インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007 Service Pack 2 用の更新プログラム 3 の説明

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 979097 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフト更新 3 インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) 2007 Service Pack 2 (SP2) をリリースしました。 この資料にこの更新プログラムに関する以下の情報が含まれています:
  • この更新プログラムで修正される問題
  • この更新プログラムの入手方法
  • この更新プログラムのインストールの必要条件
  • 既知の問題に関する情報

はじめ

元に戻す全体を表示する
製品更新プログラムの名前ビルド
インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) 2007 Service Pack 2 (SP2)IAG3.7-SP2Update-3.exe (IAG v3.7 SP2 更新プログラム 3)47
この更新プログラムを適用するのには、アプライアンスでが実行されている IAG 2007 SP2 または IAG 2007 SP2 用の更新の 2、IAG 2007 SP2 または更新 2 の IAG 2007 SP2 の実行は、バーチャル マシンに適用することができます。

IAG 2007 SP2 の詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号:
962977インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) 2007 Service Pack 2 の説明
968384インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007 Service Pack 2 用の更新プログラム 1 の説明
9754912 インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007 Service Pack 2 の更新プログラムの説明

新機能および強化されたこの更新プログラムに含まれています。

いくつか IAG のクライアント コンポーネントでこの更新プログラム 3 IAG 2007 SP2 の強化。 IAG 製品には、Microsoft Forefront 統合アクセス ゲートウェイ (UAG) クライアント コンポーネントを統合することによりこれらの機能強化を行います。 これらの機能強化にはと 64 ビット バージョンの Windows Vista、32 ビットおよび 64 ビット バージョンの Windows 7 のサポートが含まれて。

強化された機能の詳細

この更新プログラムを IAG から始まる、UAG が含まれている、新しいクライアント コンポーネントが IAG に統合されています。 Windows 7、およびその他の機能強化との互換性を高めるため、新しいクライアント コンポーネントを提供します。 新しいクライアント コンポーネント、UAG は、設計が IAG と UAG の両方でシームレスに接続を実行しているクライアントを有効にする、互換性モードをが。 これは、バージョン IAG 2007 SP2 更新プログラム 3 にまだ更新されていない IAG にはが含まれています。

必要があること注意以外のクライアント コンポーネントを UAG のないその他の機能でした IAG 2007 SP2 は、更新プログラム 3 に組み込まれており、新しいクライアント コンポーネントを提供するクライアント側だけ向上します。

この新しい機能は旧バージョンと互換性のあります。 たとえば、更新 3 の IAG 2007 SP2 を実行している IAG サーバーからクライアント コンポーネントをダウンロードし、エンドポイント コンピューターにインストールすることを想定しています。 このシナリオでは、クライアント コンポーネントは、最新の更新 2 IAG 2007 SP2 を実行しているサーバーと互換性があります。 pre-Update 3 IAG 2007 SP2 ベースのサーバーのクライアント コンポーネントにアクセスすると、下位互換性機能、特別な下位互換性モードを UAG のクライアント コンポーネントによって実装されます。

クライアント コンピューターを更新します。

IAG レガシ クライアント コンポーネントを持つクライアント更新 3 IAG 2007 SP2 を実行しているサーバーにアクセスするときは、次のプロセスでクライアントをアップグレード:
  • 現在実行しているレガシ コンポーネント マネージャー ActiveX オブジェクトにアクセスすると、更新プログラム 3 IAG 2007 SP2 サーバー。
  • 、ClientConf.xml ファイルのダウンロード、およびファイルの署名が検証されます。
  • 以降のバージョン番号は、サーバー上のクライアント コンポーネントであるため、新しいコンポーネント マネージャーとダウンロード マネージャー サービスがダウンロードされます。 これらのコンポーネントを既存のコンポーネント交換。
  • UAG のクライアント コンポーネントを別のフォルダーより、従来の IAG クライアント コンポーネント (していることによりクライアント コンポーネントとも呼ばれます) にインストールされているため、クライアント コンポーネントを直接アップグレードすることはできません。 したがってのレガシ コンポーネントをアンインストール プロセスが開始される。
  • 、アンインストール プロセスを完了するのには、古いバージョンのヘルパー サービスおよび Winsock コンポーネントをアンロードするには、クライアント コンピューターを再起動する必要があります。
  • は、コンピューターを再起動すると、アンインストール処理が完了します。
  • は、ユーザーが IAG サーバーをもう一度にアクセスします。 次の場所] で、オンラインのクリーン インストールのクライアント コンポーネントが実行される、プログラム ファイルフォルダー:
    \Microsoft Forefront UAG\Endpoint コンポーネント

