2 Intelligent Application Gateway 2007 Service Pack 2 の更新プログラムの説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 975491 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフト更新 2 Intelligent Application Gateway (IAG) 2007年サービス パックを 2 (SP2) を公開しました。この資料には、更新プログラムに関する次の情報が含まれています。
  • この更新プログラムで修正される問題
  • 更新プログラムを入手する方法
  • この更新プログラムをインストールするための必要条件
  • 既知の問題に関する情報

概要

元に戻す全体を表示する
製品更新プログラムの名前ビルド
Intelligent Application Gateway (IAG) 2007 Service Pack 2IAG3.7-SP2Update-2.exe (IAG v3.7 SP2 更新 2)37

SP2 または SP2 の更新 1 と IAG 2007 を実行している、アプライアンスにこの更新プログラムを適用できるし、IAG 2007 SP2 または SP2 更新 1 のバーチャル マシンに適用することができます。

IAG 2007 SP2 の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。

962977Intelligent Application Gateway (IAG) 2007 Service Pack 2 の説明

968384説明用の更新プログラム 1 Intelligent Application Gateway 2007 Service Pack 2

修正プログラムおよびこの更新プログラムに含まれる機能強化


機能強化

この更新プログラムには、以前は、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料に記載されていたが、以下の強化された機能にはが含まれています。


  • トランク、操作を行いますが発行、代替アクセス マッピング (AAM) アプリケーションの IAG セッション Cookie がサイトの Cookie の代わりに、ドメイン Cookie。

    詳細情報

    この更新プログラムをインストールした後、IAG ドメイン Cookie またはサイトの Cookie を樹幹とルールに含まれているアプリケーションの種類によって異なります樹幹ごとに使用されます。

    規則: パブリック ホスト名が IP アドレスまたは短い名前の場合は、ドメイン Cookie 対応していません。

    したがって、トランク AAM アプリケーションが含まれているパブリック ホスト名 notan IP アドレスまたは短い名前と、ドメイン Cookie 樹幹を指定します。それ以外の場合は、サイトの Cookie が使用されます。

    トランク AAM アプリケーションを追加する場合は、たとえば、トランク ドメイン Cookie を使用するものとして定義されます。一般名をホストしている場合は、IP アドレスまたは短い名前は受信すると、構成をアクティブその後、されますが、警告メッセージ。この場合は、サイトの Cookie が使用されます。

    また、トランクには AAM アプリケーションが含まれていない場合は、サイトの Cookie が使用されます。


  • Microsoft Exchange Server 2007 Service Pack 1 (SP1) の導入に伴い、EAS バージョン 12. 1 を導入するいくつかの変更するには、Exchange ActiveSync (EAS) プロトコルしました。この更新プログラムがこの更新版の EAS プロトコルのサポートを追加

    詳細情報

    Microsoft Exchange Server に接続するデバイスの継続的な発展を Exchange Server との同期にモバイル デバイスを有効にするプロトコルは進化し続けます。 Exchange Server 2007 SP1 の導入により、Exchange ActiveSync プロトコル EAS v12.1 をわずかに拡張されました。 この拡張データの量は送信され、モバイル デバイスで同期中に受信を減らすことができます。これらの変更するには、プロトコルのバッテリの寿命を向上させるために、同期に使用される帯域幅の削減をしました。プロトコルのほとんどは、転送データの個数をさらに削減できるように詳細 WAP バイナリ XML (WBXML) および Base64 エンコードを使用する方法にフォーカスを変更します。 最も目に見える 12. で EAS 1、テキスト形式で URL を使用するパラメーターを Base64 に変換された ActiveSync WBXML をエンコードします。 IAG の ActiveSync 樹幹と関連するセキュリティ機構は、プロトコルに変更をサポートする更新されました。

    この更新プログラムを適用すると、プロトコルの変更をサポートするために、ActiveSyncLogin.asp ファイルが変更されます。 ActiveSyncLogin.asp ファイルを直接変更があった場合、それらの変更を re-done する必要があります。 いつものように、既定のファイルが更新されるときに変更が持続するように、既定の .asp ファイルを通じて .inc ファイルのカスタム更新プログラムのみを変更することをお勧めします。

