「応答なし」ホスト状態および SCVMM 2008 R2 SCVMM 2008 でのトラブルシューティング方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 976640
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

この資料では、Microsoft System Center Virtual Machine Manager (VMM) 管理コンソールで表示されます「応答なし」ホストの状態のトラブルシューティングを行う方法について説明します。ホストが「応答なし」状態は、VMM サーバーがホストと通信できないことを示します。断続的に、この通信が中断された場合、VMM 管理者コンソールで変更するには、ホストの状態が期待できます。

ホストの状態が「応答なし」ですが、ジョブ ビューで、VMM 管理者コンソールで記録された一般的なエラーは次のとおりです。
エラー (2911)
リソースが不足しているでこの操作を完了するために使用できる、 サーバー名.ドメイン名 サーバー。
(十分な記憶域はこの操作 (0x8007000E) を完了するために使用できるです)
エラー (2912)
エージェントに接続しようと内部エラーが発生しました、 サーバー名.ドメイン名 サーバー。
(以上スレッド システム (0x800700A4) で作成できます)
エラー (2916)
VMM は、要求を完了することです。エージェントへの接続 サーバー名.ドメイン名 失われました。
(不明なエラー (0x80338012))
エラー (2915)
Ws-management サービスは要求を処理できません。オブジェクトが見つかりませんするのには サーバー名.ドメイン名 サーバー。
(不明なエラー (0x80041002))
警告 (13926)
ホスト クラスター サーバー名.ドメイン名 すべてのノードに接続できませんでしたので完全に更新しました。高可用性ストレージ、仮想ネットワークの情報をこのクラスターに報告される正確でない可能性があります。

詳細

手順 1: Virtual Machine Manager を使用すれば

Virtual Machine Manager 構成アナライザーは、重要な構成設定を提供している、または VMM ロールまたはその他の VMM 機能を提供することができますコンピューターを評価するために使用できる診断ツールです。Virtual Machine Manager 構成アナライザーは次を行います。
  • 指定のコンピューターのハードウェアおよびソフトウェア構成をスキャンします。
  • これらの構成の定義済みルールのセットに対して評価されます。
  • エラー メッセージと警告を VMM ロールまたはコンピューターを指定したその他の VMM 機能には最適ではないのすべての設定が表示されます。
システム要件:

Virtual Machine Manager 構成アナライザーをインストールする前に、ダウンロードして、Microsoft ベースライン構成アナライザーの 64 ビット バージョンをインストールする必要があります。MBCASetup64.msi ファイルをダウンロードするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
記事 160324LinkID 97952 =
メモ システム要件については、Microsoft ベースライン構成アナライザーは、Windows Server 2003 のみがサポートされていることを示します。ただし、Virtual Machine Manager もらうと、Microsoft ベースライン構成アナライザー テストされて、64 ビット バージョンの Windows サーバー 2008年と Windows Server 2008 R2 のでがサポートされています。

インストールして、現在あるか、VMM サーバーになるコンピューター上で、Virtual Machine Manager の構成アナライザーを実行する必要があります。VMM サーバーのシステム要件を確認するには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
記事 160324LinkId 133516 =
Virtual Machine Manager 構成の分析をダウンロードするには、次のマイクロソフト web サイトを参照してください。
英語ですか。インストール 02 の d 83950-c03d-454e-803b-96d1c1d5be24 & まだ = = en

手順 2: 修正プログラムの推奨チェック

VMM または HYPER-V の役割をホストするすべてのサーバーの推奨される修正プログラムがインストールされていることを確認します。これらの修正プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術記事を表示するには、次の資料番号をクリックしてください。
2397711 推奨される修正プログラムをシステム センター Virtual Machine Manager 2008 R2
962941 推奨される修正プログラムをシステム センター Virtual Machine Manager 2008

手順 3: 破損したパフォーマンス カウンターを確認します。

次のイベントを記録するかどうかを確認するのには、ホスト上のアプリケーション イベント ログを確認します。

ログ名: アプリケーション
ソース: LoadPerf-Microsoft Windows
イベント ID: 3012
説明:
パフォーマンス レジストリ値のパフォーマンス文字列は壊れて場合パフォーマンス拡張カウンター プロバイダーを処理します。パフォーマンス レジストリの BaseIndex 値は、データ セクションの最初の DWORD です、LastCounter 値、2 番目の DWORD データ] セクションで、LastHelp 値を 3 番目の DWORD は、データ セクションです。