制限事項

のネットワーク コネクタ機能 Windows 7 は、このため実装されず、完全なリモート ネットワーク接続がない Windows 7 の IAG。 Windows 7 のクライアントからインテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) 2007 に Forefront 統合アクセス ゲートウェイ (UAG) 2010 SSTP またはダイレクト アクセスに対して Windows 提供完全なネットワーク接続 7 のサポートを使用するアップグレードすることは完全なネットワーク接続を必要とするお客様。

クライアントの OS の互換性を IAG 2007 SP2 更新 3

元に戻す全体を表示する
機能Windows XP (32 ビットWindows Vista (32 ビットWindows Vista (64 ビットWindows 7 の 32 ビットWindows 7 の 64 ビットMac や Linux
オフラインのインストールはいはいはいはいはいいいえ
オンラインのインストールはいはいはいはいはいはい
エンドポイントの検出はいはいはいはいはいはい
AttachmentWiperはいはいはいはいはいはい
SSL ラッパーはいはいはいはいはいはい
ソケットの転送はいはいいいえはいいいえいいえ
ネットワーク コネクタ (NC)はいはいはいいいえいいえいいえ
メモブラウザー、オペレーティング システムとクライアント コンポーネントの機能と互換性の詳細については、次のマイクロソフト製品の Web サイトを参照してください:
IAG クライアント エンドポイントのシステム要件に関する一般情報

この更新プログラムに含まれている修正された問題

この更新プログラムは、以前は、サポート技術情報資料に記載されていたが、次の問題が修正されます:

問題 1

現象
、週報、月間レポート、四半期レポート、または、年次報告書をサーバー上で、IAG Web モニターを使用して表示すると、レポート、Web モニターを生成することはできませんし、次のエラー メッセージが表示されます:
0 結果は見つかりません
メモ、毎日のレポートが正常に表示できます。

四半期レポートを表示しようとするとさらに、次のエラー メッセージを受信:
が多くの結果。 最初のレコードのみを表示します。
メモこのエラー メッセージが表示される 1 つだけの時間。

問題 2

現象
Whlglobalultilies.dll モジュールのバージョン 3.7.2.22 でエラーが発生した、定義済みのサーバー名翻訳 (SNT) 規則を使って、基本のトランクをアクセスするときに 。 このエラーは、W3wp.exe アプリケーション クラッシュしますが。
原因
この問題が発生するは、アクセス違反と SNT モジュールにアクセス複数回には、同じにします。

問題 3

現象
A のクラッシュ、WhlHttpParser.dll モジュールで発生します。 このクラッシュが不安定になったり、IAG サーバーの負荷状況場合] になります。
原因
IAG チャンクの応答が正しく解析するためにこの問題が発生します。

問題 4

現象
IAG 2007 SP2 更新 2 の 、IAG セキュリティで保護されたリモート アクセス (SRA) エンジン"HTTPS"の文字を持つリンクを認識できない URL の先頭の大文字にします。 さらに、エンジンはこれらのリンク、署名プロセスでミスします。 この現象は一部のアプリケーションが正しく動作しないことが発生します。

メモ、"HTTP"へのリンクを使用する場合、この問題は発生しません。 IAG SRA エンジンは、"HTTP"リンクの大文字と小文字の組み合わせと解釈します。

問題 5

現象
発行し、ネットワーク コネクタを開始すると エラー、WhlServerProxy.dll モジュールで発生します。 このエラーは、W3wp.exe アプリケーション クラッシュしますが。

