Windows XP のインプレース アップグレード (再インストール) を実行する方法

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 978788 - 対象製品

Windows 用のセキュリティ更新プログラムを受信し続けるためには、Windows XP Service Pack 3 (SP3) が適用されていることを確認してください。詳細については、このマイクロソフト web サイトを参照してください。 いくつかのバージョンの Windows のサポートを終了します。

すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

はじめに

重要による影響とリスクを完全に理解する場合にのみ実行する必要があります、極端なトラブルシューティングの手順は、Windows オペレーティング システムを再インストールするか、オペレーティング システムのインプレース アップグレードを実行するにです。この手順を実行する場合は、オペレーティング システムに含まれていた、元 Windows XP のインストール メディアとプロダクト キーがあることを確認します。Windows オペレーティング システムを修復または再インストールするしようとして慣れていない場合は、コンピューターの製造元に問い合わせてくださいまたは、コンピューターの状態は、専門の修理店にする可能性があります。

この資料は、Windows XP のインプレース アップグレード (再インストール) を実行するのには、2 つの方法について説明します。その他の情報を見つけることが必要ですこの資料に達した場合は、[検索] ボックスこのページの上部に、問題を解決するのには、適切なコンテンツを検索してください。

インプレース アップグレード修復インストールともいいます。この操作最初にインストールされたコンピューターの同じフォルダーに Windows XP をインストールします。場合は、Windows XP のインストールを修復する必要があり、次の条件のいずれかに該当する場合は、インプレース アップグレードを実行する可能性があります。
  • Windows XP をセーフ モードで起動することはできません。 Windows XP ベースのコンピューターをセーフ モードで起動する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
    315222Windows XP のセーフ モード ブート オプションの説明
  • マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムをインストールした後 Windows XP が起動できません。
  • システムの復元などのツールを使用して解決することはできません、レジストリの問題があります。 システムの復元の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
    番号 306084オペレーティング システムが Windows xp を以前の状態に復元する方法
  • インストールした Windows XP にデフォルトの (ファイルとレジストリの) アクセス許可を適用する必要があります。このような状況は、コンピューターまたはプログラムに変更または更新を行った後のプログラム ファイルが存在しないか破損している場合に発生します。
  • COM コンポーネントと Windows ファイル保護 (WFP) ファイルを登録する必要があります。このような状況が存在しないか破損しているシステムファイルがあるために発生します。
  • Windows のセットアップ プログラムを使用して、プラグ アンド プレイ デバイスを再度列挙する必要があります。これには、ハードウェア アブストラクション レイヤー (HAL) が含まれます。
このコンテンツは、中級、上級レベルのコンピューター ユーザー向けです。その他の記事に追加情報を参照してくださいここでのいくつかのリンクがあります。この資料を最初に印刷する場合は、手順を実行すると便利です。

詳細

トラブルシューティング

再インストールを開始する前に、これらのトラブルシューティングの記事を確認してください、次の点に "再インストールすべきでない場合" セクションを使用して、再インストールが必要かどうかを確認します。

トラブルシューティングの実施に不安がない場合は、再インストールを開始する前に、次の Microsoft サポート技術文書記事を確認します。
308041 Windows XP の起動時の一般的な問題に関する詳細なトラブルシューティング
308029 Windows XP のシャット ダウン問題の詳細なトラブルシューティング
307654 Windows XP の回復コンソールをインストールして使用する方法
トラブルシューティングの実行に不安がある場合は、次のセクションに進むか、誰かに手助けを依頼するか、マイクロソフト サポートに問い合わせることもできます。

再インストールすべきでない場合

再インストールを行っても、発生している問題が解決しない場合もあります。このセクションを参照して、再インストールがあなたの状況に適切かどうか判断してください。

コンポーネントを修復します。

コンポーネントまたは現在インストールされていないプログラムを修復するのには、再インストールは実行されません。必要な権限を持っている場合は、コントロール パネルの [プログラムの追加と削除] アイテムを使用するか、または Windows ではなく、コンポーネントやプログラムを再インストールします。Windows XP での追加と削除] を開くをクリックしてください。 スタート[ コントロール パネルプロパティ 追加またはプログラムを削除します。.

