Windows SharePoint Services 3. 0 累積的な更新 Server 修正プログラム パッケージの STS x none.msp の説明: 2009 年 10 月 27 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 975002 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では、2009 年 10 月 27 日) は、Windows SharePoint Services 3. 0 修正プログラム パッケージで修正される Windows SharePoint Services 3. 0 の問題について説明します。

概要

この修正プログラム パッケージで修正される問題

  • 変更の一覧は、Windows SharePoint サービス (WSS) 3. 0 サイトから入手するには、ループで GetChanges() メソッドを呼び出すツールを使用します。 このツールの変更は、WSS 3. 0 サイトから入手するのには時間がかかることに注意してください。
  • 名前の確認機能 Windows SharePoint サービス (WSS) 3.0.The 機能解決名前には、非常に時間がかかる使用します。 この問題は、WSS 3. 0 NT4.0 ドメインから名を確認するときに発生します。
  • ディスカッション リストで、リスト アイテムを削除します。 リスト アイテムに関連付けられている添付ファイルがバック エンド データベースには削除されません。
  • コンテンツの承認機能を有効にすると、アイテムを承認できるユーザーのみのマイナー バージョンのドキュメントの通知を受け取ることができます。 この更新プログラムを適用すると、項目も参照できるユーザーのマイナー バージョンのドキュメントの通知を受け取ることができます。

    メモ 下書きアイテムのセキュリティ ユーザーがアイテムを参照したりアイテムを承認かどうかを決定します。
  • サイト コレクションを別のターゲットに転送するのにには、コンテンツ展開機能を使用します。 それを転送した後、サイト コレクションで新しいサイトを作成することはできません。 この問題は、バリエーション システム ページが正しく伝達されていないために発生します。 この問題は、不適切なコンテンツ タイプが使用されるためにも発生します。
  • Microsoft Office SharePoint Server 増分の展開、ユーザー情報リストを実行する 2007.When の重複している列がフランス語版で増分展開を実施します。
  • バリエーション システムを使用して Web ページを伝達します。 [ページの対象バリエーション サイトで公開されるまで、SPListItem.ForwardLinks プロパティは更新されません。
  • 一覧で、ルート Web サイトを参照するルックアップ列を含むサブサイトがあります。 増分は、コンテンツ展開を行うと、展開に成功しました。 ただし、警告メッセージが表示されます。
    ルックアップ リスト/sites/PublishingSite/RootDocLib を見つけることができません。 リスト、エクスポートされたパッケージの一部ではないと、移動先サイト コレクションに存在しません。
    ルックアップ列が展開されないし、列の値が設定されていません。 また、ルックアップ値リストが空です。
  • SharePoint ドメインがリモート ドメインと信頼関係があります。 リモート ドメインのユーザーが Office SharePoint サービス (MOSS) サイト、ドメイン ローカル セキュリティ グループを使用してアクセスできます。 プロファイルのユーザーは、サイト コレクション レベルが作成されます。 次に、プロファイルは、コンテンツ データベースの UserInfo テーブルに格納されます。 ユーザー アクセスの詳細については、データベース テーブルの [tp_ExternalToken] 列に格納されます。

    [tp_ExternalToken] 列でのタイマー ジョブが正しく更新されると、警告は送信されません。 さらに、警告セキュリティ トリミングできます。
  • コンテンツを含むサイト コレクションと URL パスの長さを復元するとき、復元は失敗、260 文字より長い時間になります。 さらに、次のエラー メッセージが表示されます:
    復元されたサイト コレクション内の 1 つまたは複数のファイルはサポートされているパスの最大長を超えます。 短い移動先サイトのアドレスを選択して、やり直してください。
    この更新プログラムをインストールした後をサイトの URL パスの長さが未満か、元のサイトの URL パスの長さに等しい場合の復元が完了します。 ただしでのみサポートされているパスの最大の長さは、260 文字以内です、復元されたサイト内のコンテンツにアクセスできるようになります。
  • SharePoint サイトに .cab ファイルからサイトをインポートするのにには、?includeusersecurity オプションを使用します。 その後、SharePoint サイト内の すべてのユーザー] をクリックすると削除されたユーザーの一覧を参照してください。 ただし、この一覧を表示する予定がないです。