問題 6

現象
Web モニターを使用して、65535 を超える行数になり、1 か月以上からのデータを含むレポートを表示するときに、レポートが生成されます。

メモレポートできるように構成のサイズの上限は 65, 535 行 IAG。
解決方法
この更新プログラムを適用した後の 、65536 を超える値の行の数を増やすことができます。 これを行うには、次の 0 以外の DWORD レジストリ値を追加:
名:
UseReportResultHighLimit

の場所:
SOFTWARE\WhaleCom\e ・ Gap\von\Configuration
メモ新しいサイズの上限 1,000,000 行です。 UseReportResultHighLimit レジストリ値がゼロであるかが存在しない場合は、古い 65536 行の制限が使用されます。

問題 7

現象
2 IAG 2007 SP2 更新プログラムは Microsoft Office SharePoint Server 2007 代替アクセス マッピング (AAM 用) を設定する新しいルールについて説明します。 この新しいルール セットにバグが存在し、ハイフンを含むファイルの使用をブロックにある (-)、コンマ ()、またはアポストロフィ () のファイル名。 この問題は、次を含む正規表現を許可するルール数のため 55 発生:
(/[a-z0-9@$%.()_! /]*)/?
ただし、ルールが有効な文字が含まれている次の正規表現があります:
(/[a-z0-9@$%.()_! /-,’]*)/?


メモこのバグの解決に Office SharePoint Server 2007 を使用して、同じ更新します。

問題 8

現象
F-ポート 6.0.9.3 アンチ ウイルスと、エンジンのバージョンがインストールされて 4.5.1 が では、Windows Vista ベースのクライアント コンピューターを効果的に動作するコンピューターには (WMI) ウイルス対策プログラムをそのまま使用するようにポリシーを設定します。 ただし、WMI の変換の従来型の値の F ポート ウイルス対策ソフトウェアを動作しません。 WMI を WMI に必要なポリシーをようにします。 WMI F-ポートのウイルス対策ソフトウェアが正常に次のパラメーターを使用して検出ことに注意してください:
AV_WMI_Company_1 ポリシー X
AV_WMI_Count ポリシー 1
AV_WMI_Installed_1 ポリシー TRUE
AV_WMI_Name_1 F-プロテクト ウイルス対策プログラムを Windows のポリシー
AV_WMI_Running_1 ポリシー TRUE
AV_WMI_Version_Product_1 6. 0 ポリシー

ただし、WMI は、パラメーターが正しく識別できません。 そのため、F-ポートのウイルス対策に専用は、次のパラメーターがすべて False を設定、表示し、エンドポイント ポリシー F-ポートのウイルス対策ソフトウェアを検出できません:
AV_FProt_Installed ポリシー False
AV_FProt_LastUpdate ポリシー 0
AV_FProt_Running ポリシー False
解決方法
F-ポートのウイルス対策サポート翻訳を WMI からこの更新プログラムを追加します。 後で、この更新プログラムを適用、次のパラメーターが変更され、新しいパラメーターが追加されます:
TRUE AV_FProt_Installed ポリシー
AV_FProt_UptoDate ポリシー TRUE
TRUE AV_FProt_Running ポリシー

問題 9

現象
の複数のトランクを使用して複数 Kerberos の制約された委任の KCD 対応しているさまざまなアプリケーションを公開します。 そのトランク IAG でを有効または無効にすると、IAG 複数トランクを使用して発行したすべての KCD を有効にしたアプリケーションを正常に動作できなくなります。 IAG がさらに、認証プロバイダーを識別することはできませんし、次のエラー メッセージが生成されます:
HTTPAuth::CLSAServerConnection:: GetAuthenticationPackage - エラー: 認証パッケージが見つかりません。 WinErr: 6

問題 10

現象
次のシナリオを検討してください:
  • を使って、重複します。コマンド
  • 指定の名前と IP アドレスを新しい樹幹。
  • 構成を変更新しい樹幹。
  • まずこのトランク IAG。
このシナリオでは、Windows Internet Explorer を使用して、Web サイトをこのトランクをアクセスできないし、次のエラー メッセージが表示されます:
ページが見つかりません
Microsoft インターネット インフォメーション サービス (IIS) マネージャーは、Web サイトの状態があることを示しています。 ただし、Whlfilter がダウン状態になります。