  • この更新プログラムが Windows Internet Explorer 8 を完全にサポートを追加します

修正された問題

以前は、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料に記載されていたが、次の問題が修正されます。

問題 1: ヘッダーを含む空白文字とき、動作を誤った IAG

解像度

この場合は、IAG パラメーターを空のパラメーターとして扱われます。

問題 2: IAG Citrix XenApp5 アプリケーションもサポートしていません

解像度

この更新プログラムをインストールした後、アプリケーション トラフィックと SRA 署名 Citrix XenApp5 アプリケーションを有効にする新しいルールが追加されます。

問題 3: IAG 使用チャンク エンコードの種類テキストと HTML 応答のコンテンツ タイプ (バイナリではない) の本体を解析するときに 500 エラーが発生した

現象

ユーザーがポータルにアクセスしようとしたとき、ユーザーが 500 エラーが返されます。この問題は、応答の本体テキストと HTML コンテンツの種類 (バイナリではありません)、転送エンコードをチャンクと発生します。表示フィルターのログ メモリ不足の例外によって IAG の後に HTTP パーサーから 500 エラー ページが送信されます。

解像度

チャンク ヘッダーを読み取るとき、不具合の修正方法 IAG ハンドルのチャンク ボディが修正されます。

問題 4: ブラウザーの Web サイトを第 2 時間にアクセス中に、Citrix ターミナル サーバーには、IAG ソケット転送コンポーネントを使用すると、エラーが発生

現象

Web ブラウザーの安定性の問題は、Citrix ターミナル サーバーにコンポーネント IAG クライアントを実行したときに発生します。安定性の同ソケット フォワーダーも使用され、ブラウザー、Web サイトを 2 回目にアクセスするときに発生します。IAG クライアント コンポーネントがインストールされていない場合は、この問題は発生しません。

解像度

この更新プログラムは、クライアント側の安定性の問題を解決します。

問題 5: エラー WhlCppInfra.dll、3.7.0.10 のバージョンのモジュールで発生します。これは、サーバーの IAG が不安定になるが

現象

WhlCppInfra.dll のエラーは、実稼動環境に影響するリソースにアクセスできないようにします。この問題が発生すると、ユーザーの接続またはポータルにログオンすることはできません。さらに、それらのいずれか、次のエラー メッセージが表示されます。
  • エラー コード 64: ホストは使用できません。
  • ユーザーが多すぎます、Web サイトの時点。数分後に、サイトにアクセスしてください。

メモこの問題は断続的に行われ、ない特定の期間や条件でこの問題が発生します。

解像度

IAG 監視パラメーターを解析すると、不安定になる、バッファー オーバーフローのために発生します。

問題 6: する SharePoint 永続的な Cookie の名前の競合状態が発生します

現象

予期しないエラーが発生した Office コンポーネントを使用して編集して複数トランクで作業しているときに、SharePoint Web サイトにドキュメントを保存するときに発生します。

解像度

IAG で、同様の方法で構成された 2 つ以上のトランクあり両方 AAM を使用して SharePoint サイトを発行すると、永続的な Cookie が間違って樹幹を書き込まれる可能性があります。この現象は、競合状態が発生します。この問題が修正されます。


問題 7: の承認キー ヘッダーのメモリが「承認キー」ヘッダーを使用すると、破損が発生することがあります

現象

アプライアンスのメモリ使用量が時間の経過に従って増加し、キーの承認] ヘッダーのメモリの破損を表示するには、アプライアンスを開始します。

問題 8: IAG の入力ミスをした値に検出ポリシー式 AVG ウイルス対策ソフトウェアをクライアント コンピューターを検出することはできません

現象

カスタムの端点の検出ポリシーを作成した後、IAG、クライアント コンピューターにウイルス対策の AVG を検出することはできません。これは AVG を最新の状態を検出ポリシーの式の値を入力ミスが起こります。

