サイズの大きなフォルダーのリダイレクト ポリシーの設定ファイルでは、Windows Vista で、Windows 7、Windows Server 2008、または Windows Server 2008 R2 を持っている場合のエラー

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 978098 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

現象

以下のシナリオを考えます:
  • この環境では、フォルダー リダイレクト のポリシー設定の多くのフォルダーを設定します。
  • フォルダーは、ユーザー グループのメンバーである場合は、[詳細設定 を使用するように構成されています。
  • フォルダーの一覧にすべてのグループを追加することが大きな フォルダー リダイレクト ポリシーの設定ファイルの多くのグループが期待どおりに作成されます。
大きなフォルダー リダイレクト ポリシーの設定ファイルの Windows Vista、Windows Server 2008、Windows Server 2008 R2、または Windows 7 を実行しているコンピューターを扱う場合このシナリオが以下の現象が 1 つ以上表示されることがあります。

現象 1

フォルダー リダイレクト のポリシー設定を開くと、フォルダーの設定を表示しないことを検索します。代わりに、設定されていない と、フォルダーが表示されます。

現象 2

グループ ポリシー管理コンソール (GPMC) で、フォルダー リダイレクト ポリシーの設定を表示しようとすると、フォルダー リダイレクト ポリシーの詳細] セクションで、次のエラー メッセージが表示されます。
この拡張子のデータが収集されたときに不明なエラーが発生しました。詳細: -2147467259 が FRSettingRead に失敗しました
現象 2 の現象 1 のメモ

これらの現象は、作成され、Windows Server 2003 や Windows Server 2008 では、バージョンの Windows Server 2008 よりも新しい Windows を実行しているコンピューターでローカル グループ ポリシー エディターを使用して入力されているポリシーが発生します。

現象 3

Windows Vista または新しいバージョンの Windows を実行しているコンピューターでドメイン ユーザー アカウントを新しい フォルダー リダイレクト のポリシー設定を適用しようとすると、設定は適用されません。さらに、次のエラー メッセージが表示がアプリケーション ログに記録されることがあります。
ログ名: マイクロソフトの Windows-GroupPolicy/運用
ソース: マイクロソフトの Windows-GroupPolicy
イベント ID: 7016
タスクのカテゴリ: なし
レベル: エラー
キーワード:
ユーザー:System

説明:
フォルダー リダイレクト拡張処理 xxx ミリ秒で完了します。

イベント XML:
<Event xmlns="http://schemas.microsoft.com/win/2004/08/events/event">

<eventdata>
<Data Name="ErrorCode"> 2147942413</data>
<Data Name="CSEExtensionName"> フォルダー リダイレクト</data>
<Data Name="CSEExtensionId"> {25537BA6-77A8-11 D 2-9B6C-0000F8080861}</data>
</EventData>
</Event>

原因

これらの問題は、フォルダー リダイレクト エンジンを使用して .ini ファイルを SYSVOL から読み取るシステム API での 2 つの制約のために発生します。

現象 1 と現象 2 の原因

Windows Vista で、または新しいバージョンの Windows で作成された .ini ファイル

これらの問題が発生するは、.ini ファイルの Folder_Redirection 部分が 32, 767 文字よりも大きい場合があるため。ただし、SID 一覧のすべてのフォルダーの最大数は 32, 767 文字です。 この制限は、GetPrivateProfileSection API を使用してを参照する場合に発生します。

メモSID は、通常、48 〜 50 文字がある場合は、約 670 できるポリシーのこの問題が発生する前にすべてのフォルダー内の SID。

Windows Server 2003 で作成された .ini ファイル

これらの問題が発生するは、グループ ポリシー内の各リダイレクトされたフォルダーの数の限度を超えたため。 この制限は、グループを表す SID 文字列の長さともリダイレクトのパスの長さによって異なります。SID 文字列に関する場合で約 230 のグループを 1 つのフォルダーを持つことができますたとえば、48 〜 50 文字とフォルダーの UNC パスを 80 文字です。

メモ
  • すべてのフォルダーの総サイズは 32, 767 文字を超えることができます。
  • 既存のポリシーを開くことが、設定を Windows Vista または新しいバージョンの Windows を実行しているコンピューターで新しい形式に変換される場合があります。この現象は、Windows Server 2003 では、ローカル グループ ポリシー エディターを使用して、既存のポリシーを作成した場合に発生することがあります。この現象は、ポリシー設定 の設定 のビューで、GPMC に表示される場合にも発生します。したがって、ポリシー古い .ini ファイル形式を設定に応じてを使用すると作業を行う可能性があります。ただし、ポリシーの設定に応じて、新しいファイル形式を使って動作しなくなる可能性があります。

原因の現象 3

この問題は、GetPrivateProfileString このセクションを読み取るために使用する API の制限のために発生します。

グループの一覧は、.ini ファイル内の SID を文字列として格納されます。リストが 32, 767 文字を超えると、この問題は発生します。.ini ファイル内の SID を表す各文字列は、通常約です 48 〜 50 文字。そのため、リダイレクトされたフォルダーごとに約 300 エントリを持つことができます。

回避策

これらの問題を回避するには、小規模なポリシーにポリシーを分割します。各ポリシー ファイルの合計サイズが 32, 767 文字数よりも小さいことを確認します。

状況

マイクロソフトでは、この資料の対象製品」に記載されているマイクロソフト製品の問題として認識しています。

詳細

フォルダー リダイレクト のポリシー設定の設定を適用すると、新しいオプションをサポートするのに Windows Vista で、新しいバージョンの Windows で、新しい .ini ファイル形式を使用します。このテクノロジでは、フォルダー リダイレクト のポリシー設定では、Windows Server 2003 に比べるとその他のフォルダーをリダイレクトすることができます。

フォルダー リダイレクト機能の詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。
General information about the Folder Redirection feature

プロパティ

文書番号: 978098 - 最終更新日: 2010年5月14日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows Vista Business
  • Windows Vista Enterprise
  • Windows Vista Ultimate
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Ultimate
  • Windows Server 2008 Datacenter
  • Windows Server 2008 Enterprise
  • Windows Server 2008 Standard
  • Windows Server 2008 R2 Datacenter
  • Windows Server 2008 R2 Enterprise
  • Windows Server 2008 R2 Standard
キーワード:?
kberrmsg kbtshoot kbprb kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB978098 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:978098
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com