、アクティブ、トランク IAG のリセット、IIS サービスを Web サイトにアクセスできる場合があるかどうか。 Web サイトがまだアクセス不可能である場合、Web サイトが存在している IIS マネージャーで表示する場合は、IIS サービスを再度リセットできます。 それ以外の場合、アクティブにトランク IAG にして、IIS サービスを再度リセットします。

メモ場合によっては、IIS のリセットにより、新しく作成した Web サイトに IIS マネージャーで、表示され運用サーバーの場合がありますが発生する他の問題や中断します。
解決方法
基本的なトランク重複バグを解決するのには、この更新プログラムを適用します。 トランクを重複するいると、ユーザー ポートの割り当ては、新しい樹幹をトランクを複製するウィザードを使用して定義できます。

問題 11

現象
、Unicode 文字が含まれているパスワードを使用すると、フィルターは、NTLM 認証要求を返信できません。 そのため、NTLM 認証要求は失敗します。
解決方法
このバグを解決するのには、この更新プログラムを適用します。 回帰分析を IAG 2007 SP2 更新 1 から復元されました。

問題 12

現象
次のシナリオを検討してください:
  • は、SharePoint SQL レポート サービス (SRSS によって) が生成されるいくつか非常に大規模な HTML ファイルを発行します。
  • 各レポート ファイルは約 12 MB ですので、設定、MaxBodyBufferSizeフラグを解析するのには、最大 15 MB のファイルをできるようにします。
  • HTML ページを表示しクリックしてファイルから、クライアント コンピューター。
このシナリオでは、次のエラー メッセージが表示される:
このページには安全性と安全でない項目が含まれています
また、以下の現象発生:
  • から 10 〜 20 MB のファイルを解析することはできません。
  • は、これらのファイルにリンクを署名することはできません。
  • [ページのスクリプトによっては作業できません。

問題 13

現象
は、最適化された Windows Internet Explorer 8 の Web サイトのブランドは、MSN からダウンロードしてください。 ただし、このブラウザーを使用して IAG に正しくアクセスできません。 エンドポイント検出コンポーネントは機能せず、およびポータルのユーザー インターフェイス (UI) でブラウザーが正しく表示されません。
原因
この問題が発生したため、IAG 正しく特定のブラウザーとしては、サポートされていないブラウザーと MSN は、ユーザー エージェント ヘッダー。
解決方法
この問題を解決するのには、この更新プログラムを適用します。 この更新プログラムを適用すると、エンドポイント検出コンポーネントが正しく、最適化 Windows Internet Explorer 8 の MSN のインストールがクライアント コンピューターは動作します。

問題 14

現象
またはファイルをダウンロードしようとすると、Web ページを要求するときの はバッファーの制限を 10 MB に、本文バッファーの IAG 解析が使い果たされる既定値を超えています。 さらに、次のエラー メッセージが表示されます:
HTTP 500 - 内部サーバー エラー
メモこのエラー メッセージには、ユーザーのための情報が含まれていないか IAG 管理者は、問題を特定します。 また、バッファーは、MaxBodyBufferSize レジストリ キーで定義されている、制限を超えた場合もこの現象を発生します。

ダウンロード可能なファイルの最大サイズを構成する方法の詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
9551233 E-ギャップ アプライアンス 3. 6 と 4 のアップデートのインテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007年用更新プログラムの説明
解決方法
ダウンロードしたファイルのサイズを 10 MB に既定の制限を超えている場合、またはダウンロードしたファイル サイズ、MaxBodyBufferSize レジストリ キーに定義されている、制限を超える場合は、この更新プログラムの適用後の 、通知メッセージ IAG Web モニターに送信されます。 このメッセージを表示するのには、Web モニターを開くことができ、選択、イベント ビューアー項目。

