修正プログラム ロールアップ 1 の詳細については、Service Pack 3 の Forefront Security for SharePoint

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 978300 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトはマイクロソフト Forefront Security for SharePoint と Service Pack 3 の修正プログラム ロールアップ 1 を公開しました。この修正プログラム ロールアップの入手方法および修正プログラムのロールアップで修正される問題についての情報を掲載しています。

詳細

修正プログラム ロールアップ 1 を Service Pack 3 と Forefront Security for SharePoint の新機能

このプログラムのロールアップの前に、SharePoint の Forefront サーバーのセキュリティは次の 4 つの [全般オプション制限を超えるファイルの削除のみを有効しました。
  • [最大コンテナー スキャン時間 (リアルタイム)
  • [最大コンテナー スキャン時間 (手動)
  • 入れ子になった添付ファイルの最大値
  • 圧縮ファイルの最大の入れ子
修正プログラム ロールアップ 1 Service Pack 3 と Forefront Security for SharePoint を実行できるようになりましたは"スキップ: 検出のみ"アクションは、これら 4 つの [全般オプションの制限を超えるファイル。これを行うには、修正プログラム ロールアップを適用した後、壊れた圧縮ファイルを削除] の [全般オプションを無効にします。

メモ壊れた圧縮ファイルを削除] の [全般オプションを有効にすると、これら 4 つの [全般オプションのいずれかに一致するファイルも削除されます。 これらの機能で、[設定] メニューには、Forefront 管理コンソールで検索するのには、[全般オプション] をクリックします。

修正プログラム ロールアップ 1 に Service Pack 3 と Forefront Security for SharePoint に修正される問題

すべての Service Pack とロールアップを Forefront Security for SharePoint に含まれている修正プログラムに加えて、この修正プログラムのロールアップと、次の問題が修正されます。

修正プログラムのロールアップで修正される問題の詳細

  1. An error message is logged when you use Microsoft Forefront Server Security Management Console to update the scan engines: "ERROR: A standard exception was caught in GetEngineFiles. invalid string position"
  2. Forefront Server Security for SharePoint may clean and upload a file to SharePoint instead of performing the expected behavior of blocking the file
  3. Forefront Server Security for SharePoint does not quarantine the whole OpenXML document during a Quick or Manual scan
  4. The Incidents panel in Forefront Security Server for SharePoint may display the user GUID or remain blank in the Document Creator column, instead of displaying the actual user name
  5. The FSCController.exe process may crash and generate a Dr. Watson crash that references Bucket ID 671966687
  6. Excessive logging in Forefront Security for SharePoint may cause upload or download delays in SharePoint
  7. The FSCController.exe process crashes and generates a Dr. Watson crash that references Bucket ID 653246026
  8. Files are detected as CorruptedCompressedFile when the MaxUnCompressedFileSize registry value is set to 0xFFFFFFFF
  9. Forefront Server Security for SharePoint services do not start if the installation root directory contains a file that is named "Program"
  10. Forefront Server Security for SharePoint may falsely detect that valid Office 2003 Word documents contain CorruptedCompressedFile viruses
  11. When you rename an existing File Filter list, this causes the File Filter list to be disabled, and configuration settings revert to default settings in Forefront Server Security for SharePoint
  12. Performance is improved in Forefront Server Security for SharePoint for actioning hidden infected files in 2007 Microsoft Office OpenXML documents that were originally created by using beta versions of 2007 Microsoft Office
  13. Memory is not released from scan processes when Forefront Server Security for SharePoint scans certain GZip files
  14. Memory is not released from scan processes when Forefront Server Security for SharePoint scans TAR files that are inside GZip files
  15. Memory is not released from scan processes when Forefront Server Security for SharePoint scans Mac Zip files that are inside another archive or compressed file
  16. An FSS-ELI Scheduled Task is not created if all engine updates are disabled in Forefront Server Security for SharePoint
  17. All engine updates roll back in Forefront Server Security for SharePoint if the installation root contains a file that is named "Program"
  18. Filter Lists settings are not applied when you perform a silent installation of Forefront Server Security for SharePoint
  19. Exceptions during a Forefront for SharePoint manual scan cause "ExceedinglyNested" detection and file removal
  20. When you generate a Forefront Diagnostic for Forefront Security for SharePoint, you are prompted to "press any key" to complete the data collection
  21. When an engine update fails in Forefront Security for SharePoint because of an invalid database path, Forefront does not log a concise error message
  22. When a template from one Forefront Security for SharePoint installation is applied to another installation, the installation that receives the template may lose all Forefront settings and stop scanning documents
  23. A scan engine update fails and logs a warning message in the ProgramLog.txt file
  1. Microsoft Forefront Server セキュリティ管理コンソールを使用して、スキャン エンジンを更新すると 、エラー メッセージが記録されます:"エラー: GetEngineFiles で、標準の例外がキャッチされました。無効な文字列の位置"

    現象

    スキャン エンジンの Forefront Security for SharePoint を更新するのには、Microsoft Forefront Server セキュリティの管理コンソール (FSSMC) を使用すると、エンジンの更新は失敗します。また、次のエラー メッセージが記録されます。
    Date/Time(3284-1556、エラー: GetEngineFiles で、標準の例外がキャッチされました。 無効な文字列位置"です。
    back to Top
  2. SharePoint の Forefront サーバーのセキュリティがクリーニングし SharePoint の予想される動作のファイルのブロックを実行する代わりにファイルをアップロード