    サイトは、.cab ファイルからインポートするのには、?includeusersecurity オプションを使用するサンプル コードを次に示します:-f c:\sub1.cab ?includeusersecurity の
    Stsadm.exe ?o import ?url <siteURL> -f c:\sub1.cab ?includeusersecurity
  • SharePoint の予定表で X 詳細項目 をクリックすると、[カレンダー] ビュー、そこに含まれるすべてのアイテムは表示されません。
  • ASPX ページを作成し、SharePoint Designer で Dataformwebpart Web パーツを追加します。 Web パーツで共同作成者の権限を持つリストのアイテムを削除しようとすると、"アクセスが拒否されました"というエラーが表示されます。 ただし、リスト アイテムが削除されます。
  • サイズの大きいファイルは、ディスカッション掲示板にアップロードすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    1 つまたは複数の添付ファイルを介して sized… です。
    また、ディスカッション トピックの 5 つのアイテムが複製されます。
  • 2009年 8 月累積的な更新で (CU) が検出されたパフォーマンス回帰が発生します。
  • 案件管理リスト アイテムの添付ファイル フォルダーには、UNC ベースの Web フォルダーを開きます。 添付ファイル フォルダーへの添付ファイルをドラッグすると、追加された各アイテムの 4 つの重複するコメントが作成されます。
  • 展開されて、ページ ライブラリ、コンテンツ展開機能を通じてアクセスすると、パフォーマンスが低下します。
  • 一覧では、顧客のフォルダーのコンテンツ タイプに基づいているフォルダーがあります。 [顧客] フォルダーに複数値ルックアップ列があります。 フォルダーの名前を変更すると、複数値ルックアップ値が失われます。
  • SPFieldLookup クラスから派生するカスタム フィールドを作成します。 このフィールドをドキュメント ライブラリに追加し、複数の値には、フィールドを有効にします。 いくつかの値を列に追加した後、コンテンツ展開機能を実行します。 ユーザー設定フィールドの値のいずれも正常にターゲット ファームに移りません。
  • Framework 4. 0 は、SharePoint サイトは、.NET で実行を処理すると、サイトが .NET により、SharePoint 構成データベースに書き込む Framework 4. 0 のアセンブリの参照。 SharePoint サイトを実行すると、障害発生する、.NET Framework 2. 0 を解決できないために .NET Framework 2.0.This の問題が発生アセンブリ参照では、.NET Framework 4. 0。

    メモ .NET Framework 4. 0 のリリースの 2010年 3 月予定です。
  • データ ビューをデータ ソースとして SQL データベースを使用して Web パーツを作成します。 フィルター機能および並べ替え機能を有効にしようとすると、Web パーツのドロップダウン メニューを生成します。 ただし、Web パーツ並べ替えまたはフィルターで抽出していません。