はこのメッセージの例を次に示します:
要求に失敗しました。 トランク: 37sp2、セキュリティで保護された = 1; セッション ID: 78B802AC-A9F8-401F-8413-84ACA2B76663; アプリケーション ID: 7E955CBE86E540178CA889F414345F65; アプリケーション名: BusinessTest; URL:/Attachment%20Wiper/15%20MB%20HTML.html; メッセージ: (15543107 バイト) のサイズが定義済みのバッファー サイズの制限値 (7000000 バイト) を超えるメモリが必要です。
レジストリ キーを使用して、バッファーのサイズ制限を編集するかは解析プロセス中にスキップするファイルを構成することができます。 または解析プロセス中にスキップするファイルを構成する方法について、レジストリ キーを使用して、バッファー サイズの制限の編集方法についての詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術記事を表示するのには、次の資料番号:
956927インテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007 Service Pack 1 用の更新プログラム 5 の説明
9551233 E-ギャップ アプライアンス 3. 6 と 4 のアップデートのインテリジェント アプリケーション ゲートウェイ 2007年用更新プログラムの説明

問題 15

現象
は、セキュリティ更新 971726 Active Directory フェデレーション サービス (ADFS) は、IAG サーバーのインストール後、ログオン処理は失敗します。 Web モニター表示が正しくないパラメーター値をwctxパラメーターには、Portal_Rule1ルール] を選択します。

メモ971726 のセキュリティ更新プログラムはセキュリティ情報 MS09-070 に記載されている。
解決方法
、この更新プログラムの適用後は、ルール セット パラメーターを設定するのには、". *"の値。

UPDATE 情報

はサポートされている更新プログラムがマイクロソフトから入手可能になりました。 ただし、この資料に記載の問題のみを修正するものです。 このような特定の問題が発生しているシステムにのみ適用します。

これらの問題を解決するには、更新プログラムを入手するのには、マイクロソフト カスタマー サポート サービスにお問い合わせください 。 マイクロソフト カスタマー サポート サービスの電話番号とサポートのコストに関する情報の完全な一覧については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://support.microsoft.com/contactus/?ws=support
メモMicrosoft Support 担当者は、特定の更新プログラムで問題が解決されると判断した場合、料金が通常のサポート免除される特殊なケースをキャンセルすることがあります。 特定の更新プログラムの対象とならない追加の質問および問題については、通常のサポート料金が適用されます。。

前提条件

この更新プログラムをインストールする前に行うことのあるインテリジェント アプリケーション ゲートウェイ (IAG) 2007 Service Pack 2 (SP2) インストールされているアプライアンスまたはバーチャル マシン。

IAG クライアント エンドポイントのシステム要件の詳細については、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください:
http://technet.microsoft.com/en-us/library/dd277998.aspx

再起動の要件

ないと、適用する、コンピューターを再起動するこの修正プログラム。

アンインストール情報

この更新プログラムを削除するには、次の手順を実行します:
  1. で、IAG 2007 ベースのアプライアンスは、次のフォルダーを開く:
    ドライブ: \Whale - Com\e - Gap\patchDB
  2. ダブルクリックして削除、last.bat ファイル。
、アンインストール プロセスが自動的に実行されます。 このプロセスを完了するまで数分をかかる場合があります。 アンインストール処理が完了すると、プロセスが正常に完了通知されます。

修正プログラムの置き換えに関する情報

この修正プログラム置換は、他の修正プログラム。

既知の問題

  • IAG 2007 が次のガイドラインをサポートする多くのカスタマイズ設定が用意されています:
    • ユーザー設定の変更を実施する SRA、AppWrap、FormLogin.xml、サポート不足、すぐにアプリケーションの発行に問題を解決するには、お客様に、商業上合理的な努力 カスタマー サポート サービス (CSS) を提供します。 どの製品とバージョンがサポートされて e-ギャップして IAG の詳細については、表示、e のギャップと IAG によってサポートされるアプリケーションの一覧.
    • CSS サンプルに SRA、AppWrap または FormLogin.xml のないアプリケーションを提供する商業上合理的な努力を提供する、e のギャップと IAG によってサポートされるアプリケーションの一覧.
    • CSS を提供する商業上合理的な努力の一般的な IAG 2007 製品の機能に記載されているサンプルを提供するにはIAG 2007 Microsoft TechNet ライブラリ。 この機能にはアクセス ポリシーの検出、language.xml カスタマイズ、カスタム レポートのイベントをポータル ページのカスタマイズ、およびログオン ページのユーザー インターフェイスのカスタマイズ機能などの機能が含まれます。
    • その他のカスタマイズをすべてサポートされているによって CSS。
  • の場合は、アンインストールする更新プログラム 3 の IAG 2007 SP2 は、すべての IAG 2007 SP2 更新プログラム 3 にアップグレードした後に行った構成の変更は破棄されます。 そのため、IAG 2007 SP2 更新プログラム 3 をアンインストールする前に、アクティブな構成をバックアップすることをお勧めします。
  • 適用または IAG アプライアンスの更新プログラムを削除するとすべての IAG サービスを再起動します。 このサービスの再起動はすべての開いているユーザー セッションをリセットするなり強制的に再 - ユーザーのログオンしたすべてのログイン。
  • IAG 2007 SP2 からまたは更新プログラム 1 を IAG 2007 SP2 からアップグレードする場合のみ、次の点