    現象

    ファイルなど、キーワード フィルターなど、ブロックするか、コンポーネントと共に、ウイルス駆除できた両方コンポーネントが含まれている場合、ファイル クリーンアップありの代わりにアップロードはブロックします。

    back to Top
  3. SharePoint の Forefront サーバーのセキュリティはいない検疫 OpenXML ドキュメント全体、クイック] または [手動スキャン中

    現象

    OpenXML ドキュメントは、削除、クイック] または [手動スキャン中に検疫されました。検索し、SharePoint の検疫の Forefront Server Security から OpenXML ドキュメントを配信しようとしています。しかし、サブファイル ドキュメントののみが含まれていること。たとえば、Newletter.docx キーワード フィルターによる手動スキャン中に削除されます。ただし、document.xml は、検疫で存在しています。

    詳細について

    OpenXML ファイルは、基本的にコンテナー ファイルです。内の特定のサブファイル actioned だけはとき Forefront Server Security SharePoint の検出、ファイルに、作成し、[検疫ファイル] オプションが有効になっている場合を検疫します。したがって、管理者、OpenXML ドキュメント全体検疫から、目的の受信者に配信することはできません。

    back to Top
  4. [インシデント] パネルで Forefront セキュリティ サーバーの SharePoint ユーザー GUID が表示もドキュメント作成者] 列で、実際のユーザー名を表示するのではなく空白のまま

    現象

    管理者の GUID または インシデント パネルで、ドキュメント作成者] 列の空白が表示される場合があります。

    詳細情報

    Forefront セキュリティ サーバーの SharePoint ドキュメント作成者名が [インシデント] パネルに一覧表示、ファイルの識別できない場合があります。ユーザー名は空白であるか、GUID として表示されます。

    back to Top
  5. FSCController.exe プロセス可能性がありますがクラッシュしワトソン博士のクラッシュ バケット ID 671966687 を参照の生成

    現象

    FSCController.exe プロセスがクラッシュする可能性があります。これにはバケット ID 671966687 を参照、ワトソン博士のクラッシュが生成されます。クラッシュは、次のスタック ダンプ ファイルが生成されます。
    OLE32.DLL!CStdMarshal::DisconnectCliIPIDs [marshal.cxx]
    OLE32.DLL!CStdMarshal::Disconnect [marshal.cxx]
    OLE32.DLL!CStdMarshal::HandlePendingDisconnect [marshal.cxx]
    OLE32.DLL!CStdMarshal::Finish_QueryRemoteInterfaces  [marshal.cxx]
    OLE32.DLL!CStdMarshal::QueryRemoteInterfaces [marshal.cxx]
    OLE32.DLL!CStdIdentity::CInternalUnk::QueryMultipleInterfaces	 [stdid.cxx]
    OLE32.DLL!CStdIdentity::CInternalUnk::QueryInterface	 [stdid.cxx]
    RPCRT4.DLL!IUnknown_QueryInterface_Proxy	 [proxy.cxx]
    FSCCONTROLLER.EXE!CRealtimeProxy::DisableScanEngine [realtimeproxy.cpp]
    FSCCONTROLLER.EXE!CSybariService::DisableScanEngines [sybariservice.cpp]
    RPCRT4.DLL!Invoke [stubless.asm]
    RPCRT4.DLL!NdrStubCall2  [srvcall.cxx]
    RPCRT4.DLL!CStdStubBuffer_Invoke  [stub.cxx]
    OLE32.DLL!SyncStubInvoke [channelb.cxx]
    OLE32.DLL!StubInvoke  [channelb.cxx]
    OLE32.DLL!CCtxComChnl::ContextInvoke  [ctxchnl.cxx]
    OLE32.DLL!MTAInvoke	 [callctrl.cxx]
    OLE32.DLL!STAInvoke	 [callctrl.cxx]
    OLE32.DLL!AppInvoke	 [channelb.cxx]
    OLE32.DLL!ComInvokeWithLockAndIPID	 [channelb.cxx]
    OLE32.DLL!ComInvoke	 [channelb.cxx]
    OLE32.DLL!ThreadDispatch [chancont.cxx]
    OLE32.DLL!ThreadWndProc  [chancont.cxx]
    USER32.DLL!InternalCallWinProc  [callproc.asm]
    USER32.DLL!UserCallWinProcCheckWow  [clmsg.c]
    USER32.DLL!DispatchMessageWorker [clmsg.c]
    USER32.DLL!DispatchMessageW  [cltxt.h]
    FSCCONTROLLER.EXE!CServiceModule::Run [antigenservice.cpp]
    FSCCONTROLLER.EXE!CServiceModule::ServiceMain  [antigenservice.cpp]
    ADVAPI32.DLL!ScSvcctrlThreadA [scapi.cxx]
    KERNEL32.DLL!BaseThreadInitThunk [thread.c]
    NTDLL.DLL!__RtlUserThreadStart [rtlexec.c]
    NTDLL.DLL!_RtlUserThreadStart	 [rtlexec.c]
    
    back to Top
  6. Excessive Forefront Security for SharePoint ログインがアップロードもダウンロード SharePoint で遅延が