イベント ID 3012 がホスト コンピューターにログオンしている場合は、パフォーマンス カウンターを再構築する、次の knowledge base の資料に記載されて、手順に従います。

2554336 -パフォーマンス カウンターは Windows Server 2008 64 ビットまたは Windows サーバー 2008 R2 のシステムを手動で再構築する方法

手順 4: Windows リモート管理サービスは、Svchost.exe プロセスを確認します。

Virtual Machine Manager は非常には、Windows リモート管理サービスの基になる通信に依存します。したがって、「応答なし」状態は、VMM サーバーとホスト コンピューター間の基になる Windows リモート管理通信でのエラーのため発生する可能性がありますです。この場合は、間もなく、ホスト コンピューターを再起動すると、ステータスは [OK] です。ただし、状態が「応答なしに」3 〜 4 時間後、変わると VMM サーバー上のジョブが失敗し、次のようなエラーが返されます。
エラー (2927)
サーバー server.contoso.com に連絡しようとしたときにハードウェア管理でエラーが発生しました。
(不明なエラー (0x803381a6))

推奨される操作
WinRM がインストールされ、サーバー server.contoso.com 上で実行されているかを確認してください。詳細については、コマンド"winrm helpmsg hresult"を使用します。

さらに、コマンド プロンプトで、Windows リモート管理サービスを停止すると、このプロセスが完了に通常よりもはるかに長くかかります。場合によっては、停止するのには、最大 5 分かかります。

この問題は、Windows リモート管理サービスがバックアップ ホスト共有の Svchost.exe を処理する場合に発生します。

この問題を解決するには、Svchost.exe プロセスで実行するのには、Windows リモート管理サービスを構成します。これを行うには、管理者特権でコマンド プロンプトを開き、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
c:\>sc config winrm の種類 = 独自

メモ ちょうどそれをここに表示されるように、コマンドを入力していることを確認します。等号 (=) 記号の後のスペースを確認します。
コマンドが正常に完了した場合は、次の出力は、参照してください。

[SC]ChangeServiceConfig 成功

手順 5: WinRM のタイムアウトの既定値を大ききます。

各サーバーで、管理者特権のコマンド プロンプトを開くし、次の手順を実行します。
  1. Windows 2008 R2 と Windows 2008 SP2 コンピューターでは、WinRM のタイムアウトの既定値を大きくには、次のコマンドを使用します。
    winrm は @ winrm 構成設定 {MaxTimeoutms「1800000」=}
  2. Windows 2008R2 と Windows 2008 SP2 コンピューターについては、次のコマンドを使用します。(この手順は必要ありません Windows 2008 R2 のサーバーを報告する可能性がありますに注意してください。)
    winrm の設定/構成/サービス @ {MaxConcurrentOperations「200」}
  3. Windows 2008R2 と Windows 2008 SP2 コンピューターについては、次のコマンドを使用します。(この手順は必要ありません Windows 2008 R2 のサーバーを報告する可能性がありますに注意してください。)
    winrm の設定/構成/サービス @ {MaxConcurrentOperationsPerUser =「400」}
  4. Windows 2008R2 と Windows 2008 SP2 コンピューターについては、次のコマンドを使用します。
    net stop winrm
    net start winrm
    net start vmmagent

手順 6: VMM サーバーのコンピューター アカウントを確認します。

この問題もは VMM サーバーのコンピューター アカウントは、ホスト コンピューター上のローカルの Administrators グループから削除されるために発生します。この設定は、[制限されたグループ] のグループ ポリシー設定によって原因可能性があります。

この原因の詳細については、Microsoft Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
969164 仮想サーバーまたは HYPER-V ホストが「応答なし」の状態が、または「要注意」に制限されたグループのグループ ポリシー設定

この問題を解決するには、VMM サーバーとホスト コンピューターを新しい組織単位 (OU) のすべてのグループ ポリシー オブジェクトの継承のブロックを移動します。

手順 7: TCP オフロードを無効にします。

Windows レジストリ内とで使用されている管理ソフトウェアをチーミング ネットワーク アダプターで TCP オフロードすることを無効にする必要があります。TCP オフロードが完全に無効であるかどうかを確認するこれらすべての場所を確認する必要があります。この操作は、VMM サーバーとホスト コンピューターで実行する必要があります。

すべてのネットワーク アダプターは、レジストリの次のサブキーを見つけます。

HKEY_LOCAL_MACHINE\System\CurrentControlSet\Control\Class\ {4D36E972-E325-11CE-BFC1-08002BE10318}

