Data Protection Manager 2007 保護エージェント インストール エラーのトラブルシューティング方法 (エラー ID: 370)

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 978900 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

ターゲット サーバーで Microsoft System Center Data Protection Manager 2007 保護エージェントをインストールすると、エラー エージェント操作に失敗しましたが表示されることがあります。(ID: 370) に別のエラー ID です。 ここに表示される 2 番目のエラー ID でのエージェント インストール エラーのトラブルシューティング方法について説明します。

現象

Microsoft System Center Data Protection Manager (DPM) 2007年保護エージェントをターゲット サーバーにインストールすると、次のエラー メッセージが表示されることがあります。
ID: 370
エージェント操作に失敗しました。
その後、次のエラー ID のいずれかが表示されます。
  • エラー ID: 7:
    Active Directory ドメイン サービス データベースに接続できません。DPM サーバー ドメインのメンバーであり、ドメイン コントローラーが実行されていることを確認してください。 また、かつ DPM サーバーとドメイン コントローラー間のネットワーク接続であることを確認します。
    ID: 7
    詳細: に指定したディレクトリ サービスの属性または値 (0x8007200A) が存在しません
  • エラー ID: 277:
    サービス コントロール マネージャーを FQDN_Server_Name に接続できませんでした。(ID: 277)

    1) ことを確認してくださいその FQDN_Server_Name オンラインで、かつ DPM サーバーからリモートで使用可能です。
    2) FQDN_Server_Name にファイアウォールが有効になっている場合は、その DPM サーバーからの要求がブロックされていないことを確認します。
  • エラー ID: 302:
    保護エージェント サーバー %FQDN_of_Production_Server でアクセスできなかったために、保護エージェント操作に失敗しました。サーバーの %FQDN_of_Production_Server は DPM を実行している可能性がありますか DPM 保護エージェントによって別の DPM コンピューターにインストールされている可能性があります。(ID: 302)
  • エラー ID: 313: DPM 2007 が正常にエージェントを Windows Server 2003 ドメイン内のメンバー サーバーに展開できます。ただし、他のドメイン コントローラーにエージェントを展開できません。インストールは 90% に達するし、このエラーで失敗します。
    失敗した computername に保護エージェントをインストールします。エラー 313: computername でのインストール プログラムの実行中にエラーが発生したため、エージェント操作に失敗しました。エラーの詳細: [が 0x80070643] のインストール中に致命的なエラーが発生しました。
  • エラー ID: 326:
    Servername の DPM サーバーにアクセスが拒否されたために、保護エージェント操作に失敗しました。(ID: 326)
  • エラー ID: 337:
    データ保護マネージャー エラー ID: 337

    コンピューターへのアクセスが拒否されたために targetserver 保護エージェントをインストールすることはできません。

原因

これらのエラーは、次の理由で発生します。
  • エラー ID: 7: このエラーは、ターゲット サーバーが Active Directory では、別の組織単位内にあるし、認証されたユーザーがこの組織単位 (OU) に対する読み取りアクセス権を持たないときに発生します。そのため、DPM サービス アカウントは Active Directory に、サーバーを見つけることができません。
  • エラー ID: 277: このエラーは、[ネットワーク DTC アクセスを無効になっているときに発生します。
  • エラー ID: 302 およびエラー ID: 337: サーバーのサービス プリンシパル名 (SPN) が Active Directory で一貫していない場合は、このエラーが発生します。エージェントのインストール不正確な情報を使用してインストールおよび接続を完了することがあります。この問題は、多くの現象が発生する可能性があります。
  • エラー ID: 313: このエラーは、DPM エージェント セットアップ ウィザードのディレクトリやレジストリ サブキーにファイルを作成するための十分なアクセス許可があるない場合に発生します。DPM エージェント インストールまたはドメイン内の他のドメイン コントローラーで失敗があった場合、また、このエラーが表示されることがあります。
  • エラー ID: 326: DPM エージェントをインストールする配布先サーバーにダイアログ ボックスが表示されたら、このエラーが発生します。このダイアログ ボックスは、そのサーバーのコンソールから表示のみです。このダイアログ ボックスを確認し、ダイアログ ボックスを閉じるには、手動の操作が必要です。このダイアログ ボックスは、そのサーバーのコンソールから表示のみです。このダイアログ ボックスが閉じられるまで、このサーバーに DPM エージェントを展開することはできません。

解決方法

この問題を解決するのには、解像度、特定エラー受信 ID を使用します。

エラー ID の解決方法: 7

このエラーを解決するのには、Authenticated Users グループを変更、読み取り権限がターゲット サーバーのメンバーである組織単位 (OU) を持つようにします。以下が手順例となります:
  1. ドメイン コントローラー Active Directory ユーザーとコンピューター MMC を開きます。
  2. 対象サーバーを含む組織単位 (OU) をマウスの右ボタンでクリックし、[プロパティ] をクリックします。
  3. [セキュリティ] タブの [Authenticated Users グループを追加し、読み取りアクセス許可を付与します。
  4. 保護されたサーバーに DPM 保護エージェントを再展開します。

エラー ID の解決方法: 277

この問題を解決するのには、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) 資料 817064、手順を実行し両方のクラスター ノードに DPM エージェントを再展開します。
817064Windows Server 2003 でネットワーク DTC アクセスを有効にする方法