    現象

    アップロードが発生する、または SharePoint の遅延をダウンロードできます。

    原因

    この問題はリソース集中型で Forefront Security for SharePoint ログの既定のレベルとなっている可能性があるために発生することがあります。

    back to Top
  7. FSCController.exe プロセスがクラッシュしワトソン博士のクラッシュ バケット ID 653246026 を参照の生成

    現象

    FSCController.exe がクラッシュし、バケット ID 653246026 を参照、ワトソン博士のクラッシュを生成します。クラッシュは、次のスタック ダンプ ファイルが生成されます。
    FSCCONTROLLER.EXE!CRealtimeProxy::Shutdown	 [realtimeproxy.cpp]
    FSCCONTROLLER.EXE!ShutdownStorageGroup	 [sybariservice.cpp]
    FSCCONTROLLER.EXE!CSybariService::ShutdownStorageGroup	 [sybariservice.cpp]
    FSCCONTROLLER.EXE!CSybariService::ShutdownStorageGroup	 [sybariservice.cpp]
    RPCRT4.DLL!Invoke	 [stubless.asm]
    RPCRT4.DLL!NdrStubCall2	 [srvcall.cxx]
    RPCRT4.DLL!CStdStubBuffer_Invoke	 [stub.cxx]
    OLEAUT32.DLL!CUnivStubWrapper::Invoke	 [rpcwrap.cpp]
    OLE32.DLL!SyncStubInvoke	 [channelb.cxx]
    OLE32.DLL!StubInvoke	 [channelb.cxx]
    OLE32.DLL!CCtxComChnl::ContextInvoke	 [ctxchnl.cxx]
    OLE32.DLL!MTAInvoke	 [callctrl.cxx]
    OLE32.DLL!STAInvoke	 [callctrl.cxx]
    OLE32.DLL!AppInvoke	 [channelb.cxx]
    OLE32.DLL!ComInvokeWithLockAndIPID	 [channelb.cxx]
    OLE32.DLL!ComInvoke	 [channelb.cxx]
    OLE32.DLL!ThreadDispatch	 [chancont.cxx]
    OLE32.DLL!ThreadWndProc	 [chancont.cxx]
    USER32.DLL!InternalCallWinProc	 [callproc.asm]
    USER32.DLL!UserCallWinProcCheckWow	 [clmsg.c]
    USER32.DLL!DispatchMessageWorker	 [clmsg.c]
    USER32.DLL!DispatchMessageW	 [cltxt.h]
    FSCCONTROLLER.EXE!CServiceModule::Run	 [antigenservice.cpp]
    FSCCONTROLLER.EXE!CServiceModule::ServiceMain	 [antigenservice.cpp]
    ADVAPI32.DLL!ScSvcctrlThreadA	 [scapi.cxx]
    KERNEL32.DLL!BaseThreadInitThunk	 [thread.c]
    NTDLL.DLL!__RtlUserThreadStart	 [rtlexec.c]
    NTDLL.DLL!_RtlUserThreadStart	 [rtlexec.c]
    
    back to Top
  8. CorruptedCompressedFile MaxUnCompressedFileSize のレジストリ値 0 xFFFFFFFF に設定すると、ファイルが検出されました。

    現象

    MaxUnCompressedFileSize レジストリ値の値を 0 xFFFFFFFF に設定すると、Forefront Server Security SharePoint のファイルを CorruptedCompressedFile としては、ファイル サイズに関係なく検出します。

    壊れた圧縮ファイルを削除 の設定を有効にしている場合は、ファイルも削除されます。この設定で、[設定] メニューには、Forefront 管理コンソールで検索するのには、[全般オプション] をクリックします。

    back to Top
  9. SharePoint のサービスの Forefront サーバーのセキュリティは起動できないインストール ルート ディレクトリには、あるプログラム」という名前のファイルが含まれている場合

    現象

    SharePoint のサービスの Forefront サーバーのセキュリティは起動できない C: などのインストール ルート ディレクトリには、「プログラム」というファイルが含まれている場合

    原因

    SharePoint のサービスの Forefront サーバーのセキュリティが起動したときに、トリガー実行可能ファイルのパスを二重引用符は含める操作を行います。これはすべてのファイルのパスを検索するには、システムが発生します。たとえば、"C:\Program"ファイル"C:\Program ファイル (x86) \Microsoft Forefront Security\SharePoint Server\FSCController.exe"のパスをあります。つまり Forefront 間違ったファイルを検索して、サービスを開始できません。

    回避策

    この問題が発生すると、この問題を解決するのにはこのプログラムのロールアップ パッケージをインストールすることはできませんサービス レジストリに見積引用符実行可能ファイルのパスを配置します。これを行う方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
    812486イベント ID 7000 とサービスを開始すると「%1 は有効な Win32 アプリケーションではない」のエラー メッセージ
    back to Top
  10. SharePoint の Forefront サーバーのセキュリティが誤って検出を有効な Microsoft Office 2003 の Word ドキュメント格納 CorruptedCompressedFile ウイルス

