システム センター Data Protection Manager 2007年の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2009 年 10 月 23 日

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 976542
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

重要です ここに記載されている修正プログラムは以下の Knowledge Base の資料に記載されている更新プログラムに含まれています。
979970 最新の修正プログラム ロールアップ パッケージの詳細については、システム センター Data Protection Manager 2007年: 29、2010 年 3 月
この資料およびその他の DPM 関連の問題で説明されている問題を解決するのには、この更新プログラムをインストールすることを強くお勧めします。

この資料では、2009 年 10 月 23 日 Data Protection Manager 2007年修正プログラム ロールアップ パッケージで修正される問題の Microsoft システム センター Data Protection Manager (DPM) 2007年について説明します。

このプログラムのロールアップは、次の問題を解決します。

問題 1

DPM サービスを開始または停止するだけの場合は、DPM 2007 エラー ログがフラッシュされます。DPM サービスがクラッシュした場合、DPM は、エラー ログはフラッシュされません。この現象は、失われてからは、エラー ログには、いくつかのエラーが発生します。

メモ この修正プログラム ロールアップ パッケージを適用した後、DPM は、エラー ログ 5 分ごとにフラッシュされます。DPM サービスを停止またはがクラッシュした場合は、エラー ログもフラッシュします。

問題 2

SQL Server の DPM データベース Microsoft SQL Server の例外をキャプチャは DPM のトレースでが発生します。

問題 3

高速完全バックアップは 100 以上の SQL Server データベースを保護するために、DPM サーバーが構成されている場合に実行するのに数時間かかることがあります。

第 4 号

DPM 管理者コンソールは同時に複数のバックアップ ジョブはテープ ・ ライブラリにアクセスするときに表示されません。

問題 5

ライブラリ共有が有効になっている場合は、GlobalDbConnectionString レジストリ値にローカル コンピューターを指す場合があります、グローバル SQL Server の後にインストール後 DPM 2007 Service Pack 1 のプログラムのロールアップ インストールされていません。

問題 6

その場合はデータを転送する前に、ジョブがフリーズ、 DsRoleGetPrimaryDomainInformation 関数は失敗します。

問題 7

新しいテープ バックアップ ジョブ中に切断 DPMServer の PowerShell コマンドレットを実行すると、DPM 管理者コンソールが開かないことがあります。

問題 8

DPM では、クラスター化されているミラーの SQL Server データベースを保護する場合は、古いボリューム ビットマップは削除されません。したがって、128 ボリューム ビットマップ制限を超える可能性があります。

この修正プログラムは、すべての以前にリリースされたプログラム集 Data Protection Manager 2007 Service Pack 1 (SP1) にも含まれます。
961502 X x64 ベース バージョンの Windows Server 2003 を実行しているコンピューターでシステム センター Data Protection Manager 2007 Service Pack 1 をインストールした後、レプリカと矛盾していることがわかります

963102 システム センター Data Protection Manager 2007年の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2009 年 2 月 16 日

968579 システム センター Data Protection Manager 2007年の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2009 年 4 月 14 日

970867 システム センター Data Protection Manager 2007年の修正プログラム ロールアップ パッケージの説明: 2009 年 6 月 4 日

970868 システム センター Data Protection Manager 2007 の修正プログラム ロールアップ パッケージが利用: 2009 年 8 月 28 日

詳細

次のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。

元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
システム センター Data Protection Manager 2007年修正プログラム パッケージをダウンロードします。

マイクロソフトのサポート ファイルをダウンロードする方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトは、このファイルのウイルスをスキャンしました。マイクロソフトは、ファイルが転記された日付に利用可能な最新のウイルス検出ソフトウェアを使用します。ファイルは、ファイルに不正な改変を防止するセキュリティが強化されたサーバーに格納されます。

メモ この修正プログラム パッケージは、DPM 2007 のすべての言語に適用されます。

前提条件

このプログラムのロールアップ パッケージをインストールするには、DPM 2007 Service Pack 1 をインストールする必要があります。

インストールの手順

この DPM 2007 プログラムのロールアップ パッケージには、次の 3 つの個別の更新プログラムが含まれています。各更新プログラムをインストールするには、次の手順を実行します。
  1. DPM 2007 Service Pack 1 を実行しているサーバー上でプログラムのロールアップ パッケージをインストールします。これを行うには、DataProtectionManager2007 KB976542.exe ファイルは、サーバー上で実行します。

    メモ プログラムのロールアップをインストールすると、DPM 管理者コンソールまたは DPM 管理シェルを開いている場合は、DPM サーバーを再起動する必要があります。

    SQL Server の DPM データベースをバックアップするのには十分なディスク領域がない場合は、プログラムのロールアップ パッケージをインストールできません。 詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
    972727システム センター Data Protection Manager 2007年の更新プログラムをインストールしようとするとエラー メッセージ:「DPM のインストールが失敗しました"
  2. DPMDB データベースをホストするリモートの SQL Server のインストールを更新します。これを行うには、SQL Server を実行しているコンピューター上の SqlPrep KB976542.msp ファイルを実行します。

    メモ DPM 2007 サーバー上の SQL Server DPMDB データベースのインスタンスを実行している場合は、この手順は必要ありません。
  3. DPM 管理者コンソールで、保護エージェントを更新します。これを行うには、次の方法のいずれかを使用します。

    方法 1: 保護エージェントは、DPM 管理者コンソールを更新します。
    1. DPM 管理者コンソールを開きます。
    2. クリックして、 管理 タブをクリックしをクリックして、 エージェント タブします。
    3. コンピューターからを選択、 保護されたコンピューター リストとクリック 更新プログラム で、 アクション ウィンドウです。
    4. クリックしてください。 [はい]、し エージェントを更新します。.
    5. で、 資格情報の入力と再起動のオプション ダイアログ ボックスで、ユーザーの資格情報を入力、選択 選択したサーバーを後で手動で再起動します。、し [OK].

      メモ 保護エージェントを更新するのには、コンピューターを再起動するはありません。
    方法 2: 保護されたコンピューター上の保護エージェントを更新します。
    1. DPM 2007 サーバー上の DPM\Agents\RA\2.0.8861.0 フォルダー内の DPM のインストール場所からは、次によりのいずれかの更新プログラム保護エージェント パッケージを入手します。

      x、x86 の更新プログラム: i386\1033\DPMAgentInstaller_KB976542.exe
      x 64 更新プログラム: amd64\1033\DPMAgentInstaller_KB976542_AMD64.exe

      メモ DPMAgentInstaller.exe パッケージは、すべての言語に適用されます。
    2. 保護されている各コンピューター上で、適切な DPMAgentInstaller.exe パッケージを実行します。
    3. DPM 2007 サーバー上にある DPM 管理者コンソールを開きます。
    4. クリックして、 管理 タブをクリックしをクリックして、 エージェント タブします。
    5. 保護されているし、エージェントのバージョンが 2.0.8861.0 として表示されていることを確認しますコンピューターを選択します。
  4. DPMManagementShell2007 KB976542.msp ファイルを実行します。

    メモ DPM 2007 サーバー上の DPM 管理シェルを実行している場合は、この手順は必要ありません。

詳細

ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 976542 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 4.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB976542 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:976542
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com