DFS 名前空間サービスとは、Windows Server 2003 または Windows Server 2008 を実行しているコンピューター上の構成データについて

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 977511
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

分散ファイル システム (DFS) 名前空間サービスいくつかの場所に構成データを格納します。このデータの一部が存在しないか、アクセスできない可能性がありますエラーが発生して名前空間を作成することはできません。

はじめに

この資料には、名前空間を作成するためには、次のトピックについて説明します。
  • 構成データの記憶場所。
  • データの不整合が発生の例を示します。
  • 孤立した構成データを削除することができる方法があります。
  • 現象とエラー ・ メッセージを受け取ることがあります。

詳細

DFS 名前空間の構成の格納場所

次の場所は、分散ファイル システム (DFS) 名前空間の別の構成データを保存します。
  • Active Directory ドメイン サービス (AD DS) 名前空間のサーバーの名前、フォルダー ターゲット、およびさまざまなその他の構成データを含む 1 つ以上のオブジェクトのドメイン ベースの名前空間の構成データを格納します。
  • 名前空間サーバー共有ホストされている各名前空間を保持します。
  • 名前空間のメンバーシップをドメイン ベースの名前空間サーバーのレジストリ キーを保存します。

    メモ スタンドアロンの名前空間サーバーでは、レジストリ キーすべての名前空間の構成データを格納します。
構成データの一部が見つからないか無効の場合は、名前空間を管理することができない場合があります。さらに、DFS 名前空間の Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップイン、Dfsutil.exe ツール、または、Dfscmd.exe ツールを使用して、または、クライアントが名前空間にアクセスするときに DFS 名前空間を管理するとき多くのさまざまなエラー メッセージを受け取ることがあります。参照してください、""エラー メッセージの一覧については、セクション。

DFS 名前空間の構成データが一貫性のないなる可能性がありますどのように例

  • は、 dfsutil/クリーニング コマンドは、ドメイン ベースの名前空間サーバーで実行されます。このコマンドは、名前空間のレジストリ データを削除します。構成データを AD DS に格納されているままであり、DFS 名前空間の MMC スナップインで列挙します。
  • DFS 名前空間、DFS 管理ツールなど、DFS 名前空間の MMC スナップインまたは Dfsutil.exe ツールを使用して削除されたリカバリに、AD DS の権限の復元が実行されます。AD DS の復元が成功する可能性がありますが、他の DFS 名前空間の構成データも復元または回復しない限り、名前空間運用ではありません。
  • 前に、サーバーが作成したバックアップを使用して、名前空間サーバー システム状態の復元は、名前空間サーバーとなりました。
  • DFS 名前空間の構成データを特定の名前空間サーバー active Directory 複製の失敗を防ぐ。
  • 不正に変更するか、共有の名前空間サーバーで名前空間の削除が正しく。
  • レジストリのか、AD DS 名前空間の構成データの操作を手動で。

DFS 名前空間の構成のクリーンアップと削除

DFS 名前空間の構成データ管理し、Api の DFS を使用する管理ツールで管理します。DFS の Api は、Active Directory ドメイン コント ローラーと DFS 名前空間サーバーに関する構成の変更を通知します。この現象は、構成データは孤立を防ぐことができます、構成データの一貫性が保証されます。通知プロセスを禁止する場合は、削除または失われたデータをである場合は、構成データを削除するのにはここで記載されている、クリーンアップ手順を実行します。システム状態のバックアップをドメイン コント ローラーまたは名前空間サーバーを確認しない限り、これらの変更は回復可能ではありません。

Windows Server 2003 を実行しているサーバーのシステム状態をバックアップする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc759141.aspx
Windows Server 2008 を実行しているサーバーのシステム状態をバックアップする方法の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc770266.aspx
メモ 構成データのリカバリが不可能な場合や、必要がない場合、次の手順をのみ使用する必要があります。

リカバリ ・ プロセスは、DFS 名前空間の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
969382DFS 名前空間では、Windows 2003 と 2008年サーバーの回復プロセス
  1. ドメイン ベース DFS 名前空間は、AD DS 名前空間の構成データの削除を確認します。削除処理の前に、誤動作または不整合の名前空間に関連付けられているオブジェクトを正確に特定する必要があります。AD DS 名前空間の構成データを削除するには、次の手順を実行します。
    1. Adsiedit.msc ツールを開きます。このツールは、Windows Server 2008 に含まれている、AD DS の役割やツールがインストールされている必要があります。このツールは、Windows Server 2003 サポート ツールで使用可能です。

