断続的に資格情報が求められますか、認証サービスに接続する場合、タイムアウトが発生します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 975363
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

1 つまたは複数、次の現象が発生する可能性があります。これらの現象は、断続的または継続的なことがあります。これらの現象は可能性が高いと普及」使用率の高い「帯のビジネスの開始時と増加クライアント負荷のサーバー環境の日のようです。

Web サービスのシナリオでは、次の問題が発生する可能性があります。
  • Web クライアントが web サーバーからの応答が遅延が表示されます。
  • 正しい資格情報を入力した場合でもの資格情報を web クライアントが繰り返しよう求められます。
Web プロキシ シナリオで以下の問題が発生する可能性があります。
  • Web クライアントが web サーバーからの応答が遅延が表示されます。
  • 正しい資格情報を入力した場合でもの資格情報を web クライアントが繰り返しよう求められます。
Exchange クライアント シナリオでは、次の問題が発生する可能性があります。
  • クライアントがサーバーからの応答が遅延が表示されます。
  • 正しい資格情報を入力した場合でもの資格情報をクライアントが繰り返しよう求められます。
アプリケーション用に NTLM 認証を使用した場合に、以下の問題が発生する可能性があります。

ビジネスまたは NTLM 認証を使用するカスタム アプリケーションを失敗します。また、断続的に発生し、「アクセスの拒否」を含めることができますいくつかのエラーが表示される可能性があります。
ファイルのリモート アクセス シナリオでは、以下の問題が発生する可能性があります。
Windows クライアント「アクセスが拒否されました」エラーを受信するまたはファイル サーバーからの応答が遅延します。
どのような状況では、Kerberos 委任は、中間層のサービスで使用されている次の問題が発生する可能性があります。
クライアントは最初に正常にアクセスしますが、同じリソースにアクセスをできなきます。さらに、資格情報を繰り返し要求される場合がありますや、「アクセスが拒否されました」エラーが発生します。
注意
  • この問題は、1 つまたは複数、次の条件に当てはまる場合に発生する可能性が高いです。
    • 環境では、トランザクションおよび頻繁に使用されるサービスがあります。
    • WINNT プロバイダーを使用するスクリプトを頻繁に使用があります。
    • アプリケーションおよびサービスが構成されていない (または構成できない) が Kerberos 認証を使用します。
    • 次の 3 つの条件が当てはまる場合。
      • 環境では、多くの「アカウント ドメイン (つまり、ユーザー アカウントのあるドメイン) があります。
      • これには Windows Server 2003 ベースのドメイン コント ローラー (Dc) があります。
      • アプリケーションまたはサービスは、ドメイン名を提供せず認証可能性があります。たとえば、アプリケーションやは<null>\</null>の提供するサービスです。ユーザー名 代わりに ドメイン名\ユーザー名.
  • 次の現象は、環境でこの問題が発生していることを示します。
    • Kerberos のソース イベントは、アプリケーション サーバーのシステム ログに記録されます。このイベントは、Kerberos PAC 検証の失敗を示します。イベントには、次のようになります。

      イベントの種類: エラー
      イベント ソース: Kerberos
      イベント カテゴリ: なし
      イベント ID: 7
      ユーザー: 該当なし
      説明: に Kerberos サブシステムに PAC 検証エラーが発生しました。これは、ことを示すクライアントからの PAC コンピューター名 レルム内 AD DNS ドメイン名 いないことを確認されませんでしたまたは変更された pac を使う必要があります。システム管理者に問い合わせてください。
      データ: 0000: c0000192

    • Netlogon サービスのデバッグ ログ (Netlogon.log) 内のテキストは、テキストと一致する"NlpUserValidateHigher: クライアント API のスロットを割り当てることができません」。これらのエントリは、Netlogon のデバッグ ログの次のサーバーのいずれかで表示されます。
      • アプリケーション サーバー
      • アプリケーション サーバー ドメインのドメイン コント ローラー
      • 信頼する側のドメイン コント ローラー
    • パフォーマンス モニター パフォーマンス ログ Netlogon パフォーマンス カウンターのセマフォのタイムアウトの間、問題が発生している場合に 0 を超える値を示します。このカウンターの値は、このシナリオでは次のサーバーのいずれかが表示されます。
      • アプリケーション サーバー
      • アプリケーション サーバー ドメインのドメイン コント ローラー
      • 信頼する側のドメイン コント ローラー

