BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 に含まれている Microsoft BizTalk Server の修正プログラムの一覧

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 974563
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料で Microsoft BizTalk Server の修正プログラムを表示します。Microsoft BizTalk Server 2006 R2 に含まれています。サービス パック 1 (SP1)。

詳細

サービス パックの情報

BizTalk コンポーネントがすべてのサーバーに service pack がインストールされます。これらのサーバーには、エンタープライズ シングル サインオン サーバー (SSO) が含まれます。

Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 の入手方法

BizTalk Server 2006 R2 SP1 を入手するのには、次のマイクロソフト ダウンロード センター Web サイトを参照してください。
http://go.microsoft.com/fwlink/? か。LinkID 163959 =

既知の問題

この service pack を適用する前に、BizTalk Server グループの名前を変更する場合は、BizTalk データベースを更新できません可能性があります。この問題を回避するには、service pack を適用する前に、BizTalk Server グループが次のデフォルト名を変更します。
BizTalk グループ

前提条件

適用するインストールされている Microsoft BizTalk Server 2006 R2 が必要このサービス パック。

再起動の必要性

これを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。サービス パック。エンタープライズ シングル サインオン サービスをインターネット インフォメーション サービスなど、多くのサービスサービス、Windows 管理サービスとサービスは、依存している、インストール中に再起動されます。

メモ サービス パックのインストール方法についてを参照してください、 BizTalk 2006 R2 SP1 ガイド.

Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 で修正される問題

917871 FIX BizTalk Server 2004 年には、署名された MIME メッセージは、SMTP クライアントが、メッセージの受信時に偽造としてマーク可能性があります。
927052 修正: エラーBizTalk Server で同時に 2 つのオーケストレーションを参加しようとしたときのメッセージ:「の値は、予想の範囲内は該当しません」
931757 FIX mySAP Business Suite 用の BizTalk アダプター 2.0 SAP サーバへの接続を正常に解放しないと、メッセージを配信できません可能性があります。
934040 FIX Microsoft BizTalk アダプターをエンタープライズ ・ アプリケーションの 1 つ、BizTalk ホスト インスタンスを再起動するまで、受信メッセージを処理を停止します。
934328 OpenReuse 値と ReuseOpenConnection 値で、SAP の BizTalk アダプターの実装
935960 更新があることでは、ルーティング エラー レポート BizTalk Server 2006年で無効にします。
938483 FIX] BizTalk Server 2006年のスキーマ バージョンの不一致を検出すると、BizTalk Server 2006年、オーケストレーションとログ 10033 がアプリケーション ログにイベントを中断します。
938830 修正: BizTalk Server 環境では、状態と動作状況の追跡 (HAT) ツールを使用すると、長い遅延が発生可能性があります。
938839 FIX、取引相手、RNIF 1.1 ドキュメントまたはロゼッタ 3.5 の RosettaNet 3.3 の BizTalk アクセラレータを使用して生成した RNIF 2.0 ドキュメントを拒否可能性があります。
939014 FIX、BizTalk アクセラレータ ロゼッタ 3.0 または BizTalk アクセラレータ ロゼッタ 3.5 での 0A1 メッセージをトレード パートナーに送信するとき、取引パートナーは 0A1 メッセージを拒否します。
939080 FIX Microsoft BizTalk Server 2006 R2 HIPAA メッセージの受信を使用するとエラー メッセージ
939589 FIX のマネー符号のデータベース SQL Server の Microsoft BizTalk アダプターを使用すると、XML アップデート グラムを使用して開始されます。 文字列を挿入できません。
939885 FIX BizTalk アダプター 2.0 mySAP Business Suite を使用するとエラー メッセージ:「できません」キャスト オブジェクト 'xxxx' の
939920 FIX BizTalk Server 2006 でアダプターのスキーマを生成しようとするとエラー メッセージ:"WSDL ファイルの読み取りエラーです。[System.InvalidOperationException] が XML ドキュメント (190, 41) でエラーです。[System.Xml.XmlException]"
940457 FIX BizTalk Server 2006 BizTalk Server 2006 R2 では、null 値を実行中のオーケストレーションをお持ちの場合は 5799 のイベント ID およびイベント ID 5677 発生します。
940483 [FIX] BAMArchive データベース 2004 年に BizTalk Server または BizTalk Server 2006 のビジネス アクティビティ データをアーカイブすると、BAM アーカイブ ジョブがディスク領域不足のためを失敗します。
940563 FIX、IDOC のレコードの複数の行が正しく BizTalk アダプターで mySAP Business Suite で解析されません。
940753 FIX ロゼッタ 3.5 の RosettaNet 3.3 または BizTalk アクセラレータの BizTalk アクセラレータを使用すると、0A1 PIP メッセージも正しく名前空間宣言があります。
940868 FIX BizTalk Server 2006年でと、BizTalk Server 2006 R2 での取引の添付ファイルを含むメッセージを送信するのには、Pip を処理するときに正しくない値 [ UniversalResourceIdentifier ] フィールドで生成されます。
940950 FIX BizTalk アクセラレータの RosettaNet 3.3 または 3.5 を使用して、取引パートナーに、0A1 メッセージを送信する場合、取引相手 0A1 PIP メッセージ拒否可能性があります。
941051 FIX]、受信アダプターと Oracle データベースの BizTalk アダプターを使用すると、タイムアウト エラーが発生します。
941261 [FIX] BizTalk Server 2006 R2 では、送信ポートで、BTAHL72XPipeline パイプラインを指定するとイベント ID 5720 が記録されます。
941279 FIX BizTalk アクセラレータを使用して、HL7 2.x 組み立て/分解 BizTalk Server 2006 R2 では、カスタム パイプラインを作成するとき 5784 のイベント ID およびイベント ID 5753 記録されます。
941726 FIX、BizTalk アダプターを使用して BizTalk Server を実行しているコンピューターにメッセージを送信すると、エラー メッセージ:「各ソケット アドレス (プロトコル/ネットワーク アドレス/ポート) は 1 つのみの使用は許可は、通常」
942024 FIX 戻る送信ポートに BizTalk Server 2006 での出力メッセージの配信に失敗した場合は、ビジネス アクティビティ監視 (BAM) アクティビティ ロールバックされません。
942133 FIX Web サービスからの NACK メッセージ BizTalk Server 2006年では、元の例外の詳細はありません。
942221 FIX BizTalk Server 2006 の BizTalk サービスを停止しようとするとエラー メッセージ:「、開始または制御要求をタイムリーにサービスが応答しませんでした」
942235 FIX S BAM 集計警告と BizTalk Server 2006 R2 BizTalk Server 2006年で期待どおりに送信されません。
942419 FIX イベント ID: 1723年 2006 の BizTalk Server または BizTalk Server 2006 R2 にメッセージの処理の多くのエンタープライズ アプリケーション用のアダプターを使用する場合に発生
