Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストール、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 の更新プログラムのロールアップをインストールまたはその他の組織で Microsoft SQL Server システム管理者の権限を持たない Microsoft Dynamics CRM 4. 0 で作成することはできません。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 974434 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールするときの Microsoft Dynamics CRM で、4. 0 更新プログラムのロールアップをインストールするか、既存の展開では、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 で追加の組織を作成すると、システム管理者権限があります。 Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールするには、Microsoft Dynamics CRM で、4. 0 更新プログラムのロールアップをインストールし、その他の組織で Microsoft Dynamics CRM 4. 0 システムを Microsoft SQL Server の管理者権限を作成するのには期待

解決方法

はサポートされている修正プログラムはマイクロソフトから入手可能です。 ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正するものです。 この修正プログラムは、この資料に記載された問題が発生しているシステムのみに適用されます。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。。 この問題で深刻な影響をされていない場合は、そのため、この修正プログラムが含まれている次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つこと推奨。

修正プログラムがダウンロード可能な場合がこの資料の先頭に「使用可能な修正プログラム ダウンロード」セクションにあります。 このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートに問い合わせ、修正プログラムを入手します。。

メモその他に問題が発生するか、トラブルシューティングが必要な場合は、個別のサービス要求を作成する必要があります。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。 マイクロソフト カスタマー サービスとサポートの完全な一覧についての電話番号または別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモの修正プログラムが使用可能な言語の「使用可能な修正プログラム ダウンロード」フォームが表示されます。 お使いの言語が表示されていない場合は、修正プログラムがその言語のないため、です。

ファイル情報

この修正プログラムの 、英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に一覧表示されます。 日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻で表示されます (UTC)。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、使用して、タイム ゾーン] タブで、日付と時刻項目のコントロール パネル] を選択します。

Microsoft Dynamics CRM 4. 0 サーバーが、i386 ベース バージョン

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Hotfixselfextrator_i386.log該当なし1,13816-9 月-200903: 45該当なし
Harddeletejob.sql該当なし2,217最終更新日: 2009 年 9 月 15 年09: 53該当なし
Metabase.mdf該当なし11,730,9442008 年 10 月 29 日08: 25該当なし
Mscrm7333.mdf該当なし42,598,400最終更新日: 2009 年 9 月 15 年11: 50該当なし
Sitewidecleanupjob.sql該当なし2,172最終更新日: 2009 年 9 月 15 年09: 53該当なし

Microsoft Dynamics CRM 4. 0 サーバーが、x の x64 ベース バージョン

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Hotfixselfextrator_amd64.log該当なし1,14916-9 月-200904: 02該当なし
Harddeletejob.sql該当なし2,217最終更新日: 2009 年 9 月 15 年09: 48該当なし
Metabase.mdf該当なし11,730,9442008 年 9 月-2009 年10: 02該当なし
Mscrm7333.mdf該当なし42,598,400最終更新日: 2009 年 9 月 15 年11: 17該当なし
Sitewidecleanupjob.sql該当なし2,172最終更新日: 2009 年 9 月 15 年09: 48該当なし

インストール情報

インストールのこの修正プログラムをコンピューターが実行されている Microsoft Dynamics CRM 4. 0 サーバー コンポーネント。
この修正プログラムを有効にするには、次の手順を実行します:
  1. インストール修正プログラム。

    メモこの修正プログラムには、2 つのデータベース ファイルと 2 つの Microsoft SQL が含まれているサーバーのスクリプト ファイル。
  2. 、修正プログラムによってインストールされている次のファイルを検索:
    • mscrm7333.mdf
    • metabase.mdf
    • HardDeleteJob.sql
    • SiteWideCleanupJob.sql
  3. は、次のデータベース ファイルにデータベースをアタッチするデータベースをアタッチする権限を持つ Microsoft SQL Server のインスタンスの資格情報を使用:
    • mscrm7333.mdf
    • metabase.mdf
    、データベースをアタッチすると、mscrm7333.mdf ファイルの名前を変更する"OrgName_MSCRM.mdf"と「Metabase.mdf. に」metabase.mdf ファイルの名前を変更