      Adsiedit.msc ツールの詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
      .aspx の http://technet.microsoft.com/en-us/library/cc773354 (WS.10)
    2. ドメイン ベースの名前空間をホストしているドメインのドメイン パーティションを見つけます。次の場所に移動します。
      CN = Dfs 構成、CN = システム, DC = =<domain dn=""></domain>
      メモ は、 <domain dn=""></domain> プレース ホルダーは、ドメインの識別名です。

      DFS 名前空間の構成オブジェクトを保存する場所。「Windows 2000 Server モード」名前空間に同じ名前の名前空間にある"fTDfs"クラスのオブジェクトがあります。「Windows Server 2008 モード"名前空間には、関連付けられている名前空間に同じ名前のですし、、子オブジェクトに設定されているフォルダーが含まれている可能性があります"msDFS NamespaceAnchor"クラス オブジェクトがあります。
    3. 適切な"fTDfs"など、"msDFS NamespaceAnchor"のオブジェクトを選択し、[子オブジェクトを削除します。

      メモ アクティブ ディレクトリ レプリケーションの遅延がリモート ドメイン コント ローラーに伝達するこの変更操作が遅れる可能性があります。
  2. 名前空間をホストしているすべての名前空間サーバーでは、DFS 名前空間のレジストリ構成データの削除を確認します。その他の機能の名前空間サーバーでホストされている場合は、一貫性のない名前空間のレジストリ キーが削除されているかどうかを確認します。DFS 名前空間のレジストリ構成データを削除するには、次の手順を実行します。
    1. レジストリ エディターで、レジストリ キーの構成、名前空間の次のパスのいずれかを使用して、適切なパスを取得します。

      DFSN のドメイン ベースの「Windows Server 2008 モード」
      HKEY_LOCAL_MACHINE \Software\Microsoft\Dfs\Roots\domainV2
      スタンドアロン DFSN
      HKEY_LOCAL_MACHINE \Software\Microsoft\Dfs\Roots\Standalone
      ドメイン ベースの DFSN「Windows 2000 Server モード」
      HKEY_LOCAL_MACHINE\Software\Microsoft\Dfs\Roots\Domain
      Windows 2000 Server のレジストリの保存場所の詳細については、Knowledge Base の資料を参照するのには、次の資料番号をクリックしてください。
      224384方法: 強制の DFS 構成情報の削除
    2. 不整合の名前空間に同じ名前が付けられます、レジストリ キーが見つからない場合は、Dfsutil.exe ツールを使用してレジストリ キーを削除します。たとえば、次のコマンドを実行します。
      dfsutil と/server をクリーンアップします。サーバー名 /share。共有名 /詳細

      メモ は、 サーバー名 名前空間をホストするサーバーの名前のプレース ホルダーです、 共有名 プレース ホルダーは、共有のルートの名前です。
      または、キーを手動で削除します。
    3. 名前空間サーバーでは、Windows Server 2003 または Windows Server 2008 で DFS 名前空間サービス、サービスの変更を登録するのには DFS サービスを再起動します。
  3. 名前空間名前空間サーバーからに関連付けられていたファイル共有を削除します。この手順に従わない場合 DFS 名前空間を名前空間を作成できないため、名前空間の再作成があります。

    Windows Server 2003
    1. コンピューターの管理 MMC スナップインを開きます。これを行うには、Compmgmt.msc ツールを実行します。
    2. 展開 システム ツールを展開 共有フォルダー、し 株式.
    3. DFS 名前空間の共有を右クリックしをクリックしてください 共有を中止します。.次のエラー メッセージが表示される場合は、サーバーを再起動し、やり直してコンピューターの管理 MMC スナップインを使用して、共有を削除するのにはする必要があります。
      "システムは、共有を停止できません。 <\\server\share></\\server\share> 共有フォルダーは、分散ファイル システム (DFS) 名前空間のルートのため"
    Windows Server 2008
    1. [共有と記憶域の管理"MMC スナップインを開きます。これを行うには、StorageMgmt.msc ツールを実行します。
    2. 名前空間の共有を右クリックしをクリックしてください 共有を中止します。.次のエラー メッセージが表示されたら、サーバーを再起動し、[コンピューターの管理 MMC スナップインを使用して共有フォルダーを削除する必要があります。
      システムの共有を停止することはできません。 <\\server\share></\\server\share> 共有フォルダーは、分散ファイル システム (DFS) 名前空間のルートであるため
その他の回復オプションを検討した後、DFS 名前空間の構成データを変更するのみ検討します。DFS 名前空間サーバーとドメイン コント ローラーのドメイン ベースの DFS 名前空間は、システム状態のバックアップを定期的に入手することをお勧めします。これらのバックアップはフル稼働の DFS 名前空間の構成データの不整合が発生するリスクなしに、名前空間の構成を復元する使用できます。