942420 FIX J.D. Edwards EnterpriseOne にメッセージ BizTalk Server 2006年で多数のプロセスを BizTalk アダプターを使用するといくつかの出力メッセージが正しくないデータを格納できます。
942438 パイプライン コンポーネント BizTalk Server 2006年で完全な FTP データ ストリームを処理しない場合、BizTalk アダプター FTP の FIX を停止する.
942465 FIX 更新があることにより、BizTalk Server 2006 R2 を実行しているサーバー上の特定のプロパティを動的に構成
942580 FIX SnF モードを使用すると、アダプターを構成するときに、BizTalk FileAct とアダプターの相互作用の SWIFT 2.3 が突然 SWIFTNet SnF キューをリリースします。
942612 FIX Microsoft BizTalk Server 2006 R2 の Windows 通信基盤 (WCF) アダプターを使用して、問題が発生可能性があります。
942733 FIX BizTalk Server 2006 R2 を実行しているコンピューターで受信した MDN メッセージの受信 AS2 メッセージの署名を確認しようとするとエラー メッセージ
942735 FIX 2.0 では HL7 の BizTalk アクセラレータで 2. XML メッセージを生成する BTAHL72XMLSendPipeline 送信パイプラインを使用すると、エラー メッセージ:「メッセージ 2. Xml ドキュメントではありません」
942849 Configuration.exe 構成プログラムを起動できないし、RosettaNet 3.5 の BizTalk アクセラレータをインストールするとエラーがイベント ログに記録されません。
943125 XLANG スケジューラ エンジンは、無限ループに入るし、非トランザクションのスコープによって、タイムアウト例外が処理される場合 BizTalk Server 2006年プロセスが CPU リソースの 100% を使用
943165 FIX Microsoft BizTalk Server 2006年を実行しているサーバーまたは Microsoft BizTalk Server 2006 R2 セキュリティ情報 ms07-040 をインストールした後 cpu 使用率がすべての BizTalk ホストで発生します。
943228 FIX、BizTalk FTP アダプターが BizTalk Server 2006 R2 では、GXS サーバーに接続しようとすると、ファイルが存在場合でもファイルは利用可能なはありません報告します。
943355 Oracle データベースでは、64 ビット サーバー上で Microsoft BizTalk アダプターを使用すると、イベント ID 0 がアプリケーション ログに記録されます。
943383 FIX BizTalk Server 2006 R2 でパイプラインで、BizTalk フレームワークのアセンブラーのパイプライン コンポーネントを使用すると、XML 宣言は、送信ドキュメントに追加されません。
943859 [FIX] ネットワーク障害は 2006 年の BizTalk Server または BizTalk Server 2006 R2 でが発生すると、ファイル アダプターを使用して、受信場所が再試行しません。
943874 修正: タイムアウト値は、受信場所を使用して、WCF サービスに接続して、BizTalk Server 2006 R2 では、WCF 要求-応答アダプターを使用すると発生する可能性
944063 FIX BizTalk Server 2006 R2 では、MIME を使用できません。EDI ファイルを添付ファイルとして送信するのには、SMTP アダプターを使用すると、EDI ファイルの名前を変更するのには、ファイル名のコンテキスト プロパティ
944158 FIX、BizTalk アプリケーションを BizTalk Server 2006年で送信ポートの構成は、マップがある場合は、問題が発生可能性があります。
944233 [FIX] Microsoft BizTalk Server の 2006 年にルーティングするのには受信確認の配信通知に失敗した場合でも、メッセージが処理されます。
944234 FIX CPU 使用率が、SQL Server と、BizTalk Server 2006年を実行しているコンピューターが長時間高いまま
944320 FIX DTD スキーマを BizTalk プロジェクト BizTalk Server 2006 R2 でインポートしようとするとエラー メッセージ:「スキーマの生成中に生成されたエラーが発生しました」
944426 修正: 孤立したキャッシュ インスタンス、インスタンスのホスト キューに BizTalk Server 2006年でと、BizTalk Server 2006 R2 では、BizTalkMsgBoxDb データベースのテーブルをビルドできます。
944513 FIX BizTalk Server 2006 では、FTP アダプターは、IBM AIX ベースの FTP サーバーにファイルを転送するまでに時間かかることがあります。
944532 BizTalk Server 2006 R2 の ErrorReport 名前空間コンテキストに 4 つのプロパティが追加されました
944560 FIX Microsoft Exchange Server 2003年 2006 を BizTalk Server または BizTalk Server の SMTP アダプターを使用すると BizTalk Server S/MIME 情報を間違った出力可能性があります。
944749 FIX、RosettaNet 3.0 や 3.5 の RosettaNet BizTalk アクセラレータを使用するとエラー メッセージ記録される可能性があります。
944838 FIX、ログ配布の機能 BizTalk Server 2006年または BizTalk Server 2006 R2 データベース バックアップ ファイルが復元されません。
945107 FIX RNIF 2.0 ドキュメントを署名付きの HTTP ヘッダー フィールドが誤ってマルチパート/関連値ロゼッタ 3.5 インチ用の BizTalk アクセラレータやロゼッタ 3.0 用の BizTalk アクセラレータを含む
945118 FIX SWIFT 2.3 を BizTalk FileAct とアダプターの相互作用を使用して複数のメッセージを送信するときに、応答メッセージを誤って、元のメッセージに一致する可能性があります。
945165 FIX、x12 を受信したとき、エラー メッセージが表示されます BizTalk Server 2006 R2 EDI アプリケーションの 997 の機能 ACK