ユーザー アカウントの問題

ユーザー アカウント、パスワード、またはローカル プロファイルで問題を解決するのには、再インストールは実行されません。問題は、ユーザー アカウント、パスワード、またはローカル プロファイルに関連しているかを確認するのには、(必要なアクセス許可がある場合は) 別のユーザー アカウントを作成し、問題が解決したかどうかを確認するのには、そのアカウントにログオンします。Windows XP では、新しいユーザー アカウントを作成する方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の資料を参照する次の資料番号をクリックします。
279783作成し、Windows XP でユーザー アカウントを構成する方法

システムの復元

Windows XP を再インストールする場合は、既存の復元ポイントがすべて削除し、再インストールが完了した後、新しいシステム チェックポイントの復元ポイントが作成されます。システムの復元を使用してコンピューターを以前の状態に復元するのにする必要がある場合は、再インストールは実行されません。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
301224システムの復元「復元ポイント」が見つからないか削除されたのです。

サードパーティ製のプログラム

サードパーティ製のプログラム、ファイル、またはレジストリ エントリに問題を解決するのには取り付け直さないでください。任意の問題を解決するのには、サード パーティ製プログラムの製造元に問い合わせてください。

ディスクの問題

ハード ディスクの問題が疑われる場合は再インストールされません。 ディスクのエラー チェックの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。
315265Windows XP で、ディスクのエラー チェックを実行する方法
308041 Windows XP の起動時の一般的な問題に関する詳細なトラブルシューティング
トラブルシューティングを行う方法の詳細について、コンピューターの製造元に連絡することもすることができます。 ハード ディスクの問題。

サードパーティ製のデバイス

サード パーティ製のデバイスに問題が疑われる場合は再インストールされません。最新のデバイス ドライバーが、デバイス用に現在インストールされているかどうかを確認します。任意の問題を解決するのには、サード パーティ製デバイスの製造元に問い合わせてください。

このセクションを確認した後、Windows XP 再インストールする必要がある場合は、次のセクションに進みます。

Windows XP を再インストールする前に

Windows XP を再インストールする前に、次のトピックを確認します。これらのトピックでは多くの情報が提供されているので複雑に見えますが、Windows XP の再インストールを行う前に何が必要で、何を行っておかねばならないのかについて明確に理解するのに役立ちます。

前提条件

Windows のインストール CD
手順を開始する前に、Windows のインストール CD とプロダクト キーを用意しておきます。これらがない場合は Windows を再インストールことはできません。Windows がコンピューターにプレインストールされている場合は、Windows インストール ファイルおよびプロダクト キーの入手について、コンピューターの製造元に問い合わせてください。
デバイス ドライバー
多くのハードウェア コンポーネント用のデバイス ドライバーは Windows に同梱されています。ただし、プリンター、モニター、グラフィック カード、サウンド カード、モデム、外付けドライブ、スキャナーなどのデバイスには、通常個別のインストール CDがあります。すべてのハードウェア コンポーネントのドライバーを持っていない場合は、インターネットからドライバーをダウンロードして CD に書き込むことができます。

