Windows Server 2008 R2 の Windows 7 システム センター操作マネージャー 2007年をサポートします。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 974722 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

ここでは Microsoft システム センター操作マネージャー 2007 Service Pack 1 (SP1) と Windows Server 2008 R2 および Windows 7 オペレーティング システムのサポートについて説明し、オペレーション マネージャー 2007 R2。管理パックの可用性、既知の問題、およびこれらの問題に対処するためにリリースされる更新プログラムが表示されます。

詳細

サポートは、次のオペレーティング システム上でオペレーション マネージャー 2007 SP1 およびオペレーション マネージャー 2007 R2 を実行するために使用できるようになりました。
  • Windows Server 2008 R2
  • Windows 7
次の表は、オペレーション マネージャーの役割と、これらのオペレーティング システムでサポートされているコンポーネントを示します。
元に戻す全体を表示する
オペレーティング システム操作マネージャーのサーバーの役割操作マネージャー エージェント操作マネージャー オペレーション コンソール
Windows Server 2008 R2[はい][はい][はい]
Windows 7いいえ[はい][はい]
更新された Windows Server オペレーティング システムの管理を Windows Server 2008 R2 のサポートを含む、パック (バージョン 6.0.6667.0) では、 システム センター操作マネージャー 2007年カタログ Web サイトです。

更新された管理パックにこれらのオペレーティング システムとその機能をサポートする使用可能になるの システム センター操作マネージャー 2007年カタログ Web サイトにアクセスしてから、Operations Manager 2007 R2 オペレーション コンソールします。

メモ Microsoft オペレーション マネージャー 2005年は、Windows Server 2008 R2 または Windows 7 のサポートは提供されません。

既知の問題

アップグレードされたオペレーティング システムの既知の問題

次の既知の問題は、オペレーティング システムが Windows Server 2008 R2 にアップグレードした場合に発生します。これらの問題は、オペレーション マネージャー 2007 SP1 およびオペレーション マネージャー 2007 R2 の将来の利用可能な更新プログラムで修正されます。
オペレーティング システムが Windows Server 2008 R2 にアップグレードされたルート管理サーバー上で Operations Manager サービスが予期せず停止する
の問題:ルート管理サーバー上のオペレーティング システムを Windows Server 2008 R2 にアップグレードした後、次のサービスが予期せず停止するままとなります。
  • Operations Manager 2007 の SP1 の場合、OpsMgr の構成サービスと、OpsMgr SDK サービス
  • オペレーション マネージャー 2007 R2: System Center 管理構成および System Center データ アクセス
この場合は、これらサービスの終了がシステム ログにイベントが記録されます。これらのイベントの「サービス コントロール マネージャー」およびイベント ID 7031 のイベント ソースがあります。

への影響:SDK の接続は利用できません。オペレーション コンソール、コネクタ、および他の SDK クライアント接続が失敗します。さらに、ルートの管理サーバーを計算するか、または、グループ メンバーシップ、新規または更新の上書き、または管理パックの配布の更新などの新しい構成を配布することはできません。

回避策:この問題をオペレーション マネージャー 2007 SP1 では、至るベース (KB) 記事 971541 に記載されている更新プログラムのロールアップを適用することで解決します。ルート管理サービス (RMS) のオペレーティング システムを Windows Server 2008 R2 のアップグレード後適用されますが、または更新プログラムのロールアップは、RMS を再適用します。

この問題は、至るベース (KB) の記事 KB974144 に記載されている、累積的な更新 1 を適用することでオペレーション マネージャー 2007 R2 の解決です。ルート管理サービス (RMS) のオペレーティング システムを Windows Server 2008 R2 のアップグレード後適用されますが、または更新プログラムのロールアップは、RMS を再適用します。
Windows Server 2008 R2 にはオペレーティング システムをアップグレードした後、AdtServer サービスが開始されません。
の問題:オペレーティング システムを Windows Server 2003 から Windows Server 2008 R2 にアップグレードした後は、Adtserver サービスは起動しません。さらに、次のイベントが記録されます。

イベント ID: 4672
AdtServer には起動時に次の問題が発生しました。
タスク: 開く監査データベース
エラー: データベースに接続しました
エラー: 0x00000002
エラー メッセージ:
指定されたファイルが見つかりません。Error2: システムは指定されたファイルは手動でサービスを開始しようとして見つけることができません。

への影響:監査コレクション サービス (ACS) サーバーの機能を実行して、サービスを開始できません。これは、オペレーション マネージャー SP1 とオペレーション マネージャー R2 の両方に発生します。ACS の起動時には、データ ソース名 (DSN) を設定するに使用される場所と一致しているかどうかを確認するデータ ソースを使用、オープン データベース コネクティビティ (ODBC) ドライバーの場所を照会します。Windows Server 2008 R2 では、データベース ドライバーの場所のレジストリ パラメーターに実際のパスではなく環境変数が含まれています。「C:\Windows\System32\Sqlsrv32.dll」DSN を使用して、SQL Server ドライバー「% Windir%\System32\SQLSRV32.dll」Adtserver プロセスは、それらが同じであるかどうかを確認するのには、起動時にこれらの値と比較すると、Adtserver プロセスを異なる検索します。オペレーティング システムのアップグレード時にのみに発生します。