「0000」で始まる 4 桁の数字を持つ名前が付けられた追加のサブキーこのサブキーの下は。物理ネットワーク アダプター名の詳細ウィンドウでの表示のサブキーを見つけます。[DriverDesc] 値は、詳細ウィンドウを参照してください。この値は、「HP NC360T PCIe ギガビット サーバー アダプターします」など、ネットワーク アダプターの名前を含める必要があります。これらのサブキーのそれぞれについて、次変更を行います。

ベンダー固有のオフロードを無効にします。「0 (ゼロ) にオフロード"単語を含むすべてのエントリの値を設定します。この値はベンダー固有のオフロードを無効にします。たとえば、これらのエントリは次をとおり。
元に戻す全体を表示する
エントリ説明
* FlowControl説明はありません。
* IPChecksumOffloadIPv4デバイスが有効か IPv4 チェックサムの計算が無効になってかどうかについて説明します。
* TCPChecksumOffloadIPv4デバイスが有効または、TCP チェックサムの計算で IPv4 パケットが無効かどうかについて説明します。
* TCPChecksumOffloadIPv6 デバイス有効になっているか、TCP チェックサムの計算で IPv6 パケットが無効になってかどうかについて説明します。
* UDPChecksumOffloadIPv4 デバイスが有効または UDP チェックサムの計算で IPv4 パケットが無効かどうかについて説明します。
* UDPChecksumOffloadIPv6デバイスが有効または UDP チェックサムの計算で IPv6 パケットが無効になっているかどうかについて説明します。
* LsoV1IPv4 デバイスが有効になっているか、セグメンテーション大きな TCP パケットの IPv4 を介して大量送信オフロードを無効にかどうかについて説明します。
* LsoV2IPv4 デバイスが有効になっているか、セグメンテーション大きな TCP パケットの IPv4 を介して大量送信オフロードを無効にかどうかについて説明します。
* LsoV2IPv6デバイスが有効になっているか、セグメンテーション大きな TCP パケットの IPv6 を介して大量送信オフロードを無効にかどうかについて説明します。
* IPsecOffloadV1IPv4デバイスが有効または IPsec ヘッダーの計算上の IPv4 を無効にするかどうかについて説明します。
* IPsecOffloadV2デバイスが有効または IPsec オフロード バージョン 2 (IPsecOV2) が無効になっているかどうかについて説明します。
* IPsecOffloadV2IPv4デバイスが有効になっているかだけ IPsecOV2 に IPv4 を無効にかどうかについて説明します。
* RSS側のスケーリングが表示されます。
* TCPUDPChecksumOffloadIPv4 デバイスが有効か IPv4 経由で、TCP または UDP チェックサムの計算が無効になってかどうかについて説明します。
* TCPUDPChecksumOffloadIPv6デバイスが有効または IPv6 を介して TCP または UDP チェックサムの計算が無効になっているかどうかについて説明します。

TCP オフロードで Windows を無効にするには、TCP/IP プロトコルの負荷を軽減するタスクを次のレジストリ エントリを使用します。

サブキー:
移動します
エントリ:
DisableTaskOffload
種類:
REG_DWORD
すべてのタスクのオフロード TCP/IP トランスポートからを無効にするのには、1 にこのレジストリ エントリを設定できます。

多くのベンダーは、チーミング管理ソフトウェアに組み込まれて機能をオフロードするのいくつかのフォームがあります。ようなオフローディングさまざまな形式で表示でき、、通常、ベンダーに固有です。

タスクの詳細については、オフロード、次マイクロソフト開発者ネットワークの web サイトを参照してください。
.aspx の http://msdn.microsoft.com/en-us/library/ff570925 (v=VS.85)

手順 8: その他の点を確認して

いくつか他の考えられる原因この問題の次のとおりです。
  • VMM エージェントは実行されていません。
  • 一部のウイルス対策ソフトウェア ポートまたはプロトコルをスキャンしています。

VMM アカウント メンバーシップ

VMM アカウントに適切なグループには、次に入力してください。

VMM サーバーのコンピューター アカウント。
  • VMM サーバーとホストのすべてのコンピューターの Administrators グループ
  • VMM サーバー上の Virtual Machine Manager サーバーのローカル グループ
VMM でアクションをアカウントします。
  • VMM サーバーとホストのすべてのコンピューターのローカル管理者グループ

プロパティ

文書番号: 976640 - 最終更新日: 2012年1月12日 - リビジョン: 5.0
キーワード:?
kberrmsg kbhowto kbinfo kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB976640 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:976640
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com