解像度

問題の検出機構です。AVG が最新であるかどうかを示すために使用する式を"AV_AVG_UptoDate"されましたただし、ポリシーの式は"AV_Avg_UptoDate"です。式では大文字と小文字が区別されるため、AVG は常に古いことに思えます。

この問題は、PolicyDefinitions.xml ファイルで修正されています。

問題 9: ヘッダーの属性は、共通部分がある場合は、ヘッダーが誤って削除される可能性があります

現象

バックエンド サーバーが応答ヘッダー属性を削除する送信し、ヘッダーの 2 つの属性に共通部分がある場合は、応答が正しく出力です。ヘッダーの属性は完全に削除されません。代わりに、ヘッダー属性の一部が切り取られ、残りの部分は、次のヘッダー属性に関連付けられています。

たとえば、次のような応答ヘッダーには、次の属性が含まれているとします。
  • コンテンツ転送エンコード: バイナリ
  • コンテンツの種類: 文字列または XML、文字セット utf-8 =

この例では、最初の属性の「転送エンコード」部分をトリミングして出力します。ただし、残りの [コンテンツ] の部分は次のヘッダー属性に添付されます。したがって、出力されたオリジナルのホスト ヘッダーを接着するには、次のヘッダーの残りの部分が含まれます。

コンテンツのコンテンツ タイプ: XML テキストと、文字セット utf-8 =

これは、次にヘッダー属性が無効です。

解像度

この更新プログラムをインストールした後、IAG のみ完全一致する場合は、ヘッダー名でのヘッダーの属性を削除します。


問題 10: 両方内部サイトは、ルールを設定し、オペレーティング システムが"自動的に夏時間の調整] オプションを使用するように構成されているとしていることによりポータル アプリケーションが突然リセットされることがあります

現象

内部サイトまたはしていることによりポータル アプリケーション用のルール セットをカスタマイズしているお客様夏時間または夏時刻スイッチが発生するとルール セットが警告なしに既定の設定にリセットされることがあります。

詳細情報

たびに、IAG の構成をアクティブまたは手動で構成を保存、アンインストール last.bat ファイルからのタイムスタンプが、現在の .egf ファイルに保存されます。 IAG 構成が読み込まれると、IAG アンインストール last.bat 上の現在のタイムスタンプを調べ、.egf ファイルに格納されているタイムスタンプと比較します。 比較の結果と一致しない場合は、ルールを両方内部サイトの設定し、していることによりポータル アプリケーションが各アプリケーションの既定の設定にリセットされます。 この現象のデザインを強制的に更新が IAG 更新すると既定のルール セットを適用するのには、既定のルール セットへの更新が適用されていることを確認するものでした。 夏時間の変更が予期せずもこの動作をトリガーします。



解像度

タイムスタンプを比較するために使用された関数は、「自動調整は夏時間で」の原因となった可能性のある時間変更は考慮しません。この関数は、今すぐこの自動更新を検討するのには更新されましたし、夏時間の自動更新のルール セットはリセットされます。



問題 11: サーバー名翻訳 (SNT) で IAG を有効にすると、エラー メッセージ:「許可 HTTP ヘッダー ブロック 2 KB を超えるし、SNT のエラーをスローを回避するための要求の」

現象

この問題は、SNT 2 キロバイト (KB) 要求のヘッダーを超える場合に発生します。この場合、エラーが発生し、クライアントは、次のエラー メッセージが、500 エラーが表示されます。
システム呼び出しに渡されるデータのエラーが小さすぎます。


解像度

この更新プログラムをインストールした後、IAG 2 KB を超える要求ヘッダーを有効にします。 この修正プログラムで HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WhaleCom\e Gap\von\UrlFilterMaxAllHeadersLen レジストリ エントリの使用を有効にします。 この値を増やすことができます。 既定値は 2048年です。

