Windows Server 2003 R2 SP2 を実行しているコンピューターで DFS レプリケーション サービスで予期しない終了します。

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 977211
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

次のシナリオを検討してください。
  • Windows Server 2003 R2 Service Pack 2 (SP2) を実行してはコンピューターがあります。
  • このコンピューターは、レプリケーション グループの一部です。このコンピューターとその複製パートナーの 1 つまたは複数のレプリケート フォルダーをレプリケートします。
  • 分散ファイル システム (DFS) のレプリケーションは、このコンピューターにインストールします。
このシナリオでは、DFS レプリケーション サービスが予期せず終了します。次のシステム イベント ID 7031 のインスタンスは、アプリケーション ログに記録されます。

イベント Id 7031
ソース: サービス コントロール マネージャー:
DFS レプリケーション サービスが予期せず終了しました。この 1 回完了しました。次の修正動作 300000 ミリ秒単位で実行されます。 サービスを再起動します。

DFS レプリケーション サービスのメモリ使用量を監視するパフォーマンス モニターまたはタスク マネージャーを使用すると、DFS レプリケーション サービスは、最大 2 ギガバイト (GB) のサービスが終了する前にメモリを消費することを見つけます。

メモ
  • この self-termination 問題は、x 86 ベース プラットフォーム上でのみ限られたアドレス空間のために発生します。
  • メモリ消費の問題は、x x64 ベースのプラットフォームで発生します。
  • 使用してこの問題を回避を操作することはできません、 /3 GB DFS レプリケーションは、「大規模なアドレス空間」ではないために切り替える-認識サービス。

原因

この問題は大量の仮想メモリ (ページ プール) で DFS レプリケーションを使用する拡張記憶域エンジン (ESE とも呼ばれます) データベースを消費するために発生します。したがって、DFS レプリケーションの操作より多くのメモリを割り当てることができませんし、DFS レプリケーション サービスを終了します。

解決方法

修正プログラムの情報

サポートされている修正プログラムがマイクロソフトから入手可能です。ただし、この修正プログラムはこの資料に記載されている問題のみを修正するものです。この修正プログラムはこの資料に記載されている問題が発生しているシステムにのみ適用されます。この修正プログラムは、今後さらにテストを受け取ることがあります。したがって、この問題で深刻な影響をされていない場合は、この修正プログラムを含む次のソフトウェア更新プログラムのリリースを待つことをお勧めします。

この修正プログラムがダウンロードできないか場合は、この記事の上部に「修正プログラムのダウンロード」セクションです。このセクションが表示されない場合は、マイクロソフト カスタマー サービス & サポート修正プログラムを入手するに問い合わせてください。

メモ その他の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合は、別のサービス リクエストを作成する必要があります。追加の質問およびこの特定の修正プログラムの対象とならない問題については、通常のサポート料金が適用されます。一覧マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号のまたは別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ 「修正プログラムのダウンロード」フォームに修正プログラムが提供されている言語を表示します。お使いの言語が表示されない場合は、修正プログラムがその言語の利用できないためにです。

前提条件

この修正プログラムを適用するには、Windows Server 2003 Service Pack 2 (SP2) コンピューターが実行されている必要があります。

Windows Server 2003 の service pack または Windows XP Professional x64 Edition service pack の入手方法の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
889100Windows Server 2003 用の最新の service pack を入手する方法

インストールの手順

この修正プログラムを適用した後、DFS レプリケーション ESE データベース キャッシュは、メモリの制限を定義します。この制限の値を使用する 8 KB ページの数で指定します。メモリ制限を設定するには、次の「準備」セクションと「構成」セクションの手順を実行します。
準備
1 つのボリュームの DFS レプリケーション データベースのサイズを確認してください。このチェックを実行するには、次の手順を実行します。
  1. DFS レプリケーション データベース (Dfsr.db) 内の次の場所に DFS レプリケーションを構成するすべてのボリューム上にあります。
    \System ボリューム Information\DFSR\database_<guid>\</guid>
    メモ DFS レプリケーションでは、コマンド プロンプトで、構成されているボリュームのリストを取得するのには、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    C:\>wmic/namespace:\\root\microsoftdfs のパス DfsrVolumeInfo VolumePath、VolumeGuid を取得します。
    このコマンドを実行したときに生成される出力の例を次に示します。
    VolumeGuid VolumePath 3E766AD0-9BF5-11D9-BB89-806E6F6E6963 \\.\C。
    既定では、ローカル システム アカウントのみがこのディレクトリ構造へのアクセスがあります。ただし、フォルダーには、管理者のアクセス権を与えることができます。したがって、次のいずれかのこのディレクトリ構造にアクセスするために使用します。
    • コマンド ・ プロンプトで Windows Server 2003 を実行しているコンピューターで、ローカル システム アカウントのコンテキストでコンソール セッションを実行するのには、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      PSEXEC ? S CMD.EXE
      メモ コマンド プロンプトで、コンピューターにリモート デスクトップ接続を使用して、ローカル システム アカウントのコンテキストでコンソール セッションを実行するのには、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
      MSTSC/CONSOLE
    • 管理者アカウントを使用してこのディレクトリ構造にアクセスするには、隠しファイルとシステム ファイルは「読み取り」アクセス許可を有効にする、 システム ボリューム情報 ボリュームのルートにあるフォルダーです。これを行うには、次のフォルダーに「読み取り」のアクセス許可を管理者アカウントを追加します。これを行うと、表示できます、 システム ボリューム情報 フォルダーです。次の手順を完了すると、アクセス許可を復元することを確認してください。

