Windows 7 にファイルをバックアップする場合の 0x8100002F のエラー コードまたはエラー コード 0x80070002

文書翻訳 文書翻訳
文書番号: 979281 - 対象製品
すべて展開する | すべて折りたたむ

現象

Windows 7 ベースのコンピューターで Windows バックアップを使用してファイルのバックアップを作成した後、次のような通知が表示されます。
バックアップ結果を確認します。
バックアップは完了しましたが、いくつかのファイルがスキップされました。
通知の横にある [オプション] ボタンをクリックすると、次のメッセージが表示されます。
バックアップ結果を確認します。
バックアップは完了しましたが、いくつかのファイルがスキップされました。
スキップしたファイルを表示

スキップしたファイルを表示するリンクをクリックすると、次のエラー ログのいずれかの参照してください。

シナリオ 1:
バックアップは C:\Windows\System32\config\systemprofile\ のファイルをバックアップ中に問題が発生<folder name=""></folder>.エラー: (システムは指定されたファイルを見つけることができません。(0x80070002))

シナリオ 2:
バックアップは C:\Users\ のファイルをバックアップ中に問題が発生<User name=""></User>\AppData\LocalLow。エラー: (システムは指定されたファイルを見つけることができません。(0x80070002))
バックアップは C:\Users\ のファイルをバックアップ中に問題が発生<User name=""></User>\Contacts。エラー: (システムは指定されたファイルを見つけることができません。(0x80070002))
バックアップは C:\Users\ のファイルをバックアップ中に問題が発生<User name=""></User>\Searches。エラー: (システムは指定されたファイルを見つけることができません。(0x80070002))

シナリオ 3:

エラー コード 0x80070002 "指定されたファイル見つかりません" と表示されて Windows Backup が失敗します。このシナリオでは、次のいずれか、次の問題発生します。
  • コンピューターが応答を停止します。
  • コピー操作を停止します。

原因

シナリオ 1 の原因

この問題は、ユーザー プロファイルに格納されているカスタムのフォルダーを含むライブラリをバックアップする場合に発生します。

シナリオ 2 の原因

この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • Windows バックアップは、LocalLow、アドレス帳、および検索フォルダー内のファイルのバックアップを試みます。
  • これらのフォルダーが、コンピューター上に存在しません。
メモ これらのフォルダーは、特定のアプリケーションがコンピューターにインストールされている場合にのみ作成されます。

シナリオ 3 の原因

この問題は、次の条件に該当する場合に発生します。
  • コンピューターに NVIDIA USB Enhanced Host Controller Interface (EHCI) チップセットが搭載されています。
  • コンピューターに 4 GB 以上の RAM。
  • コンピューターから、外部 USB ストレージ デバイスにデータをコピーしようとしています。
注:
  • この問題は、記憶装置以外の USB デバイスを使用している場合にも発生する可能性があります。
  • また、USB ストレージ デバイス上にその他の入出力 (I/O) 操作を実行する場合にも発生する可能性があります。この状況では、I/O 操作が失敗します。

解決方法

この問題を解決するのに記載されている解決方法のいずれかのシナリオに使用します。

シナリオ 1 の解決方法

この問題を解決するのには、次の操作のいずれかを実行します。
  • エラー メッセージを無視します。
    注: ユーザー プロファイルに格納されているカスタム ライブラリ ファイルはバックアップされません。
  • ライブラリー フォルダーを、ユーザー プロファイルのパスからユーザー プロファイルのパス外の場所へ移動します。たとえば、そのフォルダーを C:\MyLibraries フォルダーに移動します。
  • Windows バックアップのバックアップ対象ファイル一覧からライブラリを除外します。その後、バックアップの一覧にライブラリのコンテンツの元の場所を含めます。
  • [ライブラリ] フォルダーを、ユーザーのプロファイル フォルダー以外の場所に移動します。その後、ライブラリーから移動したフォルダーへのリンクを追加します。ライブラリは、バックアップに含まれていることを確認します。

    これを行うには、次の手順を実行します。
    1. 開始] をクリックし、自分のユーザー名をクリックします。
    2. 、移動するフォルダーを右クリックし、[切り取り] をクリックします。
    3. ナビゲーション ウィンドウで、コンピューターを展開し、フォルダーを保存する場所を見つけて、その場所にフォルダーを貼り付けます。
    4. フォルダーを新しい場所に移動するを右クリックし、[コピー] をクリックします。
    5. [スタート] ボタン、自分のユーザー名をクリックして、フォルダー内の空白領域を右クリックしておよび [ショートカットの貼り付け] をクリックします。

      注: フォルダーを保存するには、ユーザー プロファイル内のフォルダー以外の場所に、新しいフォルダーを作成することにあります。これを行うには、Windows エクスプローラーでドライブのルートを参照し、Windows エクスプローラー メニューの [新しいフォルダー] をクリックして、フォルダー名を編集します。たとえば、フォルダーの名前変更」MyLibraries「にします。

シナリオ 2 の解決方法

このエラー メッセージは無視してかまいません。

ただしも使用できます、次の方法のいずれかの将来のバックアップ操作中にこのエラー メッセージを排除します。
  • エラー メッセージに記載されている、不足している LocalLow、連絡先、および検索フォルダーを作成します。
  • バックアップの設定のバックアップを作成するファイルからフォルダーを削除し、元の場所にこれらのフォルダーが含まれて.その他の場所にフォルダーを除外するを元の場所にこれらのフォルダーを含めるには、次の手順を実行します。
    1. コントロール パネルを開きます バックアップと復元.
    2. [バックアップ] セクションで設定の変更]をクリックします。
    3. バックアップの設定] ダイアログ ボックスで、次へクリックします。
    4. たいことは何をバックアップするには、ダイアログ ボックスを自分で選択] をクリックし、[次へ] をクリックします。
    5. データ ファイルを展開します。<your user="" name=""></your> ライブラリは、他の場所を展開し、 AppData フォルダー連絡先、および検索のチェック ボックスをオフにしをクリックします。
    6. コンピューターを展開し、システム ドライブのアイテムを展開する (ローカル ディスク (c:)] を展開など) をユーザーの展開<your user="" name=""></your>、が存在する場合、 AppData連絡先、、検索チェック ボックスをオンにし、をクリックします。
    7. [次へ] をクリックし、[設定を保存して終了] をクリックします。
    8. バックアップと復元では、新しいバックアップを実行するを今すぐバックアップをクリックします。バックアップ操作は、エラーなしに完了します。

シナリオ 3 の解決方法

この問題を解決する方法については、次のマイクロソフト サポート技術情報の資料を参照してください。
976972 Windows 7 または Windows Server 2008 R2 ベースのコンピューターには、少なくとも 4 GB の RAM および USB EHCI の NVIDIA のチップセットを持つから USB 経由でデータを移動するときに問題が発生します。

プロパティ

文書番号: 979281 - 最終更新日: 2014年2月8日 - リビジョン: 14.0
この資料は以下の製品について記述したものです。
  • Windows 7 Enterprise
  • Windows 7 Home Basic
  • Windows 7 Home Premium
  • Windows 7 Professional
  • Windows 7 Starter
  • Windows 7 Ultimate
キーワード:?
kbtshoot kbexpertisebeginner kbsurveynew kbprb kbmt KB979281 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:979281
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com