Windows XP および Windows Server 2003 の .NET Framework 2.0 SP2 上位互換性更新プログラムについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 976569 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2 (SP2) の上位互換性更新プログラムについて説明します。この更新プログラムは、.NET Framework 2.0 または .NET Framework 4.0 がインストールされているクライアントやサーバーの間のシリアル化および逆シリアル化を有効にします。

: この上位互換性更新プログラムには、次のサポート技術情報に記載されている修正プログラムも含まれます。
960442 [FIX] BinaryFormatter オブジェクトを使用して、.NET Framework 2.0 Service Pack 2 または .NET Framework 3.5 Service Pack 1 のアセンブリでジェネリック型をシリアル化したり、逆シリアル化したりすると、例外のエラー メッセージが表示される

詳細

更新プログラムの情報

以下のファイルは、Microsoft ダウンロード センターからダウンロードできます。
.NET Framework 2.0 SP2 上位互換性更新プログラム
元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
更新プログラム パッケージ
マイクロソフトのサポート ファイルのダウンロード方法を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
119591 オンライン サービスからマイクロソフトのサポート ファイルを入手する方法
マイクロソフトでは、アップロード時点の最新のウイルス検査プログラムを使用して、配布ファイルのウイルス チェックを行っています。配布ファイルはセキュリティで保護されたサーバー上に置かれており、権限のない第三者が無断でファイルを変更できないようになっています。

必要条件

この更新プログラムをインストールする場合は、Windows インストーラーの Windows インストーラー 3.1 以降が対象のコンピューターにインストールされている必要があります。Windows インストーラーの最新版を入手するには、以下のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
最新版の Windows インストーラーをダウンロードする

更新プログラムのアンインストール情報

更新プログラムを削除するには、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] を使用します。

この更新プログラムのコマンドライン スイッチ

この更新プログラムでサポートされているさまざまなコマンド ライン スイッチの詳細については、セキュリティ情報 MS09-061 と次の Microsoft Developer Network (MSDN) Web サイトを参照してください。
コマンドライン オプション
Windows インストーラーの詳細については、次の MSDN Web サイトを参照してください。
Windows インストーラー

ファイル情報

このセキュリティ更新プログラム (英語版) のファイル属性は次表のとおりです。ただし、これより新しいセキュリティ更新プログラムがリリースされている可能性もあります。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。ファイル情報に表示される時刻は、ローカル時刻に変換されています。UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用してください。
  • 特定の製品、マイルストーン (RTM、SPn) および区分 (LDR、GDR) に適用されるファイルは、以下の表に示すFile version番号を確認して識別できます。
    元に戻す全体を表示する
    バージョン製品マイルストーン区分
    2.0.50727. 3xxx.NET Framework 2.0SP2GDR
    2.0.50727. 4xxx.NET Framework 2.0SP2LDR
  • GDR 区分には、広範囲にわたる重要な問題を解決するために幅広くリリースされているそれらの修正プログラムのみが含まれています。LDR 区分には、幅広くリリースされている修正プログラムだけでなく、ホットフィックスも含まれています。
32 ビット版の .NET Framework 2.0
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTime
mscordacwks.dll2.0.50727.3607989,0002009 年 10 月 21 日00:21
mscordacwks.dll2.0.50727.4413989,0002009 年 10 月 20 日12:34
mscorlib.dll2.0.50727.36074,550,6562009 年 10 月 21 日00:21
mscorlib.dll2.0.50727.44134,550,6562009 年 10 月 20 日12:34
SOS.dll2.0.50727.4413388,9202009 年 10 月 20 日12:34
mscorwks.dll2.0.50727.36075,812,5442009 年 10 月 21 日00:21
mscorwks.dll2.0.50727.44135,818,6882009 年 10 月 20 日12:34
64 ビット版の .NET Framework 2.0
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTime
mscordacwks.dll2.0.50727.36071,764,6802009 年 10 月 20 日08:21
mscordacwks.dll2.0.50727.44131,758,5362009 年 10 月 20 日06:36
mscordacwks.dll2.0.50727.3607989,0002009 年 10 月 21 日00:21
mscordacwks.dll2.0.50727.4413989,0002009 年 10 月 20 日12:34
mscorlib.dll2.0.50727.36074,567,0402009 年 10 月 20 日08:14
mscorlib.dll2.0.50727.44134,567,0402009 年 10 月 20 日06:30
mscorlib.dll2.0.50727.36074,550,6562009 年 10 月 21 日00:21
mscorlib.dll2.0.50727.44134,550,6562009 年 10 月 20 日12:34
SOS.dll2.0.50727.4413485,1762009 年 10 月 20 日06:31
SOS.dll2.0.50727.4413388,9202009 年 10 月 20 日12:34
mscorwks.dll2.0.50727.360710,075,9682009 年 10 月 20 日08:18
mscorwks.dll2.0.50727.441310,061,1202009 年 10 月 20 日06:34
mscorwks.dll2.0.50727.36075,812,5442009 年 10 月 21 日00:21
mscorwks.dll2.0.50727.44135,818,6882009 年 10 月 20 日12:34
IA-64 ビット版の .NET Framework 2.0
元に戻す全体を表示する
File nameFile versionFile sizeDateTime
mscordacwks.dll2.0.50727.36073,084,6162009 年 10 月 20 日23:34
mscordacwks.dll2.0.50727.44133,085,1282009 年 10 月 20 日08:05
mscordacwks.dll2.0.50727.3607989,0002009 年 10 月 21 日00:21
mscordacwks.dll2.0.50727.4413989,0002009 年 10 月 20 日12:34
mscorlib.dll2.0.50727.36074,009,9842009 年 10 月 20 日23:32
mscorlib.dll2.0.50727.44134,009,9842009 年 10 月 20 日08:02
mscorlib.dll2.0.50727.36074,550,6562009 年 10 月 21 日00:21
mscorlib.dll2.0.50727.44134,550,6562009 年 10 月 20 日12:34
SOS.dll2.0.50727.4413872,7602009 年 10 月 20 日08:02
SOS.dll2.0.50727.4413388,9202009 年 10 月 20 日12:34
mscorwks.dll2.0.50727.360720,151,1042009 年 10 月 20 日23:28
mscorwks.dll2.0.50727.441320,173,1202009 年 10 月 20 日07:56
mscorwks.dll2.0.50727.36075,812,5442009 年 10 月 21 日00:21
mscorwks.dll2.0.50727.44135,818,6882009 年 10 月 20 日12:34