945307 FIX BizTalk Server 2006年で、LOB アプリケーション用の BizTalk アダプターのプロパティを変更すると、BizTalk Server プロセスがクラッシュがあります。
945719 FIX、ターミナル サービス セッションでメモリ リークが発生すると、BizTalk Server 2006年で BizTalk Server サービスを実行しているサーバー上で起動できません。
946043 FIX BizTalk アクセラレータ SWIFT 3.0 の BizTalk Server 2006 R2 がインストールされているサーバー上にインストールしようとすると、インストール ウィザードでいくつかのチェック ボックスをオンにクリックしてできません。
947258 FIX の稼働状態と動作状況の追跡返します誤った結果 BizTalk Server で
947459 FIX GS04 ヘッダー値、CCYYMM、YYMMDD の形式では、BizTalk Server 2006 R2 の代わりにフォーします。
947981 [FIX] BizTalk Server 2006 R2 の 64 ビット バージョンを実行しているコンピューターで、32 ビットの SNL レシーバーのプロセスを開始しようとしたときにイベント ID 1000 が発生します。
948509 FIX BAM ポータル要求ビュー表示 2006 年の BizTalk Server または BizTalk Server 2006 R2 では、正しくない可能性があります。
948747 FIX BizTalk Server 2006 R2 EDI 機能を使用しようとすると、イベント ID 5753 エラー メッセージ受け取ることがあります。
949217 FIX SWIFT 2.3 BizTalk Server 2006 R2 では、BizTalk FileAct とアダプターの相互作用を使用すると返される Sw HandleSnFRequest 応答 ACK メッセージ無効としてフラグします。
949781 FIX HL7 v2 BizTalk Server 2006 R2 環境での BizTalk Server のアクセラレータを使用するとイベント ID 4133 およびイベント ID 5802 記録されます。
949872 FIX 受信 MDNs BizTalk Server 2006 R2 のバッチ EDI または AS2 メッセージを関連付けることはできません。
949912 FIX イベント ID: 10034 記録、BizTalk アクセラレータ SWIFT 3.0 と BizTalk Server 2006 R2 は、64 ビット版の Windows Server 2003 を実行しているコンピューター上の 64 ビット バージョンを使用する場合
950456 FIX BizTalk Server 2006年または BizTalk Server 2006 R2 では、変換が応答を停止可能性があり。、CPU 使用率が 100% にあります。
950536 10034 のイベント ID が記録された BizTalk アクセラレータ SWIFT 3.0 BizTalk Server 2006 R2 との使用していた場合
950577 修正: FTP アダプター BizTalk Server 2004 の一時フォルダーにファイルを保存すると、ファイルのサイズ 0 バイトです。
950878 FIX、[順次配送] 機能を有効にすると BizTalk メッセージ消費しません。
951203 ホットフィックス サポート AS2 ファイル名の保持を有効に BizTalk Server 2006 R2 は
951760 FIX 送信 837 インターチェンジ GS および ST セグメントの値 Microsoft BizTalk Server 2006 R2 で不適切なを含めることができます。
952202 FIX MDNs BizTalk Server 2006 R2 での送信側のパーティに送信されません。
952947 FIX BizTalk Server オペレーター グループ内のユーザーを有効または、SQL Server を無効にすることはできません BizTalk Server 2006 R2 で MSMQ の受信場所または
953388 FIX BizTalk Server 2006 R2 での大規模な EDI インターチェンジを分割しようとすると、パフォーマンスが低下発生可能性があります。
953995 FIX 生成された WCF サービスは、IIS ワーカー プロセスがクラッシュ、BizTalk Server 2006 R2 環境で可能性があります。
954276 FIX BizTalk Server 2006 R2 では、Web サービスからの応答メッセージ確認できなく
954557 FIX をフィールド GS02 と GS03 フィールド BizTalk Server 2006 R2 で BizTalk Server のネイティブ EDI 機能スワップします。
954663 FIX ロゼッタ 3.5 の BizTalk アクセラレータでは、取引先から RNIF ドキュメントを受信したとき、イベント ID 0 のエラー メッセージ、BizTalk Server アプリケーション ログに記録されます。
954812 BizTalk Server 2006年は、S と MIME ヘッダー内の情報は、BizTalk Server 2002 によって生成された、受信 MIME メッセージをデコードできない場合があります。
954814 FIX、.msi ファイルをインポートする、非常に長い時間がかかることがありますか「タイムアウトが発生しました」のエラーを取得することができます。
954877 FIX ゾンビ メッセージ CPU 使用率が高いサーバー上でそのホスト BizTalk Server 2006年が
954906 FIX BizTalk Server 2006 R2 でもう一度同じ BizTalk アプリケーション .msi ファイルをインポートしようとすると SQL Server への接続の数は 500 以上に増えることがあります。
955240 FIX 3A4 PIP メッセージをパートナーから受信 BizTalk アクセラレータの RosettaNet 3.5 を使用するとイベント ID 4096、BizTalk Server のアプリケーション ログに記録されます。
955303 FIX を EDI 説明コンテキスト プロパティは、ルーティング エラー報告 BizTalk Server 2006 R2 の立たないエラーの説明をが
955456 FIX イベント ID: Oracle データベースの BizTalk アダプターを使用して、Oracle テーブルには、メッセージのバッチを送信するのには、いくつかのメッセージが保留されると 0 を記録
955522 FIX、BizTalk Server 2006 R2 環境では、WCF ベースの送信アダプターを実行しているホストを停止するとイベント エラーがアプリケーション ログに記録されます。
