Windows Server Update Services 3.0 で [高速インストール ファイルをダウンロードする] オプションを無効にすると、クライアント コンピューターで新しい更新プログラムをダウンロードできないことがある

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 974500 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Microsoft Windows Server Update Services (WSUS) 3.0 を実行しているサーバーを使用しているとします。[高速インストール ファイルをダウンロードする] オプションをしばらく有効にし、その後このオプションを無効にします。次に、サーバー クリーンアップ ウィザードを実行して、不要になった更新プログラム ファイルを削除します。更新プログラムを承認した後、1 つ以上のクライアント コンピューターがサーバーから更新プログラムを受信できません。この問題が発生すると、該当するクライアント コンピューターに次のエラー メッセージが表示されます。
HTTP ステータス 404 (0x80190194)
また、該当するクライアント コンピューターの Windows Update ログ ファイル (WindowsUpdate.log) に次のエラー メッセージが記録されます。
<日付><時刻> 1580 238 DnldMgr WARNING:BITS job {41768452-00D5-410C-976C-5E1BBB4972B0} failed, updateId = {1278EEC8-2BDC-4163-A4FE-CA6F39958529}.101, hr = 0x80190194, BG_ERROR_CONTEXT = 5
: Windows Update ログ ファイルは %Windir% フォルダーにあります。

原因

この問題は、高速インストール ファイルの URL が該当するクライアント コンピューターに引き続きキャッシュされているために発生します。サーバー クリーンアップ ウィザードを実行しても、キャッシュは更新されません。このため、該当するクライアント コンピューターは高速インストール ファイルのダウンロードを引き続き試行します。

回避策

この問題を回避するには、更新プログラムを確認するためにサーバーに接続するすべてのクライアント コンピューターのキャッシュを更新します。これを行うには、次のいずれかの方法を使用します。

方法 1: クライアント コンピューターの SoftwareDistribution フォルダーを空にする

  1. クライアント コンピューターで、Background Intelligent Transfer Service および Windows Updates サービスを停止します。これを実行するには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。
    2. コマンド プロンプト ウィンドウで、次の各コマンドを入力して Enter キーを押します。
      net stop wuauserv
      net stop bits
  2. SoftwareDistribution フォルダーの名前を変更します。これを実行するには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに「%Windir%」と入力し、[OK] をクリックします。
    2. SoftwareDistribution フォルダーを右クリックし、[名前の変更] をクリックします。
    3. 別の名前を入力して、Enter キーを押します。たとえば、「SoftwareDistribution.old」と入力します。
  3. Background Intelligent Transfer Service および Windows Updates サービスを開始します。これを実行するには、以下の手順を実行します。
    1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックします。次に、[名前] ボックスに「cmd」と入力し、[OK] をクリックします。
    2. コマンド プロンプト ウィンドウで、次の各コマンドを入力し、各コマンドの後に Enter キーを押します。
      net start bits
      net start wuauserv
: Windows Update サービスを開始すると、新しい SoftwareDistribution フォルダーが自動的に作成されます。

方法 2: クライアント コンピューターが受信できない更新プログラムを拒否する

  1. WSUS コンソールで、クライアント コンピューターが受信できない更新プログラムを特定します。

    : 更新の状態の概要レポートまたは更新の状態の詳細レポートを使用して、クライアント コンピューターが受信できない更新プログラムを特定することはできません。
  2. サーバーでこれらの更新プログラムの [承認] ステータスを [拒否] の値に変更します。
  3. すべてのクライアント コンピューターがサーバーの更新プログラムを検出したら、これらの更新プログラムの [承認] ステータスを元の値に変更します。

方法 3: WSUS 3.0 を実行している別のサーバーからの更新プログラムを検出するようにクライアント コンピューターを構成する

  1. WSUS 3.0 を実行する別のサーバーをセットアップして、新しいサーバーを Microsoft Update に同期させます。
  2. 新しいサーバーからの更新プログラムを検出するようにクライアント コンピューターを構成します。

    クライアント コンピューターが WSUS サーバーを参照するようにする方法の詳細については、以下のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。
    http://technet.microsoft.com/ja-jp/library/dd939830(WS.10).aspx
  3. すべてのクライアント コンピューターが新しいサーバーから更新プログラムを検出したら、元のサーバーから更新プログラムを検出するようにクライアント コンピューターを構成します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 974500 - 最終更新日: 2009年10月2日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows Server Update Services 3.0
キーワード:?
kbsurveynew kbexpertiseadvanced kbtshoot kbprb KB974500
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com