Windows の分散ファイル システムの名前空間へのアクセス エラーのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 975440 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows XP またはウィンドウ ・ サーバー 2003 は、ドメイン ベースの分散ファイル システム名前空間 (DFSN に) にアクセスするときは、実行しているコンピューターで、次のエラー メッセージが表示されます。
\\<Domain name=""></Domain>\<DFS namespace=""></DFS> アクセスできなくなります。このネットワーク リソースを使用する権限がありません。アクセス許可があるかどうかを確認するには、このサーバーの管理者に問い合わせてください。

ドメイン コント ローラーから構成情報を読み取れませんでした、コンピューターが使用できない、またはアクセスが拒否されているため。
Windows Vista およびそれ以降のバージョンの Windows では、次のエラー メッセージのいずれかが表示される可能性があります。
アクセスできません \\<Domain name=""></Domain>\<DFS namespace=""></DFS>
ネットワーク パスが見つかりませんでした。

原因

DFSN クライアント DFSN パスへの接続を完了できないので、このエラーが通常発生します。

いずれか、次の理由により、接続が失敗します。
  • DFSN 名前空間の参照を取得するには、ドメイン コント ローラーへの接続に失敗しました
  • DFSN サーバーへの接続に失敗しました
  • エラー DFSN サーバーのフォルダーの参照を提供するには

解決方法

この問題を解決するには、ネットワーク接続、名前解決、および DFSN サービスの構成を評価する必要があります。これらの依存関係を評価するのにには、以下の方法を使用できます。

接続性

この記事では、ドメイン コント ローラーまたは DFSN サーバーへの問い合わせは、クライアントの機能に「接続」を参照します。クライアントは、ドメイン コント ローラーまたは DFSN サーバーへのネットワーク接続を完了できない場合、DFSN 要求は失敗します。

接続を確認するのにには、次のテストを使用できます。

クライアントを使用して、ドメインのドメイン コント ローラーに接続したかどうかを確認、 DFSUtil.exe/spcinfo command.このコマンドの出力は、信頼される側のドメインと DFSN 紹介クエリを通じてクライアントによって検出されたドメイン コント ローラーについて説明します。これは、「ドメイン キャッシュとして。」と呼ばれます

次の例では、DNS ドメインの名前を「contoso.com」と、NetBIOS ドメイン名"CONTOSO"両方がクライアントによって検出されます。2 つのドメイン コント ローラーは、ドメイン名を"CONTOSO"を認識されて: 2003server2 と 2003server1。クライアントが DNS 名「contoso.com」要求にアクセスする場合は、"contoso.com という"エントリの下のエントリが表示されます。
 [*][2003server1.contoso.com]
[*][CONTOSO]
[*][contoso.com]
 [+][CONTOSO]
        [-2003server2]
        [+2003server1]
[-][contoso.com]
アスタリスクでマークされているエントリは、ワークステーション サービスを取得しました。他のエントリによって参照 DFSN クライアントによってを取得でした。プラス (+) とマークされているエントリは、クライアントによって現在使用されているドメイン コント ローラーです。照会プロセスの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc782417 (WS.10)
接続性を評価するには、簡単なネットワーク接続をアクティブなドメイン コント ローラーの IP アドレスを使用して実行してください。たとえば、次のコマンドのいずれかを入力します。
  • start \\192.168.1.11
  • net view \\192.168.1.11
正常に接続、ドメイン コント ローラーでホストされているすべての共有が一覧表示されます。

接続が成功したら、名前空間にアクセスすると有効な DFSN 紹介をクライアントに返すかどうかを確認します。使用して、参照キャッシュ (PKT キャッシュとも呼ばれる) を表示することによってこれを行うことができます、 DFSUtil.exe/pktinfo command.

DFSN パス"\\contoso.com\dfsroot\link"クライアントをアクセスすると、次の出力のクライアントの紹介キャッシュ内で期待どおりのエントリを詳細します。ルートは 2 つのターゲット ("rootserver1"と"rootserver2") があります。リンクは 1 つのターゲット (「ファイル サーバー」) があります。
Entry: \contoso.com\dfsroot
ShortEntry: \contoso.com\dfsroot
Expires in 300 seconds
UseCount: 0 Type:0x81 ( REFERRAL_SVC DFS )
   0:[\ROOTSERVER1\dfsshare] State:0x119 ( ACTIVE )
   1:[\ROOTSERVER2\dfsshare] State:0x09 ( )