      メモ 「システム ボリューム情報フォルダーは、ローカル システム アカウント以外アカウントでアクセスを防止するのに ACL を使用します。したがって、いずれかのディレクトリが完全に、「アクセス拒否」のメッセージにアクセスしようとします。この問題を回避するには、Administrator アカウントは、フォルダーの「読み取り」アクセス許可を追加します。
  2. 各ボリュームに対して、次のコマンドを実行します。この出力からは、ボリュームごとのデータベース サイズを注意してください。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、ENTER キーを押します。
    DIR/Sボリューム> \System ボリューム Information\DFSR\database_GUID> \DFSR。DB
    メモ GUID は、データベースの意識です。
構成
警告 重大な問題、レジストリが誤ってをレジストリ エディターを使用して、または別の方法を使用して変更すると発生します。これらの問題は、オペレーティング システムを再インストールする必要があります。マイクロソフトは、これらの問題を解決できることを保証できません。お客様の責任においてレジストリを変更します。

適切な構成を適用します。構成を適用するには、環境に合わせて適切なシナリオに記載されている、レジストリ項目を作成します。シナリオの一覧を次に示します。
  • レプリケートされたフォルダーをホストするすべてのボリューム上の DFS レプリケーション ESE データベースのサイズと同じです。このシナリオでは、一般的なメモリ使用率の制限、ESE データベース キャッシュのすべてのボリュームを指定します。この制限は、コンピューターのすべてのボリューム上の DFS レプリケーション ESE データベースに適用されます。これを行うには、次のレジストリ エントリを作成します。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Dfsr\Parameters

    DWORD 値: maxDbCacheSizeInPages


    たとえば、次を仮定します。
    • コンピューター上のレプリケート フォルダーをホストする 3 つのボリュームがあります。
    • このコンピューター上で、最大 1.2 gb のメモリを使用する DFS レプリケーション ESE データベース キャッシュします。
    • この制限を 3 つすべてのボリュームに格納されている DFS レプリケーション ESE データベース均等間を配布します。
    1.2 GB のメモリの 8 KB ページの数を計算します。1.2 GB のメモリを 1258291.2 KB または約 1258000 に 157250 約 8 KB ページ単位に等しい KB です。そのためには、 maxDbCacheSizeInPages データ 157250 の値を 10 進数に設定する必要があります。この数値は、すべての 3 つのボリュームにわたって均等に配布されるページの数を表します。この同じ配布 8 KB ページの 52416 の 8 KB ページを 1 つのボリュームです。
  • レプリケートされたフォルダーをホストするすべてのボリューム上の DFS レプリケーション ESE データベースのサイズが異なります。このシナリオでは、別のメモリ使用率の制限、ESE データベース キャッシュの各ボリュームを指定します。これを行うには、次を作成します。 maxDbCacheSizeInPages 既存のボリュームに固有のキーの下のレジストリ値。

    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\Dfsr\Parameters\
    ボリュームの GUID>
    DWORD 値: maxDbCacheSizeInPages


    メモ プレース ホルダー"ボリューム GUID"プレース ホルダーを対応するボリュームの「準備」セクションで見つけた Guid のいずれかです。

    たとえば、次のドライブと、次の対応する DFS レプリケーション データベースのサイズがあることを想定します。
    • ボリューム F 0.8 GB のデータベース サイズ
    • 2.2 GB のデータベース サイズが G のボリューム
    • 1.0 GB のデータベース サイズが H のボリューム
    すべてのデータベースの合計サイズは 4.0 GB です。

    この例では、このコンピューター上で、最大 1.2 gb のメモリを使用する DFS レプリケーション ESE データベース キャッシュすることを想定しています。157250 8 KB のページ (約 1.2 GB) を配布するため、次の値を設定、 maxDbCacheSizeInPages 10 進数のレジストリ エントリ。
    • ボリュームは 0.8 GB のデータベースを持つ F
      ボリューム f: 157250 x 0.8/4.0 31450 の 8 KB のページ =
    • ボリュームが 2.2 GB のデータベース G
      ボリューム g: 157250 x 2.2/4.0 86487 の 8 KB のページ =
    • 1.0 GB のデータベースが H のボリューム
      ボリューム h: 157250 × 1.0/4.0 39312 の 8 KB のページ =
メモ
  • ボリュームごとの最大値は 2147483647 に 10 進数と等しいの 0x7fffffff の 16 進数の絶対的な制限です。
  • レジストリ エントリのデータを指定したら、サービスを再起動します。

再起動の必要性

この修正プログラムを適用した後コンピューターを再起動する必要があります。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラムは、以前にリリースされた修正プログラムを代わりにはなりません。

ファイル情報

この修正プログラムの英語 (U. s.) バージョンは、次の表に示す属性を持つファイルをインストールします。日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) が表示されます。日付および時刻これらのファイルは、ローカル コンピューター、ローカル時刻を現在の夏時間 (DST) バイアスと共に表示されます。さらに、ファイルに対して特定の操作を実行すると、日付と時刻が変更できます。
Windows Server 2003 のファイル情報のメモ
  • これらの表に記載されているファイルに加えて、この修正プログラムも、関連付けられているセキュリティ カタログ ファイル (KB をインストールします。番号.cat) は Microsoft デジタル署名で署名されます。
サポートされているすべての x 86 ベース バージョンの Windows Server 2003

元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の要件
Dfsr.exe5.2.3790.46183,594,7522009 の 11 月 13 日11: 08x64SP2
W03a3409.dll5.2.3790.459044,0322009 の 11 月 13 日11: 08x64SP2
Ww03a3409.dll5.2.3790.459043,5202009 の 11 月 13 日11: 08x 86SP2

状況

マイクロソフトでは、この「対象」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

Psexec.exe ツールをダウンロードするには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/sysinternals/bb897553.aspx
ソフトウェアの更新の用語の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
824684マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 977211 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbbug kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB977211 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:977211
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com