    現象

    有効な Office 2003 文書には CorruptedCompressedFiles ウイルスが含まれている SharePoint の Forefront サーバーのセキュリティを誤って検出します。添付ファイルとして、ウイルスが削除されます。

    電子メールの添付ファイルが削除され、およびインシデント CorruptedCompressedFile ウイルスとして、ファイルが削除されたこと、インシデント のパネルが記録されます。ProgramLog.txt ファイルには、次のエントリが含まれています。
    情報: リアルタイム スキャンはウイルスが見つかりました: フォルダー: folder_name Group\file の記憶域名メッセージ: 件名インシデント: CorruptedCompressedFile 状態: 削除
    メモfolder_name のプレースホルダーは、ウイルスが発見されたフォルダーの名前です。

    原因

    この問題は、SharePoint の Forefront サーバーのセキュリティを使用して Word ドキュメントを解析するメソッドのために発生します。

    back to Top
  11. 既存のファイル フィルター リストを変更するとこれがファイル フィルター名] ボックスの一覧が無効にして構成設定を元に戻す Forefront Server Security SharePoint の既定の設定に

    現象

    以下のシナリオを考えます:
    1. 既存のファイル フィルター リスト名を変更します。Forefront 管理コンソールで [フィルターの一覧] メニューのリストを検索するのには、[フィルター] をクリックします。
    2. ファイル フィルター名] ボックスの一覧を表示します。
    このシナリオでは、ファイル フィルター リストが表示される 無効 として、および 操作全般識別 などのすべての構成設定を既定値に設定されます。

    back to Top
  12. がパフォーマンス Forefront Server Security に SharePoint の非表示に actioning の向上 2007 でファイルに感染して最初にベータ版の 2007 Office アプリケーションを使用して作成された Microsoft Office OpenXML ドキュメント

    現象

    2007 Microsoft Office OpenXML ドキュメントをいくつか非表示のサブファイルが含まれている可能性があります。たとえば、これらすべてのファイル、ドキュメントの file_name で参照されていないファイルです。 xml.rels ファイル。

    原因

    この問題が発生した特定 2007 で隠しファイルをスキャンするために使用する追加コードの非効率性のための Microsoft Office OpenXML ドキュメント。

    詳細について

    この問題に対する修正は以下のシステム リソースを使用してより効率的にファイルをスキャンする SharePoint の Forefront サーバーのセキュリティを有効にします。

    メモ2007 Microsoft Office の RTM リリースが参照されていないファイル、ドキュメントの file_name で開かないでください。 xml.rels ファイル。

    back to Top
  13. メモリがないリリース スキャン プロセスと SharePoint の Forefront サーバーのセキュリティ スキャン GZip の特定のファイルから

    現象

    Forefront Server Security SharePoint の GZip ファイルをスキャンするとメモリ スキャン プロセスから解放されていません。

    この問題が発生すると、1 つ以上は次のエントリは、ProgramLog.txt ファイルにログオンしている場合があります。
    "ERROR: An exception has occurred within ForefrontAgent's Scan method. Exception message = "Insufficient memory to continue the execution of the program.""
    
    "ERROR: An exception has occurred within ForefrontAgent's Scan method. Exception message = "No more threads can be created in the system. (Exception from HRESULT: 0x800700A4)""
    
    "ERROR: An exception has occurred within ForefrontAgent's Scan method. Exception message = "Value does not fall within the expected range.""
    
    "DIAGNOSTIC: localizestream.cpp::LocalizeStream(): Failed to allocate memory for local stream 0x8007000e"
    
    "ERROR: ReadWideCharBufferFromStream(): Attempted read of 5572 byte(s). Actual bytes read were 0. hr=8007000e"
    
    "ERROR: FSCRealtimeScanner: Exception occurred (0xc0000005) at address 0x056C3769, p[0]=0x0, p[1]=0x3287224f"
    "eax=0x00000000 ebx=0x32871fb7 ecx=0x07bdcfd0 edx=0x328721cd"
    "esi=0x07c8e3dc edi=0x32871fb7 ebp=0x07c6f0d0 esp=0x0102a2f8"
    "102a2f0: 00000000 00000000 00000000"
    ...
    "102f720: 00000004 0042378f 8007000e"
    
    さらに、次のエントリは、HRLog.txt ファイルに記録されることがあります。
    "INFORMATION: F 0x8007000e, 775-(primaryobject)"
    "INFORMATION: F 0x8007000e, 1209-(primaryobject)"
    "INFORMATION: F 0x8007000e, 1855-(primaryobject)"
    "INFORMATION: S 0x8007000e, 7103-(workthread)"
    
    メモこれらのエントリの多くには、次の 16 進コードが含まれています。
    0x8007000E
    この 16 進コード"のに十分な記憶域がありませんこの操作を完了できません"つまりまたは"ERROR_OUTOFMEMORY"。

    原因

    この問題は、FSCRealtimeScanner.exe、FSCTransportScanner.exe、FSCManualScanner.exe 急激に増加するなどの Forefront スキャン プロセスによって消費されるメモリが発生する可能性があります。これ最終的にメモリ不足の状態がサーバー上で発生する可能性があります。

    back to Top
  14. メモリがないリリース スキャン プロセスと TAR ファイルは GZip ファイル内の Forefront Server Security SharePoint のスキャンから

    現象

    SharePoint を tarball ファイル スキャンのメモリ スキャン プロセスから Forefront Server Security 後解放されていません (GZip ファイル内など圧縮された TAR ファイル。 tar.gz または .tgz)。

    この問題が発生すると、1 つ以上は次のエントリが ProgramLog.txt ファイルにログオンしている場合があります。
    "ERROR: An exception has occurred within ForefrontAgent's Scan method. Exception message = "Insufficient memory to continue the execution of the program.""
    