問題 12: システム ロケールが英語以外のロケールに設定されている場合、終了点の検出が失敗した

現象

en 点の検出エラーのため、ユーザー IAG3.7 SP2 上でホストされるポータルにログオンできません。この問題を非 Unicode プログラムのローカルの設定を持つすべてのユーザーに影響を与える可能性があります。 この問題は、すべての Windows XP Service Pack 3 (SP3) および Windows Vista Service Pack 1 (SP1) クライアントに影響します。

解像度

この更新プログラムを適用するエンコーディングのワイド文字列に変換することで修正されます。


問題 13: FormLogin シングル サインオン (SSO に) に関連するいくつかの現象が発生する

現象 1

複数の SSO ログオン HTTP 動詞の Formlogin.xml ファイルの <method>タグの内部 Web サーバーからの HTML 応答の動詞の異なるで大文字と小文字の区別がある場合は失敗します。 最初の SSO のログオンは、常に、HTTP 動詞小文字で入力した大文字かどうかに関係なく動作します。ただし、大文字と小文字が一致しない場合は、次のログオンは失敗します。 ユーザーのポータルの Web サーバーにもう一度作業する SSO を完全にログインする必要があります。

現象 2

FormLogin を起動し、FormLogin、<LOGIN_FORM><name>タグと一致しない場合でも、JavaScript を挿入します。<name>、FormLogin.xml で FORM NAME の Web サーバーの HTML 応答形式と一致しない場合は JavaScript インジェクションは実行しないでください。 <name>タグが存在しない場合は、これらのタグに一致する場合と同様に動作します。

解像度

この更新プログラムをインストールして、<method>タグは大文字と小文字を区別見なされませんがない JavaScript インジェクション フォームの <name>が一致しない場合。<name>タグが存在しない場合は、これらのタグが一致する場合と同様に動作します。


問題 14: 特定のルール セットが切断される可能性があります Java SSL ラッパー

解像度

この更新プログラムがダウンロードできないように、プログラムがパラメーターを拒否するルール セットを変更します。

問題 15: HTTP、HTTPS (ポート 443) 基本リダイレクト トランクまたは Webmail 樹幹を作成すると、エラー メッセージ:"リダイレクト樹幹を作成できません、IP アドレスとポート番号は未定義サービスのポリシー マネージャーは、プログラムで必要とします。必要なパラメーターの実際の Web サーバーを定義します。IP(<Customer Specific>)、Port(443)」

解像度

この更新プログラムのリダイレクト樹幹をサポートするように、既定の構成を変更します。

問題 16: IAG iPhone「Macintosh. として」認識できない

現象

iPhone IAG ポータル ログオン ページを参照している場合、Java がインストールされていないというメッセージが表示されます。

解像度

この更新プログラムをインストールした後、iPhone IAG で"その他の OS"カテゴリに属しています。iPhone アクセスを有効にするのには、それに応じたポリシーを構成する必要があります。これには、[セッション] タブで行うには、ポリシーの管理] をクリックし、必要なポリシーを編集します。

問題 17: DB2 IAG を発行するときの問題

解像度

この更新プログラムをインストールした後、IAG を介して DB2 データベース サーバーを公開することができるようになります。

問題 18: バックエンド アプリケーション サポート/SPNEGO をサポートするように構成に備えてはなく Kerberos 制約された委任 (KCD) が動作しない

現象

バック エンド アプリケーション サポート/SPNEGO をサポートしないように構成しない場合は、Kerberos 制約された委任 (KCD) は動作しません。HTTP ログことを示す、"200 OK"Kerberos トークンの IAG を直ちに送信すると応答が返されます。アプリケーションを送信、"200 OK"IAG ネゴシエーション トークンを待っているときに応答します。

解像度

ネゴシエーションを完了するのには、GSS_S_CONTINUE_NEEDED 値を受信すると最適なシナリオでは、401 バックエンド Web サーバーを返す必要があります。この場合は、IAG トークン背面、認証処理を完了するため、バック エンド Web サーバーに送信する必要があります。

