[FIX] SQL Server 2008 のスリップストリーム インストールが断続的に失敗する

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 976899 - 対象製品
マイクロソフトでは、Microsoft SQL Server 2008 の修正プログラムを 1 つのダウンロード可能なファイルとして配布しています。修正プログラムは累積的であるため、新しくリリースされる修正プログラムには、以前にリリースされた SQL Server 2008 の修正プログラムに含まれていたすべての修正プログラムおよびセキュリティ修正プログラムが含まれています。
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Microsoft SQL Server 2008 のスリップストリーム インストールを実行しようとすると、インストール プロセスが断続的に失敗します。また、SQL Server 2008 セットアップ ログ ファイルと SQL Server 2008 エラー ログ ファイルに次のエラー メッセージの組み合わせが記録される場合があります。

SQL Server 2008 セットアップ ログ ファイルのエラー メッセージ (Detail.txt)
<Date Time> SQLEngine: --SqlDatabaseServiceConfig: Connecting to SQL....
<Date Time> Slp: Sco: Attempting to connect script
<Date Time> Slp: Connection string: Data Source=\\.\pipe\SQLLocal\SQLEXPRESS;Initial Catalog=master;Integrated
Security=True;Pooling=False;Network Library=dbnmpntw;Application Name=SqlSetup
<Date Time> Slp: Sco: Connection error code from SqlException is : -2
<Date Time> Slp: タイムアウト期間が経過しました。処理が完了する前にタイムアウトの期間が経過したか、サーバーが応答していません。

SQL Server 2008 エラー ログ ファイルのエラー メッセージ
<Date Time> spid6s データベース 'master' で、スクリプト 'msdb_upgrade_discovery.sql' がレベル 167773760 からレベル 167774691 にアップグレードされています。
また、SQL Server 2008 セットアップ ログ ファイルと SQL Server 2008 エラー ログ ファイルに次のエラー メッセージの組み合わせが記録される場合があります。

SQL Server 2008 セットアップ ログ ファイルのエラー メッセージ (Detail.txt)
<date time>SQLEngine: --SqlServerServiceSCM: Starting SQL via SCM (-mSqlSetup ………)
SQL Server 2008 エラー ログ ファイルのエラー メッセージ
<date time>spid7s Populate syssubsystem table...
<date time>spid7s ライブラリ 'xplog70.dll' をメモリ内に読み込もうとしています。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
<date time>spid7s 'xplog70.dll' バージョン '2007.100.1600' を使用して拡張ストアド プロシージャ 'xp_msver' を実行します。このメッセージは情報提供だけを目的としています。ユーザー操作は不要です。
<date time>spid7s エラー: 15151, 重大度: 16, 状態: 1.
<date time>spid7s オブジェクト 'fulltext_stopwords' が存在しないか権限がないので、このオブジェクトを見つけることができません。
<date time>spid7s エラー: 15151, 重大度: 16, 状態: 1.
<date time>spid7s オブジェクト 'fulltext_stoplists' が存在しないか権限がないので、このオブジェクトを見つけることができません。
<date time>spid7s エラー: 15151, 重大度: 16, 状態: 1.
: これらのエラー メッセージは、スリップストリーム インストールが成功した場合でも SQL Server エラー ログ ファイルに存在する場合があります。インストールが成功した場合、これらの報告されたエラー メッセージは無視しても問題ありません。また、SQL Server 2008 Service Pack 1 (SP1) の累積的な更新プログラム 6 (CU6) では、この問題は解決されています。

原因

この問題は、スリップストリーム パッケージのインストール中に発生します。この問題が発生するのは、ベース インストールが完全に構成される前にある種のアップグレード スクリプトが実行されるためです。

解決方法

この問題に対する修正は、まず SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム 6 でリリースされました。この累積的な更新プログラム パッケージの関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
977443 SQL Server 2008 Service Pack 1 の累積的な更新プログラム パッケージ 6 について
: ビルドは累積的であるため、新しくリリースされる修正プログラムには、以前にリリースされた SQL Server 2008 の修正プログラムに含まれていたすべての修正プログラムおよびセキュリティ修正プログラムが含まれています。この修正プログラムが含まれている最新版の更新プログラム パッケージの適用を検討することを推奨します。関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
970365 SQL Server 2008 Service Pack 1 以降にリリースされた SQL Server 2008 のビルド
Microsoft SQL Server 2008 の修正プログラムは、特定の SQL Server Service Pack 用に作成されています。SQL Server 2008 Service Pack 1 の修正プログラムは、SQL Server 2008 Service Pack 1 のインストール環境に適用する必要があります。既定では、ある SQL Server Service Pack で提供される修正プログラムはすべて、次の SQL Server Service Pack に含まれます。

この問題を解決するには、次の手順を実行します。
  1. 失敗したスリップストリーム インストールをアンインストールします。
  2. スリップストリーム インストール パッケージを実行する前に、SQL Server 2008 SP1 CU6 パッケージを実行して、セットアップ サポート ファイルをインストールまたはアップグレードします。
  3. スリップストリーム パッケージを再度インストールします。または、SQL Server 2008 SP1 CU6 が含まれる新しいスリップストリーム パッケージを構築してからパッケージをインストールすることもできます。

回避策

この問題を回避するには、以下のいずれかの方法を使用します。

方法 1

この問題は常に発生するわけではないため、再度スリップストリーム パッケージのインストールを試行することができます。

方法 2

リモート インストールを使用する場合、ローカル コンピューターにパッケージをコピーしてからインストール プロセスをローカルに実行します。

状況

マイクロソフトでは、この問題をこの資料の対象製品として記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

データベース エンジンは、インストール スクリプトを実行した後にアップグレード スクリプトを実行する必要があります。たとえば、SQL Server 2008 スリップストリーム インストールのインストール シーケンスは、SQL Server 2008 および SQL Server 2008 SP1 のスリップストリームではないインストールのインストール シーケンスに似ています。

インストール パッケージがスリップストリーム パッケージであるかどうかを確認するには、Summary.txt セットアップ ログ ファイルで次のパッケージ プロパティを確認します。
Package properties: Slipstream:                    True

関連情報

SQL Server の増分サービス モデルの関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
935897 報告された問題に対する修正プログラムを提供する SQL Server チームの増分サービス モデル (ISM) について


SQL Server の更新プログラムの命名方式の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
822499 Microsoft SQL Server ソフトウェア更新プログラム パッケージの新しい命名方式


ソフトウェア更新プログラムに関する用語の関連情報を参照するには、以下のサポート技術情報番号をクリックしてください。
824684 マイクロソフトのソフトウェアの更新で使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 976899 - 最終更新日: 2010年3月26日 - リビジョン: 1.1
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft SQL Server 2008 Standard
  • Microsoft SQL Server 2008 Enterprise
  • Microsoft SQL Server 2008 Developer
  • Microsoft SQL Server 2008 Workgroup
  • Microsoft SQL Server 2008 Express
キーワード:?
kbexpertiseadvanced kbsurveynew kbqfe kbfix KB976899
"Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。"

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com