    "ERROR: An exception has occurred within ForefrontAgent's Scan method. Exception message = "No more threads can be created in the system. (Exception from HRESULT: 0x800700A4)""
    
    "ERROR: An exception has occurred within ForefrontAgent's Scan method. Exception message = "Value does not fall within the expected range.""
    
    "DIAGNOSTIC: localizestream.cpp::LocalizeStream(): Failed to allocate memory for local stream 0x8007000e"
    
    "ERROR: ReadWideCharBufferFromStream(): Attempted read of 5572 byte(s). Actual bytes read were 0. hr=8007000e"
    
    "ERROR: FSCRealtimeScanner: Exception occurred (0xc0000005) at address 0x056C3769, p[0]=0x0, p[1]=0x3287224f"
    "eax=0x00000000 ebx=0x32871fb7 ecx=0x07bdcfd0 edx=0x328721cd"
    "esi=0x07c8e3dc edi=0x32871fb7 ebp=0x07c6f0d0 esp=0x0102a2f8"
    "102a2f0: 00000000 00000000 00000000"
    ...
    "102f720: 00000004 0042378f 8007000e"
    
    さらに、次のエントリは、HRLog.txt ファイルに記録されることがあります。
    "INFORMATION: F 0x8007000e, 775-(primaryobject)"
    "INFORMATION: F 0x8007000e, 1209-(primaryobject)"
    "INFORMATION: F 0x8007000e, 1855-(primaryobject)"
    "INFORMATION: S 0x8007000e, 7103-(workthread)"
    
    メモこれらのエントリの多くには、次の 16 進コードが含まれています。
    0x8007000E
    この 16 進コード"のに十分な記憶域がありませんこの操作を完了できません"つまりまたは"ERROR_OUTOFMEMORY"。

    原因

    この問題を FSCRealtimeScanner.exe、FSCTransportScanner.exe、または FSCManualScanner.exe 急激に増加するなどの Forefront スキャン プロセスによって消費されるメモリが発生する可能性があります。これ最終的にメモリ不足の状態がサーバー上で発生する可能性があります。

    back to Top
  15. メモリがないリリース スキャン プロセスと SharePoint の Forefront サーバーのセキュリティ スキャン ファイルは別のアーカイブ内、またはファイルの圧縮が Mac の住所の郵便番号から

    現象

    Forefront Server Security SharePoint を別のアーカイブ内、またはファイルが圧縮 Mac の住所の郵便番号のファイルをスキャンするときのメモリがスキャン プロセスから解放されていません。

    この問題が発生すると、1 つ以上は次のエントリは、ProgramLog.txt ファイルにログオンしている場合があります。
    "ERROR: An exception has occurred within ForefrontAgent's Scan method. Exception message = "Insufficient memory to continue the execution of the program.""
    
    "ERROR: An exception has occurred within ForefrontAgent's Scan method. Exception message = "No more threads can be created in the system. (Exception from HRESULT: 0x800700A4)""
    
    "ERROR: An exception has occurred within ForefrontAgent's Scan method. Exception message = "Value does not fall within the expected range.""
    
    "DIAGNOSTIC: localizestream.cpp::LocalizeStream(): Failed to allocate memory for local stream 0x8007000e"
    
    "ERROR: ReadWideCharBufferFromStream(): Attempted read of 5572 byte(s). Actual bytes read were 0. hr=8007000e"
    
    "ERROR: FSCRealtimeScanner: Exception occurred (0xc0000005) at address 0x056C3769, p[0]=0x0, p[1]=0x3287224f"
    "eax=0x00000000 ebx=0x32871fb7 ecx=0x07bdcfd0 edx=0x328721cd"
    "esi=0x07c8e3dc edi=0x32871fb7 ebp=0x07c6f0d0 esp=0x0102a2f8"
    "102a2f0: 00000000 00000000 00000000"
    ...
    "102f720: 00000004 0042378f 8007000e"
    
    さらに、次のエントリは、HRLog.txt ファイルに記録されることがあります。
    "INFORMATION: F 0x8007000e, 775-(primaryobject)"
    "INFORMATION: F 0x8007000e, 1209-(primaryobject)"
    "INFORMATION: F 0x8007000e, 1855-(primaryobject)"
    "INFORMATION: S 0x8007000e, 7103-(workthread)"
    
    メモこれらのエントリの多くには、次の 16 進コードが含まれています。
    0x8007000E
    この 16 進コード"のに十分な記憶域がありませんこの操作を完了できません"つまりまたは"ERROR_OUTOFMEMORY"。