    データ ソースとして、SharePoint リスト</a0>] または [SharePoint ライブラリを使用する場合は、この問題は発生しません。
  • SharePoint サイトにファイルをアップロードして、"すべてのユーザーに読み取りの許可として"マークを付ける "everyone"認証"されたすべてのユーザーとして"が定義されていますSharePoint オンラインのなど、同じホストを共有する複数のサイトの 1 つのサイト (サイト A) からユーザーを別のサイト (サイト B) 上の「認証されたユーザー」です。 したがって、サイト B からの特定のファイルがユーザーに対して表示するにはサイト A: からです。
  • ページ内の値を入力し、[ページを送信します。 必須フィールドの情報が欠落している場合は、次の検証エラー メッセージが表示されます。
    この必須フィールドに値を指定する必要があります。
    次に、ルックアップ列は、編集プロセスが変更された値は保持されません。
  • 複数値ルックアップ列があります。 また、別のテキスト列から計算された値が含まれている列があります。 複数値ルックアップ列と集計列に組み合わせて使用する場合は、[バージョン履歴] ページを開くことができません。 [バージョン履歴] ページが失敗し、不明なエラー メッセージが表示されます。
  • Microsoft Office SharePoint Server 2007 更新プログラムをインストールする前に、コンテンツ データベースをデタッチし、2009年 8 月 CU、2007 Microsoft Office システムをインストールします。 データベースを再アタッチしようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
    インデックスが配列の境界外です。
  • この更新プログラムをインストールした後、ルールは、アップグレード前チェッカー ユーティリティのレポートが更新されます。
  • 976393Windows SharePoint Services 3. 0 サイトには、ファイルをアップロードし、[新規] メニューから選択したカスタム コンテンツ タイプが使用されていません。
  • 974549SharePoint Server 2007 の新しいサイトに、古いサイトを復元した後、新しいサイトのリンクの代わりに、古いサイトのリンクが表示されます。
  • 976043単一サーバーの Windows SharePoint Services 3. 0 のインストールを構成するのには、サーバーの完全修飾ドメイン名を使用している場合、Windows SharePoint サービスの検索サービスが起動しません。
  • 976431一部のリストまたはアンケートのクロールを実行し、アクセス違反エラー メッセージが表示されます。
  • 975532Windows SharePoint Services 3. 0 サイトで、クロールを実行すると、パフォーマンスの問題が発生します。
  • 976463Windows SharePoint Services 3. 0 サイトでは、完全なユーザー プロファイル インポートを実行すると一部のクロールされたプロパティの値は失われます
  • 976429Windows SharePoint Services 3. 0 サイトの [高度な検索] ページで検索語句を指定せずに [検索] をクリックすると、インデックスからすべての結果を受け取る
  • 976439SharePoint Web ページをクロールすると、検索結果に表示される Web ページの最終更新日が正しくありません。
  • 976432無効な URL のアイテムを SharePoint Services 3. 0 環境では、検索結果の Web パーツを表示します。
  • 974087 すべての定期的、定期的なイベントを Windows SharePoint Services 3. 0 の予定表] ボックスの一覧を取得する Lists.asmx Web サービスの GetListItems メソッドを使用すると、1 つの項目だけが返されます
  • 976393 Windows SharePoint Services 3. 0 サイトには、ファイルをアップロードし、[新規] メニューから選択したカスタム コンテンツ タイプが使用されていません。
  • 976396 Windows SharePoint Services 3. 0 では、名前の確認機能を非常に時間がかかる名前を解決します。
  • 976440 Windows SharePoint Services 3. 0 サイトのコンテンツの承認オプションを有効にすると読み取り権限がユーザーの下書きまたはマイナー バージョンのドキュメントの通知は表示されません。

詳細

修正プログラムについて

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。 ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正することを目的としたものです。 この資料に記載された障害があったコンピューターに対してのみ適用することを推奨します。 この修正プログラムは、今後さらにテストを行う場合があります。 この問題で深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムが含まれる次のソフトウェア更新プログラムがリリースされるまで待つことを推奨します。

修正プログラムのダウンロードに使用できる場合は、この「サポート技術情報」(Knowledge Base) 資料の先頭に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。 このセクションが表示されていない場合は、修正プログラムを取得するのには、マイクロソフト カスタマーサービスとサポートに問い合わせてください。

メモ 別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。 特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。 完全な一覧マイクロソフト カスタマー サービスとサポートの電話番号のまたは個別のサービス要求を作成するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムを使用可能な言語が表示されます。 お使いの言語が表示されていない場合は、修正プログラムがその言語で利用できないためにです。

前提条件

この修正プログラムをインストールするのには、Windows SharePoint サービス 3. 0 Service Pack 2 または Windows SharePoint サービス 3. 0 Service Pack インストール 1 を持っている必要があります。 関連情報を参照するには、以下の「サポート技術情報」 (Microsoft Knowledge Base) をクリックしてください:
949582Windows SharePoint Services 3. 0 用の最新の Service Pack の入手方法

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この更新プログラムを適用しても、以前にリリースされた更新プログラムが置き換えられることはありません。

レジストリについて

このパッケージに含まれている修正プログラムを使用するために、レジストリを変更する必要はありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。 この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要なファイルのみが含まれています。

この修正プログラム パッケージを使用する Microsoft Windows インストーラーのグローバル版修正プログラム パッケージのインストールをパッケージ化します。 日付および時刻、これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) で、次の表に示します。 ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用します。

x86

情報のダウンロード

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
WSS kb975002-fullfile x 86-glb.exe12.0.6520.500019,040,23217-10 月から 200914: 57x86


Microsoft Windows インストーラーの .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
STS-x-none.msp適用しません。19,162,62416-10 月から 200923: 47適用しません。