    独自のバージョンのログオン ページを使用する場合は、その配置場合は、<drive>: \Whale-Com\e-Gap\von\InternalSite\CustomUpdateフォルダーをログオン ページを更新する必要があります。 たとえば、[使用すると、E:\Whale-Com\e-Gap\von\InternalSite\CustomUpdate \MyLoginForm.aspログオン ページです。 ログオン ページを更新するには、検索、selectLangJavaScript 関数のコードを検索することによって、selectLang()機能、カスタム ファイルで、後でコードを使用して、関数のコードを置き換える、selectLang()更新プログラム 3 の IAG 2007 SP2 から logon.asp ファイル内の関数
  • UAG クライアント コンポーネントの更新プログラム 3 の IAG 2007 SP2 は、一部のバグがあるため、クライアントは、64 ビット版 Windows 7 の実行は受信しません、メッセージが表示アプリケーションをサポートします。
  • 問題

    、Outlook Web Access (OWA) 2003 Service Pack 1 (SP1) のテンプレート、予定表アイテムおよびに対して、2010 年以降は表示されます。 既定のテンプレートは、OWA 2003 SP1 は、「200 [0-9]」を指定する複数の規則がパラメーターの値。 この値で OWA 予定表のさまざまな機能に日付を参照するには、2000年-2009 年に日付を制限するには使用されます。 そのため、2010年と onward の年はこのテンプレートのアクセスを禁止するには、予定表を要求します。
    回避策
    は、別の値を手動で設定、規則を編集できます。 この問題を解決するには、使用して、"20 [0-9] +"の値。
  • クライアントは、前者 IAG クライアント コンポーネント インストールがある、オンラインのクライアント更新プログラム 3 の IAG 2007 SP2 にアップグレードを実行すると、以下の問題が発生する可能性があります。
    問題
    IAG の実装では、証明書をルート証明書ストアにあることが必要です。 Globalsign によって発行された、新しく取得した証明書は動作し、インターネットに接続されていない新しいコンピューター上の DLL ファイルに対して、Windows インストーラー パッケージを検証します。
    回避策
    Globalsign 証明書をルート証明書ストアに追加する方法
    は一般に、Windows Update は、ルート証明書ストア更新されません。 すべての証明機関 (CA) から、すべて、ルートのルートの更新を強制的に .exe ファイルがあります。 詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
    931125ウィンドウのルート証明書プログラム メンバー
    コンピューターがインターネットに接続されている場合、コンピューターに信頼されたルート証明書を解決しようとすぐに 、ルート、コンピューターをダウンロードします。 これはなぜ Globalsign は、ルート証明書ストアに検証済みのすべてのコンピューターを含めるについて説明します。 この現象は、セキュア ソケット レイヤー (SSL) をコード署名は、ドキュメント、および電子メールの署名に含まれています。 最終的には、さまざまなベンダーを使用して署名した多くの人がそのコンピューターを操作した後、接続されているコンピューターのほとんどはルートのかなり完全です。