    原因

    SharePoint の TNEFNavigator.dll ファイルの Forefront サーバーのセキュリティの問題のためこの問題は発生します。

    back to Top
  16. FSS ELI タスクでは作成 SharePoint の Forefront サーバーのセキュリティのすべてのエンジンの更新は無効にする場合

    現象

    すべてのエンジンの更新が SharePoint の Forefront Server Security で無効になっている場合は、FSS ELI タスクは作成されません。

    原因

    SharePoint の TNEFNavigator.dll ファイルの Forefront サーバーのセキュリティの問題のためこの問題は発生します。

    回避策

    この問題が発生し、この問題を解決するのにはこのプログラムのロールアップ パッケージをインストールできない場合は、一時的に問題を回避する手順は次のとおりです。
    1. ワーム リストなど、少なくとも 1 つのエンジン更新スケジュールを設定します。これを [設定] メニューで、Forefront Administrator Console を行うには、[スキャナーの更新] をクリックします。
    2. Forefront の SharePoint のサービスを再起動します。Forefront Server Security FSS ELI タスクを作成するのには、[SharePoint のことができます。


    詳細について

    FSS ELI タスク Forefront のエンジン ライセンス情報 (ELI) ファイル EngineInfo.cab の更新の役割を果たします。エンジンの更新されたエンジンを有効になっていない場合は、FSS ELI タスクは作成されません。

    エンジンの更新は、[設定] メニューで、Forefront Administrator Console の任意のエンジンでは、有効にするのには [スキャナーの更新] をクリックします。

    メモたとえば、この Forefront Server Security 管理コンソールを使用してエンジンを一元的に配布する場合は、選択が設定されます。

    back to Top
  17. すべてのエンジン更新のロールバックに Forefront Server Security SharePoint のインストール ルートにある「プログラム」という名前ファイルが含まれている場合

    現象

    SharePoint のスキャン エンジンの Forefront サーバーのセキュリティを更新しようとすると、それをロールバックします。新しいスキャン エンジンがダウンロードされますが、スキャン エンジンを統合することはできません。新しいエンジンがロールバックされ、Forefront が古いエンジンに戻ります。

    さらに、次のエントリがアプリケーション ログでは、ProgramLog.txt ファイル内の各実行しようとしたエンジンの更新記録されることがあります。次の使用例は、Microsoft のスキャン エンジンのです。
    "INFORMATION: The Microsoft scan engine has been downloaded"
    "INFORMATION: The Microsoft scan engine has been staged."
    "ERROR: (0x000000c1) %1 is not a valid Win32 application. Unable to launch ScanEngineTest for the Microsoft scan engine."
    "INFORMATION: The Microsoft scan engine has been rolled back."
    
    原因

    新しいスキャン エンジンがダウンロードされると、Forefront 最初、スキャン エンジンを統合する前にテストする必要がありますので、この問題は発生します。ScanEngineTest.exe は、この目的に使用されます。

    ScanEngineTest.exe のパスは、Forefront でエンジン更新コードのクォーテーション マークで囲まれていません。これはすべてのファイルのパスを検索するには、システムが発生します。たとえば、"C:\Program"ファイル"C:\Program ファイル (x86) \Microsoft Forefront Security\SharePoint Server\ScanEngineTest.exe"のパスをあります。Forefront 間違ったファイルを検索し、スキャン エンジンのテストを完了できないことを意味します。エンジンは、ロールバックされます。

    SharePoint の TNEFNavigator.dll ファイルの Forefront サーバーのセキュリティの問題のためこの問題は発生します。

    back to Top
  18. フィルター リストの設定が適用されます SharePoint の Forefront サーバーのセキュリティをサイレント インストールを実行すると

    現象

    以下のシナリオを考えます:
    • 使用の -t、Forefront Server Security SharePoint セットアップをサイレント インストールと実行時に、Template.fdb ファイルを指定するパラメーター。
    • カスタム フィルターの一覧は、Template.fdb ファイルが含まれます。
    このシナリオでは、カスタム フィルターの一覧を新規インストールでは生成されません。ただし、SharePoint のインストールの Forefront サーバーのセキュリティは成功です。

    原因

    SharePoint の TNEFNavigator.dll ファイルの Forefront サーバーのセキュリティの問題のためこの問題は発生します。

    詳細について

    Forefront の管理コンソールを最初に開かれるまで、FilterLists.fdb ファイルは作成されません。セットアップしたがって FilterLists.fdb ファイルがその時点で存在していないため、カスタム フィルターの一覧を FilterLists.fdb ファイルにサイレント インストール時に読み込むことができません。

    back to Top
  19. 例外は、Forefront SharePoint では、手動スキャン原因"ExceedinglyNested"の検出およびファイルの削除中

    現象

    SharePoint の手動スキャン中に Forefront Security for SharePoint が誤って Office および電子メール ドキュメント"ExceedinglyNested"検出します。Forefront Server SharePoint をこれらのファイルを検疫され、ドキュメントを SharePoint 削除テキストで置き換えられています。

    原因

    この問題に例外がスローされ、異常な状態に Forefront Security for SharePoint が発生した場合、手動スキャン中に発生することがあります。また、手動スキャンのドキュメントのスキャンを続行しようとする可能性があります。