原因

大量の NTLM 認証のときにこの問題が発生や Kerberos PAC 検証トランザクション (または両方) に発生する Windows ベースのサーバーでは、そのボリュームを同時に処理することができますボリュームよりも大きいですが、メンバー サーバーまたはドメイン コント ローラーの認証を提供します。つまり、これは認証リソースのボトルネックが発生します。

NTLM 認証と、PAC 検証は、Lsass.exe プロセスの Windows ベースのコンピューターに専用のスレッドによって実行されます。同時に、これらの要求を処理するために使用できるスレッドの最大数は、要求のスレッドを超えるし、要求もはや待つことはできない場合は、この問題が発生します。

既定では、ワークステーションを使用するために使用できるスレッドの 1 つがあるし、メンバー サーバーの 2 つのスレッドが使用可能なのであります。ドメイン コント ローラー セキュリティ チャネルごとの 1 つの使用可能なスレッドを信頼される側のドメインにあります。この目的のために専用のスレッドの最大数はこの「Maxconcurrentapi」として知られています。 そしては構成可能です。

解決方法

この問題を解決するには、1 つまたは複数、次の方法を使用します。
  • 次の修正プログラムをインストールしてで説明されている手順に従って、"レジストリ情報"セクションに移動します。その後 Windows Vista、Windows Server 2008、Windows 7 または Windows Server 2008 R2 は、 maximumlimitの同時接続クライアント コンピューターと別のサーバーにこの修正プログラムをインストールしたり、NTLM 認証または PAC 検証のドメイン コント ローラーを 150 に変更可能性があります。これは、パフォーマンス モニターのパフォーマンス ログ、または「セマフォのタイムアウト」の兆候が Netlogon が発生するすべてのサーバーで行う必要があります、"NlpUserValidateHigher: クライアント API のスロットを割り当てることができません「テキストでは、Netlogon のデバッグ ログ。
  • アプリケーション、NTLM を使用しているサービス、だけで、Kerberos 認証を使用するを構成します。これを行うには方法は、それらのアプリケーションを一意になります。
  • Kerberos PAC 検証が現象として表示されている場合に、このサービスを許可している場合、Kerberos PAC 検証を無効にします。これは 7 の Kerberos の供給システム イベントを使用するが、サーバー上で行ってください。

    メモKerberos PAC 検証は、アプリケーション プールまたはいくつかの Exchange 関連のサービスを無効にできません。
メモ 環境設定は、MaxConcurrentApi を設定するには、どのような値を決定するために以下の技術資料を参照します。

2688798 MaxConcurrentApi 設定を使用して、NTLM 認証のパフォーマンスをチューニングする方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムをマイクロソフトから入手することができます。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムには、さらに追加テストが行われる可能性があります。したがって、この問題のために深刻な影響を受けていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

修正プログラムがダウンロード可能な場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションが表示されます。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポートへお問い合わせいただき、修正プログラムを入手してください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス &amp; サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームには、修正プログラムを利用可能な言語が表示されます。お使いの言語の修正プログラムが存在しない場合、表示されません。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、Windows 7、Windows Server 2008 R2、Windows Vista Service Pack 2 または Windows Server 2008 Service Pack 2 実行するコンピューターする必要があります。

レジストリ情報

重要このセクション、方法、またはタスクには、レジストリの変更方法が記載されています。レジストリを誤って変更すると、深刻な問題が発生することがあります。そのため、この手順を慎重に実行するようにしてください。万一に備えて、編集の前にレジストリをバックアップしてください。問題が発生した場合でも、レジストリを復元できます。レジストリをバックアップおよび復元する方法の詳細については、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
322756 Windows でレジストリをバックアップおよび復元する方法
この修正プログラムをインストールした後、多数のパフォーマンス ログ Netlogon のパフォーマンス モニターの「セマフォのタイムアウト」がないかが、またはあるすべてのサーバー上、 Maxconcurrentapi値を大きく」NlpUserValidateHigher: クライアント API のスロットを割り当てることができません「テキストでは、Netlogon のデバッグ ログ。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. レジストリ エディターを起動します。
  2. 次のレジストリ サブキーを見つけます。
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Netlogon\Parameters
  3. 次のレジストリ エントリを作成します。