コンピューターは、サード パーティ製の大容量記憶装置ドライバーまたはハードウェア アブストラクション レイヤー (HAL) を必要とする場合は、再インストールを開始する前に、別個の記憶メディア上のファイルのコピーがあることを確認します。
Internet Explorer 7
Internet Explorer 7 がインストールされている場合は、Windows XP を再インストールする前にアンインストールする必要があります。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
917964Internet Explorer 7 がインストールされている場合は、Windows XP の修復インストールを実行する方法
プログラム
Windows を再インストールした後、他のプログラムを再インストールできるように、CD やプロダクト キーを適切な場所に集めて保管しておきます。こうしたプログラムには、次のようなものが含まれる場合があります:
  • Microsoft Office プログラム
  • ウイルス対策ソフトウェア
  • CD 書き込みソフトウェア
  • インターネット プロバイダーのソフトウェア
データのバックアップ
Windows を再インストールする前に、すべての重要なデータを別の場所にバックアップします。バックアップが必要と考えられるデータには、次のようなものがあります:
  • マイ ドキュメント (ドキュメント、画像、音楽、ビデオ)
  • プログラム フォルダー (構成データ、ユーザー データ)
  • [お気に入り]
  • アドレス帳
  • 電子メール メッセージ
  • ドキュメント テンプレート
  • マクロ
  • 定型
再インストールが完了すると、元のバックアップのコピーを (%systemroot%\Repair フォルダーにある) レジストリ ファイルが置き換えられます。これら修復フォルダーに元のレジストリ ファイルは、Windows XP を起動するとき、または前回システム状態をバックアップするのには、バックアップ ユーティリティを使用するときに作成されました。再インストールが完了したら、レジストリのバックアップを使用する必要があることを考えると、再インストールを実行する前に別の場所にこれらのレジストリ バックアップ ファイルをコピーします。
ネットワークの設定
Windows を再インストールした後、特定のネットワーク設定を復元できます。再インストールを開始する前に、簡単にこの手順が必要な場合に利用できるように、コンピューターのネットワーク設定を記録します。これらの設定は、次のとおりです。
  • コンピューター名
  • ワークグループまたはドメイン
  • TCP/IP の設定
これらの設定を確認するのには、次の手順操作を行います。
  1. これらの設定を確認するのをクリックしてください。 スタート プロパティ Exchange Server 2010 SP1 をインストールした後 Outlook クライアント アプリケーションがパブリック フォルダーに接続できない.
  2. 種類 ncpa.cpl を制御します。 続いて と入力して テキスト型フィールドとをクリックし ].
  3. Usbehci.sys [ローカル エリア接続 右クリック プロパティ.
  4. ネットワーク設定を記録します。
インターネット プロバイダーの情報
Windows を再インストールした後、インターネットに再接続することができるかどうかを確認するのには、インターネット プロバイダー情報を記録します。これには、ユーザー名、パスワード情報、およびメール サーバーの名前が含まれます。
起動シーケンス
警告この手順には、CMOS (相補型金属酸化膜半導体) 設定を変更して、基本入出力システム (BIOS) の変更を伴う場合があります。不正な変更は、コンピューターの BIOS は、深刻な問題が可能性があります。マイクロソフトは、BIOS への変更の結果として問題の解決を保証できません。ご自身の責任で CMOS 設定を変更します。CMOS と BIOS の設定が誤っていたり破損しているスタートアップまたはシャット ダウンの問題が生じます。

インストール CD から起動することができますように、コンピューターの BIOS の起動シーケンスを調整する必要がある場合は、シーケンスは次の順序でする必要があります。
  • CD ドライブ
  • ハード ディスク
  • フロッピー ディスク ドライブ
起動中、BIOS にオペレーティング システムをロードすることができますが、ディスクを検索します。オペレーティング システムがインストールされているコンピューターでは、通常、ハード ディスクです。BIOS がスタートアップ シーケンスと呼ばれる特定の順序で、コンピューター上のディスクを検索するのには構成されています。BIOS では、コンピューターのハード ディスクで、起動シーケンスの最初のディスクとして構成されている場合、コンピューターはハード ディスクを使用して起動、起動ディスクを CD ドライブを検索しません。

