ソフトウェアの更新を有効には Microsoft Host Integration Server 2009 年 - 制限付きのリソースへのリンクとして構成する仮想ルーティング ノード (VRN) をリンクすることが

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 977899 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

この資料では Microsoft Host Integration Server 2009 年 - 制限付きのリソースへのリンクとして構成する仮想ルーティング ノード (VRN) へのリンクを有効にソフトウェアの更新について説明します。

詳細

VRN は、高度なピア ツー ピア ネットワーク (APPN) トポロジ データベースが存在する仮想ノードです。動作は、VRN で APPN ノードは同じ VRN で APPN のほかのノードに動的接続を作成できます。VRNs、次のような高度なプログラムに通信の利点 (APPC) ネットワーク。
  • APPN ノード間の直接接続が必要な場合は、VRNs は手動で定義する必要があります APPN リンク定義の数を減らします。
  • VRNs は、中間のネットワーク ノード (NNs) を通じてと APPN ノード間の直接の APPN リンクが存在しないセッション トラフィックがルーティングされるときに発生する潜在的なボトルネックを削除します。
  • VRNs を使用する場合より少ないトポロジ データベースの更新 (TDUs)、APPC ネットワーク経由で送信されます。APPN ノード間の直接の APPC リンク定義を手動で定義すると、TDUs の数です。
高パフォーマンス ルーティング (HPR) が自動的に非アクティブ化などないトラフィックのフローと、リンクを介して、指定されたタイムアウト期間を制限されたリソースをリンクします。従来、APPN アーキテクチャ VRN へのリンクなど、すべてのダイナミック リンク限られたリソースへのリンクとして設定することを指定します。時間がたつにつれて、ほとんど APPN の制限や、非限定のリソースとして構成するダイナミック リンクを有効にします。

既定では、IP-DLC リンク サービスすべての動的な受信リンク VRN リンク以外の非限定リンクとして扱います。

ソフトウェア更新プログラムの情報

製品の既定の動作の変更はサポートされている機能がマイクロソフトから入手可能になりました。ただし、この機能だけにこの資料で説明する動作を変更することを目的としたものです。特に必要とするシステムにのみ適用します。この機能は、今後さらにテストを行うことがあります。したがって、この機能の不足によりシステム深刻な影響がない場合は、この機能が含まれている次の Host Integration Server 2009 Service Pack がリリースされるまで待つことをお勧めします。

この機能を直ちに取得するには、マイクロソフトのお客様にお問い合わせくださいサポート サービス。番号とサポートのコストに関する情報はマイクロソフト カスタマー サポート サービスの一覧を電話は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support

ファイル情報

この修正プログラムの英語版のファイル属性は次の表のとおりです。 これらのファイルの日時を世界協定時刻が表示されます (UTC)。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用します。
Host Integration Server 2006 の 32 ビット バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の必要性
Snaipdlc.dll8.0.3749.21,003,3442004 年 12 月-2009 年20: 03x86SP1
Trcipdlc.dll8.0.3749.23,023,6962004 年 12 月-2009 年20: 03x86SP1
Host Integration Server 2006 の 64 ビット バージョン
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォームSP の必要性区分
Snaipdlc.dll8.0.3749.21,397,0722004 年 12 月-2009 年20: 05x64SP1適用しません。
Trcipdlc.dll8.0.3749.23,782,9922004 年 12 月-2009 年20: 05x64SP1適用しません。
Snaipdlc.dll8.0.3749.21,003,3442004 年 12 月-2009 年20: 03x86なしSYSWOW
Trcipdlc.dll8.0.3749.23,023,6962004 年 12 月-2009 年20: 03x86なしSYSWOW


メモファイルの依存関係のため、これらのファイルを含む最新のソフトウェア更新プログラムの追加ファイルもあります。

この更新プログラムを適用した後、IP-DLC リンク サービス VRN リンク - 制限付きのリンクとして処理するように構成できます。 この方法でもない場合、リンク上を流れるトラフィックのリンクはアクティブなまま。

VRN リンク - 制限付きのリソースへのリンクとして構成する方法

-制限付きのリソースへのリンクとして VRN へのリンクを構成するのには、手順を実行します。
  1. [スタート] ボタンをクリックし、[ファイル名を指定して実行] をクリックして、regedit を入力し、[OK] をクリックします。
  2. レジストリ内の次のサブキーに移動します:
    HKEY_LOCAL_MACHINE\SYSTEM\CurrentControlSet\Services\SNAIPx\Parameters\ExtraParameters
    メモx を変更する IP-DLC リンク サービスと同じ番号に置き換えます。 たとえば、Host Integration Server 2009 システムにインストールされている IP-DLC リンク サービスを 1 つあるとします。 この場合は、1 x を交換する必要があります。
  3. ExtraParameters をマウスの右ボタンでクリックし、[新規作成] をポイントし、[DWORD 値] をクリックします。
  4. VRNnotLimitedResource を入力し、Enter キーを押します。
  5. VRNnotLimitedResource をダブルクリックし、[値のデータとして 1 を入力します。
  6. レジストリ エディターを終了します。
  7. IP-DLC リンク サービスを再起動して、変更は有効になります。これを行う最も簡単な方法、SNA Server を再起動するのにはサービスまたは SnaBase サービス。これらのサービスを再起動すると、Host Integration Server に接続しているユーザーが切断されます。
さらに、VRN リンク - 制限付きリソース リンクとして扱われるように、VRN のリンクの他端も構成する必要があります。VRN のリンクの反対は IBM がメインフレーム、LIMRES を構成する必要があります - 制限付きリソース リンクとして処理するのには [いいえで仮想通信アクセス方法 (リンクを有効にするのには VTAM) =。限られたリソース リンクとしてリンク VRN リンクの両端を扱う場合は、指定された aliveness タイマーの有効期限が切れると、リンク アクティブになりません。

限られたリソースの詳細についてについてピア ツー ピア ネットワーク (APPN) および迅速なトランスポート プロトコル (RTP) 接続で APPN/HPR ネットワーク ルーティング (HPR)、高パフォーマンスについての詳細については、"内部 APPN と HPR-の一覧 (標準) ガイドを新しい SNA"で次の IBM の Web 参照サイト。
http://publib-b.boulder.ibm.com/Redbooks.nsf/RedbookAbstracts/sg243669.html
マイクロソフト テクニカル サポートを見つけられるように、サードパーティの連絡先情報を提供します。この連絡先の情報は予告なく変更される可能性があります。 マイクロソフトは、このサードパーティの連絡先情報の正確性は保証されません。

状況

マイクロソフトでは、この資料の対象製品」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

プロパティ

文書番号: 977899 - 最終更新日: 2010年2月4日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Host Integration Server 2009
キーワード:?
kbqfe kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB977899 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:977899
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com