955651 FIX、FTP アダプター、ネットワーク接続が復旧した後、Microsoft BizTalk Server 2006年環境内のファイルの転送を処理を停止します。
955705 FIX、「すべての部分のエンコード」オプション BizTalk Server 2006 R2 で動作しません。
955976 修正: SAP アダプター 2.0 BizTalk Server の 2006 年に ECC 6.0 を使用してプロキシを生成するときに、エラー メッセージと、アプリケーションが失敗する受信します。
956051 : BizTalk Server 2006 R2 での受信 EDI メッセージを処理するのには、4 番目のオプションを追加する更新プログラムを用意しています
956916 修正: BizTalk Server、HTTP ヘッダーで、メッセージ ID フィールドを含まない、MDN を受信するとエラー メッセージが表示:"System.ArgumentException: 空のパラメーターの文字列は許可されていません"
956939 FIX BizTalk Server 2006 R2 を実行しているコンピューターにメッセージを送信する Siebel e-ビジネス アプリケーション用 BizTalk アダプターを使用するとエラー イベント:「積極的に拒否されましたターゲット マシンに接続できませんでしたなし"
957352 修正:、あるが、同じ送信元スキーマを持つ 2 つ以上のマップを選択することはできません。同じ multi-root スキーマ ファイルが送信または同じに BizTalk の受信ポートServer 2006 R2
957512 FIX NM108 し、NM109 データ要素の準拠していないが、HIPAA 837 ドキュメントが BizTalk Server 2006 R2 で正常に検証されていません。
957514 FIX、BizTalk Server 2006 R2 環境で Office SharePoint Server 2007 の Windows SharePoint Services アダプターを構成しようとすると、エラー メッセージ受け取ることがあります。
957622 FIX BizTalk Server 2006 R2 環境での WCF アダプターで [送信 WCF メッセージ テンプレート内のノードのテキストは無視されます。
957684 FIX イベント ID 4096、BizTalk Server アプリケーション 3A4 PIP メッセージを取引先から受信 BizTalk アクセラレータの RosettaNet 3.5 を使用する場合、MonetaryAmount 要素の値が 1 より小さいときログされます。
958210 FIX ユーザー アカウント SQL Server の BizTalk Server の管理者グループのメンバーの場合、ホスト インスタンスを作成できません。
958211 FIX BizTalk Server を使用すると、ルール エンジンのテーブル パージしません。
958235 修正: BizTalk Server の上の空のディレクトリを FTP サーバーからファイルを受信するのには、FTP アダプターを使用するとイベント ID 5740 がアプリケーション ログに記録されます。
958296 FIX ポートの BizTalk Server 2006 R2 の EdiSend パイプラインを使用する送信ポートの処理後の追跡を有効にすると XML メッセージはアクティブなキューの代わりに、保留キューに残ります
959105 FIX を Oracle サーバーに接続する Microsoft BizTalk Adapter に対して Oracle データベースを使用すると、RunTimeAgent の複数のプロセスが作成されます。
959136 FIX、クライアントの資格情報がオーケストレーションは、2 番目の WCF サービスを呼び出すし、BizTalk Server 2006 R2 でログに記録はイベント ID 5754 と使用されていません。
959139 BizTalk エディターは、属性が数字で始まる場合は、スキーマ生成ウィザードの BizTalk アダプター 2.0 から mySAP Business Suite の生成スキーマを読み込むことができません。
959315 FIX の稼働状態と動作状況の追跡または BizTalk Server 2006 R2 BizTalk Server 2006年でのメッセージの一部のクエリを実行すると、注文の送信ポートを通過したメッセージ表示されません。
959631 修正: BizTalk Server の FTP アダプターがメッセージを送信しません、「quit/終了」として、AfterPut コマンドで BizTalk Server 2006 R2 FTP 送信ポートを使用する場合は、イベントのエラーが発生します。
960237 FIX BizTalk Server 2006 R2 の BizTalk パーティの EDI プロパティを構成するとき HHMMSSd 時刻の形式を GS5 要素を選択できるなりました
960473 Microsoft BizTalk Server 2006 R2 の無効の 997 の機能確認が生成されます。
960731 FIX トランザクションを BizTalk Server 2006 R2 では、WCF カスタム アダプターを使用する場合は、長期間アクティブのまま
960914 BizTalk アクセラレータ SWIFT 3.0 Service Pack 1 用の修正プログラム ロールアップ パッケージを利用します。
960990 FIX 修正プログラム BizTalk アクセラレータ SWIFT 2008 メッセージ パック SWIFT メッセージの妥当性検査に関連するいくつかの問題を解決するには
961020 [FIX] 2.0 では HL7 の BizTalk アクセラレータを使用するとイベント Id 5812、5743、5754 が記録されます。
961023 FIX バッチおよび unbatched のメッセージで BTAHL7、情報イベントとしてイベント 4119 をログまたはメッセージに解析エラーが含まれている場合は、全体のバッチが中断されました。
961149 修正: 受信場所開始日と終了日は、BizTalk Server に設定ことはできません。
961163 EdiSend パイプラインから送信されたバッチの EDI メッセージの状態とアクティビティ追跡 (HAT) BizTalk Server 2006 R2 では保存されません。
961330 FIX BizTalk Server 2006 R2 で DTA アーカイブとパージのジョブを実行すると、EDIMessageContent テーブルが正しくパージは行われません
961346 修正: アダプターが正常に BizTalk Server 2006 R2 では、メッセージを受信した後 TIBCO ems リダイレクト用の BizTalk アダプターのメッセージを JMS キューから削除されません。