回避策:次のレジストリ変更を行います。
サブキー:
事実。INI\SQL サーバー

のエントリ:ドライバー
元の値: %Windir%\System32\Sqlsrv32.dll
新しい値:C:\Windows\System32\Sqlsrv32.dll
オペレーション マネージャー 2007 R2 監査コレクション サービス (ACS) サーバーでは、ACS サーバー オペレーティング システムを Windows Server 2008 R2 にアップグレードする前に、ACS サーバーの役割に累積的な更新 1 (KB 974144) を適用します。ACS サーバー ロールに KB 974144 更新が既に適用されている場合は、KB 974144 更新プログラムを再適用することがなく、オペレーティング システムをアップグレードできます。

オペレーション マネージャー 2007 SP1 の監査コレクション サービス (ACS) サーバーでは、SP1 更新プログラムのロールアップ (KB 971541) は ACS サーバーの役割に ACS サーバー オペレーティング システムを Windows Server 2008 R2 にアップグレードする前に適用されます。ACS サーバー ロールに KB 971541 更新プログラムが既に適用されている場合は、KB 971541 更新プログラムを再適用することがなく、オペレーティング システムをアップグレードできます。

オペレーション マネージャー 2007 SP1 の既知の問題

Operations Manager 2007 で次の既知の問題 Windows Server 2008 R2 および Windows 7 のオペレーティング システムで発生します。
64 ビット版の Windows Server 2008 R2 の Server Core インストール上でオペレーション マネージャー 2007 SP1 エージェントのインストールに失敗した、エラー メッセージ「Windows インストーラー サービスできませんアクセスできませんでしたを」
の問題:64 ビット版の Windows Server 2008 R2 のオペレーション マネージャー 2007 SP1 エージェント Server Core インストールをインストールするときに、処理は失敗し、次のエラー メッセージが表示されます。
Windows インストーラー サービスにアクセスできませんでした。
この問題をオペレーション マネージャー 2007 SP1 のセットアップを 64 ビット システムが 32 ビットのエミュレーションでは、実行する必要がありますいくつかのコンポーネントがある発生し、必要なサブシステムは、既定では、Windows Server 2008 R2 の Server Core インストールにインストールされていません。

への影響:インストールは完了しません。

回避策:オペレーション マネージャー 2007 R2 にアップグレードできます。またはでこの問題が発生システムごとに次の手順を実行します。
  1. エージェントをインストールするコンピューターにログオンします。
  2. 必要なサブシステムをインストールするには、次のコマンドを実行します。
    Start /w ocsetup ServerCore-WOW64
    メモ Ocsetup.exe プログラムは大文字と小文字のパラメーターを受け取ります。したがって、ここで表示されるタイプ"ServerCore WOW64"、大文字と小文字を使用する必要があります。
  3. インストールを完了するのには、コンピューターを再起動します。
  4. コンピューターがオンラインのときは、Operations Manager エージェントをインストールします。
  5. エージェントのインストールが完了すると、この機能は、エージェントが機能が必須ではありませんので、Ocsetup.exe プログラムの/アンインストールパラメーターを使用して、ServerCore WOW64 の機能を削除できます。しかし、ServerCore WOW64 の機能を削除した後、コンピューターを再起動する必要があります。
メモ この問題の更新オペレーション マネージャー 2007 SP1 の修正されません。ただし、Operations Manager 2007 R2 で修正します。
「、線上 123 スクリプト 'MOM 下位互換性サービス状態の監視スクリプト' 実行中にエラー」の説明に「下位互換性スクリプト エラー」アラートが生成されます。
の問題:オペレーション マネージャー 2007 SP1 エージェントが Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターにインストールされているし、オペレーション コンソールで、アラートが発生することが監視されているコンピューターでイベントが出力されることがあります。警告は、下位互換性スクリプトが失敗したことを報告します。

警告とエージェントの対応するイベントの詳細を次に示します。


元に戻す全体を表示する
警告フィールド
警告下位互換性スクリプト エラー
アラートの説明スクリプト 'MOM 下位互換性サービス状態の監視スクリプト' 実行中に、エラー線上 123 が発生しました
ソースMicrosoft VBScript 実行時エラー
説明型が一致しません: 'get'

操作マネージャーのログ名:
ソース: 正常性サービス モジュール
イベント ID: 9100
レベル: エラー
説明:
スクリプト 'MOM 下位互換性サービス状態の監視スクリプト' ソースの実行中に、エラー線上 123 が発生しました: Microsoft VBScript 実行時エラーの説明: 型が一致しません: 'get'