Entry: \contoso.com\dfsroot\link
ShortEntry: \contoso.com\dfsroot\link
Expires in 1800 seconds
UseCount: 0 Type:0x1 ( DFS )
   0:[\fileserver\data] State:0x131 ( ACTIVE )
目的の名前空間のエントリが見つからない場合、このドメイン コント ローラーでの紹介を返しませんでした証拠です。DFSN サービス障害については、この資料の後半で説明します。

エントリ (つまり、「\contoso.com\dfsroot」) の名前空間を参照してくださいする場合は、エントリはクライアント、ドメイン コント ローラーに接続できないが、DFSN 名前空間のすべてのターゲットに届いていないことを証明します。記載されている名前空間のターゲットのいずれかのない「アクティブ」として指定されている場合は、そのすべてのターゲットに到達できなかったことを示します。

各名前空間サーバーへの IP アドレスを使用してアクセスしようとしてください。このテストでは、サーバーの IP アドレスのみを指定する必要があり、名前空間の共有を含むことはできません (つまり、"net view \\192.168.1.11「がありません」net view \\192.168.1.11\dfsroot").それ以外の場合は、知らない別の DFS ルート サーバーを参照できます。この場合、誤った結果が表示されます。これらの操作中に報告されたエラー メッセージに注意してください。

調査し、ドメイン コント ローラーまたは DFS 名前空間サーバー間の通信の障害を解決する必要があります。TCP/IP ネットワークの詳細および約の詳細についてはトラブルシューティング ユーティリティは、次のマイクロソフト Web サイト参照してください。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc778264 (WS.10)

名前解決

クライアントは、DFS 名前空間および名前空間をホストしているすべてのサーバーの名前を解決する必要があります。によって以前に生成された出力を調べ、 dfsutil の/pktinfodfsutil の/spcinfo コマンドをします。クライアントに IP アドレスが一覧表示されているサーバー名を解決しなければなりません。

適切な名前解決の機能を確認するのには、次の方法を使用できます。
  • WINS および NetBIOS の名前

    NetBIOS の名前解決エラーの名前レコードが存在しないため、または名が間違った IP アドレスを受信するために発生します。これをテストするには、その NetBIOS コンピューター名のみを使用して、ドメイン コント ローラーにアクセスすると (つまりは、コマンドを使用 net view \\2003server1).次に、表示されている共有サーバーでホストすることが期待されるようであることを確認します。管理者は、使用して、クライアントの NetBIOS 名キャッシュを表示できます、 nbtstat-c すべての解決名とその IP を確認するのには、コマンドに対応します。次の使用例を検討してください。
                  NetBIOS Remote Cache Name Table
    Name                  Type      Host Address     Life [sec]
    -----------------------------------------------------------
    2003server1  <00>     UNIQUE    192.168.1.11     462 
    WINS の障害をトラブルシューティングするには、次のドキュメントを確認します。
    WINS サーバーのトラブルシューティング
    .aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc738288 (WS.10)

    WINS クライアントのトラブルシューティング
    .aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc776185 (WS.10)
  • DNS 名

    既定では、DFSN はルート サーバーの NetBIOS 名を格納します。DFSN を構成する WINS サーバーを使用しない環境で DNS 名を使用することもできます。 詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    244380完全修飾ドメイン名で、参照を使用する DFS を構成する方法
    DNS 名の解決を確認するには、クライアントの DNS リゾルバー キャッシュを表示できます。これを行うには、コマンド プロンプトを開くし、次のコマンドを入力します。
    ipconfig/displaydns
    次の使用例を検討してください。
    Windows IP Configuration
    
        2003server1
        ----------------------------------------
        Record Name . . . . . : 2003server1.contoso.com
        Record Type . . . . . : 1
        Time To Live  . . . . : 882
        Data Length . . . . . : 4
        Section . . . . . . . : Answer
        A (Host) Record . . . : 192.168.1.11
    DNS エラーのトラブルシューティングを行うには、次のドキュメントを確認します。
    DNS クライアントのトラブルシューティング
    .aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc736535 (WS.10)

    DNS サーバーのトラブルシューティング
    .aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc787724 (WS.10)
  • ネットワーク キャプチャ

    ネットワーク キャプチャは、名前解決エラーを診断することができます。キャプチャを行う前に、クライアントのキャッシュされた名前付け情報をフラッシュします。この操作を行う場合は、いずれかを公開しないためキャプチャが存在する場合の問題は参照データ キャッシュまたは名がない必要もう一度、ネットワーク経由で。名キャッシュをフラッシュするには、次の順序で次のコマンドを実行します。
    • nbtstat -RR
    • ipconfig/flushdns
    • dfsutil の/pktflush
    • dfsutil の/spcflush
    Microsoft ネットワーク モニターの 3 の詳細については、マイクロソフト サポート技術資料を参照する次の資料番号をクリックします。
    933741ネットワーク モニターの 3 について
    クライアントとドメイン ベースの DFS 環境間で発生するネットワーク トラフィックの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    .aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc782417 (WS.10)
    DNS および WINS の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
    .aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc755374 (WS.10)