ただし、一部のバック エンド アプリケーションでサポートされていないまたは双方向の Kerberos 認証 (ない SPNEGO に対するサポート) をサポートするように構成されていません。これらのアプリケーションでは、レジストリを設定することによって追加 SSP (Kerberos) を使用できます。次のレジストリ エントリ使用してセキュリティ サポート Provider(SSP) ネゴシエートから Kerberos に変更します。
サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WhaleCom\eGap\von\UrlFilter
エントリ:
KCDUseKerberosSSN

値の種類 : REG_DWORD
値: 1
さらに、一部のバック エンド サーバーは、UPN 名に対する Kerberos 認証をサポートしていません。次のレジストリ エントリは SAM アカウント名に対して認証を強制します。
サブキー: HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\WhaleCom\eGap\von\UrlFilter
エントリ:
KCDUseSAMAccount

値の種類 : REG_DWORD
値: 1
メモキーが存在しないか 0 に等しい場合は、SPNEGO と UPN 名が使用、それに従ってを意味します。既定では、レジストリ キー定義されません。

KCDUseSAMAccount 設定 UPN 名ではなく SAM アカウント名に対して認証を有効にします。

これらのレジストリ設定を適用した後、IAG サーバーで IIS を再起動する必要があります。

詳細

情報を更新します。


サポートされている更新プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、この資料で説明する問題のみを修正するのには役立ちます。この問題が発生しているシステムにのみ適用します。

この問題を解決するのには、更新プログラムを入手するのには、Microsoft カスタマー サポート サービスにお問い合わせください。マイクロソフト カスタマー サービスのサポートの電話番号とサポートのコストに関する情報の一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support

メモMicrosoft Support 担当者が特定の更新に問題が解決されると判断した場合にかかる料金が通常のサポート免除される特殊な場合をキャンセルすることがあります。特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。

前提条件

この更新プログラムをインストールする前に、どちらか IAG 2007 Service Pack、アプライアンスにインストールされている 2年またはした IAG 2007 バーチャル マシンでコンピューター SP2 がインストールされていることを確認します。

再起動の要件

この修正プログラムを適用した後、コンピューターを再起動する必要はありません。

アンインストール情報

この更新プログラムを削除するには、次の手順を実行します。
  1. IAG 2007 アプライアンスでは、次のフォルダーを開きます。
    ドライブ: \Whale - Com\e - Gap\patchDB
  2. 削除 last.bat ファイルをダブルクリックします。
アンインストール プロセスが自動的に実行されます。この処理を完了するまでに数分をかかる場合があります。アンインストール処理が完了すると、プロセスが正常に完了が通知されます。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用しても、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

既知の問題

  • IAG 2007 SP2 更新 2年をアンインストールした後、更新 2 にアップグレードした後に加えられたすべての構成の変更は破棄されます。そのため、更新 2 をアンインストールする前に、作業中の構成のバックアップをお勧めします。
  • 独自のバージョンのログオン ページを使用するいるし、<drive>の配置: \Whale-Com\e-Gap\von\InternalSite\CustomUpdate フォルダー (たとえば、E:\Whale-Com\e-Gap\von\InternalSite\CustomUpdate \MyLoginForm.asp」) を次の手順を使用して、ログオン ページを更新する必要があります。
    1. 「"「selectLang()、関数全体を selectLang() と機能が IAG 2007 SP2 更新 2年バージョン logon.asp ファイルのカスタム ファイル、および [置換の機能」を検索することにより、selectLang iavascript 関数」が見つかりません