への影響:不足しています。Windows 7 および Windows Server 2008 R2 では、スクリプトが予期しない null 値を持ついくつかのサービスを持つために発生します。そのため、スクリプトはエラーで失敗します。これらのスクリプトが失敗するのサービスは重要ではないです。そのため、この警告は無視できます。

回避策:警告を無視またはオペレーション マネージャー 2007 R2 にアップグレードします。この問題をオペレーション マネージャー 2007 SP1 の KB 資料 971541 に記載されている更新プログラムのロールアップを適用することで解決します。
ソース ヘルス サービス モジュール] からイベント ID 26017 示すのオペレーション マネージャー 2007 SP1 エージェントでは、発生した「監視イベント ログ プロバイダー、 <LogName># 分背後のイベント ログに「分の数が数百万の何百ものです。</LogName>
の問題:オペレーション マネージャー 2007 SP1 エージェントが Windows 7 または Windows Server 2008 R2 を実行しているコンピューターにインストールされている場合は、1 つまたは複数のイベント ログに次のイベントを記録可能性があります。さらに、分単位の値が非常に大きい。

操作マネージャーのログ名:
ソース: 正常性サービス モジュール
イベント ID: 26017
レベル: 警告
説明: %1 イベント ログを監視する Windows イベント ログ プロバイダーでイベントを処理するは、%2 分背後です。しばらくの間オフラインになってまたはワークフローによって処理される多くのイベントは、プロバイダーを再起動するときに発生します。

への影響:なし。これらのイベントのために生成されたタイムスタンプの差が正しく計算されていません。イベント ログの処理が正常に動作している実際に、イベントは無視できます。

回避策:回避策は必要ありません。イベントを無視またはオペレーション マネージャー 2007 R2 にアップグレードします。この問題をオペレーション マネージャー 2007 SP1 を将来利用できる更新プログラムで修正されます。
エージェントのプッシュ インストールが Windows Server 2008 R2 および Win7 の上で、エラーが「COM プロキシは、不適切なコンテキストから呼び出されました」失敗します。
の問題:検出ウィザードは、Windows Server 2008 R2 またはウィンドウ 7 のシステム上でオペレーション マネージャー 2007 SP1 エージェントのプッシュ インストールを実行する場合は、インストール タスクは、「COM プロキシ、不適切なコンテキストから呼び出されましたが」失敗のエラー メッセージ。

への影響:Operations Manager 2007 の探索ウィザードを使用して、このシステムではエージェントをインストールできません。

回避策:システムにローカルでログオンし、エージェントの手動インストールを実行します。詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc950516.aspx
この問題をオペレーション マネージャー 2007 SP1 の KB 資料 971541 に記載されている更新プログラムのロールアップを適用することで解決します。

オペレーション マネージャー 2007 SP1 およびオペレーション マネージャー 2007 R2 の既知の問題

Web コンソールの役割を Windows Server 2008 R2 サーバーのインストールに失敗した「不明なエラー (0x80005000)」
の問題:Web コンソールの役割を Windows Server 2008 R2 のインストールは、「不明なエラー (0x80005000)」エラー メッセージが失敗します。

への影響:Web コンソールの役割をインストールすることはできません。

回避策:インストールおよびオペレーション マネージャー 2007 Web コンソールの操作に必要な前提条件が含まれているため、IIS 6 管理互換コンポーネントを追加する必要があります。サーバー マネージャーを使用して、IIS 6.0 管理互換コンポーネントをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. クリックしてください。 スタート[ 管理ツールプロパティ サーバー マネージャー.
  2. コンソール ツリーで、展開します。 ロール、右クリック Web サーバー (IIS)プロパティ [役割サービスを追加します。.
  3. で、 [役割サービスを選択します。 ウィンドウを下方向にスクロール IIS 6 管理互換性.
  4. オンにし、 IIS 6 メタベース互換性 チェック ボックスと、 IIS 6 管理コンソール チェック ボックス。
  5. クリックしてください。 次へ で、 [役割サービスを選択します。 ページをクリックし. インストール で、 インストールの選択内容を確認します。 ページします。
  6. クリックしてください。 閉じる 役割サービスの追加ウィザードを終了します。
オペレーション マネージャー 2007 SP1 およびオペレーション マネージャー 2007 R2 前提条件チェッカーこの不足している依存関係は将来の更新で検出されます。

プロパティ

文書番号: 974722 - 最終更新日: 2013年1月22日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center Operations Manager 2007 Service Pack 1
  • Microsoft System Center Operations Manager 2007 R2
キーワード:?
kbhowto kbexpertiseinter kbsurveynew kbinfo kbmt KB974722 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:974722
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com