Windows Update または Microsoft Update を使用して Windows Vista ベースのコンピューターを更新しようとしたときにイベント ID 11 のエラー コードを含むエラー メッセージが表示されます。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 976235 - 対象製品
重要: この資料にはセキュリティ設定を低くする方法、またはコンピューターのセキュリティ機能を無効にする方法を示す情報が含まれています。特定の問題を回避するために、こうした変更を行うことはできます。これらの変更を行う前に、記載された回避策を現在の環境に使用した場合の危険性を評価することをお勧めします。この回避策を実装する場合は、コンピューターを保護するために、適切な追加手順を実行します。
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

Windows Update または Microsoft Update を使用して Windows Vista ベースのコンピューターを更新しようとすると、次のエラー メッセージが表示されます。
ログ名: アプリケーション
ソース: Microsoft Windows CAPI2
日付: 日付 時間
イベント ID: 11
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード: クラシック
ユーザー: N/A
コンピューター: コンピューター名
説明: に自動更新の cab からサード パーティのルート一覧の抽出に失敗しました:<http: www.download.windowsupdate.com/msdownload/update/v3/static/trustedr/en/authrootstl.cab="">エラーで: 必要な証明書が有効期間内に対して現在のシステム時計または署名ファイルのタイムスタンプを確認するときにします</http:>。
さらに、コンピューターを再起動するたびに、エラー メッセージが表示される可能性があります。

原因

次の理由のいずれかのこの問題が発生可能性があります。

原因 1

この問題は、ウイルス対策、およびその他のセキュリティ プログラムとの競合が原因と考えられます。このエラー メッセージは、コンピューターが起動するたびにあります。この問題を解決するには、以下を参照してください。 方法 1 「回避策」のセクションします。

原因 2

この問題は、現在ログオンしているユーザー アカウントが、一時 (Temp) フォルダーに対する書き込み権限を持たない場合に発生する可能性があります。この問題を解決するには、以下を参照してください。 方法 2 「回避策」のセクションします。

回避策

この問題を回避するのには、特定の状況に応じた方法を試みることによって、問題のトラブルシューティングします。シナリオがわからない場合はしてください。 方法 1.問題が解決しない、場合は、 方法 2.

方法 1

この問題を解決するには、プログラムまたは、エラー メッセージの原因となっているサービスを識別する必要があります。CAPI2 操作ログを有効にして、必要なイベント ログを収集するためには、コンピューターを再起動する必要があります。これを行うには、次の手順を実行します。
  1. 開始をクリックして型 イベント ビューアー検索の開始] ボックスおよび [プログラム] の [イベント ビューアー ] をクリックします。

    元に戻す画像を拡大する
    ユーザー アカウント制御の許可
    場合は、管理者のパスワードまたは確認を求められたら、パスワードを入力または確認を提供します。
  2. アプリケーションとサービス ログを展開します。
  3. マイクロソフトを展開します。
  4. Windowsを展開します。
  5. CAPI2を展開し、[稼働中] をクリックします。CAPI2 操作ログを開きます。
  6. [アクション] 作業ウィンドウで、 [ログを有効にするをクリックします。
  7. コンピューターを再起動します。
  8. CAPI2 操作ログを開きます。これには、手順 1 〜 5 を繰り返します。
  9. 操作、[エラーのレベルが11のイベント ID、イベント リストを検索します。各インスタンスを検索するをクリックし、エラー メッセージの原因となっているプログラムを表示する、イベントの説明を確認します。
1 つ以上のイベント ログに記録されたエラー メッセージの原因となっているプログラムを可能性があります。次のウイルス対策プログラムおよびファイアウォール プログラムは、このエラー メッセージが発生する確認されています。
  • McAfee
  • Vsmon.exe
  • 平均
  • トレンド マイクロ
  • ゾーン アラーム
  • その他のウイルス対策プログラムやセキュリティ製品
注:
  • ウイルス対策プログラムは、ウイルスからコンピューターを保護するために設計されています。ダウンロードまたはソースを信頼していない、いない、信頼またはこと、ウイルス対策プログラムを無効にすると、電子メールの添付ファイルを開くの Web サイトを訪問からファイルを開く必要があります。 コンピューター ウイルスの詳細については、次のマイクロソフト サポート技術資料を参照する次の文書番号をクリックしてください。
    129972 コンピューター ウイルス: 説明、予防、および回復
  • ファイアウォールは、悪意のあるユーザーや、一方的な着信ネットワーク トラフィックを使用してコンピューターを攻撃するウイルスなどの悪意のあるソフトウェアによって、攻撃からコンピューターを保護するために設計されています。ファイアウォールを無効にする前に、インターネットを含むすべてのネットワークからコンピューターを切断する必要があります。
警告この回避策は、ウィルスなど、悪意のあるユーザーまたは悪質なソフトウェアによる攻撃に対しコンピューターまたはネットワークを脆弱にする可能性があります。この回避策はお勧めしませんが、各々の判断でこの回避策を実行できるように、この情報を提供します。ご自身の責任でこの回避策を使用してください。