    メモOrgNameプレース ホルダーを表しますが実際の組織の名前。
  4. 作成、SQL Server にログオン、CRM をインストールするユーザーのアカウントを選択して、ユーザーの許可を作成するデータベースの権限。
  5. Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールするユーザーに、データベースの所有者がデータベース ファイルの添付、両方のデータベースの変更をします。

    メモは、ユーザーは、初期展開の管理者が Microsoft Dynamics CRM 4. 0 になります。
  6. 、Microsoft SQL Server にログオンを Microsoft Dynamics CRM Server とは、次の Microsoft Dynamics CRM のセキュリティ グループ、アカウントし、サーバーと 2 つのデータベースにグループへのアクセス許可の作成:
    • Priv レポート グループ
    • レポート グループ
    • SQL アクセス グループ
  7. の目的は、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 サーバーをインストールするのには、コンピューターで以下のレジストリ エントリの追加:
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSCRM
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSCRM\CrmAdminIsNotSqlSysAdmin

      、CrmAdminIsNotSqlSysAdmin の DWORD 値は 1 です。
    • HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\MSCRM\IgnoreChecks

      、IgnoreChecks の DWORD 値は 1 です。
  8. Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールするために使用できる構成ファイルを作成します。

    メモ構成ファイルを作成すると、構成済みのセキュリティ グループを使用する必要があり指定する必要があります、対応するセットアップのこの自己修復セットアップ修正プログラム。
    構成ファイルを作成する方法の詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
    946677最低限必要なアクセス許可を持つ Microsoft Dynamics CRM 4. 0 のインストール方法
  9. 使用の構成ファイルで作成した Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールするのには 7 をステップ実行します。

    メモの場合は、Microsoft Dynamics CRM サーバーがインターネットに接続して、インストール中に更新プログラムのインストール ファイルをクリックする必要があります。 インターネット接続がない場合は、手順 KB948917 セットアップ更新プログラムを入手し、パス、構成ファイル含めることで。

    KB948917 の詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
    948917Microsoft Dynamics CRM 4. 0 セットアップの更新の入手方法
  10. 、Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールした後、ログオンは Microsoft SQL Server のインスタンスを展開、管理者の資格情報を使用して、次のスクリプト ファイルを実行:
    • SiteWideCleanupJob.sql
    • HardDelete.sql
新しい組織を作成する前に、既存の展開には、その他の組織を追加するには、次の手順に従って:
  1. は、次のデータベース ファイルにデータベースをアタッチするデータベースをアタッチする権限を持つ Microsoft SQL Server のインスタンスの資格情報を使用:
    • mscrm7333.mdf
    • metabase.mdf
    、データベースをアタッチすると、mscrm7333.mdf ファイルの名前を変更する"OrgName_MSCRM.mdf"と「Metabase.mdf. に」metabase.mdf ファイルの名前を変更

    メモOrgNameプレース ホルダーを表しますが実際の組織の名前。
  2. Microsoft Dynamics CRM 4. 0 をインストールしたユーザーに、所有者、データベースの接続、データベース ファイルが両方のデータベースの変更をします。

    メモユーザーはまた、初期展開の管理者が Microsoft Dynamics CRM 4. 0 です。

前提条件

4. Microsoft Dynamics CRM 0 をインストールするのには適用する必要があるこの修正プログラム。

再起動の要件

場合は、コンピューターを再起動するように要求した後、適用する、コンピューターを再起動する必要がありますこの修正プログラム。

アンインストール情報

この修正プログラムが実行されている Windows Server 2003、Windows XP または Windows 2000 は、コンピューターから削除します。追加または削除するプログラムコントロール パネル。

状況

マイクロソフトとして認識してこれが問題をマイクロソフトの製品が一覧表示で、対象のセクション。

詳細

ソフトウェア更新プログラムの用語についての詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
824684使用するマイクロソフトのソフトウェア更新プログラムについて説明する一般的な用語の説明
Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェアの修正プログラムおよび更新プログラム パッケージの用語についての詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
887283Microsoft ビジネス ソリューションの CRM ソフトウェア修正プログラムおよび更新プログラム パッケージ名前付け標準

プロパティ

文書番号: 974434 - 最終更新日: 2010年9月3日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Dynamics CRM 4.0
キーワード:?
kbfix kbqfe kbmbsmigrate kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB974434 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:974434
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com