文書番号: 979611
すべて展開する | すべて折りたたむ

目次

概要

マイクロソフトMicrosoft Exchange Server 2010 用の更新プログラムのロールアップ 2 をリリースしました。は、更新プログラムのロールアップは、2010 年 2 月 18日公開されました。これアーティクルが含まれています。更新プログラムのロールアップに関する次の情報:
  • 更新プログラムのロールアップの修正される問題
  • 更新プログラムのロールアップの入手方法
  • 更新プログラムのロールアップをインストールするための前提条件

はじめに

更新プログラムのロールアップで修正される問題


更新プログラムプログラムのロールアップ 2 の Exchange Server 2010Microsoft では、以下に記載されている問題が修正されます。技術情報(KB) の記事。
977633 特定サード パーティ製の IMAP4 クライアントは Exchange Server 2010年の CAS サーバーを介して Exchange Server 2003年のメールボックスに接続できません。
979431 Exchange Server 2010年サーバーは POP3 プロトコルを使って、Exchange Server 2003年サーバーからを移行したメールボックスにユーザーを接続すると、POP3 サービスがクラッシュします。
979480 ユーザーが IMAP4 クライアントを使用して Exchange Server 2010 RU1 の別のサーバーに移動するメールボックスにアクセスする場合に新しいメッセージを受信できません。
979563 Exchange Server 2010年のプッシュ通知が行われない
979566 リンクされたメールボックスのユーザーがメールボックスで CAS CAS のプロキシ処理シナリオでは、Exchange Server 2010年のモバイル デバイスと同期しようとすると、0x85010014 エラーが発生します。
980261 この修正プログラムがサポートする、「-1022」ディスク I/O エラーが発生したときのページの Exchange Server 2010年のパッチを紹介します。
980262 イベント ID 2156 Exchange Server 2010年が実行されているコンピューターにログオンしています。

詳細

更新のロールアップの情報


ダウンロードし、Exchange 用の更新プログラムのロールアップ 2 をインストールするのにはサーバー 2010 年は、次の Microsoft Update Web サイトを参照してください。
メモ マイクロソフトの更新プログラムは更新プログラムを検出できません。Exchange Server 2010年メールボックスをプログラムのロールアップデータベース可用性グループ (DAG) の一部であるサーバー。

可能性があります。更新プログラムのロールアップ 2 を複数 Exchange Server 2010 の展開します。Exchange Server 2010年を実行しているコンピューター。または、可能性があります。更新プログラムのロールアップ 2 Exchange Server 2010 のメールボックスに展開します。データベース可用性グループ (DAG) の一部であるサーバー。

次のファイルを利用できます。マイクロソフトのダウンロードをダウンロードします。センター:


元に戻す画像を拡大する
ダウンロード
Exchange2010 ・ KB979611 ・ EN-x 64 パッケージします。

重要です接続されていないコンピューターでは、更新プログラムのロールアップをインストールするお客様向けの情報するにはインターネット

時更新プログラムのロールアップをインストールします。インターネットに接続されていないコンピューターでは、長いインストール時間があります。さらに、表示されます。次のメッセージします。
"を作成します。ネイティブ イメージにします。Net アセンブリ」を参照します。
これ動作原因で発生ネットワーク要求が接続は、http://crl.microsoft.com/pki/crl/products/CodeSigPCA.crl の Web サイトです。ネットワーク要求各アセンブリはネイティブの証明書失効リストのファイルの場所します。画像の生成 (NGen)ネイティブ コードにコンパイルされます。ただし、は、Exchange Server は、インターネットには接続されていません。したがって、各要求はタイムアウトする前に待つ必要があります。それを移動します。するには修正プログラムこの問題を有効にします。オフ、セキュリティの「発行元の証明書の失効をチェックする」アップグレード中、サーバー上のオプションです。行うにはこれには、次の手順を実行します。
  1. Internet Explorer を選択します。 ツールを選択インターネット オプション、、クリックし、 高度なタブします。
  2. で、 セキュリティ セクションでは、オフにする] をクリックします。は、 発行元の証明書の取り消しを確認します。 チェックボックス。
  3. クリックしてください。 [OK] 閉じるには、 インターネットオプション ダイアログ ボックスです。

このセキュリティ オプションをオフにすることをお勧めインターネットが厳しく制御されている環境でコンピューターがあった場合は、エクスプ ローラー。時セットアップが完了した、「チェック」発行元の証明書の取り消しを再確認します。チェック ボックスします。