    名前: MaxConcurrentApi
    種類: REG_DWORD
    値:出題の大きな番号に値を設定 (既定値より大きい数値)。
  4. コマンド プロンプトを実行します。 net stop netlogon、し、実行 net start netlogon.
注意
  • 設定できる最大値は、オペレーティング システムのバージョンと修正プログラムが利用可能かどうかに依存します。
    • Windows Server 2003 で最大の設定可能な設定は 10 です。
    • Windows Server 2008 で最大の設定可能な設定 (せず、この資料の修正プログラム) は 10 です。修正プログラムとは、最大値は 150 です。
    • Windows Server 2008 R2 で最大の構成可能な設定 (せず、この資料の修正プログラム) は 10 です。修正プログラムとは、最大値は 150 です。
  • MaxConcurrentApivalueを 10 より大きくする場合は、運用環境で実装する前にロードを実行し、必要な設定のパフォーマンスを運用環境でテストしてください。これは、この値を増やすとその他のリソースのボトルネックは発生しませんを確認するをお勧めします。
Kerberos PAC 検証はサーバー上で無効にするには、次の手順を実行します。
  1. Regedt32 を起動します。
  2. HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Control\Lsa\Kerberos\Parameters レジストリ キー パスを見つけます。
  3. そのレジストリの場所に、という名前の DWORD 値を作成します。 ValidateKdcPacSignature.
  4. ValidateKdcPacSignature 値を 0 に設定します。
  5. サーバーを再起動します。
メモ Kerberos PAC 検証は、アプリケーション プールまたはいくつかの Exchange 関連のサービスを無効にできません。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを置き換えません。

ファイル情報

英語 (u. s.) バージョンのこの修正プログラムは、次の表に示す属性を持つファイルをインストールします。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ローカル コンピューターでは、これらのファイルの日付と時刻は、夏時間 (DST) が調整されたローカル時刻で表示されます。さらに、これらのファイルに対して特定の操作を実行すると、日付と時刻が変更される場合があります。

  • マニフェスト ファイル (.manifest) とインストールされている、MUM ファイル (.mum) 個々 の環境 別に記載 「Windows Vista と Windows Server 2008 のその他のファイル情報」セクションでします。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイル、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。

Windows Vista および Windows Server 2008 のファイルの情報

ファイル情報の x86 ベース バージョンの Windows サーバー 2008年と Windows Vista の
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付プラットフォーム
Netlogon.dll6.0.6002.22289592,8962009 年 12 月月 16 日まで12: 09x86
Nlsvc.mof該当なし2,8732009 年 4 月月 03 日まで21: 24該当なし
ファイル情報の x64 ベース バージョンの Windows サーバー 2008年と Windows Vista の
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付プラットフォーム
Netlogon.dll6.0.6002.22289716,8002009 年 12 月月 16 日まで12: 07x64
Nlsvc.mof該当なし2,8732009 年 4 月月 03 日まで20: 58該当なし
IA 64 ベース バージョンの Windows Server 2008 のファイル情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付プラットフォーム
Netlogon.dll6.0.6002.222891,216,5122009 年 12 月月 16 日まで12: 05IA-64
Nlsvc.mof該当なし2,8732009 年 4 月月 03 日まで20: 59該当なし

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のファイル情報

Windows 7 と Windows Server 2008 R2 のファイル情報のメモ重要Windows 7 の修正プログラムと Windows Server 2008 R2 の修正プログラムとは、同じパッケージに含まれています。修正プログラムのダウンロード ページでは、両方のオペレーティング システムの下に修正プログラムが一覧表示されます。1 つまたは両方のオペレーティング システムに適用この修正プログラム パッケージを要求するには、「Windows 7/Windows Server 2008 R2 で」ページに記載されている修正プログラムを選択します。[適用先] セクションの記事ごとの修正プログラムを適用する実際のオペレーティング システムを判断するには、常に参照してください。
  • マニフェスト ファイル (.manifest) とインストールされている、MUM ファイル (.mum) 個々 の環境 別に記載 [追加のファイル情報は、Windows Server 2008 R2 および Windows 7」のセクションで。MUM と MANIFEST ファイルおよび関連付けられているセキュリティ カタログ (.cat) ファイル、更新されたコンポーネントの状態を維持するために非常に重要です。属性の一覧が表示されていないセキュリティ カタログ ファイルは、Microsoft デジタル署名で署名されています。
サポートされているすべての x86 ベースの Windows 7
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付プラットフォーム
Netlogon.dll6.1.7600.20576563,7122009 年 11 月 16 日06: 40x86
Nlsvc.mof該当なし2,8732009 年 6 月月 10 日まで21: 29該当なし
サポートされているすべての x64 ベース バージョン Windows Server 2008 R2 および Windows 7 用
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付プラットフォーム
Netlogon.dll6.1.7600.20576692,7362009 年 11 月 16 日07: 45x64
Nlsvc.mof該当なし2,8732009 年 6 月月 10 日まで20: 47該当なし
サポートされているすべての Windows Server 2008 R2 の IA 64 ベースのバージョンについては
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付プラットフォーム
Netlogon.dll6.1.7600.205761,148,4162009 年 11 月 16 日06: 10IA-64
Nlsvc.mof該当なし2,8732009 年 6 月月 10 日まで20: 52該当なし