961534 FIX または SQL Server の名前付きインスタンス構成を使用すると、信頼される側のドメインからユーザー アカウントを使用して、サーバーにログオンするとき、BizTalk アクセラレータ ロゼッタ 3.5 を構成できません。
961541 FIX TIBCO EMS サーバーが再接続に使用できるようになった後 TIBCO ems リダイレクト用の BizTalk アダプターは、TIBCO EMS サーバーに再接続されません。
961708 FIX、BizTalk アクセラレータ SWIFT 3.0 用に構成できませんし、次のエラー メッセージが表示されます:「、必要がありますが、BizTalk 管理者」
961724 FIX、RETR コマンドを発行するとき、BizTalk 2006 FTP アダプター ファイルを FTP サーバーから取得しません
961810 修正: BizTalk Server でオーケストレーションを同時に実行するの数を 250 に達するし、インストールした後、パフォーマンスの低下が発生するは。NET Framework 2.0 SP1 またはそれ以降のバージョンの。Net フレームワーク
963000 FIX BizTalk Server 2006 R2、XML メッセージを処理しませんし、次のアプリケーション イベント エラーがログに記録されます"targetNamespace 属性の値として空の文字列を含むことはできません"。
963013 FIX BizTalk アクセラレータの RosettaNet 3.5 構成ツール (Configuration.exe) が予期せず Windows SharePoint Services 2.0 がインストールされていないコンピューターでは、構成ツールを実行すると閉じます
963690 FIX を長期間 Microsoft BizTalk Server 2006 R2 では、BAM アクティビティを実行すると、算術オーバーフローの例外:「式をデータ型 int に変換算術オーバーフロー エラー」
967036 修正: バインドの構成のバインドの種類によって WCF カスタム アダプターまたは WCF CustomIsolated アダプター BizTalk Server 管理コンソール内に保存されません。
967154 FIX、FTP 受信場所生 FTP コマンドで BizTalk Server を取得する前にフィールドに設定されている場合は、ファイルを受信しません。
967606 修正: BizTalk Server の FTP アダプターは、ファイルが正常にロケールが fr_FR に設定されている、IBM AIX ベースの FTP サーバーから取得しません
967765 FIX BizTalk Server 2006 R2 のバッチの最初のメッセージは、ビジネス アクティビティ監視 (BAM) のアクティビティを追跡しません。
967931 修正: 未使用のサブスクリプションの述語および BizTalk 2006 R2 BizTalk Server 2006年では、BizTalkMsgBoxDB データベースの NotEqualsPredicates テーブルからパージされません。
967939 FIX を長期間 BizTalk Server 2006 R2 で実行されている XLANG オーケストレーション ステータス復元すると NullReferenceException エラー メッセージが表示されます。
967945 FIX、生成された XML ファイルの BizTalk Server 2006 R2 では、「複数」の種類のスキーマを使用して、複数の sub-documents を含む、EDI ドキュメントを分割しようとした場合に予想よりもはるかに大きいです。
968654 FIX System.Xml.Xmldocument 型がオーケストレーションから送信されるメッセージが中断され、BizTalk Server 2006 R2 では、オーケストレーションの直接バインド ポートの種類を指定すると、ルーティング エラー報告が生成されます。
969558 FIX を分割する場合は、BAM の更新を展開するときに、エラー メッセージは、既存のアクティビティの有効になっている:「、UNION、INTERSECT または EXCEPT 演算子を使用して結合するすべてのクエリは同じ数の式をターゲット リスト内が必要」
969987 FIX 保留またはできません正しく Microsoft BizTalk Server 2006 R2 では、BizTalk Server ホスト インスタンスをシャット ダウンした後にサービス オーケストレーション インスタンスを終了
970075 FIX AS2 アダプター Microsoft BizTalk Server の圧縮機能を有効にすると、メッセージ廃棄通知 (MDN) が受信されません。
970231 FIX イベント ID: 208 がログに記録され、BizTalk Server で MessageBox_Message_Cleanup_BizTalkMsgBoxDb ジョブが失敗する可能性があります
970292 FIX BizTalk Server 2006 R2 のバッチ EDI レポートを表示すると、エラー メッセージ:「操作に失敗しましたメッセージ ボックス データベースのいずれかにアクセス中に"
970491 修正: DateTimeStamp の無効な値が含まれている否定受信確認 (NACK) メッセージ BizTalk アクセラレータでロゼッタ (BTARN を) 3.0 拒否されますありません。
970492 FIX、BizTalk ホスト インスタンス大量のメモリを消費し、BizTalk Server 2009年の HL7 メッセージを受信するとメッセージを非常に遅い処理
970856 FIX メッセージ プロパティ Microsoft BizTalk Server 2006 R2 でインターチェンジの一部のメッセージは追跡されません。
971274 FIX Microsoft BizTalk Server では、受信アダプターと Oracle データベースの BizTalk アダプターを使用するとパフォーマンスが低下
971799 FIX BizTalk Server 2006年で SOAP 送信ポートを使用して、メッセージが正常に送信されない場合、アプリケーション イベント ログ内エラー メッセージ:"OutOfMemoryException: 例外の型を 'System.OutOfMemoryException' がスローされました"
971924 BTAHL72XReceivePipeline に失敗した受信メッセージを保存するのには、MLLP の追跡を有効にする受信ポート、または
971984 修正プログラムは、BAMArchive データベース BizTalk Server の 2006 年のデータをアーカイブすることではなく、BAMPrimaryImport データベースから BAM データをオフにすることができます