    ルート証明書ストアに、次の方法のいずれかを使用 Globalsign 証明書を追加するのには、[] をクリックします。 状況適切な方法を使用して。
    • デバイスをインターネットに接続されている場合は、ユーザーがアクセスできる、https://2028.globalsign.comWeb サイト、および、インストールされているルートがあることができます。
    • ルートからをダウンロードするのには、デバイスをインターネットに接続されていない場合は、別のコンピューターを使用する必要があります、http://secure.globalsign.net/cacert/Root-R1.crtの URL、および [ルートをデバイスにインストールできます。 ルートをインストールするには、ルート ウィンドウ (Certmgr.msc)、証明書の Microsoft 管理コンソール (MMC) スナップインを使用してアドインをインポートし、管理者として、it. をインストール
  • 「ローカル ドライブ マッピング」Windows Vista ベースのクライアント コンピューター アプリケーションはサポートされていません、IAG
  • 「ローカル ドライブ マッピング」Windows 7 ベースのクライアント コンピューター アプリケーションはサポートされていません、IAG
  • 、IAG「ローカル ドライブ マッピング」と、Windows Server 2008 サーバー ファイル共有に接続するアプリケーション使用はサポートされていません。

サポートされている製品のメモ

  • ないインテリジェント アクセス ゲートウェイ (IAG で) 2007 Forefront 統合アクセス ゲートウェイ (UAG で) 2010年がサポートされているすべての製品がサポートされています。 Exchange 2010、Windows Server 2008 リモート デスクトップ プロトコル (RDP)、および Windows Server 2008 リモート デスクトップ ゲートウェイ (RDG) は、IAG 2007 ではサポートされていません。
  • マイクロソフト カスタマー サポート サービス (CSS) ことはできません提供、商業上合理的な努力のベータ版、発行、サポートのお客様に非-RTM、および非--GA (GA) 製品など、Microsoft Office SharePoint Server 2010 Beta。

