更新が利用可能である、追加機能および強化された .NET Framework 3. 5 SP1 では、Windows XP、Windows Server 2003、Windows Vista および Windows Server 2008 で ADO.NET データ サービスの提供

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 976126 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

Microsoft ADO.NET データ サービス フレームワークのパターンと representational 状態転送 (REST とも呼ばれます) セマンティクスに準拠した Web サービス データを処理するためのライブラリで構成されます。 この更新プログラムは、機能を拡張する追加の機能、ADO.NET データ サービス フレームワークのバージョン 1. 0 が用意されています。 Microsoft .NET Framework 3. 5 Service Pack 1 (SP1) で Windows XP の場合は、Windows Server 2003 は、Windows Vista、および Windows Server 2008 では、更新プログラムとしています。

詳細

この ADO.NET データ サービスの更新プログラムには、次の機能と機能強化が含まれます。
  • ADO.NET データ サービスには、Microsoft Office 2010 に統合されています。

    組み込みの統合を使用すると、Microsoft Office SharePoint Server データをデータ サービスとして公開できます。 組み込みの統合では、ADO.NET データ サービス クライアント ライブラリを使用してデータにアクセスすることもできます。
  • カスタム データ サービス プロバイダーのサポートが更新されます。

    更新プログラムは、ADO.NET データ サービスの任意のデータ ソースを構築できます。
  • DataServiceCollection クラスは、双方向のデータ バインディングをサポートする追加されます。

    このコレクション クラスに自動的にクライアント側オブジェクトに加えられた変更を追跡します。 ADO.NET データ サービス クライアント ライブラリを使用して作成されたクライアント側のオブジェクトに対する変更が追跡されます。
  • 新しいフィードのカスタマイズ機能が用意されています。

    フィードのカスタマイズ、図形と、ADO.NET データ サービスによって生成される構造体の Atom フィードを変更することができます。 フィード Atom の構造を変更すると、サード パーティ製クライアントが ADO.NET データ サービスからのフィードが消費される可能性があります。 クライアントは、カスタム書式が設定されている、Atom フィードを利用する人です。
  • バイナリ ラージ オブジェクト (BLOB) のサポートが向上します。

    BLOB データのサービスまたはデータ サービスからストリーム配信することにより、BLOB をサポートしています。 BLOB のサポートは、ADO.NET データにも追加されますサービス クライアント ライブラリ。 この機能を使用すると、アップロードおよびバイナリ オブジェクト ライブラリを使用して作成されたアプリケーションからダウンロードできます。
  • サーバーの優先ページング (SDP) サービスの作成者がクエリ結果のサイズを制限することができます。

    この機能は、サービスの作成者のネットワーク帯域幅とは要求を処理するために必要な時間を細かく制御できます。
  • 新しい選択クエリ オプションは任意のデータ型に射影するのには、クエリの実行結果を有効にします。

    この機能をクライアントが、特定のエンティティでは、クエリのプロパティのセットを要求することができます。 クエリのプロパティの数を減らし、時間と要求を処理するために必要なネットワーク帯域幅を削減できます。
  • 新しいオプションは、クエリから返されるエンティティの数を設定できます。 オプションには、エンティティ セット内のエンティティの総数が含まれている場合は、クエリ結果の一部を返します。
  • 要求処理パイプライン用に最適化されています。

    最適化サービスの作成者を制御し、クエリ処理のさまざまな段階をカスタマイズするのには複数の機能を提供します。

情報を更新します。

下記のファイルは、Microsoft Download Center からダウンロードできます:

.NET Framework 3. 5 SP1 用の更新

元に戻す画像を拡大する
Download
Download the update package now.

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報をクリックしてください:
119591Q119591 How to Obtain Microsoft Support Files from Online Services
マイクロソフトではこのファイルのウイルス チェックを行っています。 マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用しています。 このファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

前提条件

この更新プログラムを適用するのにはインストールされている .NET Framework 3. 5 SP1 を持っている必要があります。

再起動の要件

.NET Framework のインスタンスが使用されていない場合、この更新プログラムの適用後、コンピューターを再起動する必要はありません。

更新プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムを適用して、他の修正プログラムが置き換えられることはありません。

ファイル情報を更新します。

この修正プログラムの英語版のファイル属性は次の表のとおりです。 日付と時刻これらのファイルを世界協定時刻で一覧表示されます (UTC)。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。 UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用します。
サポートされているすべての x86 ベースのバージョンの Windows XP、Windows Server 2003 の Windows Vista は、のおよび Windows Server 2008 の x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Datasvcutil.exe3.5.30729.444071,5122009-10-11 月12: 48x86
System.data.services.client.dll3.5.30729.4440462,8482009-10-11 月10: 05x86
System.data.services.design.dll3.5.30729.4440163,8402009-10-11 月10: 05x86
System.data.services.dll3.5.30729.4440692,2242009-10-11 月10: 05x86
サポートされているすべての x64 ベース バージョンの Windows XP、Windows Server 2003 の Windows Vista は、のおよび Windows Server 2008 の x
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Datasvcutil.exe3.5.30729.444071,4962009-10-11 月19: 30x64
System.data.services.client.dll3.5.30729.4440462,8482009-10-11 月15: 35x64
System.data.services.design.dll3.5.30729.4440163,8402009-10-11 月15: 35x64
System.data.services.dll3.5.30729.4440692,2242009-10-11 月15: 35x64
IA x64 ベース バージョンの Windows XP、Windows Server 2003 の Windows Vista は、のおよび Windows Server 2008 のサポートされているすべて
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイル サイズ日付時間プラットフォーム
Datasvcutil.exe3.5.30729.444071,4962009-10-11 月15: 28イ 64
System.data.services.client.dll3.5.30729.4440462,8482009-10-11 月13: 13イ 64
System.data.services.design.dll3.5.30729.4440163,8402009-10-11 月13: 13イ 64
System.data.services.dll3.5.30729.4440692,2242009-10-11 月13: 13イ 64

関連情報

ADO.NET データ サービスの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://msdn.microsoft.com/en-us/bb931106.aspx
http://blogs.msdn.com/astoriateam/

プロパティ

文書番号: 976126 - 最終更新日: 2009年12月17日 - リビジョン: 1.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 3.5 Service Pack 1
キーワード:?
kbqfe kbexpertiseadvanced kbhotfixserver kbmt kbsurveynew KB976126 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:976126
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com