    特定のコードの場所にこれらの例外が発生した場合は、無効にするのには非常に入れ子になったファイルを監視するカウンターが生じます。 これらの無効なカウンターが誤って"ExceedinglyNested"通常のファイルを検出するのには、Forefront Security for SharePoint の手動スキャンが発生します。

    back to Top
  20. Forefront の診断のための Forefront Security for SharePoint を生成すると、"任意のキーを押すには"されたら、データの収集を完了する

    現象

    Forefront の診断のための Forefront Security for SharePoint を生成すると、"任意のキーを押すには"されたら、データの収集を完了します。データの収集を完了するのには、管理者の資格情報を持っている必要があります。

    back to Top
  21. エンジンの更新に失敗した Forefront Security for SharePoint は、無効なデータベースのパスを because of にすると Forefront はないログイン簡潔なエラー メッセージ

    現象

    無効なデータベースのパスがで Forefront SharePoint レジストリ設定が存在する場合、エンジンの更新は完了しません。さらに、簡潔なエラー メッセージは記録されません。

    詳細について

    Forefront Security for SharePoint をインストールした後に無効なデータベース パスのため、エンジンの更新が失敗したときに Service Pack 3 プログラムのロールアップ 1 を次のエラー メッセージが今すぐがアプリケーション ログに記録されます。
    ソース: FSCController

    イベント ID: 100

    重要度: エラー

    エラー: データベースのパスをレジストリに存在しません。
    back to Top
  22. 別のインストールに Forefront Security for SharePoint の 1 つのインストールからテンプレートを適用するとインストール テンプレートを受け取ることがあります Forefront のすべての設定を破棄してドキュメントのスキャンを停止

    現象

    として RPC の問題が発生すると一部のシナリオでは、Forefront Security for SharePoint テンプレート 1 つの Forefront Security for SharePoint サーバーから別の設定は、テンプレートを適用する前に、テンプレートを受信するサーバー上で削除された可能性 Forefront Security for SharePoint 適用されます。特定の RPC とネットワークの問題のため、新しいテンプレートを適用することはできません。これは、スキャンを停止するのには、Forefront が発生します。

    原因

    この問題は、SharePoint の Forefront では、テンプレートが適用順序のため発生することがあります。Forefront の受信、テンプレートを SharePoint サーバー上の既存のデータベース構成の削除でこのプロセスを開始し、新しいテンプレートが適用されます。ネットワークの問題は、既存のデータベース構成を削除した後、新しいテンプレートを適用した支障が出る場合があります。

    back to Top
  23. スキャン エンジンの更新が失敗し ProgramLog.txt ファイル内の警告メッセージをログに記録

    Forefront Security for SharePoint サーバー外部のいずれかをスキャンする場合はエンジン ベンダーのサブディレクトリがパッケージ化されているファイルが組み込まれたスキャン エンジンの更新のリリース、スキャン エンジンの更新は失敗します。さらに、警告メッセージは、次のような ProgramLog.txt ファイルに記録されます。
    警告: 障害、スキャナーのインストール中に同期オブザーバーによって報告されました。操作 = 0x00000001。C:\ Forefront Installation Directory \ EngineName \Bin\bases/stt/
    原因

    Forefront Security for SharePoint サーバーでその更新プログラム パッケージの 1 つまたは複数のサブディレクトリが含まれているスキャン エンジンを更新できないので、この問題は発生します。

    back to Top

修正プログラム ロールアップの情報

ダウンロード情報

マイクロソフトでは、この問題を修正する修正プログラムを提供しています。ただし、この修正プログラムは、この資料に記載されている問題のみを修正することを目的としたものです。この問題が発生しているシステムにのみ、この修正プログラムを適用してください。

修正プログラムをダウンロードできる場合は、このサポート技術情報の上部に "修正プログラムのダウンロード" セクションが表示されています。このセクションが表示されていない場合は、マイクロソフト カスタマーサービス & サポート修正プログラムを入手するのには、要求を送信します。

メモ別の問題が発生した場合、またはトラブルシューティングが必要な場合には、別のサービス リクエストを作成することが必要になる場合があります。特定の修正プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。マイクロソフト カスタマー サービス & サポートの電話番号一覧を参照する、または別のサービス リクエストを作成するには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモ"修正プログラムのダウンロード" セクションは、修正プログラムが提供されている言語で表示されます。使用している言語で表示されない場合、その言語では修正プログラムは提供されていません。

修正プログラム ロールアップをインストールする方法

修正プログラム ロールアップをインストールするのには、次の手順を実行します。
  1. インストーラーを実行します。これを行うには、修正プログラム ロールアップの実行可能ファイルをダブルクリックします。

    メモインストーラーを実行すると、Forefront と SharePoint のサービスが停止します。
  2. インストールが完了しているし、Forefront と SharePoint のサービスを再起動すると、Forefront が正常に動作していることを確認します。

    メモ
    • Forefront と SharePoint のサービスがインストール時に自動的に再開されます。
    • Forefront の Service Pack または修正プログラム ロールアップは、FFSMC の展開ジョブを使用してインストールできます。詳細については、「、Forefront Server セキュリティの管理コンソールの 『 ユーザーズ ガイド 』 の「展開ジョブ」を参照してください。この場合、サイレント モードでは、インストーラーを実行し、必要なユーザー入力がないです。実行可能ファイルをダブルクリックして、インストーラーを実行すると、残りの処理と同じままになります。

