 1

コントロール パネルの [の追加と削除] を開きます。次のエントリを確認する場合は、SQL Server 2000 Notification Services の元のバージョンがインストールされている: Microsoft SQL Server Notification Services (2.0.2114.0)、次のエントリ SQL Server 2000 Notification Services Service Pack 1 (SP1) が発生した場合のインストール: Microsoft SQL Server、Notification Services、2.0 SP1

方法 2

レジストリ エディターで、次のレジストリ サブキーを見つけます。
HKEY_CLASSES_ROOT\Installer\Products
.次のレジストリ サブキーを表示する場合は、SQL Server 2000 Notification Services の元のバージョンがインストールされます。
64942737F6AC0D146AF0B91F262A693C


次のレジストリ サブキーを表示する場合は、SQL Server 2000 Notification Services Service Pack 1 (SP1) がインストールされている: 26ABA4AB609E2B94EBB48C824974CA02

方法 3

レジストリ エディターで、次のレジストリ サブキーを見つけます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\NotificationServices\InstalledVersions
.確認するかどうかは、
2.0.2114.0
レジストリ サブキーを SQL Server 2000 Notification Services の元のバージョンがインストールされています。また、レジストリ エントリ、2.0.2114.0 にはレジストリ サブキーには、次の値が含まれています。
<installpath>\Microsoft SQL Server 通知 Services\v2.0.2114.0\Bin</installpath>
注: プレース ホルダー <installpath></installpath> SQL Server 2000 Notification Services のインストール先のフォルダーを表します。
確認するかどうかは、
2.0.3008.0
レジストリ サブキーを SQL Server 2000 Notification Services SP1 がインストールされています。また、レジストリ エントリ、2.0.3008.0 にはレジストリ サブキーには、次の値が含まれています。
<installpath>\Microsoft SQL Server 通知 Services\v2.0.3008.0\Bin</installpath>
注: プレース ホルダー <installpath><b00></b00></installpath>SQL Server 2000 Notification Services のインストール先のフォルダーを表します。

SQL Server 2005 Notification Services がインストールされているかどうかを確認する方法

SQL Server 2005 Notification Services がインストールされているかどうかを確認するにはレジストリ エディターで、次のレジストリ エントリを見つけます。
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Microsoft SQL Server\90\NS\Setup\Version
  • 値を指定した場合
    9.00.1399.06
    、元のバージョンの SQL Server 2005 の Notification Services をインストールします。
  • 値を指定した場合
    9.1.2047.00
    、SQL Server 2005 Notification Services SP1 がインストールされています。
  • 値が 9.2.2042.00 の場合は、SQL Server 2005 Notification Services SP2 がインストールされます。値が 9.3.4035.00 の場合は、SQL Server 2005 Notification Services SP3 がインストールされています。

この更新プログラムの自動インストール

この更新プログラムのインストールを自動化するコードを記述することができます。コードでは、Notification Services のインスタンスが配置され、更新プログラムをインストールかどうかをまず確認する必要があります。ただし、さまざまなコンポーネントのインスタンスを別のコンピューターにインストールできます。このコードでは、確認すべきかどうか、 NS $<instancename></instancename> サービスは、各コンピューター上で実行されています。場合は、 NS $<instancename></instancename> 任意のコンピューターでサービスが実行されて、そのコンピューター上で、インスタンスが展開されています。

データベース コンポーネントのインスタンスを実行している 1 台のコンピューターが存在することに注意してください。このコンピューターが実行されている可能性があります、 NS $<instancename><b00></b00></instancename>サービスです。このコンピューターは、NS 実行されているかどうか $<instancename>を決定するコードを記述することができますサービス。ただし、この操作を実行すると、コードに複雑さを追加します。手動でこのコンピューターが実行されているかどうかを確認することができますそのためには、<b00></b00></instancename>NS $<instancename></instancename> サービスです。その後、この更新プログラムのインストールを自動化するのには、コードを使用できます。

関連情報

SQL のサービスを管理する方法の詳細についてサーバー Notification Services のを参照してください、次のマイクロソフト開発者ネットワーク(MSDN)Web サイト:
.aspx の http://msdn2.microsoft.com/en-us/library/aa226852 (SQL.80)

プロパティ

文書番号: 974412 - 最終更新日: 2011年7月20日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbinfo kbbug kbfix kbdatetime kbqfe atdownload kbexpertiseinter kbmt KB974412 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:974412
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com