状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

この修正プログラムは、Windows 7 のサービス パック 1 (SP1) および Windows Server 2008 R2 Service Pack 1 (SP1) に含まれていること。

MaxConcurrentApi設定とその既定設定は、レガシ時間の限られたハードウェア機能および Windows 2000 のでは。古いハードウェアの場合、他のスレッドとそれらを生成する、RPC トラフィックを許可する、深刻な問題、多くのスレッドが作成された場合にパフォーマンスのボトルネックの可能性がありますされました。。新しいハードウェア プラットフォームとパフォーマンスの向上により、そのハードウェア パフォーマンスの制約が発生する可能性が低くです。いつものように、ゲージし、 MaxConcurrentApiレベルが [高] に設定を使用して、潜在的な負荷を増やす前に、環境のサーバーのパフォーマンスを理解することが重要です。

Netlogon サービスを使用する方法の詳細については、デバッグ ログ (Netlogon.log) は、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
109626 ネット ログオン サービスのデバッグ ログを有効にします。
Lessening その他の手順は、Netlogon サービスのデバッグ ログをクライアント送信している<null>\</null>を示すエントリが Windows Server 2003 ベースのドメイン コント ローラー上で実行できます。ユーザー名 代わりに ドメイン名\ユーザー名.次のマイクロソフト サポート技術資料には、手順を説明します。
923241 Lsass.exe プロセスが多くの外部の信頼は、Windows Server 2003 ベースのドメイン コント ローラーである場合を応答を停止可能性があります。
Netlogon パフォーマンス モニター オブジェクトを使用する方法の詳細については、利用できる Windows Server 2003 では、パフォーマンス オブジェクトを追加するのには、更新プログラムです。速度と NTLM 認証のスループットを監視することができます。 Windows Server 2003 の更新プログラムがあります。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
928576 新しいパフォーマンス カウンターを Windows Server 2003 では、Netlogon 認証のパフォーマンスを監視できます。

Netlogoan API のオーバー ロードを追跡するために新しいイベントが導入されています、Windows Server 2008 R2 の更新があります。

NTLM 認証の遅延が、Windows Server 2008 R2 での障害を追跡する新しいイベント ログ エントリがあります。
http://support.microsoft.com/default.aspx?scid=kb;2654097;
ソフトウェア更新プログラム関連用語の詳細については、次の資料番号をクリックし、「サポート技術情報」の記事をご覧ください。
824684 マイクロソフト ソフトウェア更新プログラムの説明で使用される一般的な用語の説明