修正プログラムをインストールした後、この修正プログラムのグローバル版ファイル属性、またはそれ以降のバージョンのファイル属性は、次の表に一覧表示されますがあります。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Dwdcw20.dll12.0.6500.5000438,6162009-26-2 月 2 日08: 58x86
Microsoft.internal.mime.dll8.0.685.19564,1282008 年 8 月 14 日09: 16x86
Microsoft.sharepoint.administrationoperation.dll12.0.6500.5000485,2402009-26-2 月 2 日04: 11適用しません。
Microsoft.sharepoint.applicationpages.administration.dll12.0.6500.5000268,1362009-26-2 月 2 日04: 11x86
Microsoft.sharepoint.applicationpages.dll12.0.6520.5000628,62412-10 月から 200915: 14x86
Microsoft.sharepoint.dll12.0.6520.50009,553,76812-10 月から 200915: 14適用しません。
Microsoft.sharepoint.dll12.0.6520.50009,553,76812-10 月から 200915: 14x86
Microsoft.sharepoint.intl.dll12.0.6500.5000485,2402009-26-2 月 2 日04: 11x86
Microsoft.sharepoint.library.dll12.0.6517.5000128,87217-9 月から 200914: 41適用しません。
Microsoft.sharepoint.search.dll12.0.6520.50001,460,59212-10 月から 200915: 28適用しません。
Microsoft.sharepoint.search.intl.dll12.0.6500.5000198,5762009-26-2 月 2 日04: 43適用しません。
Microsoft.sharepoint.workflowactions.dll12.0.6505.5000194,44005-月-200923: 35x86
Msscntrs.dll12.0.6510.500088,40817-6 月-200908: 27適用しません。
Mssdmn.exe12.0.6520.5000280,93612-10 月から 200915: 28適用しません。
Mssearch.exe12.0.6512.5000156,05622-7 月から 200919: 41適用しません。
Mssph.dll12.0.6520.5000700,22412-10 月から 200915: 28適用しません。
Mssrch.dll12.0.6520.50002,063,17612-10 月から 200915: 28適用しません。
Nlhtml.dll2008.1231.6510.5000123,24021-6 月-200920: 59適用しません。
Offfilt.dll2008.225.6500.5000199,5362009-25-2 月 2 日14: 21適用しません。
Offparser.dll12.0.6504.50001,133,44822-4 月から 200915: 26x86
Oisimg.dll12.0.6500.500022,8882009-26-2 月 2 日04: 11x86
Oleparser.dll12.0.6500.500025,4882009-26-2 月 2 日04: 11x86
Onetnative.dll12.0.6500.5000354,6962009-26-2 月 2 日01: 46x86
Onetutil.dll12.0.6520.50001,980,27212-10 月から 200914: 29x86
Owssvr.dll12.0.6520.50003,022,69612-10 月から 200915: 14適用しません。
Owstimer.exe12.0.6520.500054,62412-10 月から 200915: 14適用しません。
Prescan.exe12.0.6500.5000104,2722009-26-2 月 2 日04: 11x86
Psconfig.exe12.0.6500.5000575,4002009-26-2 月 2 日04: 11x86
Psconfigui.exe12.0.6500.5000821,1602009-26-2 月 2 日04: 11x86
Query.dll12.0.6510.500081,21617-6 月-200908: 27適用しません。
Setup.exe12.0.6500.5000439,1442009-26-2 月 2 日07: 24x86
Spwriter.exe12.0.6500.500034,1682009-26-2 月 2 日04: 11適用しません。
Stsadm.exe12.0.6520.5000571,28012-10 月から 200915: 14x86
Stsmmc.dll12.0.6500.500096,6482009-26-2 月 2 日04: 11x86
Stssoap.dll12.0.6520.5000313,19212-10 月から 200915: 14x86
Stswel.dll12.0.6520.50001,935,72012-10 月から 200915: 14x86
Tquery.dll12.0.6518.50002,357,57622-9 月から 200915: 29適用しません。
Wssadmin.exe12.0.6500.500015,2562009-26-2 月 2 日04: 11適用しません。
Wsssetup.dll12.0.6500.50006,783,8482009-26-2 月 2 日07: 24x86
Wsstracing.exe12.0.6500.500045,4162009-26-2 月 2 日04: 11x86
Xmlfilter.dll2008.1231.6514.5000102,24817-8 月から 200916: 42適用しません。


x64

情報のダウンロード

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
WSS kb975002-fullfile x 64-glb.exe12.0.6520.500023,131,43217-10 月から 200904: 25x86


Microsoft Windows インストーラーの .msp ファイル情報

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
STS-x-none.msp適用しません。23,281,66416-10 月から 200913: 03適用しません。


修正プログラムをインストールした後、この修正プログラムのグローバル版ファイル属性、またはそれ以降のバージョンのファイル属性は、次の表に一覧表示されますがあります。