前提条件

この修正プログラム ロールアップをインストールするための必要条件はありません。

ファイル情報

この修正プログラムには、製品を最新のビルドに更新するために必要なファイルがすべて含まれているとは限りません。この修正プログラムには、この資料に記載されている問題を修正するために必要ファイルのみが含まれています。

この修正プログラムの英語 (U. S.) 版のファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) が、次の表示します。これらのファイルの日時を世界協定時刻 (UTC) で示します。各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。UTC および現地時間の時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻] の [タイム ゾーン] タブを使用します。
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョンファイルのサイズ日付時間プラットフォーム
Aexmladapter.dll10.2.945.0379,24812-月-201001: 34x86
Custominstall.dll10.2.945.0922,99212-月-201001: 34x86
Customuninstall.dll10.2.945.0342,38412-月-201001: 34x86
Eventstrings en_us.dll10.2.945.0118,64012-月-201001: 34x86
Eventstrings.dll10.2.945.0118,64012-月-201001: 34x86
Extractfiles.exe10.2.945.0338,28812-月-201001: 34x86
Filterengine.dll10.2.945.0332,65612-月-201001: 34x86
Fscadmarksvc.exe10.2.945.089,08811-月-201023: 35x86
Fsccodec.dll10.2.945.0194,92812-月-201001: 34x86
Fsccontroller.exe10.2.945.01,607,02412-月-201001: 34x86
Fsccontrollerps.dll10.2.945.085,36012-月-201001: 34x86
Fscdiag.exe10.2.945.0487,79212-月-201001: 34x86
Fscexec.exe10.2.945.057,20012-月-201001: 34x86
Fscmanualscanner.exe10.2.945.0899,44012-月-201001: 34x86
Fscrealtimescanner.exe10.2.945.0882,54412-月-201001: 34x86
Fscstarter.exe10.2.945.0249,20012-月-201001: 34x86
Fscstatsserv.exe10.2.945.0270,70412-月-201001: 34x86
Fscutility.exe10.2.945.0494,44812-月-201001: 34x86
Fssaclient.exe10.2.945.01,221,48812-月-201001: 34x86
Fsspcontroller.exe10.2.945.0320,36812-月-201001: 34x86
Fsspnavigator.dll10.2.945.0275,31212-月-201001: 34x86
Fsspusernamefilter.dll10.2.945.0195,44012-月-201001: 34x86
Getenginefiles.exe10.2.945.0643,95212-月-201001: 34x86
Gziparchive.dll10.2.945.0267,12012-月-201001: 34x86
Installservice.exe10.2.945.049,00812-月-201001: 34x86
Installtask.exe10.2.945.0226,67212-月-201001: 34x86
Launcher.exe10.2.945.0215,40812-月-201001: 34x86
Macbinnavigator.dll10.2.945.0241,52012-月-201001: 34x86
Mimenavigator.dll10.2.945.0322,92812-月-201001: 34x86
Multimapper.dll10.2.945.0672,62412-月-201001: 34x86
Openxmlnavigator.dll10.2.945.092,52812-月-201001: 34x86
Perfmonitorsetup.exe10.2.945.0294,76812-月-201001: 34x86
Programlogmsg.dll10.2.945.0111,47212-月-201001: 34x86
Rarnavigator.dll10.2.945.0333,68012-月-201001: 34x86
Remotinglayer.dll10.2.945.082,28812-月-201001: 34x86
Scanengines.dll10.2.945.0562,03212-月-201001: 34x86
Scanenginetest.exe10.2.945.0359,79212-月-201001: 34x86
Semsetup.exe10.2.945.0292,20812-月-201001: 34x86
Sfxcab.exe10.2.945.039,4242010-10-2 月14: 03x86
Smimenavigator.dll10.2.945.0238,44812-月-201001: 34x86
Spvsapi.dll10.2.945.0333,16812-月-201001: 34x86
Statisticsmanager.dll10.2.945.0537,45612-月-201001: 34x86
Structstgnavigator.dll10.2.945.0300,40012-月-201001: 34x86
Tararchive.dll10.2.945.0249,20012-月-201001: 34x86
Tnefnavigator.dll10.2.945.0308,08012-月-201001: 34x86
Uuencodenavigator.dll10.2.945.0256,88012-月-201001: 34x86
Version.exe10.2.945.0309,61612-月-201001: 34x86
Ziparchive.dll10.2.945.0304,49612-月-201001: 34x86
Fscperfmonitor.dll10.2.945.0315,76012-月-201001: 34x86
Custom64.dll適用しません。74,75202-2 月-201017: 47x86
Updspapi.dll6.3.16.0380,2642008 年 10 月 10 日13: 57x86

プロパティ

文書番号: 978300 - 最終更新日: 2010年2月17日 - リビジョン: 2.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Forefront Security for SharePoint
キーワード:?
kberrmsg kbdownload kbbug kbfix kbqfe atdownload kbexpertiseinter kbhotfixserver kbautohotfix kbmt kbsurveynew KB978300 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:978300
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com