ハード ディスクを検索する前に、起動ディスクを CD ドライブを検索するのには、BIOS を構成するのには、次の手順を実行します。
  1. コンピューターを再起動します。
  2. コンピューターを初めて起動するときに、パワーオン テスト (POST) パワーオン実行します。このテストは、すべての接続されているデバイスが機能していることを確認します。POST の一環として、メモリがチェックされます。メモリのテスト中に、BIOS にアクセスする方法を示すメッセージが表示されます。たとえば、次のメッセージまたは BIOS セットアップを起動する方法について説明、同様のメッセージがあります。
    セットアップを入力してくださいキーを押して DEL
    この例では、すぐにセットアップを開始するのにはメモリ テストの完了後、DEL キー キーを押す必要があります。BIOS セットアップにアクセスするかどうかを確認するのには、キーの複数回押す必要があります。

    ヒントBIOS にアクセスを提供することがあります他のキーです。次のとおりです。
    • F1 キー
    • F2
    • F10 キー
    • CTRL+ENTER
    • ALT キーを押し入力してください
    • CTRL キー + ALT キーを押しながら ESC キー
    • CTRL キー + ALT キーを押しながら挿入
    BIOS セットアップにアクセスする方法がわからない場合は、コンピューターのマザーボードのユーザー マニュアルを参照してください。
  3. スタートアップ シーケンス設定 (と呼ばれるブート シーケンスまたはブート順序) を確認します。メニューや設定項目内を移動するのに、通常は矢印キーを使用することができます。
  4. シーケンスの開始設定を検索すると、通常はそれを変更するのには ENTER します。プラス記号 (+) またはマイナス記号 (-)、CD ドライブを起動ディスクとして選択されるまでキーを押します。

    ヒントBIOS を変更する方法の詳細については、ユーザー マニュアルにあります。通常、メニューとオプションを変更する方法についての説明が含まれています。BIOS 自体には、通常、個々 の手順で状況依存のヘルプが含まれます。
  5. すぐ 指定しました。 CD ドライブ用の起動ディスクを検索するのには、最初の場所では、メニューに戻ります ESC キーを押すことは、通常することができます。メイン メニューでオプションを選択します。 設定を保存して終了. または同等のオプションします。時の確認 CMOS と EXIT に保存します。 または同等のオプションが表示され、選択 [はい].
  6. 場合は、選択することはできません。 [はい]は、文字を入力します。 y.

    メモ BIOS は、QWERTY キーボードのレイアウトを使用します。キーボードの設定、別のレイアウトに従えば、QWERTY キーボードに表示される、Y キーを押す必要があります。
  7. BIOS セットアップを終了すると、コンピューターを再起動します。
  8. コンピューターの CD ドライブを使用して開始ことを確認してください。Windows XP のインストール CD を挿入し、コンピューターを再起動します。これが成功した場合は、Windows XP の再インストールを開始できます。
このタスクを実行しようとして慣れていない場合は、他の人について知っているかを確認するください。または、この問題を解決するのには、マイクロソフト サポートにお問い合わせください。
Windows XP がプレインストールされました。
Windows XP コンピューターにプレインストールされている場合は、再インストールを続行する前に、次の資料参照してください。
312369 再インストール、修復、または Windows XP アップグレード後データまたはプログラムの設定が失われる可能性があります。
メモ Windows XP コンピューターにプレインストールされている場合は、再インストール処理中に必要とする可能性があります修復オプションがありません。インストール CD 修復インストールにあるかどうかを確認するのには、コンピューターの製造元に問い合わせてください。
Windows XP Service Pack 2
Windows XP Service Pack 2 (SP2) が既にコンピューターにインストールされている場合は、Windows XP を再インストールした後は、SP2 を再インストールする必要があります。これを行うには、1 つの方法は、SP2 ファイルを Windows XP のファイルを結合して同時に再インストールすることです。このメソッドを実行するのには、このセクション内のリンクに従ってください。

メモ また、Windows XP を再インストールした後に SP2 を個別に再インストールするのには、2 つの方法です。これら 2 つの方法で見つけることができます、 "Windows XP を再インストールした後" セクションです。