追加のファイル情報

Windows Vista および Windows Server 2008 の追加のファイル情報

追加のファイル情報を x86 ベースのバージョンの Windows Vista および Windows Server 2008 の
元に戻す全体を表示する
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ3,068
日付 (UTC)2009 年 12 月月 16 日まで
時刻 (UTC)21: 16
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_d097c3e62c5fe28649de747cfa96d8cc_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22289_none_8f4d35d9370e9c53.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ705
日付 (UTC)2009 年 12 月月 16 日まで
時刻 (UTC)21: 16
プラットフォーム該当なし
ファイル名X86_microsoft windows セキュリティ netlogon_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22289_none_ffda50c84e769578.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ22,701
日付 (UTC)2009 年 12 月月 16 日まで
時刻 (UTC)14: 05
プラットフォーム該当なし
追加のファイル情報の x64 ベース バージョンの Windows サーバー 2008年と Windows Vista の
元に戻す全体を表示する
ファイル名Amd64_0fe0181b07108c9de21c48d7ff24c52a_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22289_none_f87d1e5f85e49530.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,060
日付 (UTC)2009 年 12 月月 16 日まで
時刻 (UTC)21: 16
プラットフォーム該当なし
ファイル名Amd64_microsoft windows セキュリティ netlogon_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22289_none_5bf8ec4c06d406ae.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ23,180
日付 (UTC)2009 年 12 月月 16 日まで
時刻 (UTC)15: 52
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ3,092
日付 (UTC)2009 年 12 月月 16 日まで
時刻 (UTC)21: 16
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft windows セキュリティ netlogon_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22289_none_664d969e3b34c8a9.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ18,332
日付 (UTC)2009 年 12 月月 16 日まで
時刻 (UTC)14: 00
プラットフォーム該当なし
IA 64 ベース バージョンの Windows Server 2008 用の追加のファイル情報
元に戻す全体を表示する
ファイル名Ia64_93a1c37632c96e8463a7fa3608662f92_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22289_none_f505daf555102feb.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ1,058
日付 (UTC)2009 年 12 月月 16 日まで
時刻 (UTC)21: 16
プラットフォーム該当なし
ファイル名Ia64_microsoft windows セキュリティ netlogon_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22289_none_ffdbf4be4e749e74.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ23,156
日付 (UTC)2009 年 12 月月 16 日まで
時刻 (UTC)16: 08
プラットフォーム該当なし
ファイル名Update.mum
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ2,247
日付 (UTC)2009 年 12 月月 16 日まで
時刻 (UTC)21: 16
プラットフォーム該当なし
ファイル名Wow64_microsoft windows セキュリティ netlogon_31bf3856ad364e35_6.0.6002.22289_none_664d969e3b34c8a9.manifest
ファイル バージョン該当なし
ファイル サイズ18,332
日付 (UTC)2009 年 12 月月 16 日まで
時刻 (UTC)14: 00
プラットフォーム該当なし

Windows 7 および Windows Server 2008 R2 の追加のファイル情報

サポートされているすべての x86 ベース バージョン Windows 7 用追加ファイル


元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付プラットフォーム
Package_for_kb975363_rtm ~ 31bf3856ad364e35 ~ x 86 ~ ~ 6.1.1.0.mum該当なし1,9472009 年 11 月 16 日09: 45該当なし
X86_microsoft windows セキュリティ netlogon_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20576_none_fe237c4db262181f.manifest該当なし35,5412009 年 11 月 16 日08: 08該当なし
Windows 7 および Windows Server 2008 R2 のすべての x64 ベース バージョンでサポートされる追加ファイル

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付プラットフォーム
Amd64_microsoft windows セキュリティ netlogon_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20576_none_5a4217d16abf8955.manifest該当なし35,5472009 年 11 月 16 日08: 11該当なし
Package_for_kb975363_rtm ~ 31bf3856ad364e35 ~ amd64 ~ ~ 6.1.1.0.mum該当なし2,1812009 年 11 月 16 日09: 45該当なし
Wow64_microsoft windows セキュリティ netlogon_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20576_none_6496c2239f204b50.manifest該当なし16,5962009 年 11 月 16 日08: 01該当なし
Windows Server 2008 R2 のすべての IA64 ベース バージョンでサポートされる追加ファイル

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイル バージョンファイル サイズ日付プラットフォーム
Ia64_microsoft windows セキュリティ netlogon_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20576_none_fe252043b260211b.manifest該当なし35,5442009 年 11 月 16 日09: 06該当なし
Package_for_kb975363_rtm ~ 31bf3856ad364e35 ~ ia64 ~ ~ 6.1.1.0.mum該当なし1,6832009 年 11 月 16 日09: 45該当なし
Wow64_microsoft windows セキュリティ netlogon_31bf3856ad364e35_6.1.7600.20576_none_6496c2239f204b50.manifest該当なし16,5962009 年 11 月 16 日08: 01該当なし

プロパティ

文書番号: 975363 - 最終更新日: 2012年12月30日 - リビジョン: 13.0
キーワード:?
kbqfe kbHotfixServer kbsurveynew kbautohotfix kbexpertiseinter kbbug kbfix kbmt KB975363 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:975363
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com