ファイル情報

この修正プログラムの 、英語バージョンがファイル属性 (またはそれ以降のファイル属性) 次の表に一覧表示されます。 日付および時刻これらのファイルを世界協定時刻 (UTC) で一覧表示されます。 各ファイルの日付および時刻は、世界協定時刻 (UTC) で示されています。。 UTC とローカル時刻との時差を確認するには、コントロール パネルの [日付と時刻項目のタイム ゾーン] タブを使用
元に戻す全体を表示する
ファイル名ファイルのバージョン日付時間ファイル サイズ
Agent_lin_helper.jar該当なし20 年 1 月 1017: 171,919,007
Agent_mac_helper.jar該当なし20 年 1 月 1017: 172,693,648
Agent_win_helper.jar該当なし20 年 1 月 1017: 171,290,190
Agentdetection.inc該当なし20 年 1 月 1017: 173,355
Awconf.cab該当なし20 年 1 月 1017: 176,852
Cacheclean.js該当なし20 年 1 月 1017: 177,394
Clientconf.cab該当なし20 年 1 月 1017: 177,970
Clientconf.xml該当なし20 年 1 月 1017: 176,661
Configmgrcomlayer.dll3.7.2.4220 年 1 月 1017: 17317,920
Configmgrcore.dll3.7.2.4220 年 1 月 1017: 17584,136
Configmgrinfra.dll3.7.2.4220 年 1 月 1017: 17367,048
Configmgrlayer.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 1735,272
Configuration.exe3.7.2.4720 年 1 月 1017: 176,318,552
Detection.js該当なし20 年 1 月 1017: 1713,204
Detection.vbs該当なし20 年 1 月 1017: 17319,948
Detectjava.jar該当なし20 年 1 月 1017: 174,100
Install.inc該当なし20 年 1 月 1017: 1713,464
Install.js該当なし20 年 1 月 1017: 1711,499
Installxml.asp該当なし20 年 1 月 1017: 173,908
Internalsite.inc該当なし20 年 1 月 1017: 1731,435
Login.asp該当なし20 年 1 月 1017: 1720,800
Logoff.js該当なし20 年 1 月 1017: 1718,499
Messagedefinition.xml該当なし20 年 1 月 1017: 17119,675
Microsoftclient.jar該当なし20 年 1 月 1017: 17119,108
Monitormgrcomlayer.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 17993,768
Monitormgrcore.dll3.7.2.4620 年 1 月 1017: 17530,896
Monitormgrinfra.dll3.7.2.4220 年 1 月 1017: 17924,120
Monitormgrlayer.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 17432,600
Oesislocal.jar該当なし20 年 1 月 1017: 1766,728
Remoteaccess64.cab該当なし20 年 1 月 1017: 1786,263
Rsast.cab該当なし20 年 1 月 1017: 1779,772
Ruleset_forinternalsite.ini該当なし20 年 1 月 1017: 1739,087
Ruleset_forportal.ini該当なし20 年 1 月 1017: 178,287
Ruleset_forsharepoint2007.ini該当なし20 年 1 月 1017: 1727,210
Ruleset_forsharepoint2007aam.ini該当なし20 年 1 月 1017: 1727,210
Runtimeelevator.jar該当なし20 年 1 月 1017: 175,877
Securitycentermap.xml該当なし20 年 1 月 1017: 176,194
Sessionmgr.inc該当なし20 年 1 月 1017: 1735,445
Sessionmgrcom.exe3.7.2.4720 年 1 月 1017: 17174,536
Sessionmgrcomlayer.dll3.7.2.4220 年 1 月 1017: 171,325,544
Sessionmgrcore.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 17616,912
Sessionmgrinfra.dll3.7.2.4220 年 1 月 1017: 171,067,480
Sessionmgrlayer.dll3.7.2.4220 年 1 月 1017: 17207,320
Sfhlprutil.cab該当なし20 年 1 月 1017: 1757,203
Sslvpntemplates.xml該当なし20 年 1 月 1017: 1766,822
Uagqec.cab該当なし20 年 1 月 1017: 1764,670
Userlist.asp該当なし20 年 1 月 1017: 177,731
Usermgrcore.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 17805,296
Whlcache.cab該当なし20 年 1 月 1017: 17265,811
Whlclientsetup ・ all.msi該当なし20 年 1 月 1017: 172,964,992
Whlclientsetup ・ basic.msi該当なし20 年 1 月 1017: 172,964,992
Whlclientsetup ・ networkconnector.msi該当なし20 年 1 月 1017: 172,964,992
Whlclientsetup ・ networkconnectoronly.msi該当なし20 年 1 月 1017: 172,964,480
Whlclientsetup ・ socketforwarder.msi該当なし20 年 1 月 1017: 172,964,992
Whlclntproxy.cab該当なし20 年 1 月 1017: 17242,713
Whlcompmgr.cab該当なし20 年 1 月 1017: 17689,564
Whldetector.cab該当なし20 年 1 月 1017: 17263,762
Whlfiltappwrap.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 17338,352
Whlfiltauthorization.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 17322,016
Whlfilter.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 17510,360
Whlfiltformlogin.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 17395,712
Whlfiltruleset.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 17547,248
Whlfiltsecureremote.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 171,169,872
Whlfiltsnt.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 17166,296
Whlglobalutilities.dll3.7.2.4620 年 1 月 1017: 17117,232
Whlhttpparser.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 17133,584
Whlio.cab該当なし20 年 1 月 1017: 17166,723
Whllln.cab該当なし20 年 1 月 1017: 17167,096
Whlllnconf1.cab該当なし20 年 1 月 1017: 176,521
Whlllnconf2.cab該当なし20 年 1 月 1017: 176,610
Whlllnconf3.cab該当なし20 年 1 月 1017: 176,599
Whlmgr.dll4.0.1101.020 年 1 月 1017: 17947,088
Whlsecurityutilities.dll3.7.2.4620 年 1 月 1017: 17141,816
Whlserverproxy.dll3.7.2.4720 年 1 月 1017: 17477,648
Whltrace.cab該当なし20 年 1 月 1017: 17254,359

関連情報

ソフトウェア更新プログラムの用語についての詳細については、クリックして、マイクロソフト サポート技術資料を参照するのには、次の文書番号:
824684使用するマイクロソフトのソフトウェア更新プログラムについて説明する一般的な用語の説明
この資料で説明する 、サードパーティ製品はマイクロソフトと関連のある企業が製造されています。 保証、または黙示、パフォーマンスやこれらの製品の信頼性についてマイクロソフトは負わない

プロパティ

文書番号: 979097 - 最終更新日: 2010年8月11日 - リビジョン: 1.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Intelligent Application Gateway 2007
キーワード:?
kbfix kbqfe kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB979097 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:979097
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com