現象とエラー メッセージ

DFS の管理 MMC (Dfsmgmt.msc)

Dfsmgmt.msc ツールでは、次のエラー メッセージが表示されます。
  • \\domain.com\namespace: [名前空間を照会できません。要素が見つかりません。
  • 既に指定されたサーバーはこの名前空間をホストします。別の名前空間の名前または名前空間をホストする別のサーバーを選択してください。
  • サーバー上の共有フォルダー名「名前空間」が既に存在します。 <servername></servername>.既存の共有フォルダーを使用する場合は、[設定の編集] ダイアログ ボックスで指定されたセキュリティ設定は適用されません。共有フォルダーとそれらの設定を作成するのには、既存の共有フォルダーを削除してください。
  • 名前空間は、名前空間サーバーが作成されたドメインには一意ではありません。新しい名前空間の名前を選択するか、または名前空間の種類をスタンドアロンに変更する必要があります戻ります。
  • \\domain.com\namespace1名前空間サーバー \\サーバー名\namespace1 追加することはできません。ファイルが既に存在する場合は、ファイルを作成できません。
  • \\domain.com\namespace: 名前空間を照会することはできません。システムは指定されたファイルを見つけることができません。
  • \\domain.com\namespace: 名前空間を照会することはできません。デバイスが使用可能ではありません。
  • 共有の削除中にエラーが発生しました。 <namespacefolder></namespacefolder>.削除する前に、分散ファイル システムから、共有を削除してください。

分散ファイル システム (Dfsgui.msc) の MMC

Dfsgui.msc ツールでは、次のエラー メッセージが表示されます。
  • 指定した DFS ルートが存在しません。
  • DFS ルート"namespace1"は既に存在します。別の名前で、新しい DFS ルートを入力してください。
  • サーバーのサーバー名で DFS ルートを作成するときに次エラーを発生: ファイルが既に存在する場合は、ファイルを作成できません。
  • 指定した DFS ルートが存在しません。
  • システムは指定されたファイルを見つけることができません。

Dfsutil.exe

Dfsutil.exe ツールには、次のエラー メッセージが表示されます。
  • 1168 のシステム エラーが発生しました。要素が見つかりません。

Dfscmd.exe

Dfscmd.exe ツールでは、次のエラー メッセージが表示されます。
  • 1168 のシステム エラーが発生しました。要素が見つかりません。
  • 80 のシステム エラーが発生しました。ファイルが存在します。
  • システム エラー 2 が発生しました。システムは指定されたファイルを見つけることができません。

DFS クライアント

DFS クライアントを実行しているコンピューターで、次のエラー メッセージが表示されます。
  • Windows '\\domain.com\namespace\folder' が見つかりませんでした。名前を正しく入力したかどうかを確認し、再試行してください。
  • ファイルが見つかりません。
  • Windows '\\domain.com\namespace\folder' にアクセスできません。名前のつづりを確認してください。それ以外の場合は、ネットワークに問題があります。
    追加情報:
    エラー コード: 0x80070002、システム指定されたファイルを見つけることができません。
  • Windows \\domain.com\namespace1 にアクセスできません。エラー コード 0x80070035 ネットワーク パスが見つかりませんでした。
  • \\domain.com\namespace\folder は、アクセス可能ではありません。このネットワーク リソースを使用する権限がありません。.ネットワーク パスが見つかりませんでした。
  • 構成情報読み取れませんでした、ドメイン コント ローラーから、いずれか、コンピューターが使用できないか、アクセスが拒否されているため。
  • Windows \\domain.com\namespace にアクセスできません。名前のつづりを確認してください。それ以外の場合は、ネットワークに問題があります。
    追加情報:
    エラー コード: 0x80070035 がネットワーク パスが見つかりませんでした。
  • システムは指定されたパスを見つけることができません。

プロパティ

文書番号: 977511 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kberrmsg kbhowto kbinfo kbtshoot kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB977511 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:977511
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com