971998 FIX BizTalk アクセラレータ SWIFT 3.0 サポートを SWIFT 2009 標準の MT202COV と MT205COV のメッセージの種類
972196 FIX、BizTalk ホスト インスタンスを停止し、イベント ID 5410 BizTalk Server 2006年でのアプリケーション ログに記録されます。
972478 FIX、BizTalk Server 2006 R2 の EDI メッセージを送受信するとき SE セグメント区切り記号または終端記号が断続的に出力 997 機能確認のないです。
972530 EDI を使用する場合は一部のインターチェンジが中断される単一の EDI メッセージ BizTalk Server 2006 R2 (972530) に含まれている複数のインターチェンジを受信するパイプラインを受け取る
972538 FIX 継続 BizTalk Server 2006 R2 では、追跡プロファイルで定義されている場合は、いくつかの BAM イベント メッセージのバッチを追跡されていません。
972849 Fix BizTalk Server 2006 R2 では、BizTalk Server プロジェクトをプロジェクトにスキーマを参照するスキーマの名前空間の最初の部分は、プロジェクトの名前空間部分と作成ことはできません。
973453 FIX エラーがアプリケーション イベント ログ メッセージが BizTalk Server 2006年での Oracle データベースの BizTalk アダプターを使用する場合:"された基になる接続が閉じ: でした、サーバーまたはクライアントの認証に重大なエラーか、そこをしました」
973474 FIX、50 を超えるループ 2400 BizTalk Server 2006 R2 の出現を含む HIPAA 837 プロフェッショナル ドキュメントを受信する「EDI 逆アセンブラーで発生した致命的なエラー」のエラー メッセージがアプリケーション イベント ログに記録されます
973770 FIX パフォーマンスが低い"ActivityID"フィールド 2006 年の BizTalk Server または BizTalk Server 2006 R2 では、bam_ActivityName_CompletedRelationships テーブルの参照して、SQL クエリ実行中に発生します。
974265 修正: 受信場所のインスタンスごとのパイプラインの構成では、要求-応答 MLLP 2.0 BizTalk Server 2006 R2 では HL7 の BizTalk アクセラレータを使用すると正しくカスタムの送信パイプラインで実行されません
975118 FIX BizTalk ホストのインスタンスは、System.OutOfMemoryException の例外メッセージが BizTalk Server にクラッシュします。
937173 FIX 2006 の BizTalk Server または BizTalk Server 2006 R2 では、MIME/SMIME ドキュメントを受信すると、エラー メッセージ:「項目が既に追加されました」
942024 FIX 戻る送信ポートに BizTalk Server 2006 での出力メッセージの配信に失敗した場合は、ビジネス アクティビティ監視 (BAM) アクティビティ ロールバックされません。
945998 FIX UNA セグメントの小数点区切り文字としてコンマ (,)、EDIFACT メッセージを指定すると、EDIFACT メッセージの値が正しく BizTalk Server 2006 R2 で計算されません。
948238 FIX BizTalk Server ホストのインスタンスが予期せず停止し、System.OutOfMemoryException の例外で BizTalk Server のための再起動
950673 修正:「予期しない-処理でエラー」このエラーは、MDN を含む BizTalk Server 2006 R2 適切な MDN 状態、AS2 メッセージと相関 MDN の状態レポートに表示されません。
950868 FIX BizTalk Server 2006 R2 で「BizTalk EDI と AS2 ランタイム」のオプションを構成するときに、エラー メッセージが表示されます。
950980 修正: FTP アダプター BizTalk Server 2006 R2 で英語以外の形式で一覧の応答を解析できません。
951762 FIX オーケストレーションに遅延図形が含まれている場合は、中断されたオーケストレーション インスタンスすぐに BizTalk Server の 2006 年にレジュームできません。
952195 FIX、UNH2.5 セグメント BizTalk Server 2006 R2 に含まれている場合は、EDIFACT ドキュメントは中断されます。
952310 FIX が正しくないか空白のアプリケーション名をオーケストレーション インスタンスによって BizTalk Server の管理表示の BizTalk Server 2006 R2 では、新しいメッセージ ボックス データベースを追加した後
970194 FIX] BizTalk Server 2006 R2 で指定した同じ"Sw:LogicalName"論理名を持つファイルの配置要求を送信するのには、BizTalk FileAct アダプターを使用すると、対象サーバー最後のメッセージのみを受信します。
972853 FIX 修正プログラムには、できます、ロゼッタ (BTARN を) 3.5 の BizTalk アクセラレータを送信メッセージにホワイト スペースを削除
973430 FIX BizTalk Server 2006 R2 では、オーケストレーションの呼び出し図形を使用すると、NullReferenceException 例外が表示されます。
973901 FIX BizTalk Server 2006 R2 では、837 ドキュメントを受信すると、エラー メッセージ:「不足または無効であるか重複するトランザクション セット識別子"
975826 FIX BizTalk Server 2006 R2 では、POP3 アダプターを使用すると、エラー メッセージ:「POP3 アダプター応答行を超える 512 文字を含む、サーバーから受信した」
976622 FIX オーケストレーション インスタンスがステータス退避済み、で、mySAP Business Suite の Microsoft BizTalk アダプターの 2.0 を使用するとメッセージが SAP サーバーに送信されません。
969870 修正: トラッキング データ BizTalk Server 2006 R2 BizTalkDTADb データベースから BizTalkMsgBoxDb のデータベースを正常に移動されません。

Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 に含まれているデザイン変更

  • 今すぐ Microsoft.BizTalk.Edi.BatchingOrchestration.BatchingService オーケストレーションをサポートしていますが 先頭と末尾のゼロとスペースを許可します。 パーティの EDI プロパティです。メッセージには、先頭または末尾のゼロまたはスペース含まれていると sp1 を適用する前に、オーケストレーション インスタンスを中断します。

  • AS2 の複数の証明書を構成するには、送信メッセージに署名をします。パーティの AS2 プロパティで、有効にすることができます、 署名の証明書を上書きグループ プロパティとは、証明書を指定します。これは、他の関係者のさまざまな証明書を指定できます。

    AS2 の証明書を構成する方法の詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
    .aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/bb728096 (BTS.20)
  • 多くの BizTalk アイテムが存在する場合、BizTalk Server 2006 R2 管理パックを使用すると、CPU が 100% にことがあります。この問題は、Operations Manager 2007 の Microsoft BizTalk Server の管理パックの新しいリリースで修正です。新しい管理パックをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    ドキュメントですか。FamilyId 389FCB89-F4CF-46 D 7-BC6E-57830D234F91 & displaylang = en & displaylang = en =
  • コンボイ オーケストレーションのサイド バイ サイド展開がある場合は、メッセージのオーケストレーション (コンボイ サブスクリプション) の既存の古いバージョンに新しいバージョンのオーケストレーション インスタンスをアクティブにすると配信されます。

    SP1 では、新しい PruneSubsOfOrchestrationVersionsWithConvoy レジストリ キーが公開されます。PruneSubsOfOrchestrationVersionsWithConvoy を 1 に設定すると、メッセージは既存のコンボイ サブスクリプションの以前のバージョンのオーケストレーションに配信されます。その他の値に設定すると、メッセージがオーケストレーションの両方のバージョンに配信されます。

    SP1 をインストールした後、PruneSubsOfOrchestrationVersionsWithConvoy のレジストリ キーを構成するのには、次の手順を実行します。

    警告 重大な問題、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用して、または別の方法を使用して変更すると発生します。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証できません。お客様の責任においてレジストリを変更します。
    1. レジストリを開き、次のキーを選択します。
      HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\BTSSvc ドル<hostname></hostname>
    2. という新しい DWORD 値を作成します。 PruneSubsOfOrchestrationVersionsWithConvoy.
    3. 選択 10 進数 設定し、 [値のデータ 値に 1.
    4. ホスト インスタンスを再起動します。
  • BizTalk 管理コンソールでは、配置、開始、または多くのノイズがアプリケーションの停止に必要な時間が改善されました。

  • WCF カスタム アダプターは、BizTalk 構成ファイル (BTSNTSvc.exe.config または BTSNTSvc64.exe.config) に指定されたバインドを使用することもできます。Sp1 を適用する前に、WCF アダプターが machine.config ファイルに指定されたバインドを使用します。

    WCF カスタム アダプターは、BizTalk の構成ファイルを使用しての詳細については、次のマイクロソフト開発ネットワーク (MSDN) Web サイトを参照してください。
    .aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee519509 (BTS.20)
BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 の新機能の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ee532481 (BTS.20)

既知の問題

1. が正常にこの service pack を適用した後、このサービス パックによって更新されたすべての BizTalk Server 2006 R2 バイナリ バージョン 3.6.2149.10 に更新されます。ただし、バージョンが誤って「3.6.1404.0」として表示します。

メモ バージョン番号を確認するには、選択、 Microsoft BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 エントリには、 プログラムの追加と削除 コントロール パネルのアイテム サポート情報については、ここをクリックします。.または、エントリを選択します。 [プログラムと機能 コントロールが Windows Vista を実行している場合は、パネルでは。



2. ロゼッタをインストール 3.5 は Microsoft BizTalk アクセラレータを搭載したコンピューター上で BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 をインストールすると、インストール プロセスがハングする可能性があります。この問題を回避するには、次のディレクトリから AcceleratorsInterop.dll を削除する、インストールを再起動します。

プロパティをチェック

この問題は、BizTalk Server 2006 R2 Service Pack 1 かと、KB961534 がコンピューターにインストールされて既にが再をインストールするときに通常発生します。


プロパティ

文書番号: 974563 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew kbbiztalk2006r2sp1fix KB974563 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:974563
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com