かどうかこれらのいずれかのプログラムまたはイベント ログ エラーの説明はこの問題の原因に記載されている他のプログラムを確認するのには一時的に無効にまたは一時的に、プログラムをアンインストールし、コンピューターを再起動して、プログラムをテストできます。次のエラー メッセージがまだ発生するかどうかを確認するエラーのレベルがイベント ID 11のインスタンスの CAPI2 操作ログを検索します。

重要プログラムをアンインストールする場合は、インストール メディアおよびテストが完了した後、プログラムを再インストールする必要がある、製品 ID へのアクセスがあることを確認する必要があります。

一時的に無効または一時的に、プログラムのアンインストール、問題が解決、する場合は、更新プログラム、修正プログラム、またはその他のヘルプのプログラムの製造元を問い合わせてください。

方法 2

ルート証明書の自動更新では、ローカル コンピューター上の Temp フォルダーに CAB ファイルをダウンロード、ファイルの内容を抽出してし、ルート証明書のリストを更新します。Temp フォルダーに CAB ファイルを正しくインストールするのには、適切なアクセス許可を適用しなければなりません。

Temp フォルダーのアクセス許可を確認するには、以下の手順を実行します。
  1. 開始をクリックして型 %userprofile%\AppData\Local検索の開始ボックス、および [ローカル] をクリックします。
  2. フォルダーの一覧で、 Tempフォルダーを右クリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブをクリックします。
  4. [グループ名またはユーザー名リスト、コンピューターにログオンし、自分のユーザー アカウントにフル コントロールアクセス許可があるかどうかを確認するために使用するユーザー アカウントをクリックします。
メモ ユーザー アカウントを使用する場合は、フル コントロールのアクセス許可を持たないコンピューターにログオン、これらの手順に従います。
  1. [編集] をクリックします。
  2. グループ名またはユーザー名] ボックスの一覧で [許可] で [フル コントロール] チェック ボックスを選択する] をクリック、コンピューターにログオンするために使用するユーザー アカウントを選択します。
  3. [適用] をクリックし、 [ok]を 2 回クリックします。

関連情報

この資料に記載されているサード パーティ製品は、マイクロソフトに関係しない会社によって製造されています。マイクロソフトは、明示的または黙示的に関わらず、これらの製品に関するパフォーマンスや信頼性について保証しません。

プロパティ

文書番号: 976235 - 最終更新日: 2013年9月29日 - リビジョン: 6.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Enterprise 64-bit edition
  • Windows Vista Home Basic 64-bit edition
  • Windows Vista Home Premium 64-bit edition
  • Windows Vista Ultimate 64-bit edition
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Business 64-bit edition
  • Windows Vista Business N
  • Windows Vista Business N 64-bit Edition
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Home Basic
  • Windows Vista Home Basic N
  • Windows Vista Home Basic N 64-bit Edition
  • Windows Vista Home Premium
  • Windows Vista Starter
  • Windows Vista Ultimate
キーワード:?
kbtshoot kberrmsg kbexpertisebeginner kbsurveynew kbprb kbmt KB976235 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:976235
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com