メモ サービス パックは累積的です。各新しいサービス パックには、以前のサービス パックに含まれるすべての修正プログラムと、新しい修正プログラムが含まれます。最新バージョンをインストールする前に、以前のバージョンの service pack をインストールする必要はありません。たとえば、Windows XP Service Pack 2 (SP2) をインストールする必要がのみ、Windows XP Service Pack 1a がインストールする必要はありません (SP1a)。

Windows XP を再インストールします。

Windows XP を再インストールするのには、次の方法のいずれかを実行してください。場合は、最初 メソッド 動作、2 番目をしてくださいしません。

メモ インストール中にインターネットからの接続を切断することがあります。これは、悪意のあるユーザーから保護するためにすることができます。

方法 1: Windows XP から再インストールを開始します。

Windows XP を使用して Windows XP を再インストールするのには CD、次の手順を実行します。
  1. コンピューターを起動します。
  2. Windows XP の CD をコンピューターの CD ドライブまたは DVD ドライブに挿入します。
  3. Windows XP のページへようこそ] をクリックしてください。 Windows XP をインストールします。.
  4. ようこそ] Windows のセットアップ] ページをクリックしてください。 [アップグレード (推奨) 続いて [インストールの種類 (まだ選択されていない場合) のボックスを押し 次へ.
  5. [使用許諾契約書] ページをクリックしてください。 本契約書に同意しますプロパティ 次へ.
  6. [プロダクト キー] ページで、25 文字のプロダクト キーを入力します。 プロダクト キー ボックスをクリックし 次へ.
  7. [更新されたセットアップ ファイルの取得] ページで、必要しをクリックして、[オプション] を選択します。 次へ.
  8. Windows XP を再インストールするのには、画面に表示される指示に従います。
再インストール、おめでとうございますは正常に完了した場合。もう少しで完了です。続行してくださいするには "Windows XP を再インストールした後" セクションを終了します。

エラーを受信した場合、または再インストールが完了しなかった場合は、方法 2 を試してください。

方法 2: Windows XP の CD からコンピューターを起動して Windows XP のインストールを修復します。

メモ Windows XP コンピューターにプレインストールされている場合は、再インストールするのには、インストール CD を必要があります。インストール CD 修復インストールにあるかどうかを確認するのには、コンピューターの製造元に問い合わせてください。

Windows XP CD からコンピューターを起動して Windows XP を再インストールするのには、次の手順を実行します。
  1. Windows XP の CD をコンピューターの CD ドライブまたは DVD ドライブに挿入し、コンピューターを再起動します。
  2. 「CD からブートする任意のキー キーを押す」メッセージ画面が表示されたら、Windows XP CD からコンピューターを起動するためキーを押します。
  3. 開始] セットアップ画面に次のメッセージが表示されます。
    セットアップ プログラムのこの部分は、Windows XP コンピューター上で実行する準備を行います。これで Windows XP をセットアップするのには、ENTER キーを押します。回復コンソールを使用して、Windows XP インストールを修復するのには、押してください。Windows XP をインストールしないでセットアップを終了するのには、F3 キーを押します。
  4. プレス 入力してください。 Windows XP をセットアップするのには。
  5. で、 Windows XP ライセンス契約 画面で、キーを押します F8 キー [使用許諾契約に同意するものとします。
  6. 現在インストールされている Windows XP のボックスには、選択されていることを確認し、キーを押します R Windows XP を修復するのには。
  7. Windows XP を再インストールするのには、画面に表示される指示に従います。Windows XP の修復後、Windows XP の再アクティブ化する必要があります。詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
    310064Windows 98 または Windows Millennium Edition からアップグレードする際の Windows XP セットアップの問題をトラブルシューティングする方法
再インストール、おめでとうございますは正常に完了した場合。もう少しで完了です。続行してくださいするには "Windows XP を再インストールした後" セクションを終了します。

