ファイルの内容が変更されていない場合でもファイル DFSR でサーバー間でレプリケートされます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 974774 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

分散ファイル システム レプリケーション (DFSR) を使用すると、ファイルの内容が変更されていない場合でも、レプリケート フォルダー内のすべてのファイルはサーバー間で re-replicated です。この現象は、継続的にサーバー間で"ping pong"で発生することがあります。ファイルを詳しく調べる場合に、以下の条件に該当する検索します。
  • ファイルが視覚的に変更されません。
  • 最終更新日は変更されませんでした。
  • ファイルは、DFSR ConflictedAndDeleted フォルダーに移動することになります。
  • ユーザーは、最近使ったファイルの変更が取り消される、およびファイルが古いバージョンのように思われますがあります。
さらに、DFSR デバッグ ファイルごとにレプリケートされた次のようなショー エントリが記録されます。
20090629 19:12:57.725 2532 USNC 2453 UsnConsumer::UpdateIdRecord ID record updated 
from USN_RECORD:
+ USN_RECORD:
+ RecordLength: 96
+ MajorVersion: 2
+ MinorVersion: 0
+ FileRefNumber: 0xF000000005E74
+ ParentFileRefNumber: 0x5000000000127
+ USN: 0x2ba89c0
+ TimeStamp: 20090629 19:12:57.709 Eastern Standard Time
+ Reason: Basic Info Change Close Named Data Extend Stream Change 
+ SourceInfo: 0x0
+ SecurityId: 0x0
+ FileAttributes: 0x20
+ FileNameLength: 32
+ FileNameOffset: 60
+ FileName: samplefile.rtf
メモ理由のテキスト次の使用例には」Stream の変更「が含まれていますいます。次回の更新では、「にデータ切り捨て」理由のテキストを変更することがあります。

原因

Windows Server 2008 R2 には「分類の管理」と呼ばれる新しいファイル サーバー リソース マネージャー (FSRM) コンポーネントが含まれていますいます。このコンポーネントのルールに基づくスケジュールされたタスクを実行するためにファイルを選択するために使用されます。その一般的な操作の一環として、分類管理オルタネート データ ストリームをファイルに書き込みます。これらのファイルを変更するのにはハッシュが、DFSR ファイル unnecessarily.If のスケジュール設定の分類規則を re-replicate に複数のサーバーで使用されるすべてのファイルを各方向にレプリケートする各サーバーで"ping pong"の効果が発生する可能性があります。

この現象は仕様によるものです。

解決方法

DFSR レプリケート フォルダーで FSRM の分類規則を使用することはお勧めできません。

FSRM の分類規則 DFSR レプリケート フォルダーを使用する場合は、規則を構成して DFSR を構成する前に実行することお勧めします。また、のみ、ルールを 1 台のサーバーと複数のサーバーに適用することをお勧めします。通常の勤務時間中に FSRM の定期的なルールを実行しないでください。FSRM の分類規則は、この場合、ユーザー ファイルの変更が失われる可能性があるため、着信変更まだ複製されていない、潜在的な DFSR サーバーに適用しないでください。

状況

マイクロソフトでは、この資料の対象製品」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

ファイル サーバー リソース マネージャーで Windows Server 2008 R2 の新機能の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd464014(WS.10).aspx
分散ファイル システム レプリケーションの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトにアクセスし、「よく寄せられる質問」のトピックを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc773238(WS.10).aspx

プロパティ

文書番号: 974774 - 最終更新日: 2009年8月20日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB974774 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:974774
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com