既知の問題

BinaryFormatter クラスを使用して異なるバージョンの .NET Framework でジェネリック型をシリアル化または逆シリアル化しようとすると、次のいずれかの問題が発生することがあります。

問題 1

: シリアル化または逆シリアル化の処理が行われません。

問題の解決方法 1

: この問題を解決するには、以下のいずれかの方法を使用します。
  • クライアントで Windows Vista Service Pack 1 (SP1) を実行している場合は、オペレーティング システムを Windows Vista SP2 にアップグレードします。
  • サーバーで Windows Server 2008 を実行している場合は、オペレーティング システムを Windows Server 2008 SP2 にアップグレードします。

問題 2

シリアル化の処理が .NET Framework 4.0 で実行され、逆シリアル化の処理が .NET Framework 2.0 で実行されます。List<T[]> のようなジェネリック配列型をシリアル化または逆シリアル化しようとしても、シリアル化の処理が実行されません。

問題の解決方法 2

: この問題を解決するには、SerializationBinder クラスをシリアル化の側に追加し、回線で転送される型のバージョンを変更します。

たとえば、.NET Framework 4.0 Release Candidate 用に Windows Communication Foundation (WCF) および Windows Workflow Foundation (WF) のサンプルをダウンロードできます。サンプルのインストール パッケージを入手するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
.NET Framework 4.0 Release Candidate 用の Windows Communication Foundation (WCF) および Windows Workflow Foundation (WF) のサンプル
サンプルのインストール パッケージをダウンロードした後に、次のフォルダーに格納されているサンプルの GenericsVTSSerializationBinder クラスを追加します。
<インストール パス>\WCF\Basic\Contract\Data\SBGenericsVTS
: .NET Framework 4.0 のみでサポートされているため、この場合は SafeSerializationManager クラスは使用できません。したがって、そのクラスは .NET Framework 2.0 の逆シリアル化側でも使用できません。

プロパティ

文書番号: 976569 - 最終更新日: 2010年5月28日 - リビジョン: 2.2
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft .NET Framework 2.0 Service Pack 2?を以下の環境でお使いの場合
    • Microsoft Windows XP Service Pack 3
    • Microsoft Windows XP Service Pack 2
キーワード:?
kbsurveynew kbexpertiseadvanced atdownload kbfix KB976569
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com