DFS とシステム構成

でも接続と名前解決が正常に機能するとは、DFS 構成上の問題がクライアントで発生するエラーがあります。DFS は DFS 構成データを最新の状態、サービスが正しく構成されている設定、および Active Directory サイトの構成に依存します。

最初に、すべてのドメイン コント ローラーと DFS 名前空間のルート サーバーは、DFS サービスが開始されているを確認します。すべての場所でサービスを開始する場合は、DFS に関連するエラーが、サーバーのアプリケーション イベント ログに表示されていないことを確認します。

管理者が、ドメイン ベースの名前空間を変更すると、プライマリ ドメイン コント ローラー (PDC) エミュレーター マスターの変更です。ドメイン コント ローラーと DFS ルート サーバーを定期的に PDC の構成情報をポーリングします。PDC が利用できない場合、または「ルート スケーラビリティ モード」有効になっている場合は、Active Directory レプリケーションの遅延や障害サーバーを正しい紹介では実行できない可能性があります。「ルート スケーラビリティ モード」の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc776068 (WS.10)
レプリケーションの稼働状態を評価する方法の 1 つは入力方向のレプリケーションの前回の各ドメイン コント ローラーの状態を調査します。これを行うには、実行、 repadmin.exe command.このコマンドに必要な構文は次のとおりです。
repadmin/showrepl * DN_of_domain
メモ このコマンドで、「*」を表しますすべてのクエリを実行するには、あるドメイン コント ローラーと「DN_of_domain」などの、ドメインの識別名を表す「dc contoso = dc = com。」

状態と DFSN 構成の変更がすべてのドメイン コント ローラーに達していることを確認するのには、最後の正常なレプリケーションの時刻を確認します。DC の入力方向のレプリケーションを報告されるすべてのエラーを調査してください。

DFSN 構成の問題は名前空間にもアクセスをできない場合があります。この現象が発生する 1 つの一般的なシナリオは、名前空間またはフォルダー ターゲットが含まれていないサイトに属しているクライアントです。紹介のターゲットは、クライアントのサイト ("insite"オプション) 内でのみを発行する名前空間が構成されている場合は、DFSN 紹介を提供しません。名前空間には、開く、コマンド プロンプトで"insite"オプションが構成されているかどうかを評価し、次のコマンドを入力します。
dfsutil/path:\\contoso.com\dfs/insite/display
同様に、Active Directory サイト構成の問題は、クライアントのサイトを正しく決定するから、DFSN サーバーをことがあります。したがって、"insite"が設定されている場合これら問題参照エラーがあります。DFSN サービス クライアントの参照要求のソース IP アドレスを分析することで、サイトにクライアントをマップします。DFS サービスも各ルート ターゲット サーバーをサイトにターゲット サーバーの名前を IP アドレスに解決することによってマップされます。ドメイン コント ローラーまたは DFS ルートの適切なサイトを決定できるかどうかを評価するために、システムは、次のコマンドのいずれかに、ドメイン コント ローラーと DFS 名前空間サーバーをローカルで実行します。
  • dfsutil の/sitename:root_target_name
  • dfsutil の/sitename:client_ip_address

関連情報

クライアントのサイト内のみのターゲットへの紹介を制限する方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/kb/947724
Active Directory サイト トポロジおよび設計の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc787284 (WS.10)
DFS 名前空間の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
DFS のしくみ
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc782417 (WS.10)

分散ファイル システム: よく寄せられる質問
http://www.microsoft.com/windowsserver2003/techinfo/overview/dfsfaq.mspx

名前空間の用語集を更新しました。
.aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc786243 (WS.10)

プロパティ

文書番号: 975440 - 最終更新日: 2013年1月22日 - リビジョン: 7.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Professional
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Ultimate
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter Edition for Itanium-Based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Datacenter x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition (32-bit x86)
  • Microsoft Windows Server 2003, Enterprise Edition for Itanium-based Systems
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard x64 Edition
  • Microsoft Windows Server 2003, Standard Edition (32-bit x86)
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
キーワード:?
kbexpertiseadvanced kbtshoot kbsurveynew kbprb kbmt KB975440 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:975440
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com