Outlook Web App の Outlook Web App のカスタマイズに関する重要な情報


更新プログラムのロールアップ パッケージ更新プロセスを適用すると、必要がある場合 (OWA) のファイルを上書きします。場合は、Logon.aspx ファイルか、または変更します。その他の OWA ファイル、カスタマイズを変更します。上書きされます。その後、OWA正しく更新されます。更新プログラムのロールアップ パッケージを適用した後、行う必要があります。OWA のカスタマイズ作成し直す、Logon.aspxファイルです。当社作成することをお勧め。バックアップのカスタマイズOWA のファイルを更新プログラムのロールアップを適用する前にします。詳細については OWAカスタマイズは、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

Ifクライアントにします。アクセス サーバープロキシ展開ガイダンスの顧客、およびクライアント アクセス サーバー (CAS CAS) にクライアント アクセス サーバーを展開している場合プロキシは、インターネット クライアントへのアクセスを更新プログラムのロールアップを適用する必要があります。サーバー。

メモ インターネットに接続するには、更新プログラムのロールアップを適用することを確認します。クライアント アクセスのサーバーに更新プログラムのロールアップを適用する前に、クライアント アクセス サーバーをインターネットに接続します。

その他の Exchange Server2010 を構成、する更新プログラムのロールアップを適用する順序は、サーバー重要ではありません。CAS CAS の詳細についてプロキシ設定は、次のマイクロソフト Web サイトを参照してください。

前提条件


次の一覧が含まれています。[更新プログラムのロールアップ 2 Exchange Server 2010年の前提条件:
  • Exchange Server 2010年をインストールする前に、コンピューター上この更新プログラムのロールアップを適用します。
  • Exchange Server 2010 の前にすべての中間更新プログラムを削除します。この更新プログラムのロールアップを適用します。

再起動の必要性


必要なサービスは自動的に停止し、この更新プログラムのロールアップを適用すると再開します。

プログラムのアンインストール情報

Exchange Server 2010 用の更新プログラムのロールアップ 2 を削除するをクリックしてください。 追加プログラムを削除します。 コントロール パネルのします。次に、削除、更新プログラムのロールアップします。

関連情報

のマイクロソフトのソフトウェアを記述する用語の詳細については、更新プログラムの資料を参照するのには、次の資料番号をクリックして、技術情報:
824684 マイクロソフトのソフトウェア更新プログラムの説明に使用される一般的な用語の説明

プロパティ

文書番号: 979611 - 最終更新日: 2011年8月15日 - リビジョン: 3.0
キーワード:?
kbfix kbqfe atdownload kbexpertiseinter kbmt kbsurveynew KB979611 KbMtja
機械翻訳の免責
重要: このサポート技術情報 (以下「KB」) は、翻訳者による翻訳の代わりに、マイクロソフト機械翻訳システムによって翻訳されたものです。マイクロソフトは、お客様に、マイクロソフトが提供している全ての KB を日本語でご利用いただけるように、翻訳者による翻訳 KB に加え機械翻訳 KB も提供しています。しかしながら、機械翻訳の品質は翻訳者による翻訳ほど十分ではありません。誤訳や、文法、言葉使い、その他、たとえば日本語を母国語としない方が日本語を話すときに間違えるようなミスを含んでいる可能性があります。マイクロソフトは、機械翻訳の品質、及び KB の内容の誤訳やお客様が KB を利用されたことによって生じた直接または間接的な問題や損害については、いかなる責任も負わないものとします。マイクロソフトは、機械翻訳システムの改善を継続的に行っています。
英語版 KB:979611
Microsoft Knowledge Base の免責: Microsoft Knowledge Baseに含まれている情報は、いかなる保証もない現状ベースで提供されるものです。Microsoft Corporation及びその関連会社は、市場性および特定の目的への適合性を含めて、明示的にも黙示的にも、一切の保証をいたしません。さらに、Microsoft Corporation及びその関連会社は、本文書に含まれている情報の使用及び使用結果につき、正確性、真実性等、いかなる表明・保証も行ないません。Microsoft Corporation、その関連会社及びこれらの権限ある代理人による口頭または書面による一切の情報提供またはアドバイスは、保証を意味するものではなく、かつ上記免責条項の範囲を狭めるものではありません。Microsoft Corporation、その関連会社 及びこれらの者の供給者は、直接的、間接的、偶発的、結果的損害、逸失利益、懲罰的損害、または特別損害を含む全ての損害に対して、状況のいかんを問わず一切責任を負いません。(Microsoft Corporation、その関連会社 またはこれらの者の供給者がかかる損害の発生可能性を了知している場合を含みます。) 結果的損害または偶発的損害に対する責任の免除または制限を認めていない地域においては、上記制限が適用されない場合があります。なお、本文書においては、文書の体裁上の都合により製品名の表記において商標登録表示、その他の商標表示を省略している場合がありますので、予めご了解ください。

フィードバック

 

Contact us for more help

Contact us for more help
Connect with Answer Desk for expert help.
Get more support from smallbusiness.support.microsoft.com