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性は次の表のとおりです。これらのファイルの日時を世界協定時刻 (UTC) で示します。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用します。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョン日付時間ファイルのサイズ
Html.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 57142,968
Whlcompmgr.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 57562,254
Rsast.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 5762,587
Sfhlprutil.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 5745,938
Whlcache.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 57197,065
Whlclntproxy.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 57212,355
Whldetector.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 57207,433
Whlio.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 57131,734
Whllln.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 57160,683
Whlllnconf1.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 575,305
Whlllnconf2.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 575,394
Whlllnconf3.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 575,383
Whltrace.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 5755,244
Whlfiltformlogin.dll3.7.2.3711 年 8 月 9 日12: 57394,336
Whlhttpparser.dll3.7.2.3511 年 8 月 9 日12: 57136,296
Whlfiltappwrap.dll3.7.2.3511 年 8 月 9 日12: 57336,976
Whlfiltauthorization.dll3.7.2.3511 年 8 月 9 日12: 57320,632
Whlfilter.dll3.7.2.3511 年 8 月 9 日12: 57508,984
Whlfiltruleset.dll3.7.2.3511 年 8 月 9 日12: 57545,872
Whlfiltsecureremote.dll3.7.2.3511 年 8 月 9 日12: 571,168,496
Whlfiltsnt.dll3.7.2.3511 年 8 月 9 日12: 57160,824
Monitormgrcore.dll3.7.2.3011 年 8 月 9 日12: 57525,416
Sessionmgrcore.dll3.7.2.3011 年 8 月 9 日12: 57615,528
Usermgrcore.dll3.7.2.3011 年 8 月 9 日12: 57803,920
Whlglobalutilities.dll3.0.0.111 年 8 月 9 日12: 57115,856
Securitycentermap.xml適用しません。11 年 8 月 9 日12: 575,683
Sslvpntemplates.xml適用しません。11 年 8 月 9 日12: 5765,581
Sslvpn_https_profiles.xml適用しません。11 年 8 月 9 日16: 531,937
Ruleset_foractivesync.ini適用しません。11 年 8 月 9 日12: 573,424
Ruleset_forinternalsite.ini適用しません。11 年 8 月 9 日12: 5739,032
Ruleset_forowa2003sp1.ini適用しません。11 年 8 月 9 日12: 57350,672
Ruleset_forowa2007.ini適用しません。11 年 8 月 9 日12: 571,064
Ruleset_forportal.ini適用しません。11 年 8 月 9 日12: 578,456
Whltrace.cab適用しません。11 年 8 月 9 日12: 5755,244
Logoffmsg.asp適用しません。11 年 8 月 9 日12: 575,545
Activesynclogin.asp適用しません。11 年 8 月 9 日12: 577,653
Installanddetect.asp適用しません。11 年 8 月 9 日12: 578,760
Internalerror.asp適用しません。11 年 8 月 9 日12: 576,614
Login.asp適用しません。11 年 8 月 9 日12: 5720,267
Sharepoint.asp適用しません。11 年 8 月 9 日12: 578,835
Sharepointredirector.asp適用しません。11 年 8 月 9 日12: 579,138
Systeminformation.asp適用しません。11 年 8 月 9 日12: 5731,439
Upperframe.asp適用しません。11 年 8 月 9 日12: 5717,280
Applicationlist.asp適用しません。11 年 8 月 9 日12: 5712,845
Sessionlist.asp適用しません。11 年 8 月 9 日12: 578,432
Userlist.asp適用しません。11 年 8 月 9 日12: 577,561
Userstatisticsresults.asp適用しません。11 年 8 月 9 日12: 5716,212
Whlclientsetup all.msi適用しません。11 年 8 月 9 日12: 572,242,048
Whlclientsetup basic.msi適用しません。11 年 8 月 9 日12: 572,242,048
WhlClientSetupOnlyNC.msi適用しません。11 年 8 月 9 日12: 572,242,048
WhlClientSetupSF.msi適用しません。11 年 8 月 9 日12: 572,242,048
WhlClientSetupWIO.msi適用しません。11 年 8 月 9 日12: 572,242,048
ConfigMgrCom.exe3.7.2.3011 年 8 月 9 日12: 5754,368
Configuration.exe3.7.2.3511 年 8 月 9 日12: 576,317,176
MonitorMgrCom.exe3.7.2.3011 年 8 月 9 日12: 5787,144

Microsoft thanks 顧客の保護に協力を以下:

関連情報

ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください:
824684マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 975491 - 最終更新日: 2009年10月27日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Intelligent Application Gateway 2007
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB975491 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:975491
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com