エラー ID の解決方法: 302 およびエラー ID: 337

この問題を解決するのには、SetSPN ツールを実行し、エージェントをプッシュできないサーバーのサービス プリンシパル名を確認します。

メモSetSPN ツールの最新バージョンの入手方法の詳細については、「サポート技術情報」(Microsoft Knowledge Base) の資料を表示するのには、次資料番号をクリックします。
970536Windows Server 2003 の Setspn.exe サポート ツールの更新プログラム
  1. ドメイン管理者としてログオンします。
  2. コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します:
    setspn-L Servername
    メモこのコマンドでは、Servername のプレースホルダーに DPM エージェントを展開できません対象サーバーを表します。

    結果の出力は、次のようになります:
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    Registered ServicePrincipalNames for CN=TARGETSERVER,OU=Member 
    Servers,DC=<Servername>,DC=com:
    SMTPSVC/targetserver.<Servername>
    NtFrs-88f5d2bd-b646-11d2-a6d3-00c04fc9b232/targetserver.<Servername>
    HOST/targetserver.www.<Incorrect_Servername>/Incorrect_Servername
    HOST/targetserver.www.<Incorrect_Servername>
    exchangeMDB/targetserver.www.<Incorrect_Servername>
    SMTPSVC/targetserver.www.<Incorrect_Servername>
    HOST/targetserver.www.<Incorrect_Servername> /www.<Incorrect_Servername>
    exchangeRFR/targetserver.www.<Incorrect_Servername>
    exchangeRFR/targetserver.<Servername>
    exchangeMDB/targetserver.<Servername>
    exchangeRFR/TARGETSERVER
    exchangeMDB/TARGETSERVER
    SMTPSVC/TARGETSERVER
    HOST/TARGETSERVER
    ~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~
    
    ことに注意してくださいすべて、"ホスト/"が出力に表示されている SPN エントリがプライマリ DNS を Incorrect_Servername に、Servername が設定されていることを示しています。エージェントが展開されている DPM サーバーを TARGETSERVER。 SERVERNAME、名前解決これがされている SPN の構築に使用されていると、エージェントの展開時に要求します。ただし、targetserver は登録されている SPN www。 Incorrect_Servername であるため、Kerberos 接続に失敗、および匿名接続を確立ましょう。これは、結果にイベント ID 6033 が Exchange サーバー上でログに記録することがあります。
  3. 重複した SPN の対象サーバーがないことを確認します。コマンド プロンプトで、次のコマンドを入力し、Enter キーを押します:
    setspn-X
    目的の SPN をターゲット サーバーの重複の出力を調べてください。
  4. ホストの SPN が正しく登録されているかどうかを確認するには、コマンド プロンプトで次のコマンドを入力します。各コマンドの後に Enter キーを押します。
    setspn-a HOST/targetserver Servername targetserver
    setspn-ホスト/targetserver targetserver
  5. Active Directory 全体の変更をレプリケートします。
  6. DPM 保護エージェントに影響を受けたサーバーを再展開します。
SetSPN ツールの詳細については、次のマイクロソフト TechNet Web サイトを参照してください。
Setspn Overview

エラー ID の解決方法: 313

この問題を解決するには、次のいずれかの手順に従います。

方法 1

アクセス許可の問題のトラブルシューティングを行うには、クライアント コンピューターのフォルダーに置かれた Msdpm インストール ログ ファイルを確認します。
%windir%\temp\msdpm*.log
どのフォルダーまたはレジストリのサブキーにアクセスできませんでした、およびクライアント コンピューターの管理者に書き込みアクセス許可をグループ化しことを確認します。

方法 2

このドメイン コントローラーまたは別のドメイン コントローラーにエージェントをインストールするために以前失敗した場合は、確認しは次のように、Active Directory ユーザーとコンピューター ツールの [Users] コンテナー内のエントリを削除してください。
  • DPMRADCOMTrustedMachinesCNF:28f84c90 - fa10 - 4ff7 - b4fa - 7d945440e08b
  • DPMRADmTrustedMachinesCNF:28f84c90 - fa10 - 4ff7 - b4fa - 7d945440e08b
DPMRADCOMTrustedMachines および DPMRADmTrustedMachines グループの複製であるため、安全にこれらのエントリを削除できます。CNF によって容易に識別できる: 各エントリに付加される GUID 文字列。これらのエントリを削除した後は、Active Directory には、他のドメイン コントローラーに変更のレプリケーションを強制的に Repadmin.exe を実行するか、他のドメイン コントローラーにこれらの変更をレプリケートするのに十分な時間を Active Directory を与えることができます。

エラー ID の解決方法: 326

この問題を解決するのには、転送先サーバー上のコンソール セッションへログオンし、DPM エージェントのインストールを再試行した後、ダイアログ ボックスを手動で確認します。

プロパティ

文書番号: 978900 - 最終更新日: 2010年3月10日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Microsoft System Center Data Protection Manager 2007
キーワード:?
kbtshoot kbprb kbdeployment kbexpertiseadvanced kbinstallation kbmt kbsurveynew KB978900 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:978900
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com