エラーを受信した場合、または再インストール、残念ながら、完了していない場合は、ここで問題は解決しなかった。他の人について知っているかを確認する、次の手順を選択してください。また、この問題を解決するのには、マイクロソフト サポートにお問い合わせください。

Windows XP を再インストールした後

再インストールが完了したら、次の最終タスクを完了します。

Internet Explorer では、ファイアウォールを有効にすることがあります注意してください。 詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
283673または、Windows xp のファイアウォールをオフにする方法

Windows XP Service Pack 2 をインストールします。

Windows XP を再インストールする前に、Windows XP Service Pack 2 (SP2) がインストールされていた場合は、SP2 を再インストールする必要があります。前のセクションでは、Windows XP の SP2 を既に再インストールした場合は、今すぐに SP2 を再インストールするのには、次の方法のいずれかを使用します。
方法 1: サービス パックの CD を使用して Windows XP を再インストールした後、サービス パックを再インストールします。
方法 2: Windows XP を再インストールした後、サービス パックをダウンロードします。
詳細については、以下の記事番号をクリックして、マイクロソフト サポート技術情報資料を参照してください。
322389Windows XP の最新のサービス パックの入手方法

すべての更新プログラムを Windows の再インストールします。

また、Windows XP を再インストールした後、すべての更新プログラムを Windows は再インストールします。Windows の更新プログラムを再インストールするのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://update.microsoft.com

Internet Explorer 7 を再インストールします。

Windows XP の修復が正常に実行されていると、Internet Explorer 7 を再インストールします。これを行うには、Internet Explorer 7 のインストール パッケージを必要があります。このパッケージは、Windows Update で利用可能です。また、パッケージはコンピューター Internet Explorer 7 をインストールすることがからできます。インストール パッケージは、ファイルを保存フォルダーに移動し、プログラムを再インストールします。

メモ このパッケージは、インターネット一時ファイル フォルダーにある可能性があります。Internet Explorer 7 のインストール パッケージが見つからない場合は、このパッケージを入手するのには、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。
http://www.microsoft.com/windows/ie/downloads/default.mspx
マイクロソフトのダウンロード サイトに接続するのには、適切な Web ブラウザーが必要です。Internet Explorer 7 をアンインストールした後、Internet Explorer 6 が動作しない場合は、Internet Explorer 7 のインストール パッケージをダウンロードすることはできません。このような状況では、Internet Explorer 7 のインストール パッケージをダウンロードするのには、適切な Web ブラウザーを搭載したコンピューターを使用できます。その後、共有ネットワーク ドライブを使用して、修復したコンピューター上にプログラムをインストールするのには。この目的のために、共有ネットワークを使用できない場合、Internet Explorer 7 のインストール パッケージを CD にコピーし、CD から修復したコンピューター上の Internet Explorer 7 をインストールします。

残念ながら、このコンテンツは、この最後の手順を完了することが困難な場合ではこれ以上お役に立てませんです。問い合わせすることがありますか、サポートにお問い合わせください。

詳細

特定の Windows XP のセットアップに関する問題のトラブルシューティングを行う方法の詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。
312369再インストール、修復、または Windows XP アップグレード後データまたはプログラムの設定が失われる可能性があります。
312368 再インストール、修復、または Windows XP にアップグレードした後にデータが失われる
Windows XP セットアップ プログラムの詳細については、マイクロソフト サポート技術情報の記事を表示するのには、次の資料番号をクリックします。
286463リリース ノートは、Pro.txt ファイルに含まれるセットアップ
306824 リリース ノートは、Home.txt ファイルに含まれるセットアップ
286647 Windows XP Read1st.txt ファイルの内容

プロパティ

文書番号: 978788 - 最終更新日: 2013年3月31日 - リビジョン: 9.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft Windows XP Home Edition
  • Microsoft Windows XP Professional
キーワード:?
kbexpertiseinter kbresolve kbfirewall kbhowto kbenv kbinfo ocsso kbmt KB978788 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:978788
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com