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Dwdcw20.dll12.0.6500.50001,093,4482009-26-2 月 2 日02: 02x64
Microsoft.internal.mime.dll8.0.685.19564,1362008 年 8 月 14 日09: 16x86
Microsoft.sharepoint.administrationoperation.dll12.0.6500.5000485,2242009-26-2 月 2 日02: 57適用しません。
Microsoft.sharepoint.applicationpages.administration.dll12.0.6500.5000268,1362009-26-2 月 2 日02: 57x86
Microsoft.sharepoint.applicationpages.dll12.0.6520.5000628,62412-10 月から 200915: 03x86
Microsoft.sharepoint.dll12.0.6520.50009,553,76812-10 月から 200915: 03適用しません。
Microsoft.sharepoint.dll12.0.6520.50009,553,76812-10 月から 200915: 03x86
Microsoft.sharepoint.intl.dll12.0.6500.5000485,2242009-26-2 月 2 日02: 57x86
Microsoft.sharepoint.library.dll12.0.6517.5000128,87217-9 月から 200914: 32適用しません。
Microsoft.sharepoint.search.dll12.0.6520.50001,561,45612-10 月から 200915: 25適用しません。
Microsoft.sharepoint.search.intl.dll12.0.6500.5000198,5602009-26-2 月 2 日03: 24適用しません。
Microsoft.sharepoint.workflowactions.dll12.0.6505.5000194,45605-月-200923: 15x86
Msscntrs.dll12.0.6510.5000436,56817-6 月-200908: 01適用しません。
Mssdmn.exe12.0.6520.5000796,52012-10 月から 200915: 25適用しません。
Mssearch.exe12.0.6512.5000571,80022-7 月から 200919: 31適用しません。
Mssph.dll12.0.6520.50001,954,11212-10 月から 200915: 25適用しません。
Mssrch.dll12.0.6520.50004,758,34412-10 月から 200915: 25適用しません。
Nlhtml.dll2008.1231.6510.5000228,19217-6 月-200906: 48適用しません。
Offfilt.dll2008.225.6500.5000388,9602009-25-2 月 2 日14: 17適用しません。
Offparser.dll12.0.6504.50001,760,15222-4 月から 200915: 29x64
Oisimg.dll12.0.6500.500034,6642009-26-2 月 2 日02: 57x64
Oleparser.dll12.0.6500.500035,2162009-26-2 月 2 日02: 57x64
Onetnative.dll12.0.6500.5000953,7362009-26-2 月 2 日01: 39x64
Onetutil.dll12.0.6520.50003,385,20012-10 月から 200914: 29x64
Owssvr.dll12.0.6520.50005,158,76012-10 月から 200915: 03適用しません。
Owstimer.exe12.0.6520.500089,44012-10 月から 200915: 03適用しません。
Prescan.exe12.0.6500.5000104,2642009-26-2 月 2 日02: 57x86
Psconfig.exe12.0.6500.5000575,4002009-26-2 月 2 日02: 57x86
Psconfigui.exe12.0.6500.5000821,1602009-26-2 月 2 日02: 57x86
Query.dll12.0.6510.5000219,45617-6 月-200908: 01適用しません。
Setup.exe12.0.6500.5000439,1442009-26-2 月 2 日07: 24x86
Spwriter.exe12.0.6500.500056,1682009-26-2 月 2 日02: 57適用しません。
Stsadm.exe12.0.6520.5000571,28012-10 月から 200915: 03x86
Stsmmc.dll12.0.6500.5000160,6402009-26-2 月 2 日02: 57x64
Stssoap.dll12.0.6520.5000313,19212-10 月から 200915: 03x86
Stswel.dll12.0.6520.50003,327,33612-10 月から 200915: 03x64
Tquery.dll12.0.6518.50004,782,92022-9 月から 200914: 32適用しません。
Wssadmin.exe12.0.6500.500015,2562009-26-2 月 2 日02: 57適用しません。
Wsssetup.dll12.0.6500.50006,783,8482009-26-2 月 2 日07: 24x86
Wsstracing.exe12.0.6500.500084,3282009-26-2 月 2 日02: 57x64
Xmlfilter.dll2008.1231.6514.5000204,13614-8 月から 200900: 25適用しません。

関連情報

ソフトウェア更新の用語の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するには、以下「Base をクリックします。
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 975002 - 最終更新日: 2009年12月2日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows SharePoint Services 3.0
キーワード:?
kbqfe kbhotfixrollup kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB975002 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:975002
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com